Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

Entries

『献呈』鑑賞祭り(コーダ的つづき)

昨日の記事では、次の課題に備えての、シューマンリストの『献呈』聴き比べについて書きました。
鑑賞祭り自体は今日も続いているけど、記事としては昨日の1本で完結。
のはずだったのですが、なかみっちゃん(注:仲道郁代さん)の演奏を発掘してしまったので、続けます。続けますというか、本編は前回で終わって、今回書くことは、なかみっちゃんだけなので、タイトルは「コーダ的つづき」としてみました。

昨日は、著作権がどうのと言って、「演奏者名と曲名を入れて検索してみてください」という不親切仕様だったのですが、今日は大サービス(?)で、動画へのリンクを貼っておきます!笑

N○Kの番組を録画してUPしてるという、何ともリスクの高い動画です(^^;;

ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ!
お目当ての『献呈』は9分20秒ぐらいから始まります。

出だしは、なかみっちゃんのイメージ通り、優雅に始まります。
当然全曲そんな雰囲気で行くものと信じて疑わなかったら、中間部(11分ごろ)から段々と「あれ?」って感じになってくる(笑)
決して荒々しいわけではないですが、激しいというか男性的というか…。いや、もちろん、音は綺麗なまんまですよ。
昨日、ギャップ萌えとか言って盛り上がってた「鍵盤の師子王」バックハウスのまさかの女子力高い系の『献呈』と正反対の意味で、本人のイメージとのギャップが…(^^;;

「イメージと違うなあ」と思いながら何回か聴いていたら、ふと思いつきました。
これはきっと、ロベルトのクララへの狂おしい愛情表現に違いない!
元はと言えばシューマンの曲ですもんね。
なかみっちゃんは、あくまでシューマンの曲として弾きたかったのかもしれません。
シューマンのオリジナル曲と思って聴くと、ものすご~く納得行きました。
そうか、練習する時の参考にするかどうかは別にして、そういう路線もありなのかも…?
でも、「理想の1本」は、昨日のままで変わりません。

脱線しますが、『献呈』に続けて演奏されるメンデルスゾーンの『紡ぎ歌』がかなりチェルニーちっくで(まあ元々そういう曲だけど)、しかも楽しそうに弾いてるのも面白かったです。なかみっちゃんはチェルニー好きだったらしい(エッセイ本に書いてた)ので、こういう感じの好きなのかな(笑)

あと、19分20秒あたりからショパンのスケルツォ2番を弾いてて、これは素直に超お気に入りです(*´▽`*)
そもそも普段一番よく聴いてるスケルツォ集は、なかみっちゃんのCDです。ツィメルマンのCDがあれば(映像は正規の商品があった気がする)交互に聴いてると思いますが、どういうわけかツィメルマンのCDはバラードだけなんですよね。
動画の話に戻りますが、この曲の激しい部分になると、髪が揺れて口を直撃して、口の中に入ってしまったりして困り気味なのが、笑い事じゃないのでしょうけど、ちょっと笑えます。というか、ヘアスタイル決める時、何でそれ考えなかったの!?笑

トークも演奏も充実してて面白い動画なのですが、上にも書いたような事情で、強くお薦めしていいものかどうか。←めちゃくちゃ歯切れ悪いけど、まあ、そういうことです(笑)

はっ、気づいたら、『献呈』鑑賞祭りじゃなくて、「なかみっちゃん祭り」になってる。
ま、いいか。
「コーダ的」にしては長過ぎる(おそらく本編より長い)けど、タイトル考え直すのも面倒なので、そのままUPします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

タグから記事へGO!

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト K.311 シューマン チェルニー 献呈 リスト ショパン 仲道郁代 近藤由貴 ハイドン レンタル練習室 フランス組曲 平均律第1巻 BWV858 Hob.XVI:34 湯山昭 お菓子の世界 楽譜 エチュード 無謀曲 K.331 インヴェンション バラード ドビュッシー 調性 自分の演奏好き? ハノン 調律 電子ピアノ ベートーヴェン ワルツ トルコ行進曲 久元祐子 クラビノーバ ムソルグスキー 展覧会の絵 アルマンド 指マッサージ 練習曲 ららら♪クラシック シューベルト K.334 理想の先生 和声法 中村紘子 ソナチネ 選曲 好きな調 クレメンティ ブラームス オスマン帝国 20の小練習曲 モシュコフスキー 変イ長調 スマホ老眼 感情をこめて弾く スマホ 書き込み マズルカ 幻想曲 パスカル・ドゥヴァイヨン カデンツ 土田京子 メソッド・タリアフェロ バックハウス キーシン ルービンシュタイン ランラン チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 ドゥシェック 小ジーグ K.574 クーラウ バイエル ポロネーズ 半音階的幻想曲とフーガ マズルカOp.7-1 Hob.XVI:50 交響的練習曲 ト長調 op.119-2 op.118-5 ベルサイユのばら 変奏曲 植山けい チェンバロ op.117-1 céleste 間奏曲 イリーナ・メジューエワ op.118-2 吉松隆の調性で読み解くクラシック ヴァイオリン ピアノ記念日 パルティータ リシエツキ 気象病 ソナタ カテゴリー ワルトシュタイン ら抜き言葉 似合いそうな曲 リズム変奏 ハプスブルク帝国 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト ベレゾフスキー マリー・アントワネット ハプスブルク家 マリア・テレジア D915 ピアニストは面白い 教則本 チェルニー30番 苦手な曲種 マーチ スケール 行進曲 似合う曲 タグ ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 ツィメルマン D960 幻想即興曲 楽譜の視覚効果 アルペジオ 左ペダル D959 夜の女王のアリア 曲名の略称 妄想 山枡信明 プチトリアノン 魔笛 全音ピアノピース ヨハン・シュトラウス ウナコルダ ウィンナー・ワルツ ポルカ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 子供の情景 

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇レッスン課題
・チェルニー40-25番
・バッハ シンフォニア 13番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第1楽章
・シューマン/リスト『献呈』

◇予習中
・ショパン『幻想即興曲』

◇2018年の終了曲
・チェルニー40-19、12、20、24番
・バッハ シンフォニア 2番、4番
・バッハ 平均律第1巻13番
・モーツァルト ディヴェルティメントK.334~第1メヌエット(ピアノソロ版)

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR