FC2ブログ

『モーツァルトの手紙』にハマり中!!

最近読んでいる本の一つは『モーツァルトの手紙』(岩波文庫版)です。旅先から父や姉に宛てたたわいもない話が中心ですが、おふざけやお下品な話、そして、時には真面目な話が入り混じっていて、何度読んでも飽きません。今回は、少年モーツァルトの面白いおふざけと、年に全く似合わない達観を一つずつご紹介します。

まず、面白いおふざけのほうから。

『モーツァルトの手紙』(岩波文庫版 No.19)

これは、ミラノから姉(在ザルツブルク)に宛てた、1772年12月18日付けの手紙です。拡大して見ていただけると分かると思うのですが、1行ずつ上下反転しています。岩波が誤植をやらかしたというわけではなく(笑)、元の手紙の書き方を無理やり日本語に適用してみたらこうなったというわけです。ヨーロッパ言語はアルファベットで左から右に綴るものですが、古代のギリシャ語では、左から右に行って紙の端に行くと、普通に改行するのではなく、次の行は折り返してくるという書法があったそうです。ブストロフェドンと呼ぶらしい。いや、読みづら過ぎです(^^;; あっ、そういえば、これを見ていると鏡像フーガ(反転しているフーガ)を思い出します。モーツァルトもそれを意識したのでしょうか…??

次は、少年とは思えない達観です。ボローニャから母と姉に宛てた1770年9月29日付けの手紙です。

(前略)かわいそうにマルタ嬢の病気がそんなに長くつづいて、じっと我慢をしていなければならないのは、本当に気の毒です。神さまのお助けで早く元気になってくれたらと思います。そうでなくても、あまり悲しんではいけないのでしょう。神さまの思し召しがいつもいちばんいいのですから。この世にいるのがいいか、あの世にいるのがいいかは、神さまの方がきっとよくご存じでしょう。(後略)


1770年というと、モーツァルトは1756年生まれなので14歳です。いくらキリスト教が生活にしっかりと結びついていた時代とはいえ、この文章は衝撃的です\(◎o◎)/! 同じ人が、目も当てられないようなお下品な手紙を書いたりするので、その振れ幅にさらにビックリさせられます。文章から受けるモーツァルトのイメージは、お遊びもするけれど根底はすごく真剣という感じ。両極端を備えているところが魅力ですね。音楽では、真摯な面が強く表れている気がします。

今読んでいる前半部分では、他にも、クラヴィーアの奏法について興味深い示唆もあったりするのですが、それは機会があれば別に書きたいと思います。書き忘れなければ…(^^;;


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



tag : モーツァルト,モーツァルトの手紙,

コメント

No title

 モーツァルトの手紙、はるか昔(学生時代!)読みました。当時は子供だったので、おふざけ側のモーツァルトを面白がって読んでいたのですが

>この世にいるのがいいか、あの世にいるのがいいかは、
>神さまの方がきっとよくご存じでしょう。

こんな考え方もしていたのですね…!今後モーツァルトの曲を弾く時の心構えが変わりそうです!

Re: やぢまさんへ

やぢまさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^_^)/

>  モーツァルトの手紙、はるか昔(学生時代!)読みました。当時は子供だったので、おふざけ側のモーツァルトを面白がって読んでいたのですが

おふざけ側は、映画『アマデウス』のキャラそのまんまですよね(笑)
モーツァルトの手紙は、読む時の心境や年齢その他もろもろによって、味わうポイントが無数にあって面白いです♪♪

> >この世にいるのがいいか、あの世にいるのがいいかは、
> >神さまの方がきっとよくご存じでしょう。

> こんな考え方もしていたのですね…!

これを書いたのが14歳ぐらいですからねぇ。
その歳で人生哲学が既に確立していたなんて、驚嘆するほかありません\(◎o◎)/!

> 今後モーツァルトの曲を弾く時の心構えが変わりそうです!

敷居が高くなっちゃうかも!?その時は、おふざけの面を思い出して、シリアスさを薄めてみましょう。
あと、聴くときの心構えも変わりそうですね!

読みたい!

NekoUshiさん、こんばんは(*゚ー゚)v
この本読みたい!(^∇^)

Amazonでチェックしたら「モーツァルトの手紙」というタイトルの本はいくつかあるみたいですね~
NekoUshiさんが紹介している本は岩波文庫で上下巻で出てるものですよね~有名な吉田秀和さん著書のモーツァルトの手紙という本もあるみたい。絶版っぽいけど古本がありました。

アマデウスは見ていないので、とても見たいんですよ~o(^▽^)o
いろんな作曲家の物語やクラシックにまつわる映画を見たい!

