FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

『展覧会の絵』をワンポイントで・・・らりほ~♪

いきなり変なタイトルですみません(笑)
でも「らりほ~♪」が今回のキーワードなので。

16日の記事で、「先生の気が向いたら『展覧会の絵』のプロムナードのワンポイントレッスンでも…」と書いたら、早速先生(もちろん私なのですが…(^^;)の気が向いたらしいので、レッスンをしてみました。

先生「スキップするようなプロムナードになるんですって?それは気になりますね。ある程度想像はつくけど…。とりあえず1回通して弾いてみてください」

(弾き始める)

先生「くっ、くっ…(^^;;←笑いをこらえるのに必死」

(2段目ぐらいまで弾く)

先生「ごめんなさい、もはやこれまで。笑いをこらえられません。1回通してって言いましたが、ストップです」

「変なのは自覚してますが、そこまで笑わなくても…。そんなに変でしたか!?」

先生「有名なテーマが、ら~ら~ら~らりっほ~♪らりっほ~ら~ら~ら~ら~♪、って聞こえるんだもの。いくらなんでもこの曲の世界と違いすぎます。『展覧会の絵』の作曲の経緯はご存知ですよね?」

「はい。確か、若くして亡くなった友人の画家を悼み偲ぶために作ったんですよね?」

先生「そうです。それなのに、スキップしちゃいけませんよね(^^;;」

「標題音楽なので、もっと、ムソルグスキーの心中を察したり情景を想像したりして曲想を考えた方がいいでしょうか?」

先生「それも悪いとは言わないけれど、変になるのは、たいてい、楽譜の指示を守っていないとか、奏法が適切ではないとか、もっとテクニカルなことが原因です。この曲の速度記号・発想記号は'Allegro giusto,nel modo russico,senza allegrezza,ma poco sostenuto'ですよね。意味は分かりますか?」

「正確にアレグロで、ロシア風に、快活にではなく、しかし少し音を保って、です」

先生「その通りです。それをきちんと守ってください。テンポがアレグロでは無理なのは、まあいいとして、あと、ロシア風にというのも抽象的なので、まあ置いておくとして、残り二つ、特にpoco sostenutoが鍵になるでしょうね」

「音の保ち方がまだ不十分ということでしょうか?」

先生「まだ不十分というか、全く不十分です。意識としてはpesante(重々しく)を書き加えるぐらいで行きましょう」

「そうしたら、何だかロシアっぽくもなりそうですね!」

先生「おそらくね。次は、らりっほ~♪の原因を解明してみましょう。スラーがかかっている音符の弾き方が間違っています。3音にスラーがかかってるのに、2音スラー、1音を分離してノンレガートで弾いちゃってる。モーツァルトを集中的にやってるので、モーツァルト的アーティキュレーションになってしまうのかもしれないけれど、やはり楽譜には忠実にね」

(テーマを弾いてみる)

先生「らりっほ~♪が、らりほー♪ぐらいにはなったでしょ?笑 少しスキップ感が減りましたね」

「でも、まだロシア風のpesanteにはほど遠いですよね。どうすればいいのでしょう?」

先生「楽譜を使って説明しましょう。3小節目に今までの間違った弾き方を、4小節目に適切な弾き方を書き込んでみました」

『展覧会の絵』3-4小節

「クレッシェンドとデクレッシェンドなのですか?」

先生「このスラーは、アーティキュレーションの指示と考えるよりも、そう捉えた方がいいでしょう。上昇の時は若干エネルギーを込め、下降はその逆と言った感じです」

「なるほど~~。でも、何だか全体的にソステヌートに弾くのは弾きづらいです」

先生「それは、根本的な話になりますが、その手つきでは難しいでしょうねぇ。指が立ってるし、手首が高い。どっかで似たスタイルを見た記憶があるのだけど…。あっ、なかみっちゃん!(注:仲道郁代さん。師弟揃って馴れ馴れしい…笑)」

私:(*´▽`*)

先生「何もそこまで喜ばなくても…(^^;; それに、見たことはないですが、たぶん『展覧会の絵』を弾く時は、彼女も手の形を変えて弾かれると思いますよ」

「指を伸ばして、手首を下げればいいのですか?」

先生「そうです。それから、鍵盤の奥に向かって力をかけ気味に。手前に引く感じに弾いてますが、それは逆です。特に左手。さっきの「らりほ~♪」のところは、スラーの最後の音を5の指で下の方から掴み取るように。古典派みたいに手首の回転使って上から頑張って5の指で取ろうとしたら、どうしても重心が高い感じ、つまり、らりほ~♪になります」

「それでは弾いてみます」

(散々間違えながら通してみる)

「わ~、ありがとうございます(≧▽≦) すっかり別物になりました。重心低くてロシア風」

先生「役に立ってよかったです。これが解決しないと、気になって本来の練習に身が入らないのではと思って…。あと、今練習中の曲は手つきを変える必要ないですからね。あっ、課外レッスンなので追加料金をいただかなくちゃ。いや、それよりも、その分、グランドピアノ購入のために積み立ててもらった方が有益かな(笑)」

「500円玉貯金的な?」

先生「そんな感じですね。でも、500円玉では、なかなか貯まらないでしょうから、5000円札にしましょう」

私:Σ(゚д゚lll)!!

というわけで、『展覧会の絵』プロムナードをワンポイントでやってみました。
満足したので、安心して寝かせておくことができそうです。たまに遊び弾きぐらいはするかもしれないけど。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

Tag: ムソルグスキー 展覧会の絵 | * Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する