Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

Entries

「気象病」のお話

ピアノは、湿度が高すぎても低すぎても音色が悪くなり、大きな温度の変化が頻繁にあると調律が狂いやすくなりますね。ピアノというのは実に天候に敏感です。
でも、人体も負けず劣らずそうみたいです。今回の本題はこっちの方です。
天気の変化と体調には、思った以上に関係があるらしいです。しかも、人によっては、けっこう重症だったりします。
気象病」と呼ばれるそうです。

私がブログで書く、数少ない生活感のある(?)ネタは、「目を回して寝込んでました」的なの(笑)
あれも、多くが気象病っぽい気がします。
天気図とかアメダスをアナリーゼ(!)して、気圧と関係があるのでは?と、薄々感じてはいたのですが、医学的にもあながち外れていなかったようです。

『NHK生活情報ブログ』に『それは気象病かも』という記事があって、分かりやすかったので引用しておきましょう。

「古くから『古傷が痛むと雨が降る』と言われているように、気温や湿度、気圧の変化で痛みが出たり体がだるくなったりする。それは『気象病』と呼ばれています」

そう話すのは、愛知医科大学学際的痛みセンター客員教授の佐藤純医師です。

20年以上にわたって天気と体調の変化について研究を続けています。気象病の症状は頭痛、関節痛やせき、めまい、体のだるさなど人によってさまざまですが、天気の急な変化、特に気圧が大きく下がったり上がったりするときに症状が出る人が多いということです。

なぜ気圧の変化で体調が崩れるのか。佐藤医師に聞きました。
「これまでの実験で、耳の鼓膜の奥にあり体の平衡感覚をつかさどる『内耳』には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかと考えられます。この内耳が気圧の変化を脳に伝えて体を順応させるのですが、内耳が気圧の変化に敏感すぎると少しの変化でも過剰に脳に情報が伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです」

交感神経が活発になると頭痛などの痛みを感じやすくなり、副交感神経が活発になるとだるくなったり眠くなったりするということです。



あ、それだ!
私は内耳が不調という検査結果をもらったことがあります。
腑に落ちましたよ~~

この記事によると、ツイッターで「全部気圧のせい」というのが流行ったらしいですね!笑
それ、よく分かる。低気圧が来たり、まして台風が近づいてきた日には…。台風は離れていたとしても効果てきめんです(>_<)
具合が悪いのに何も検査をせずに「全部気圧のせい」と言って、別の病気があるのに気づかずに大事に至ってしまったら大変ですが、気圧が原因と推測がつくと気が楽になるのも事実。心構えができていると、あまり不調にならずに乗り切れたりすることもあります。絵に描いたような「病は気から」です。

ピアノも人体も気象病!笑
いや、ヤマハのアップライトなんかは、タフなので気象病じゃないような気もする。
繊細な欧州育ちのピアノなどは、日本に来たら苦しいでしょうねー(^^;;
↑無理やりピアノに絡めたいらしい(笑)

楽譜もノートも表紙買い!!笑

最近何回か「五線紙ノートが行方不明」と大騒ぎしてましたが、結局、新しいのを買いました。
ちょっと表紙がオシャレだったので、行方不明になった無味乾燥なのを探す気が失せて、衝動買いです(笑)
サイズが一回り大きいA4版というのもポイント高かったし…。
用途は、今後、平均律のフーガでワケが分からなくなった時の分析に使うことを主に考えてます。

もう一つ(2冊だけど…)の戦利品は、安川加寿子版のドビュッシーピアノ曲集I&IIです(*^▽^*)
内容は、I:子供の領分・アラベスク、II:版画・ベルガマスク組曲。
いつ弾くかは全く未定ですが…。

この2冊、前から欲しかったのですが、表紙買いつながりで(?)購入しました。
安川版のドビュッシーは表紙が本当にいい感じで、持ってるだけも嬉しい(≧▽≦)
もちろん、解説もしっかりしたロングセラーなので、中身も信頼できます。
あと、解説が「~しなさい」とか命令口調満載で、時代を感じさせるところがまたいい(笑)