モーツァルトの手紙と言えばウンチ💩などの下ネタがたくさんというイメージ。下ネタが小学生男子っぽいですよね~面白いですね~ε=(>ε<*)プッ
子供みたいに無邪気で奔放な人だった事は納得です~(^O^)

のだめの漫画でもモーツァルトの手紙が登場します。
モーツァルトマニアの城主の催すサロンコンサートの前の晩に、本番直前に緊張しているのだめが千秋にモーツァルトの手紙を読んで貰うんです。
のだめの漫画はイチ押し!(≧∇≦)ъ
ドラマ映画よりも内容が濃いくて面白いです~


のだめの漫画はクラシック&ピアノのお勉強にもかなりなりました。b(^o^)d
バッハについて結構出てくるので、とても興味深いです。
全部で25巻だから勇気要るけど、大人買いしちゃいましょ♪o(^_^o)
わたしは時々全巻一気読みで、読み返すんです。もう軽く10回位読んでるかも。(=^_^=)

この本地元の図書館で借りられないかなぁ~と思いチェックしたけど、残念ながらのどかな田舎町のショボい図書館にはありませんでした。f^_^;
(節約したいので、まずは図書館利用。図書館になければ次は古本で探します)


これは文庫本でリーズナブルだから買います。
読んだらモーツァルトに親近感を感じて弾きたくなるかもね~(*^-^*)

実はわたしもウンチ💩話が好きで結構しちゃうんですよね~笑
高校時代の同級生におもしろウンチ話を披露したら、「きんどーって高校生の頃もウンチの話ばっかりしてたよねぇ~('A`)」って言われちゃいました~
小学生男子っぽい女子高生でした~そして今もそう!小学生の男の子みたいだよねぇ~と言われます。小学生男子っぽいおばちゃん。(;^ω^)


モーツァルトと気が合いそう~ww(゚∀゚)アヒャ
意外とモーツァルト相性良かったりして~

今はね~シューベルトに関する本を読みたくてチェック中で~す♪(-^〇^-)

Re: 読みたい!

きんどーちゃん、こんばんは★☆
コメントありがとうございます(^_^)/

> Amazonでチェックしたら「モーツァルトの手紙」というタイトルの本はいくつかあるみたいですね~

全集(ハードカバーで全6巻ぐらい?)もあって気になるのですが、読む時間ないし場所とるしということで、何とか踏みとどまってます(笑)

> 有名な吉田秀和さん著書のモーツァルトの手紙という本もあるみたい。絶版っぽいけど古本がありました。

私も、これ、欲しいと思って狙ってます!!
吉田秀和さんはどの手紙を取捨選択しているのか興味深いし、訳文も読みやすそうですし。岩波文庫版も昔の本にしては読みやすい役ですけれどね。

> アマデウスは見ていないので、とても見たいんですよ~o(^▽^)o
> いろんな作曲家の物語やクラシックにまつわる映画を見たい!

アマデウスをご覧になっていないとは意外です。
そうですよね~~。他の作曲家の物語や映画も見てみたいですね。

> モーツァルトの手紙と言えばウンチ💩などの下ネタがたくさんというイメージ。下ネタが小学生男子っぽいですよね~面白いですね~ε=(>ε<*)プッ
> 子供みたいに無邪気で奔放な人だった事は納得です~(^O^)

そんなこと言っていると思ったら、ものすごく真剣なことを言っていたりするし…。
あと、韻を踏みまくらせたり、動詞の活用形をたくさん並べたりとか、言葉遊びが大好きなようで、そういうのも面白いです(≧▽≦)

> のだめの漫画でもモーツァルトの手紙が登場します。
> モーツァルトマニアの城主の催すサロンコンサートの前の晩に、本番直前に緊張しているのだめが千秋にモーツァルトの手紙を読んで貰うんです。
> のだめの漫画はイチ押し!(≧∇≦)ъ
> ドラマ映画よりも内容が濃いくて面白いです~

映像作品ではモーツァルトの手紙は登場していないかも…。全部見たけど記憶にないですもの。
これは原作を読まなくては!!

> 全部で25巻だから勇気要るけど、大人買いしちゃいましょ♪o(^_^o)

あっ、そうですね!!モーツァルト書簡全集じゃなくて、こっちを大人買いすべきですよね(笑)

> わたしは時々全巻一気読みで、読み返すんです。もう軽く10回位読んでるかも。(=^_^=)

それだけハマれる作品って、なかなかないですよね。
もし買ったら、ベルばら以来の漫画でのマイブームになりそうです♡

> 読んだらモーツァルトに親近感を感じて弾きたくなるかもね~(*^-^*)

私は別記事の通り、早速そうなりましたよ(笑)

> 実はわたしもウンチ💩話が好きで結構しちゃうんですよね~笑
> 高校時代の同級生におもしろウンチ話を披露したら、「きんどーって高校生の頃もウンチの話ばっかりしてたよねぇ~('A`)」って言われちゃいました~
> 小学生男子っぽい女子高生でした~そして今もそう!小学生の男の子みたいだよねぇ~と言われます。小学生男子っぽいおばちゃん。(;^ω^)

きんどーちゃんってば、まさにアマデウス!笑

> モーツァルトと気が合いそう~ww(゚∀゚)アヒャ

手紙のやり取りが弾むんじゃないかしら?笑

> 意外とモーツァルト相性良かったりして~

なぜか少し嫉妬を覚えてしまいました(^^;;

