FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

カデンツ探しに熱中、そしてハッと気づく

熱しやすく冷めやすい(?)私が今少し凝っているのが、前回の記事で書いた和声学で、特に、曲の中からカデンツ(終止部)を探すのに、つい熱中してしまっています。カデンツって何?と聞かれると、全然まともに答えられないけど…Σ(゚д゚lll)!!笑
文章で言ったら句読点みたいな、区切れる部分のことです。(これは、『和声法がさくさく理解できる本』にも書いてあった)

例えば、↓こんな部分。
シンフォニア3番 3~4小節 カデンツ

ロマン派のややこしいのはどう考えても無理なので、もっぱらバッハのフランス組曲です。(譜例はシンフォニアだけど)
宝探しというと言い過ぎですが、子供が砂浜で貝殻拾いなんかをするみたいに、ひたすら探して、お目当てのものが見つかることが楽しいのですね。
それに、句読点って重要でしょ?
例えば、目まぐるしく動き回る無窮動的と言われる曲では、カデンツがさっぱり見つからなくて(たぶんあるんだろうけど隠れてる?)、「句読点が目立たないから動き回ってる感じなのか~」という感じで、面白かったです。

でも、ふと気づいたのだけれど、普段、文章を読んだり話したりするのに文法的分析なんてしない(笑)
というか、流暢に話せるかっていうのは別問題ですよね。
ピアノで言えば、指がきちんと動いてくれなきゃ話にならない(^^;;
文法や和声って「裏方」的存在なので、あんまりカデンツ探しに熱中し過ぎないで、弾く時間もしっかりとらなければ…!!

「役に立つかどうか」という議論は、あまり好きではありません。
単に、「意外なものに熱中してみると楽しい場合もある」という感想です(^^♪
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 楽典・和声法

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する