FC2ブログ

シフの本『静寂から音楽が生まれる』―読み応えあり過ぎてヘビーです\(◎o◎)/!

シフ『静寂から音楽が生まれる』

アンドラーシュ・シフの『静寂から音楽が生まれる』(岡田安樹浩訳、春秋社)を読んでます。ピアノでバッハといえばシフ!!のシフ先生の待望の本、不覚にも昨年の9月に出ていたことに今頃気づきました。帯に並んでいるキャッチコピーも煽る煽る(笑)。 「思索する音楽家 芸術の核心へ」、「巨匠の素顔に迫る対話とエッセイ」、「現代最高のピアニスト、アンドラーシュ・シフの肖像」と…。400ページを超える大作で、第1部は『音楽と人生』と題するマーティン・マイアー(ジャーナリスト)との対話、第2部は『ピアニストは考える』と題するエッセイ集です。

音楽の本質から、解釈、演奏、作曲家の位置づけ、自身の生い立ち、社会に至るまで内容豊富で読み応えがあり過ぎて、いつものような読書メモにまとめられないです\(◎o◎)/! 気になったポイントを、ごくごくかいつまんで羅列してみます。

・本のタイトル『静寂から音楽が生まれる』について。これは冒頭の部分で音楽の本質について語っている言葉からとられています。ぐっと引き込まれます。なんと素敵な表現なのでしょう。

はじめに静寂があり、静寂から音楽が生まれます。そして、音響と構造からなる実にさまざまな現在進行形の奇跡が起こります。その後、ふたたび静寂が戻ってきます。つまり、音楽は静寂を前提としているのです。


・バッハの音楽に厳格ではなく自由を感じる。

バッハを弾くと、いつも解き放たれたような気持になりました。よく言われているバッハの厳格さは錯覚だと分かったのです。(中略) バッハを弾くことによって自分の考えを表明できたのですから!私の師であるジョージ・マルコムは、この自由を後押ししてくれました。要するに、バッハのフーガは10の異なるテンポで演奏することができて、たいていは感銘を与えるものになる。ということです。ショパンは、ほとんど自由が許されません。ロマン派の作曲家というだけで、ショパンを好き勝手に扱ってよいと思っているなら、その人は間違っています。なんという間違いでしょう!取るに足らないような誇張さえも悪趣味になりえるのです。私はむしろ、バッハのほうに水を得た魚のような感覚を覚えるのです。


これはバッハを弾くときの励みになります(*´▽`*)

・バッハでペダル使うな!!←シフ先生の口癖の一つですね
(ひぃっ、ゴメンナサイですΣ( ̄ロ ̄lll)!! でも、お言葉を返すようですが、手が小さい人にはペダル無しではいかんともしがたい箇所があるのです(^^;;)

・バッハとベートーヴェンが二つの最高峰(シフの中では)。

(ベートーヴェンは)評価してもし過ぎるということはないでしょう。最近、私はベートーヴェンをモーツァルトよりも上位に置いています。というのは、ベートーヴェンは人間の存在にかかわるもっとも重要な部分に触れているからです。彼の偉大な作品群に、バッハと同じような超自然的な何か、宇宙的な何かを感じるのです。


・実はシューベルトをかなり愛している。シューベルトのソナタのチクルスを初めて実施したピアニストらしい。シューマンとブラームスにも関心あり。

・音楽のビジネス化、グローバリゼーション、聴衆の質の低下、批評家の質の低下、コンクールがあふれかえっていることに危惧を抱いている。(というか、怒りを覚えている感じを受けた)

・メンデルスゾーンを高く評価していて、過小評価されていることに反発している。

私は、メンデルスゾーンのイメージが悪意によって歪められていると確信しています。加えて、誤った先入観やひどい偏見がはびこり、しばしば誤解へ導いています。彼が生涯にわたって生み出した作品は、彼の信じ難いほどの才能を証明しており、もっとずっと高く評価されて然るべきですし、もっと深い愛情をもって愛好されるべきです。
(中略)
加えて、彼には作曲以外にも非常に重要な功績があることを忘れてはいけません。1829年3月11日は音楽の歴史における一大記念日です。この日、バッハの《マタイ受難曲》がメンデルスゾーンの指揮によってベルリンで蘇演されたのです。この記憶に残る事件は、バッハ・ルネサンスの端緒に他なりません。(他に、シューベルトの『大ハ長調交響曲』の初演、シューマン、ショパン、ベルリオーズ、リストなどを積極的に支持し普及させたことも挙げている) つまりメンデルスゾーンは、古い財産の保護者であると同時に、新しい様式の行く先の案内人でもあったのです。


・メンデルスゾーンが否定・非難されていることの理由について。

多くの人は、真の芸術は不安と悲しみの経験の上にしか成立しないと誤認する傾向にあります。(中略)
(悲劇的な)運命に、私たち「善良な人」は哀れみの気持ちを覚え、感情移入します。悲劇が偉大なことの必須条件であるかのように、私たちに信じ込ませるのです。対して、メンデルスゾーンは惜しまれもしなければ、悲しまれもしていません。彼には才能があり、成功していて、裕福な市民階級という出自で幸福だったことが、逆にすさまじい嫉妬心をかき立てているのです。


もう一つの大きな理由として、シフは、メンデルスゾーンがユダヤ人だったことと、歴史的に根深い反ユダヤ主義の差別を挙げて、感情を露わにして反感と非難を表しています。実はシフ自身がユダヤ人の出身で、祖国ハンガリーでは差別に遭っていたという背景があるのです。

・圧政や強権支配への強い拒否感

シフが生まれた時のハンガリーは、共産主義の酷い強権支配。それに、上記のようにユダヤ人差別もある。そういうわけで、自由とか民主主義が損なわれること、強権支配が台頭することの兆しに物凄く敏感です。読んでいて、何の本を読んでいるんだっけ??と思わされた箇所も少なくありません。極右の出現とか、イギリスがEUから抜けること、アメリカでトランプ大統領が当選したことなどへの懸念が書かれていたりします。シフ先生の一筋縄ではいかないパーソナリティ(公開レッスンなどでの毒のあるユーモア連発とか…)は複雑な人生を歩んできたことが背景にあることがよく分かります。

全体的な印象としては、音楽や芸術についてのシフ先生の驚異的な深い洞察に接することができると同時に、どうしても生い立ちに由来するパーソナリティの複雑さの方がより強く印象に残ってしまう感じがしました。ん~、でも、それがシフの芸術を形作っているのだから、分けて考えることは出来ないんですよね。読み応えあるのですが、正直言って、けっこう戸惑います。タイトルに「ヘビーです\(◎o◎)/!」と入れたのはそういうことです。

ともあれ、ディープなシフ・ワールド。400ページもあるし、いいお値段ですが、シフに関心のある方にはおススメです(^_^)/


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



tag : アンドラーシュ・シフ,静寂から音楽が生まれる,

コメント

No title

NekoUshiさん、こんにちは^^体調はいかがですか?

バッハの方が自由・・・
シフ先生はそう感じていらっしゃるのですね。なんだかうれしくなりました。

こちらの本はシフ先生の自伝的要素も強くかなりヘビーな仕上がりなのですね。
でもNekoUshiさんがまとめてくださって、とても分かりやすかったです。
メンデルスゾーンについては、同じユダヤ人ということで、少し感情的になってる部分もあるのでしょうかね。
などなど色々興味深かったです。ご紹介ありがとうございました。

長かった梅雨ももうすぐ明けそうですね。また暑くなりますね。ご無理のないようお過ごしください^^

No title

NekoUshiさん、こんにちは。

こんな本が出版されていたのですね。紹介してくださってありがとうございます。
シフがメンデルスゾーンを高く評価していたとは知りませんでした。確かにショパンやシューマンやブラームスに比べると、メンデルスゾーンはちょっと影が薄いというか・・・それがメンデルスゾーンが裕福だったからとか、ユダヤ人だからだとは思わなかったけど・・・どうしてなんでしょうね?