> 今はね~シューベルトに関する本を読みたくてチェック中で~す♪(-^〇^-)

シューベルトの本ってなかなか面白いのがないですよね(>_<)
フランツさんは記録があんまり残っていないので人物像が掴めない感じ…。
あ、でも、きんどーちゃんのフランツ愛で何とかなるかもしれないですね♡
Secret

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 BWV862 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 近藤由貴 毎日の練習曲 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス フランス組曲 幻想曲 アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 K.331 無謀曲 ドビュッシー チェルニー30番 四十肩 五十肩 シューベルト ららら♪クラシック グリーグ BWV858 ベトソナ10番 お菓子の世界 ベトソナ28番 ベルサイユのばら パルティータ こんまりメソッド クラビノーバ 楽譜 湯山昭 変奏曲 ベトソナ 選曲会議 エチュード インヴェンション マリー・アントワネット ワルツ 練習曲 調性 バラード 自分の演奏好き? メトロノーム 抒情小曲集 グランドピアノ さくらももこ 指先から感じるドビュッシー バラード2番 マズルカ 和声法 ヴァイオリンソナタ 24番練習曲 好きな調 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 バイエル スケール ピアノ椅子 ドゥシェック 左手のための24の練習曲 植山けい ヨハン・シュトラウス 電子ピアノ 梅雨 令和 アルマンド K.576 イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 土田京子 ソナチネ クレメンティ モシュコフスキー ブルグミュラー D959 ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ 選曲 鷲田清一 トルコ行進曲 交響曲 無言歌 リズム変奏 部分練習 変イ長調 ムソルグスキー 響ホール 北九州 展覧会の絵 久元祐子 スマホ老眼 マリア・テレジア 中村紘子 理想の先生 リサイタル 気象病 高橋多佳子 指マッサージ D960 こんまり K.574 op.118-2 間奏曲 ヴァイオリン パスカル・ドゥヴァイヨン ソナタ ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 ベレゾフスキー ルービンシュタイン チェンバロ ランラン ピヒト=アクセンフェルト バックハウス キーシン ハプスブルク家 céleste メソッド・タリアフェロ リシエツキ op.118-5 ト長調 op.119-2 ハプスブルク帝国 夜の女王のアリア 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 カテゴリー ツィメルマン タグ 似合う曲 苦手な曲種 教則本 小ジーグ ピアノ騒音問題 Hob.XVI:50 スマホ 感情をこめて弾く 20の小練習曲 オスマン帝国 書き込み 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ マーチ 行進曲 妄想 ポロネーズ 曲名の略称 プチトリアノン 山枡信明 D915 ピアニストは面白い グランド・ソナタOp.37 魔笛 全音ピアノピース 左ペダル アルペジオ クーラウ ウナコルダ マズルカOp.7-1 ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ カデンツ 「聴く」ことの力 折々のことば 田部京子 半音階地獄 島村楽器 好きな作曲家ランキング お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 平均律 整体師 K.623a クリスマス サンタクロース イギリス国歌 オーストリア国歌 リスト編曲版 全調スケール 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ 声部書き分け 和声法がさくさく理解できる本 和声法がぐんぐん身につく本 おんぶにだっこ 合奏譜 五線紙ノート 宮川彬良 川嶋ひろ子 エルガー 愛の挨拶 上原彩子 クララ・シューマン 伊藤恵 トロイメライ コピー譜 クリアファイル 礒山雅 飛躍 モーツァルトの手紙 マスタークラス エキエル 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 K.570 内田光子 ラフマニノフ 前奏曲 18の小品Op.72 静寂から音楽が生まれる アンドラーシュ・シフ  K.310 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 看護師の日 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ベトソナ18番 ベトソナ16番 練習崩壊 チェルニー24番 ペダル 新型コロナ リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート練習 ピアノトリオ カウンセリング 音楽における十字架 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 まるむし帳 減7の和音 クロスリズム 導音 短音階 フランス王妃の受難 復習 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 駅ピアノ D946 脱力 ラ・カンパネラ スマホ認知症 諸井三郎 アップライト グラナドス アルベニス 丑三つ時 哀しみ 岩城宏之 楽典 ポーランド 似合いそうな曲 ら抜き言葉 N響 庄司紗矢香 三瀬高原音楽祭 巡礼の年報 ゆっくり弾き 電子書籍 プレイエル K.533+494 永遠のショパン 音色 タッチ トンプソン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 クラ―マー=ビューロー チェルニー50番 小プレリュードと小フーガ ダイエット バトン リヒャルト・シュトラウス m.s. m.g. つるかめ算 m.d 電子メトロノーム 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら K.457 ノクターン 手ペシ 恋するクラシック リズム練習 演奏会用練習曲 K.543 K.412 K.537 スタッカート練習 ブログ 田島令子 フォーレ 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ワルトシュタイン 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR