FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

「アレグロだけど快活にではなく」という困った指示

楽譜置き場の奥深くに、買った記憶も弾いた記憶もない、ムソルグスキーの『展覧会の絵』の楽譜が眠っているのを見つけました。
定価1030円(本体1000円)と書いてあるので、かなり昔のものであるのは間違いないです。消費税3%って、一体いつの時代…?

そんなのが出てきたら、遊び弾きしてみたくなるのが人情というものです(笑)
というわけで、有名な冒頭の『プロムナード』だけ、遊んでみました(≧▽≦)
音が多すぎて手が苦しいので、和音は適当に省略しながらですね。

記事のタイトルは、その速度記号、発想記号'Allegro giusto,nel modo russico,senza allegrezza,ma poco sostenuto'の一部です。
全体の意味は「正確にアレグロで、ロシア風に、快活にではなく、しかし少し音を保って」。
なかなか困った指示です。

いきなりアレグロで弾けないのは当然として、遅いテンポのくせに、どういうわけか'senza allegrezza'(快活にではなく)にならない。
たぶん、「アレグロは元々は速いという意味ではなくて快活にという意味」というのが刷り込まれてて、アレグロと書いてるのを見ると反射的に快活にしたくなるのかも…。
あと、思ったよりは弾けたのが嬉しくてつい、というのもあるかも。いやぁ、大人げないなぁ。

とにかく、やたらとウキウキしたスキップするような『展覧会の絵』になってしまうのです。
スキップするような感じの『展覧会の絵』って、どう考えてもおかしいよー
そして、ミスって転ぶから、子供が美術館の雑踏の中でスキップして転んじゃってるような感じ(笑)
ムソルグスキーが「そんな曲作った覚えない」と化けて出そうだΣ(゚д゚lll)!!

けど、『展覧会の絵』のプロムナードって、楽譜1ページ分で手ごろなので、ちゃんと弾けるようにしとくと便利そうではありますね。
コピー1枚常に持って歩けば、急に外で「ピアノ弾いて」って頼まれた時に対応できるもんね。←暗譜する気が全くない(^^;;

ま、気が向いたら、ワンポイントレッスンしてみてもいいかな。
先生のほうの気が向くかどうか分からないけど…。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: ムソルグスキー 展覧会の絵 | * Comment : (2)

こんばんは♪ * by ゆりこ
展覧会の絵のプロムナード、レパートリーにできたらかっこいいですね♪有名ですし、堂々としたテーマが弾き映えしそうです。

Nekoushiさん、暗譜あまりされませんか?
わたしは大人になってからは、暗譜すごく苦手で、それで発表会など舞台に出るのは・・・二の足を踏んでしまいます。

子どものころはこんなに苦労しなかったのに・・・
と思ってしまいます(^^;

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんばんはー☆彡
コメントありがとうございます。

『展覧会の絵』のプロムナードをレパートリーにできれば、本当に楽しそうです(≧▽≦)

普段弾いてるような音階的進行が全くなくて、和音で進行していくので、ちょっと新鮮、でも手が疲れました。

> Nekoushiさん、暗譜あまりされませんか?
わたしは大人になってからは、暗譜すごく苦手で、それで発表会など舞台に出るのは・・・二の足を踏んでしまいます。

暗譜、あんまりどころか全然できないんですよ~(^^;;
それが理由で舞台に出るのに二の足を踏んでしまうというのが全く同じで、親近感を覚えてしまいました。
子供の頃は苦労しなかったのに…というのも、全く同じです!笑

コメント









管理者にだけ表示を許可する

こんばんは♪
展覧会の絵のプロムナード、レパートリーにできたらかっこいいですね♪有名ですし、堂々としたテーマが弾き映えしそうです。

Nekoushiさん、暗譜あまりされませんか?
わたしは大人になってからは、暗譜すごく苦手で、それで発表会など舞台に出るのは・・・二の足を踏んでしまいます。

子どものころはこんなに苦労しなかったのに・・・
と思ってしまいます(^^;
2017-11-18 * ゆりこ [ 編集 ]

To:ゆりこさん
ゆりこさん、こんばんはー☆彡
コメントありがとうございます。

『展覧会の絵』のプロムナードをレパートリーにできれば、本当に楽しそうです(≧▽≦)

普段弾いてるような音階的進行が全くなくて、和音で進行していくので、ちょっと新鮮、でも手が疲れました。

> Nekoushiさん、暗譜あまりされませんか?
わたしは大人になってからは、暗譜すごく苦手で、それで発表会など舞台に出るのは・・・二の足を踏んでしまいます。

暗譜、あんまりどころか全然できないんですよ~(^^;;
それが理由で舞台に出るのに二の足を踏んでしまうというのが全く同じで、親近感を覚えてしまいました。
子供の頃は苦労しなかったのに…というのも、全く同じです!笑
2017-11-18 * Nekoushi [ 編集 ]