FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

読むだけでも楽しい『ショパン・エチュードの作り方』

ショパンエチュードの中から、いずれは2,3曲ぐらい弾いてみたいものです。
チェルニー40番の真ん中ぐらいでひぃひぃ言ってるのに何を言うか、って話ですが、それはともかく…(笑)

というわけで、ショパンエチュードに関する楽しい本を見つけて、ハマっています(≧▽≦)

フランスのピアニスト、パスカル・ドゥヴァイヨンさんが書いた『ショパンエチュード作品10の作り方』と『ショパンエチュード作品25の作り方』です。音楽之友社から出ている本です。訳者の村田理夏子さんはドゥヴァイヨンさんの奥さんだそうで、息が合ってて読みやすいです。

この本、何が楽しいかって、構成が最高です。
全曲を料理に見立てて、それぞれへのレシピの形で書かれているのです。
フランスと言えば料理!ですからね(笑)←これ、著者がそういう意味のこと書いてます。

『ショパン エチュードの作り方』
↑こんな表紙の本です。
見るからにおいしそうでしょ?笑

各曲のレシピは、

(1)今日の献立:演奏解釈の方向性
(2)期待される食効果:上達されるテクニックや音楽性
(3)よりよい消化のために:心と身体の健康を害さないためのアドヴァイス(手を傷めないようにとか、心が折れないようにとか)
(4)作り方:練習のアイディア

という流れです。

雰囲気をお伝えするために、作品10-1から少し抜粋してみると、

【期待される食効果】
指の強さと持久力。引き締まった明確な打鍵のために指が望ましいポジションを取り続けられるよう、広い音程幅に手が柔軟に対処することを学ぶ。

【よりよい消化のために】
柔軟性を欠いた練習は、緊張と痛みを生むことにつながります。手が小さめな場合は、身体的ダメージ(硬直、腱鞘炎など)を極力避けるよう心がけなければいけません。指がまだ弱い場合は…この曲を《将来のプロジェクト》ファイルにしまい、ツェルニーの練習曲を始めましょう。(以下略)

【作り方】
用意するもの
・気品の高さ:大さじ3強
・内面の強さ:薄切り1枚
・忍耐力:適量
・手首の潤滑油:あれば
(以下、具体的な練習方法などが、ユーモアを交えて書かれている)



10-1では「用意するもの」は普通な感じですが、25-1「エオリアンハープ」の「音のまろやかなポタージュスープ(きのこのかわりに音符を)」なんていうのは、実にうまいと思いました。曲によっては、イチゴとかカニのはさみとか、もっと突飛なものが結構出てきたりします。一体どうしたらそういう発想になるのか、ビックリですよ。音楽には、そういう豊かな発想力も必要なのでしょうね。
たまに、フランス人にしか分からないユーモアなのか、イマイチ通じないユーモアも出てきたりするのは御愛嬌ですけど…(笑)

面白おかしいだけじゃなくて、手の軸、肘、手の開閉、手首などについてのテクニックや、詳細で具体的な練習法が解説されていたりして、ショパンエチュードを実際に弾くことがないとしても、他の曲にも応用が利くかもしれません。
ドゥヴァイヨンさんは手が小さいらしく、そういう点でも、手の小さい多くの日本人にとって参考になりそう。
私の場合ピアノの練習では一人二役で先生役もやってる(というか、実際に文章に書き起こすかどうかの違いだけで、誰でも多かれ少なかれ練習では師弟二役なのではないでしょうか)ので、けっこう使えそうです(≧▽≦)

あと、エチュードのCDを聴く時にも、この本を読んでみると、「ここはこういうことになってるのかー」と、アナリーゼ的というより、演奏者から見たテクニックの面から、より深く楽しめるような気がします。

ま、いつかどれかは弾きたいですし、読んでてそういう気持ちが強くなりました。
え?その前に、ドゥヴァイヨンさんが言うようにまずはチェルニー!?笑
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 音楽書

* Comment : (6)

こんにちは♪ * by ゆりこ
表紙がすごくおしゃれですね~♪

内容もすごく楽しそうです。訳者が奥様、というのもいいですね。
ショパンエチュード弾けないですけど、読んでみたいです~

でもやっぱり、まずはチェルニー、なんですね^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

そうなんですよ、表紙見ただけでも、お洒落で素敵なので欲しくなってしまいます(笑)

内容もとても楽しいです。
ただ、本の好みは人それぞれなので、手に取って確かめてみてくださいね(^^;;

> ショパンエチュード弾けないですけど、読んでみたいです~

読まれたら弾きたくなるかもしれませんよ~
『別れの曲』とか『エオリアンハープ』は、大人再開組の方も結構弾いてらっしゃるようですし…。

> でもやっぱり、まずはチェルニー、なんですね^^

ドゥヴァイヨンさんは「チェルニーは芸術的じゃないけど、しっかりした指を作るのにはいい」という考えみたいです。

No title * by 私はタワシ
おお!この本、読んだことあります!うちの市の図書館にあったので。
まったくショパンエチュードに縁のない(←自分で演奏する限りは)、わたしのようなものでも、読み物としておおいに楽しめました!

ドゥヴァイヨンさんの演奏って聴いたことがないので、これからYouTubeなどで聴いてみようかな。
手が小さいかたなんですね。
「大変な和食党で、毎晩日本酒を欠かさない」って書いてあるサイトもありました、
日本人として結構嬉しいなあ。奥さん、日本人だから当然かもしれませんが。

ついでに村田理夏子さんについてもちょっと調べてみました。
ドゥヴァイヨンさんとは師弟関係だったのですね。
師匠と国際結婚かぁ~☆
この手の翻訳本って 往々にして「外国語を訳しました!」ってのが見え見えの直訳調で、しかも「この訳者、ピアノのこと、音楽のこと、どれだけ知っているのだろう?」と思わずにいられないことも時々あるのですが、訳者がが著者の夫人でピアニストなら、そんな心配は皆無ですよね。

No title * by Nekoushi
タワシさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

やはり!
この本、読むだけでも十分楽しいですよね。

私もドゥヴァイヨンさんの演奏を聴いたことありません。
探して聴いてみなくちゃ…。
どんな演奏をする人なのか、楽しみです!

> 大変な和食党で、毎晩日本酒を欠かさない

おお!親しみがわきますね(≧▽≦)
というか、私より食の好みが日本的だったらどうしよう(^^;;

> 師匠と国際結婚かぁ~☆

そのせいで、「あとがき」が、おのろけに見えて仕方がありませんでした。
いや、至って普通のことが書いてあるのですが…笑

全然直訳調ではなくて、すごく自然な語り口調ですよね。

音楽のこと分かってなさそうな訳者の直訳調の本って拷問ですΣ(゚д゚lll)!!

こんばんは^^ * by どれみ
おしゃれで、そして内容(表現)もおもしろそうですね^^

気品の高さ 大さじ3強・・か・・
う~ん・・すりきりでなく 強なのね^^
内面の強さ 薄切り1枚
ほぉ~薄切りでいいのか~じゃ厚切りの曲って何??
などなど・・
ほかの曲はどうなのだろう・・気になります。
弾くなんて考えもしない難曲集ですが
どこか身近に感じられるのがいいですね^^
今ちょうど車で聴いてるので
どこか探して読んでみようと思います。
ご紹介ありがとうございました^^

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

興味を持っていただけて嬉しいです。
そして、どれみさんのコメントが最高です(≧▽≦)

> 気品の高さ 大さじ3強・・か・・
> う~ん・・すりきりでなく 強なのね^^
> 内面の強さ 薄切り1枚
> ほぉ~薄切りでいいのか~じゃ厚切りの曲って何??
> などなど・・

鋭いですね~。言われてみれば確かに!
著者のドゥヴァイヨンさんも思わず笑ってしまう、というか会話がはずむのでは…!?笑

この本は、作れそうもない難しい高級料理のレシピでも読んでみると楽しいというのと少し似てるかもしれませんね。

是非探して読んでみてくださいね。

コメント









管理者にだけ表示を許可する

こんにちは♪
表紙がすごくおしゃれですね~♪

内容もすごく楽しそうです。訳者が奥様、というのもいいですね。
ショパンエチュード弾けないですけど、読んでみたいです~

でもやっぱり、まずはチェルニー、なんですね^^
2017-10-24 * ゆりこ [ 編集 ]

To:ゆりこさん
ゆりこさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

そうなんですよ、表紙見ただけでも、お洒落で素敵なので欲しくなってしまいます(笑)

内容もとても楽しいです。
ただ、本の好みは人それぞれなので、手に取って確かめてみてくださいね(^^;;

> ショパンエチュード弾けないですけど、読んでみたいです~

読まれたら弾きたくなるかもしれませんよ~
『別れの曲』とか『エオリアンハープ』は、大人再開組の方も結構弾いてらっしゃるようですし…。

> でもやっぱり、まずはチェルニー、なんですね^^

ドゥヴァイヨンさんは「チェルニーは芸術的じゃないけど、しっかりした指を作るのにはいい」という考えみたいです。
2017-10-24 * Nekoushi [ 編集 ]

No title
おお!この本、読んだことあります!うちの市の図書館にあったので。
まったくショパンエチュードに縁のない(←自分で演奏する限りは)、わたしのようなものでも、読み物としておおいに楽しめました!

ドゥヴァイヨンさんの演奏って聴いたことがないので、これからYouTubeなどで聴いてみようかな。
手が小さいかたなんですね。
「大変な和食党で、毎晩日本酒を欠かさない」って書いてあるサイトもありました、
日本人として結構嬉しいなあ。奥さん、日本人だから当然かもしれませんが。

ついでに村田理夏子さんについてもちょっと調べてみました。
ドゥヴァイヨンさんとは師弟関係だったのですね。
師匠と国際結婚かぁ~☆
この手の翻訳本って 往々にして「外国語を訳しました!」ってのが見え見えの直訳調で、しかも「この訳者、ピアノのこと、音楽のこと、どれだけ知っているのだろう?」と思わずにいられないことも時々あるのですが、訳者がが著者の夫人でピアニストなら、そんな心配は皆無ですよね。
2017-10-24 * 私はタワシ [ 編集 ]

No title
タワシさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

やはり!
この本、読むだけでも十分楽しいですよね。

私もドゥヴァイヨンさんの演奏を聴いたことありません。
探して聴いてみなくちゃ…。
どんな演奏をする人なのか、楽しみです!

> 大変な和食党で、毎晩日本酒を欠かさない

おお!親しみがわきますね(≧▽≦)
というか、私より食の好みが日本的だったらどうしよう(^^;;

> 師匠と国際結婚かぁ~☆

そのせいで、「あとがき」が、おのろけに見えて仕方がありませんでした。
いや、至って普通のことが書いてあるのですが…笑

全然直訳調ではなくて、すごく自然な語り口調ですよね。

音楽のこと分かってなさそうな訳者の直訳調の本って拷問ですΣ(゚д゚lll)!!
2017-10-24 * Nekoushi [ 編集 ]

こんばんは^^
おしゃれで、そして内容(表現)もおもしろそうですね^^

気品の高さ 大さじ3強・・か・・
う~ん・・すりきりでなく 強なのね^^
内面の強さ 薄切り1枚
ほぉ~薄切りでいいのか~じゃ厚切りの曲って何??
などなど・・
ほかの曲はどうなのだろう・・気になります。
弾くなんて考えもしない難曲集ですが
どこか身近に感じられるのがいいですね^^
今ちょうど車で聴いてるので
どこか探して読んでみようと思います。
ご紹介ありがとうございました^^
2017-10-24 * どれみ [ 編集 ]

To:どれみさん
どれみさん、こんにちはー(^^♪
コメントありがとうございます!

興味を持っていただけて嬉しいです。
そして、どれみさんのコメントが最高です(≧▽≦)

> 気品の高さ 大さじ3強・・か・・
> う~ん・・すりきりでなく 強なのね^^
> 内面の強さ 薄切り1枚
> ほぉ~薄切りでいいのか~じゃ厚切りの曲って何??
> などなど・・

鋭いですね~。言われてみれば確かに!
著者のドゥヴァイヨンさんも思わず笑ってしまう、というか会話がはずむのでは…!?笑

この本は、作れそうもない難しい高級料理のレシピでも読んでみると楽しいというのと少し似てるかもしれませんね。

是非探して読んでみてくださいね。
2017-10-25 * Nekoushi [ 編集 ]