FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

『献呈』鑑賞祭り(コーダ的つづき)

昨日の記事では、次の課題に備えての、シューマンリストの『献呈』聴き比べについて書きました。
鑑賞祭り自体は今日も続いているけど、記事としては昨日の1本で完結。
のはずだったのですが、なかみっちゃん(注:仲道郁代さん)の演奏を発掘してしまったので、続けます。続けますというか、本編は前回で終わって、今回書くことは、なかみっちゃんだけなので、タイトルは「コーダ的つづき」としてみました。

昨日は、著作権がどうのと言って、「演奏者名と曲名を入れて検索してみてください」という不親切仕様だったのですが、今日は大サービス(?)で、動画へのリンクを貼っておきます!笑

N○Kの番組を録画してUPしてるという、何ともリスクの高い動画です(^^;;

ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ!
お目当ての『献呈』は9分20秒ぐらいから始まります。

出だしは、なかみっちゃんのイメージ通り、優雅に始まります。
当然全曲そんな雰囲気で行くものと信じて疑わなかったら、中間部(11分ごろ)から段々と「あれ?」って感じになってくる(笑)
決して荒々しいわけではないですが、激しいというか男性的というか…。いや、もちろん、音は綺麗なまんまですよ。
昨日、ギャップ萌えとか言って盛り上がってた「鍵盤の師子王」バックハウスのまさかの女子力高い系の『献呈』と正反対の意味で、本人のイメージとのギャップが…(^^;;

「イメージと違うなあ」と思いながら何回か聴いていたら、ふと思いつきました。
これはきっと、ロベルトのクララへの狂おしい愛情表現に違いない!
元はと言えばシューマンの曲ですもんね。
なかみっちゃんは、あくまでシューマンの曲として弾きたかったのかもしれません。
シューマンのオリジナル曲と思って聴くと、ものすご~く納得行きました。
そうか、練習する時の参考にするかどうかは別にして、そういう路線もありなのかも…?
でも、「理想の1本」は、昨日のままで変わりません。

脱線しますが、『献呈』に続けて演奏されるメンデルスゾーンの『紡ぎ歌』がかなりチェルニーちっくで(まあ元々そういう曲だけど)、しかも楽しそうに弾いてるのも面白かったです。なかみっちゃんはチェルニー好きだったらしい(エッセイ本に書いてた)ので、こういう感じの好きなのかな(笑)

あと、19分20秒あたりからショパンのスケルツォ2番を弾いてて、これは素直に超お気に入りです(*´▽`*)
そもそも普段一番よく聴いてるスケルツォ集は、なかみっちゃんのCDです。ツィメルマンのCDがあれば(映像は正規の商品があった気がする)交互に聴いてると思いますが、どういうわけかツィメルマンのCDはバラードだけなんですよね。
動画の話に戻りますが、この曲の激しい部分になると、髪が揺れて口を直撃して、口の中に入ってしまったりして困り気味なのが、笑い事じゃないのでしょうけど、ちょっと笑えます。というか、ヘアスタイル決める時、何でそれ考えなかったの!?笑

トークも演奏も充実してて面白い動画なのですが、上にも書いたような事情で、強くお薦めしていいものかどうか。←めちゃくちゃ歯切れ悪いけど、まあ、そういうことです(笑)

はっ、気づいたら、『献呈』鑑賞祭りじゃなくて、「なかみっちゃん祭り」になってる。
ま、いいか。
「コーダ的」にしては長過ぎる(おそらく本編より長い)けど、タイトル考え直すのも面倒なので、そのままUPします。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する