ピアノ協奏曲第1番はクラシックに興味が無い人でも聴いたことはあるくらい親しまれているし、生涯に渡って無言歌を書き続けたことはすごいですよね。
でもいかんせんメンデルスゾーンの曲は全般的に難しいんですよ。それがいまひとつメンデルスゾーンに親しめない理由ではないかと。ソナタとか厳バリとか、無言歌だって易々と弾ける曲が少ない(>_<)

そしてシフの複雑なパーソナリティが出来上がった背景、確かにディープですね。戦後間もない頃にハンガリーという共産主義の国で産まれること、しかもユダヤ人の両親の元に産まれることが意味すること、私達には想像もできないです。

機会があれば読んでみたい、でも読むには相当覚悟が要りそうですね(^^;)

Re: ゆりこさんへ

ゆりこさん、こんにちは(^_^)/
コメントありがとうございます~~

ゆりこさんこそ、体調はいかがですか?
私は、まあまあ何とかという感じです。寝不足気味なせいか頭がスッキリしないのが最近の悩みです(>_<)

> バッハの方が自由・・・
> シフ先生はそう感じていらっしゃるのですね。なんだかうれしくなりました。

色々な解釈ができるところがいいみたいですね。「バッハのフーガは10の異なるテンポで演奏することができて、たいていは感銘を与えるものになる」というのを読んで、慌てず丁寧に弾こうと決意しました。解説に「これは速いフーガ」なんて書いてあると急がないといけない気持ちにさせられてしまうので、そういう時はこれを思い出そう!!と…。
シフ先生は、バッハに比べるとロマン派は不自由で、特にショパンは、がんじがらめな感じを受けるそうです(^^;;

> こちらの本はシフ先生の自伝的要素も強くかなりヘビーな仕上がりなのですね。
> でもNekoUshiさんがまとめてくださって、とても分かりやすかったです。

そう言っていただけると嬉しいです(*´▽`*)
シフ先生が一番言いたかったポイントをちゃんと拾えているか自信はありませんが、印象に残った部分を挙げてみました。

> メンデルスゾーンについては、同じユダヤ人ということで、少し感情的になってる部分もあるのでしょうかね。

それは強く感じましたね。
きっとそうだと思います!

> などなど色々興味深かったです。ご紹介ありがとうございました。

いきなり買うというのは冒険なので、図書館で借りてみられるのもいいかもしれないですね(*^▽^*)

> 長かった梅雨ももうすぐ明けそうですね。また暑くなりますね。ご無理のないようお過ごしください^^

今年の梅雨は本当に長いっ!!次は暑さとの戦いかぁ…。何だか目が遠くなりますね。
お互い無理せず、体調に気を付けて過ごしましょうね('◇')ゞ

Re: 古都子さんへ

古都子さん、こんにちは(^_^)/
コメントありがとうございます~~

> こんな本が出版されていたのですね。紹介してくださってありがとうございます。

私も最近この本の存在を知りまして、迷わずAmazonで注文してしまいました(*^▽^*)

> シフがメンデルスゾーンを高く評価していたとは知りませんでした。確かにショパンやシューマンやブラームスに比べると、メンデルスゾーンはちょっと影が薄いというか・・・それがメンデルスゾーンが裕福だったからとか、ユダヤ人だからだとは思わなかったけど・・・どうしてなんでしょうね?

そうそう、影が薄いんですよね(^^;;

昔の日本の音楽評論家の文章で「メンデルスゾーンは苦労知らずだから深みのある音楽とは無縁」という意味のことを書いてあるのを読んだ記憶があります。読んだ時、そういうこと言うからクラシックが敬遠されるのだーー!!と思いました。あと、「メンデルスゾーンはユダヤ人だから下に見られている」説は、ワーグナーが差別主義丸出しのメンデルスゾーン批判の文章を書いて以来なので、意外と根強いのかも…。

> ピアノ協奏曲第1番はクラシックに興味が無い人でも聴いたことはあるくらい親しまれているし、生涯に渡って無言歌を書き続けたことはすごいですよね。

無言歌は、あんまり面白くない曲もありますけど、素敵な曲がたくさんですもんね!!
それをずっと書き続けたのはすごいですよね~~

> でもいかんせんメンデルスゾーンの曲は全般的に難しいんですよ。それがいまひとつメンデルスゾーンに親しめない理由ではないかと。ソナタとか厳バリとか、無言歌だって易々と弾ける曲が少ない(>_<)

ウェーバーと並んで、影が薄いのに難しい作曲家の代表ですね(>_<)
聴いている分には心地よいけど、弾いてみようと思うと悪戦苦闘。というか、こんなの弾けないという曲多数ですよね。

> そしてシフの複雑なパーソナリティが出来上がった背景、確かにディープですね。戦後間もない頃にハンガリーという共産主義の国で産まれること、しかもユダヤ人の両親の元に産まれることが意味すること、私達には想像もできないです。

両親はホロコーストの生き残り(それぞれ家族をホロコーストで亡くしている)だそうで、想像を絶するとしかいいようがありませんでした。少しでも馴染みのある音楽家の証言なので、客観的で他人事な歴史的出来事ではなくて、生身の人間に起こった出来事として、かなり堪えるところがありました。

> 機会があれば読んでみたい、でも読むには相当覚悟が要りそうですね(^^;)

そうですね。覚悟を決めて(?)、読まれてみてはいかがでしょうか。
ヘビーな内容を中心に紹介してしまいましたが、もちろん、それだけではないですので…。

No title

NekoUshiさん、こんにちは
かつです。

シフが奏でるバッハは説得力があり洗練されているのでスタンダードな演奏に聴こえますが、(崩壊しない程度に)かなり自由に弾いていますね。
逆にショパンは自由が許されないと思っていることに驚きました!
わたしもショパン作品をシューマン作品かのように演奏するピアニストが好きではないので、シフのショパンを聴いてみたいなと思いました!
ステキな本のご紹介、ありがとうございました!

Re: かつさんへ

かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます!

> シフが奏でるバッハは説得力があり洗練されているのでスタンダードな演奏に聴こえますが、(崩壊しない程度に)かなり自由に弾いていますね。

そうなんですよね。生き生きしてますよね♪♪
超えたらいけない一線をしっかり守りながら、その中で目いっぱい自由にファンタジーを花開かせている感じというか…。

> 逆にショパンは自由が許されないと思っていることに驚きました!

シフが言うには、ショパンは解釈を楽譜で厳格に指定しているので神経を吸い取られるのだとか…(笑)

> わたしもショパン作品をシューマン作品かのように演奏するピアニストが好きではないので、シフのショパンを聴いてみたいなと思いました!

シフはショパンにあんまり思い入れがないみたいで、私も録音を聞いたことありません。
どんな感じなのでしょうね。興味深いですよね!

> ステキな本のご紹介、ありがとうございました!

ご関心を持っていただけて嬉しいです~~
機会があったら手に取ってみてくださいね!

No title

Nekoushi さん こんにちは^^
シフさんのこんな本が出てたんですね。
内容の概要ありがとうございます。
アマゾンで見てみましたが 英語版とドイツ語版が出てました。
読んでみたいですが 私に手に入るのは英語版で高い~
シフさんて ピアニストとの前に音楽家 そして哲学家の アーティストなんだなと思いました。
また読み進められ おもしろい事あったらシェアお願いします!

No title

NekoUshiさんの書評は、いつもポイントを押さえてとっても上手にまとめられているので感心します。今回も、ボリューミーで内容的にもヘビーな本を、こんなに分かりやすく紹介してくださって感謝です!

400ページもあり、しかもお値段もそれ相応にお高いとなれば、ビンボーなタワシとしては、図書館頼みですね〜 地元の図書館になくても県内のどこかの館にあれば相互貸借で借りられる可能性大ですので、調べてみようと思います。

今、メンデルスゾーンの無言歌を何曲か遊び弾きしているので、シフさんのメンデルスゾーン論には興味がかなり興味があります。
シフさん=バッハのイメージが強く、彼の演奏で手元にあるのもことごとくバッハなんですが、メンデルスゾーンも聴くっきゃないですね〜





Re: ここまふぃんさんへ

ここまふぃんさん、こんにちは(^_^)/
コメントありがとうございます~~

> シフさんのこんな本が出てたんですね。

そうなんですよ~~
確か以前、ここまふぃんさんと「シフ先生の本読みたい」と話してませんでしたっけ??
見つけてすっかり舞い上がってしまって、中身も見ずに買っちゃいました。

> 読んでみたいですが 私に手に入るのは英語版で高い~

図書館にでもあるといいですね!!
この本は読んでみる価値あると思います。

> シフさんて ピアニストとの前に音楽家 そして哲学家の アーティストなんだなと思いました。

ホントそうですよね!
深いです。

> また読み進められ おもしろい事あったらシェアお願いします!

は~い、了解ですっ('◇')ゞ

Re: タワシさんへ

タワシさん、こんにちは(^_^)/
コメントありがとうございます~~

> NekoUshiさんの書評は、いつもポイントを押さえてとっても上手にまとめられているので感心します。今回も、ボリューミーで内容的にもヘビーな本を、こんなに分かりやすく紹介してくださって感謝です!

いやもう、そんな褒めていただいてしまって、恐縮するやら恥ずかしいやら…(*ノωノ)
頑張って記事にした甲斐があります。
シフ先生が一番言いたかったことをちゃんとピックアップできたかどうかは自信ないですけれど…。何しろ内容が膨大なので。

> 地元の図書館になくても県内のどこかの館にあれば相互貸借で借りられる可能性大ですので、調べてみようと思います。

図書館で見つかるといいですね♪♪
そして気に入ったら是非とも借り物ではなく所有物として手元に…(笑)

> 今、メンデルスゾーンの無言歌を何曲か遊び弾きしているので、シフさんのメンデルスゾーン論には興味がかなり興味があります。

参考になりそうですね!!
そして、シューイチにメンデルスゾーンの無言歌がまた登場しそうですね(≧▽≦)
楽しみです~~♪♪

> シフさん=バッハのイメージが強く、彼の演奏で手元にあるのもことごとくバッハなんですが、メンデルスゾーンも聴くっきゃないですね〜

実はバッハだけじゃないんですよね。私もシフ先生のメンデルスゾーンを聞いてみたい!
確か、CDが出ていたような気がします。

こんばんは。シフは、長年、大好きな演奏家なので、しっかり時間をかけて、深く読み込みたいと思います。何気なく開いたところが:、的を得た辛口本音。ハンガリー人の知人、ハンガリー人と結婚した知人の話、気質、当時の難しい国情を思い出し、心が痛みます。紹介していただいたところなど、音楽について読み込みみたいと思います。

No title

こんにちは^^
大変、興味深く読ませていただきました。

興味はあっても、重くてヘビーな本がすっかり読めなくなっているため、わかりやすくポイントをブログにしてくださって、助かります〜(笑)

以前、ピアノを素敵に弾く知人が、「ショパンは完成されすぎていて、弾く側に工夫の余地がないから、つまらない」と言っていたのをちょっと思い出しました。

Re: ハーモニクスさんへ

ハーモニクスさん、こんにちは。
お返事が遅くなってしまってゴメンナサイ。

> こんばんは。シフは、長年、大好きな演奏家なので、しっかり時間をかけて、深く読み込みたいと思います。何気なく開いたところが:、的を得た辛口本音。ハンガリー人の知人、ハンガリー人と結婚した知人の話、気質、当時の難しい国情を思い出し、心が痛みます。紹介していただいたところなど、音楽について読み込みみたいと思います。

シフの考えていることやバックボーンに触れることができる、ファン必携の本ですよね!どこから読んでも興味深いことがぎっしり詰まっています。心が痛んだり重くなったりする部分もありますが…。
私も繰り返し読みたいと思っています!

Re: ジルさんへ

ジルさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^_^)/

> 興味はあっても、重くてヘビーな本がすっかり読めなくなっているため、わかりやすくポイントをブログにしてくださって、助かります〜(笑)

お役に立ててうれしいです(*^▽^*)
この本は本当に内容豊富で、ポイントをピックアップするのがひと苦労でした((+_+))

> 以前、ピアノを素敵に弾く知人が、「ショパンは完成されすぎていて、弾く側に工夫の余地がないから、つまらない」と言っていたのをちょっと思い出しました。

あっ、たぶんシフさんが言っているのと同じ意味だと思います。意味は何となく分かりますけれど、そう言えるほど弾けないです(^^;; 一度でいいから言ってみたいなぁ(笑)
Secret

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ チェルニー40番 シンフォニア モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 BWV862 メンデルスゾーン 幻想即興曲 毎日の練習曲 調律 平均律第1巻 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ベトソナ22番 ロマンスOp.28-2 ハノン アラフィフ肩 フランス組曲 幻想曲 ブラームス シューベルト チェルニー30番 無謀曲 K.331 ららら♪クラシック ベトソナ10番 グリーグ 四十肩 BWV858 五十肩 ドビュッシー お菓子の世界 クラビノーバ エチュード 楽譜 パルティータ メトロノーム ベルサイユのばら 選曲会議 こんまりメソッド 変奏曲 インヴェンション スランプ ベトソナ ベトソナ28番 湯山昭 マズルカ 調性 自分の演奏好き? 練習曲 指先から感じるドビュッシー マリー・アントワネット さくらももこ ワルツ バラード2番 バラード 抒情小曲集 グランドピアノ 和声法 理想の先生 令和 D960 D959 ブルグミュラー K.576 旅する作曲家たち スケール ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ K.334 ピアノ椅子 イリーナ・メジューエワ ヨハン・シュトラウス 「亡命」の音楽文化誌 選曲 ヴァイオリンソナタ 好きな調 こんまり 電子ピアノ バイエル リズム変奏 チャイコフスキー ドゥシェック K.574 トルコ行進曲 部分練習 植山けい 土田京子 アルマンド 気象病 展覧会の絵 ムソルグスキー 交響曲 梅雨 24番練習曲 ソナチネ クレメンティ 久元祐子 リサイタル モシュコフスキー 左手のための24の練習曲 変イ長調 高橋多佳子 中村紘子 鷲田清一 響ホール 無言歌 マリア・テレジア スマホ老眼 北九州 指マッサージ op.118-2 カテゴリー ワルトシュタイン リシエツキ 間奏曲 チェンバロ ピヒト=アクセンフェルト 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.119-2 ハプスブルク家 op.118-5 op.117-1 ハプスブルク帝国 ト長調 céleste ベレゾフスキー ピアノ記念日 ヴァイオリン ソナタ 楽譜の視覚効果 20の小練習曲 スマホ オスマン帝国 Hob.XVI:50 感情をこめて弾く 書き込み ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 小ジーグ クーラウ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン マズルカOp.7-1 ポロネーズ グランド・ソナタOp.37 カデンツ ツィメルマン 似合いそうな曲 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 夜の女王のアリア 曲名の略称 ピアニストは面白い 山枡信明 プチトリアノン 妄想 ポルカ ウナコルダ 教則本 似合う曲 タグ 交響的練習曲 苦手な曲種 マーチ 左ペダル アルペジオ 行進曲 D915 アルベニス 整体師 リスト編曲版 全調スケール 平均律 半音階地獄 島村楽器 折々のことば 田部京子 オーストリア国歌 イギリス国歌 クリアファイル 練習崩壊 チェルニー24番 コピー譜 サンタクロース K.623a クリスマス 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 五線紙ノート 宮川彬良 伊藤恵 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス トロイメライ クララ・シューマン クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 お片付け祭り 愛の挨拶 エルガー 上原彩子 川嶋ひろ子 ベトソナ16番 ベトソナ18番 内田光子  K.310 K.570 モーツァルトの手紙 礒山雅 飛躍 アンドラーシュ・シフ 静寂から音楽が生まれる ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲 コンサート動画 千住真理子 巡礼の年報 18の小品Op.72 ラフマニノフ 前奏曲 マスタークラス エキエル 新型コロナ カウンセリング 音楽における十字架 ペダル マズルカOp.59-2 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン ピアノトリオ リピート練習 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 看護師の日 ナイチンゲール リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 和声法がぐんぐん身につく本 合奏譜 クロスリズム イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 減7の和音 まるむし帳 短音階 導音 諸井三郎 アップライト 脱力 音色 タッチ D946 駅ピアノ スマホ認知症 ラ・カンパネラ 復習 フランス王妃の受難 岩城宏之 N響 庄司紗矢香 哀しみ 丑三つ時 ポーランド 楽典 K.533+494 永遠のショパン ゆっくり弾き クラシック・エイド グラナドス 「聴く」ことの力 三瀬高原音楽祭 プレイエル 電子書籍 K.412 K.537 バトン リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス クラ―マー=ビューロー トンプソン ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. チェルニー50番 ダイエット リズム練習 スタッカート練習 ブログ 恋するクラシック 手ペシ K.543 演奏会用練習曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ノクターン K.457 小プレリュードと小フーガ フォーレ 田島令子 シュタイヤー舞曲 音楽と文学の対位法 ら抜き言葉 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR