FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

秋になってピアノの音変わった~♪♪

週末は、やっと久しぶりに長時間の練習ができました。
涼しくなり湿度も下がってきたので、私のアップライトピアノの音も変わってきました。
夏の間は、くどい感じの音色だったのが、からっとした感じの古典派やバッハにふさわしい音色になってきました。
ピアノはまさに生き物です!
ブログでアップライトへの不満をよく書いてますが、バッハだけはひょっとするとグランドよりいいんじゃないかと思ってます。真夏のくどい感じの音色の時ですらそう思ってたので、今の音色なら尚更です。

(記事のタイトルにしたにもかかわらず、「音色」の話はこれだけで終わり…笑)

というわけで、休んでいる間になぜか後退してしまったモーツァルトのソナタK311と、なぜか成長していたバッハシンフォニア3番を中心にやりました。

K311にはかなり力を入れたのですが、ある部分ができるようになったら別の部分が弾けなくなる、いわゆる「もぐら叩き現象」に陥ってしまったり、表情の付け方がイマイチ気に入らない部分が出てきたり、引き続き苦戦中です。
弾けるようになるのか、自信がなくなってきましたΣ(゚д゚lll)!!
もちろん、曲自体はお気に入りのまま変わりありません。

バッハには、少しだけ手ごたえが出て来ました(≧▽≦)
20年ぐらい前に習ってた先生(セルフじゃなくて本物)に「バッハはいいけどモーツァルトは上手くない」と言われたことがあって、その時はあんまり納得してなかったのだけど、やはり鋭い指摘だったのですね(^^;;

チェルニーは、まだ本格的には再開していませんが、さっと弾いてみた感じ、今やってる課題のうち40-18は、モーツァルトほどは後退していませんでした。40-19のほうは元が酷かった上に練習を積んでいなかったので、ゼロに戻ってしまった感じ…( ;∀;)

バッハやチェルニーは練習時間の蓄積が効いて来るように思えるけど、モーツァルトは練習の効果があんまりストレートに伝わらないような気もします。調子いい時はあんまり練習しなくてもスムーズに行っちゃうこともあるし…。
やっぱりアマデウスは気まぐれだから!?笑
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 練習の話

* Comment : (2)

No title * by けもネコ
ピアノは生き物!そうですよね~
だから生ピアノって言うのでしょうか(違

湿気の多い日は調子が悪い気がします。

毎日微妙に音が違うことや、微妙なタッチで音が変わるところが難しくも魅力なのですよね。


To:けもネコさん * by Nekoushi
けもネコさん、コメントありがとうございま~す(^^♪

> だから生ピアノって言うのでしょうか(違

うまいですね!
たぶん、それもあると思います(笑)

湿気が多過ぎるとすぐに音に表れますね。

あと、乾燥し過ぎもピアノにとっては良くないんですよね。
高級ピアノを所有してしまうと、加湿器・除湿器が不可欠になるらしいです(^^;;

> 毎日微妙に音が違うことや、微妙なタッチで音が変わるところが難しくも魅力なのですよね。

これぞまさに生き物の魅力!笑

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
ピアノは生き物!そうですよね~
だから生ピアノって言うのでしょうか(違

湿気の多い日は調子が悪い気がします。

毎日微妙に音が違うことや、微妙なタッチで音が変わるところが難しくも魅力なのですよね。

2017-09-11 * けもネコ [ 編集 ]

To:けもネコさん
けもネコさん、コメントありがとうございま~す(^^♪

> だから生ピアノって言うのでしょうか(違

うまいですね!
たぶん、それもあると思います(笑)

湿気が多過ぎるとすぐに音に表れますね。

あと、乾燥し過ぎもピアノにとっては良くないんですよね。
高級ピアノを所有してしまうと、加湿器・除湿器が不可欠になるらしいです(^^;;

> 毎日微妙に音が違うことや、微妙なタッチで音が変わるところが難しくも魅力なのですよね。

これぞまさに生き物の魅力!笑
2017-09-12 * Nekoushi [ 編集 ]