楽譜冒頭の解説によると、今回買った曲集の中で、『アラベスク』と『ベルガマスク組曲』はドビュッシーの第1期に当たる作品で、印象派としての独創性はまだ十分に発揮されていなくて、『版画』は独自の世界に入っていった第2期の作品、『子供の領分』は完成期にあたる第3期の作品という分類になるようです。全期から、弾きやすい(といっても結構難しい(*_*;)有名曲が集まったことになります。

ん~、でも、第1期、第2期、第3期の順番で、曲の世界が(聴くのはそうでもないですが弾くという点で)よく分からなくなっていく気がします。ドビュッシーらしくなるほど分からなくなる(笑) ドビュッシーが私のピアノの中心に来ることはないんだろうなぁ。中心には来ないけど、気になる存在ですね。ラヴェルはもっと分からない(^^;; やっぱり独墺系&ショパンの方がしっくり来ます。
とはいえ、せっかく表紙買いしたドビュッシー。少しずつ親しんで行きたいと思います。

五線紙ノート ドビュッシー2冊
↑というわけで、本日の戦利品(≧▽≦)
表紙買いしたくなるのも分かるでしょう?笑
*CommentList

セルフレッスン第26回:シンフォニア13番の装飾音、どうしましょう?

私が私にピアノを習う、一人二役の公開レッスン。
26回目の今回は、新たなレッスン課題、バッハシンフォニア』第13番の装飾音を中心に取り上げます。
自筆譜に載っている装飾音もあれば、別の楽譜で追記されている装飾音もあります。これらをどのように取捨選択して、「理想の13番」にしていこうかな?というテーマです。

シンフォニア13番
シンフォニア13番

「普段使っている市田版の楽譜を見ますと、ゲルバーとフリーデマンの筆写版の装飾音が追記されていて、『装飾がバロック音楽の不可欠の要素であることを念頭に、この曲あたりで奮発されてはいかがでしょう』なんて書いてあります。そう挑発的に言われてしまうと、やはり…(笑)」

先生「まずは装飾音を入れないで練習するのが定石なので、後で考えてもいいのでは?それでは納得できないって顔してますね(笑) 市田先生の言うことは原則論としてはその通りだと思います。ただ、私たちが弾いてるのはチェンバロとかクラヴィコードではなくて、あくまで現代ピアノです。どんな風に表現したいかによって変わってきます」

「しっとり、落ち着いた感じに歌わせたいです。『装飾音はカンタービレ奏法と不可分』とか書いてありますので、装飾音はできるだけ弾いた方がいいのかなぁと思ったり…」

先生「それでしたら、装飾音は控えめがいいでしょう。現代ピアノは、チェンバロやクラヴィコードよりカンタービレに強いですから。どんなふうに入れていくかの出発点は『装飾音は綺麗になるから装飾音』です。弾く人の能力でも、現代ピアノに合ってないというのでも、どんな理由であれ、綺麗にならないとか、思った通りの表情にならない場合は、入れない方がいいです。それから、機能的にというか慣習的にというか、入れるのが自然な箇所もあります。それでは、自筆譜に載っている装飾音の採否から検討していきましょか」

シンフォニア13番 13-18小節
シンフォニア13番 13-18小節

先生「この15小節の中声のトリルはどうしたらいいと思いますか?」

「ここは、イ短調のカデンツですよね。カデンツに直前にトリルが入るのは定石っぽい感じがするのですが…」

先生「そうそう、その通りです。私がさっき機能的とか慣習的と言ったのは、そういうことが言いたかったのです。ここは自筆譜の通り、トリルを活かしましょう」

「27小節目の上声のトリルは、自筆にもあるみたいですが…」(図は省略)

先生「あまり乗り気じゃなさそうね(笑) そこは省略していいんじゃないかしら。これ以降、同じ音形では入れるとなると煩雑でもありますし…」

シンフォニア13番 31-36小節
シンフォニア13番 31-36小節

「35小節の上声部のトリルは、何となく流れ的に残したいです」

先生「なんだか曖昧な根拠ですね(笑) でも、フィーリングは間違ってないと思います。一つにはこの部分の上声は33小節から36小節1拍目にかけて主題をヘ長調で歌ってますよね。35小節にトリルを入れると一区切りする感じが強まります。ただ、それを言うと、冒頭第3小節のトリルなんかも入れた方がいいということになります。でも、35小節は、やはり別格。というのは、36小節から新しく32分音符を含んだリズミカルな動きの多いモチーフがでてくるでしょ?35小節にトリルを入れることで、その予兆のような意味を持たせられます。そよ風がさざ波を起こすように」

シンフォニア13番 7-12小節
↑シンフォニア13番 7-12小節

先生「次は、ゲルバーとフリーデマンの筆写版で追記されている装飾音のうち、採用した方が良さそうなのを探していきましょう。まず7小節。上声と中声にトリルがついてますね」

「この部分は、ホ短調のカデンツァなので付けるべきと思います!」

先生「上声も中声もですか?」

「…」

先生「中声は8小節1拍目まで主題。ということは、3小節目と同じで区切りを示すために入れてもいいのですが、他の同様の部分と合わせることになるでしょうね。ついでに言うと、中声にトリルを付けるのはハードル高い(笑) まず上声だけトリルつけましょう」

「ついでに、8小節目の高いソの運指ですが、何で左手が飛び越えないといけないのでしょうか?」

先生「あれ?どうなってるの?市田先生の運指は時々、私にもよく分かんない(笑) ここは、譜例に記入したように、オレンジを左手で、水色を右手で取ってください。私がこっそり使ってる(!)山崎孝先生の『演奏と指導のポイント』ではそうなってて、その方が自然だと思いますので」

シンフォニア13番 59小節~終結
↑シンフォニア13番 59小節~終結

先生「あとは、わざわざ追加する必要はないみたい。あっ、1か所あった!最後の方、62小節。右手のシに補充されてるトリル。ここはイ短調の属7ですから、いかにも次はイ短調の主和音になってそのまんま終わりそうに聞こえますよね。例えば水色で書き込んだラドラなんかで終わってくれれば、『あ~、カデンツァだったんだな』で終わり。なのですが、本当はカデンツァにまだ入っていなくて、1小節分ひと工夫してからピカデリー終止、イ長調の主和音で終わってますね。62小節のトリルを付けるとフェイントをかける感じが強まって面白いと、私は思います」

「これでスッキリできたので、装飾全くなしの「のっぺらぼう」からのスローテンポの譜読みにも身が入りそうです(^o^)丿」

先生「シンフォニア13番は萌えない、なんて言ってましたけど、結構気に入ってるじゃないの。安心しました」

バッハ以外にはチェルニー40-20をやって、「これ以上やっても、ダレるだけ。40-20は十分練習したので、出来はともかく(!)終了にして、最近やっていない音階的なのをやりましょう」ということになり、次は40-24になりました(*^▽^*)

今回のレッスンは、こんな感じです。

弾いてみたい『ベトソナ』リスト~~♪♪

ピアノを志す者ならば、すべからく関心を持つべき『ベトソナ』こと『ベトナムのソナタ』(←どんなストーリーだろう??)、じゃなくてベートーヴェンのピアノソナタ
って、いきなり大袈裟な言い回しでスミマセン(^^;;

私も、ベトソナにはとても関心があります。
その割には、今まで習ったことがあるのは19番(ト短調)、20番(ト長調)、9番(ホ長調)ぐらいで、一人二役のセルフレッスンでは一曲もまだ取り上げていません。今年中に10番(ト長調)をやれればいいなぁとは思っているのですが…。

若いころは、若気の至りで「弾けるものなら32曲全部弾きたい」とまで思っていましたが、最近は関心の対象がもう少し絞り込めて来たような気がします。
そこで、上記4曲以外で弾いてみたいベトソナのリストを作ってみました。というわけで、番号順に早速GO!!

・2番イ長調
あまり人気がないイメージですが、ハイドン風の楽しい曲です(特に1楽章)。ベートーヴェンのピアノソナタで初めてメヌエットに代わってスケルツォが登場した記念すべき曲でもあります。4楽章のロンドも優雅で素敵♪♪いずれ弾く可能性大な気が…。

・3番ハ長調
これも人気ないイメージ(^^;; そして、変な曲(笑) その変なところが癖になるのです。
弾いてみたいけど、手に優しくないので迷います。

・8番ハ短調『悲愴』
どちらかと言うと、一人二役の先生の立場で萌えます。
レッスンポイントが満載な有名曲なので、指導し甲斐がありそうで、レッスン映え(?)すると思います。

・14番嬰ハ短調『月光』
実は私が一番萌えるのは2楽章(変ニ長調のメヌエット的な短い楽章)です。
2楽章に存在意義あるの~~?と思われるかもしれませんが、これがないと単調で退屈な曲になります。CD聞くときにお試しあれ!あと、私の中では2楽章こそ『月光』のイメージです。詩人のレルシュタープさんが1楽章を「ルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」(←日本語が微妙に変だけど、PTNAからそのまんまコピペ)と言ったので通称『月光』になった、というのが定説ですが、2楽章が1楽章に間違ってすり替わって伝わったと勝手に信じてます。
いや、そうはいっても、弾くとしたら全楽章なのですが…。

・15番ニ長調『田園』
ベトソナで一番の萌え曲の一つです(*´▽`*)
この曲を取り上げないとしたらセルフレッスンの存在意義がない(笑)
語り始めたら『月光』どころの騒ぎではなくなるので、以下略。

・18番変ホ長調
地味ですが、かなりお気に入り。
1楽章:舞曲のような3拍子のアレグロ、2楽章:時計が時を刻むようなスケルツァンドな楽しい曲、3楽章:優雅なメヌエット、4楽章:8分の6拍子で爆走する狩りの曲。
15番『田園』と同じく、他の本格的なソナタに比べると多少無謀度が低いのも嬉しいです。

・21番ハ長調『ワルトシュタイン』
全楽章弾きたい!!弾けるものなら…。
3楽章の有名なオクターブのグリッサンドをはじめ、私の処理能力をはるかに超えてます。
もっと能力があれば、レッスン映えしてよさそうなのですが…。

・23番ヘ短調『熱情』
『ワルトシュタイン』と感想はほとんど同じです。
「オクターブのグリッサンド」だけ「プレストのコーダ」に読み替えてください。←手抜き(^^;;

・24番嬰ヘ長調
この辺りからベートーヴェンの作風が変わってくる気がします。
透明感があって、すごく素敵です。かなり萌え曲です。
長さも程よい感じですし、全2楽章なので、セルフレッスンにうってつけ。これをやらない手はない!
ま、いずれ…。

・30番ホ長調
あ~あ、書いちゃった。後期の弾いてみたい無謀曲(笑)
3楽章の変奏曲の主題が美し過ぎて、この世のものと思えないぐらいです(*´▽`*)
よく考えたら、それだけ弾いても十分楽しめるのでは?
あと、私には、2楽章が、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の1楽章の主題をスケルツォにしたように聞こえます。

・31番変イ長調
たぶん、ベトソナ32曲中私が一番好きなのはこの曲だと思います。
無謀でも何でも、30番とは違って「あ~あ、書いちゃった」ではなく、自信をもって「弾いてみたい」と断言できます!
愛らしい1楽章、フーガの4楽章…。バッハの練習に身が入るのは、この曲のフーガを弾きたいがためという面も無きにしも非ずです。

現時点での私の弾いてみたいベトソナリストは以上です~~
*CommentList

ごくまれにリズム変奏練習をすることも・・・

賛否両論の(と思われる)リズム変奏練習。
敢えて弾きづらくするのが練習になるとか、色々な変奏をすることで指が均等に動くようになるとか、意図は分かります。
でも、「音楽の自然な流れに逆らってるので良くない」という批判があるのは、もっともだと思います。

そういうわけで、私は、基本的には「やらない派」です。
とはいえ、ごくまれにやることもあります。おっかなびっくり劇薬を使ってみようかという感じで(笑)
今練習しているチェルニー40-20とか…。

チェルニー40-20

↑こんな感じの、音楽的流れもへったくれもないような(いや、なくはないのですが)、いかにもな練習曲の場合、抵抗があまりありません。付点、逆付点、3連符などなど。
図にしたほうが分かりやすいですね。
興が乗ってくると、付点では飽き足らず、複付点、逆複付点にしたりもします(図の一番下の段)。
複付点のリズムをしっかり取れると、なかなか快感です(*^▽^*)←本来の目的を見失ってる(笑)

リズム変奏

たま~にリズム変奏練習をしてみて、気づいたことを書いておきましょう。

まず、手がガチガチな段階でリズム変奏練習をすると、たぶん手を痛める。
2年ぐらい前に本格的に再開した際に、「効果があると噂のリズム変奏練習でも」と思い立ってやってみたら、危なかったです。
大人が独学で始めた場合なんかは、やめた方がよさそうです。

それから、音階とか半音階では、私は、あんまり効果を感じませんでした。
いや、ないわけではないのでしょうけど…。
チェルニー40-20みたいな、パラパラ動く感じの曲の方が効果てきめん!!
人それぞれだとは思います。

あと、やり過ぎると感性がおかしくなってくる(^^;;
さっき書いた、「複付点が快感になってくる」みたいな感じで…。

たまに普段と違った練習法を取り入れてみると、色々と発見があって意外と面白いです。
ま、だからといって、「リズム変奏派」に宗旨替えするわけではないのですが。
*CommentList

左サイドMenu

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

タグから記事へGO!

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト K.311 チェルニー シューマン 献呈 リスト 仲道郁代 ショパン レンタル練習室 近藤由貴 フランス組曲 平均律第1巻 ハイドン BWV858 エチュード 湯山昭 K.331 無謀曲 Hob.XVI:34 楽譜 お菓子の世界 調性 インヴェンション ドビュッシー バラード ハノン ベートーヴェン 指マッサージ 久元祐子 トルコ行進曲 好きな調 アルマンド 選曲 理想の先生 ムソルグスキー 自分の演奏好き? クラビノーバ シューベルト 練習曲 中村紘子 展覧会の絵 調律 ワルツ K.334 和声法 ブラームス ららら♪クラシック 電子ピアノ クレメンティ ソナチネ モシュコフスキー グランド・ソナタOp.37 スマホ老眼 20の小練習曲 チャイコフスキー 土田京子 パスカル・ドゥヴァイヨン 変イ長調 感情をこめて弾く カデンツ スマホ ポロネーズ 幻想曲 Hob.XVI:50 バイエル K.574 小ジーグ クーラウ ドゥシェック メソッド・タリアフェロ バックハウス 書き込み キーシン マズルカ マズルカOp.7-1 ランラン ルービンシュタイン オスマン帝国 交響的練習曲 op.119-2 op.118-5 op.117-1 ト長調 ベルサイユのばら チェンバロ 変奏曲 céleste ヴァイオリン イリーナ・メジューエワ D915 間奏曲 op.118-2 ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック 植山けい パルティータ ソナタ リズム変奏 気象病 カテゴリー 似合いそうな曲 ワルトシュタイン ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 高橋多佳子 ベレゾフスキー マリア・テレジア マリー・アントワネット ピアニストは面白い 山枡信明 チェルニー30番 似合う曲 教則本 苦手な曲種 行進曲 マーチ タグ ら抜き言葉 演奏と喋り方 子供の情景 ピアノ騒音問題 ツィメルマン 楽譜の視覚効果 D960 スケール アルペジオ 夜の女王のアリア 魔笛 D959 曲名の略称 プチトリアノン 妄想 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ウナコルダ 左ペダル ヨハン・シュトラウス ウィンナー・ワルツ ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ 半音階的幻想曲とフーガ 

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-24番
・バッハ シンフォニア 13番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第1楽章
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・なし

◇2018年の終了曲
・チェルニー40-19、12、20番
・バッハ シンフォニア 2番、4番
・バッハ 平均律第1巻13番
・モーツァルト ディヴェルティメントK.334~第1メヌエット(ピアノソロ版)

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR