FC2ブログ

礒山雅先生のコンパクトなバッハ入門書 『J・S・バッハ』が楽しい♪♪

大バッハ様に反抗期かも?と言いながら、このところバッハに関する記事ばっかりなのは、どういう訳でしょう。あっ、あれだ。「愛の反対は嫌いではなく無関心」ってやつ(笑)。これだけ関心があるのですから、やはり大バッハ様のことは好きみたい。何だかオカシイ前置きになってしまいましたけれど、今、『J・S・バッハ』(礒山雅著、講談社現代新書)を読んでいます。

『J・S・バッハ』(礒山雅)

Amazonから届いてビックリ。帯に、のだめ&千秋のイラスト入りで、「『のだめカンタービレ』でクラシックにハマった人へ 超越する楽聖 バッハ入門の決定版」というキャッチコピーが書いてあります。

さて、この本は、日本のバッハ研究の第一人者の一人であった礒山先生(2018年に惜しくも逝去された)が1990年に出されたもので、バッハの音楽性、哲学、そして、一族や人となりについての話がコンパクトにギュッと詰まっています。のだめイラストの帯のキャッチコピーがピッタリ当てはまってます。今回の記事では、気になったポイントやエピソードを、思いつくままにピックアップしてみます。

【一族・人物像関連】
・「初代」ヴィートス・バッハは、ハンガリーからドイツに移ってきた音楽好きでツィターを愛奏するパン職人だったらしい。その後、音楽職人一族に。
・バッハ一族のネットワークは凄かった!!情報網をめぐらせて、一族の就職にコネを発揮したり、作品を融通しあったり…笑
・大バッハの性格は、イメージ通り、勤勉・実直・頑固。そして、倹約家。というか、ドケチ(笑)。楽譜の紙がもったいないとか言って、ぎゅうぎゅう詰めに書いたりしてたそう。自筆譜を研究する人にとっては堪らないですね。
・「蛍雪の功」みたいな「月下の写し」というエピソードがある。バッハの兄が楽譜集を貸してくれないというので、夜にこっそり盗み出して月の光を頼りに筆写し、完成したと思ったら兄に没収されてしまった!!音楽が身についたのは間違いないでしょうけど、この話のオチはちょっと後味悪い(^^;;
・厳しく指導し過ぎて合唱団の恨みを買い、団員の一人に殴り掛かられたところ、剣で応戦して乱闘になりかけた(^^;; 意外とワイルドな一面も…。
・当時女人禁制だった教会のオルガン席にご婦人を立ち入らせて歌わせて、大問題になった。立ち入らせたのが許嫁(またはその姉)だったところが、奔放さだけではなく節度も感じさせます。これが女人については節度の欠片もないアマデウスだったら…笑
・大バッハ様は学歴コンプレックスだった。ちょうど学歴が重視され始める時代に当たっていて、大学を出ていないことが就職の上で何かと不便だったようです。それで、息子たちを必死になって大学に入学させた。現代の普通のパパと全く同じだわ~~。「お父さんは大学行かなかったせいで苦労したので、君たちにはそういう苦労をしてもらいたくないから、ちゃんと大学に行きなさい」と。思わず親しみ湧きまくりです(笑)。
・でも、息子たちは偉大なる大バッハ様にコンプレックス。そりゃそうだ。博打かなんかで身を持ち崩して早死にしてしまった息子までいるそうです。立派過ぎる親のもとに生まれた子供は大変です。特に、父と息子だったらそうでしょう。お察しします。とはいえ、独自の境地を開拓したC.P.Eバッハや、モーツァルトにも影響を与えたJ.Cバッハもいるのは立派です。

【バッハの音楽性】
 大バッハの音楽は、ホモフォニー(旋律+伴奏のスタイル)が台頭してきて時代遅れとなりかけていたポリフォニー(フーガに代表される複旋律)にこだわったことが最大の特徴です。このことの意味については、長くなりますが著者の言葉を引用しておきましょう。

 ホモフォニーの音楽は、作曲者が書法の差別化を通じて、聴き方を誘導している。どれが主旋律であるか、どこが形式の区切りであるかはおおむね明瞭にされていて、聴き手は受け身にそれをたどってゆけば、まずは音楽を正しく聴くことができる。
 これに対して、ポリフォニーはそうではない。(中略)主題の登場に耳をすましてもいいし、紡ぎ出される旋律の進展に注意をこらすこともできる。対旋律に身を委ねることも、また主題と対旋律のそのつど新たな結合を吟味することも、聴き手の自由である。
 要するにポリフォニー音楽は、聴き手に、一層自由なテキストの読みを許容するのである。すぐれたポリフォニーに接しているとき、聴き手はいつしか自由になっている。
 (中略)バッハの自由―日常を超え、多元的価値に向かって開かれた自由―を求めて、クラシックの演奏家からジャズ・ピアニストに至る多くの人々が、今バッハを演奏している。世界が21世紀に向けて模索している人間的な価値は、何より「自由」である。その自由のいわば逆説的な真理を開いてくるところに、バッハの音楽の現代性があると思う。


 それから、バッハと神と人との関係。敬虔なプロテスタントであった大バッハと神の問題は切っても切り離せないものです。神と人についてはどう考えていたのでしょう?これについても引用します。

 要するにバッハは、音楽を、人間同士が同一平面で行うコミュニケーションとは考えていなかったのだと思う。バッハの音楽においては神が究極の聴き手であり、バッハの職人としての良心は、神に向けられていた。(後略)
 神が聴き手だということになれば、音楽は人間の耳を超えることができる。人間の耳にはとらえられぬ隠れた意味を書き込んで、それを信仰のあかしとすることもできる。(中略)バッハは、これによって、人間を軽視したのではなく、おそらく人間の感性を志した。人間を超えたものとの関係においてしか人間は完成しないことを、バッハは知っていたにちがいない。


 後半は、「気になったポイントやエピソードを、思いつくままにピックアップ」以上に気合が入ってしまいましたが、書いているうちにバッハが「音楽の父」と呼ばれる理由が分かったような気がします。バッハは、ポリフォニーが歴史のかなたに流れ去ることを押しとどめ、古いものに新しい命を吹き込み、普遍的な価値を表現したのですから。ベートーヴェンは人類愛を強く表現しましたが、バッハから受け継いだのかもしれませんね。

 本書は、読んで本当によかった!!もっと早く読むべきだった~~。でも、今が出会うべき時だったのでしょう。まだの方にはお勧めします。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



tag : 礒山雅,バッハ,

コメント

バッハ本購入したんですね〜

こんばんは〜(^0^*  
おぉっ〜!先日オススメしたバッハ先生の本を購入されたんですね。

わたしが持ってる本は古本で入手したものなので、このNekoUshiさんの本とは版が違うようで装丁がまるで雰囲気違います。
帯はのだめのイラスト入りなんだ!のだめは漫画本を全巻持っててドラマ&映画より漫画が好きです♪


この著者はバッハ研究で有名な方のようですね〜。
この本はかなり読み易いけど、他の著作の本は難しそうです〜 (*_*)
この本は音楽の父バッハを身近に感じるようなクスッと笑ってしまうようなエピソードがたくさん紹介されててユニークですね。


わたしが持ってる本はあの有名なバッハの肖像(音楽室に貼ってあるやつ)が表紙なんです。そのうちブログで取り上げようとは思っていたけど、本のレビューみたいなものを記事で書くのはやや面倒だなぁ〜って思ってしまって〜 f^_^; 笑(気が向いたら書きます〜NekoUshiさんの本とは違う本の表紙も出しますね〜)

NekoUshiさんの本の記事は内容がよくわかるように書かれていて素晴らしい〜


そうそう前回の記事を読むとぷちバッハ反抗期?に明るい兆しが見えてきたようですね。(^O^)

わたしもフランス組曲が気になっています。楽譜もチェックしてます。
(フランス組曲の楽譜は今インベンションでも使用してる市田先生の全音の楽譜が最有力候補)

インベンションが半分(8曲)までいったら、インベンション1曲とシンフォニア1曲づつをレッスンして貰うつもりだったけど、何となく気が変わって、相変わらずインベンションばかりレッスンしてもらってますけど。
(レッスンには持って行かないけど家では独自にシンフォニアを弾いてみたりはしてます〜3声むずかし〜)

インベンション→シンフォニア→平均律と進むことを目標にしてましたが、フランス組曲も弾いてみたい♪ (*’▽’)
シンフォニアとフランス組曲を交互にレッスンしてもいいかも♪

フランス組曲の楽譜をAmazonでチェックしつつも、ポチりたい所をぐっとこらえてます〜 (^^;
今はシューベルトを弾かないと!!いや〜フランツさまの世界にどっぷり浸りまくってめっちゃ楽しいです♥ (≧∇≦)※ただ小指がつりそう〜  m(˜q˜;)m   
発表会が終わったら、わたしもバッハにどっぷり浸りたいです♪

NekoUshiさんもバッハ本でバッハの世界にどっぷり浸った所で、バッハを弾きたい気持ちも盛り上がるのを期待しま〜す♪ o(^▽^)o
パルティータ弾いてください!(^Q^)/ 

Re: バッハ本購入したんですね〜

きんどーちゃん、こんにちは~~
  
> おぉっ〜!先日オススメしたバッハ先生の本を購入されたんですね。

そうなんですよ。読みたくなって、早速取り寄せました!!
いい本を薦めてくださってありがとうございました(*´▽`*)

> わたしが持ってる本は古本で入手したものなので、このNekoUshiさんの本とは版が違うようで装丁がまるで雰囲気違います。

講談社現代新書は、いつの間にか装丁がガラッと変わってしまいましたからね~~
お持ちの旧装丁の表紙、見たことはないですが想像つきます。クリーム色の表紙にだバッハ様の肖像入りですよね?

> 帯はのだめのイラスト入りなんだ!のだめは漫画本を全巻持っててドラマ&映画より漫画が好きです♪

私は原作未読で映像化作品しか知らないんですよ~~
いつか読もう読もうと思いながら今まで来てしまいました。
バッハの本に続いて背中を押されている気が…笑

> この著者はバッハ研究で有名な方のようですね〜。
> この本はかなり読み易いけど、他の著作の本は難しそうです〜 (*_*)

この本も後半は結構手ごわかったですね。でも、他のバッハ関連著書も読んでみたいです。
モーツァルトの本も書かれていて、それは愛読しています♪♪

> この本は音楽の父バッハを身近に感じるようなクスッと笑ってしまうようなエピソードがたくさん紹介されててユニークですね。

バッハを身近に感じさせようとする工夫がよく伝わってきますよね!!
本物の専門家って、難しいことでも分かりやすく解説してくれるものだなぁと、改めて思いました。

> わたしが持ってる本はあの有名なバッハの肖像(音楽室に貼ってあるやつ)が表紙なんです。そのうちブログで取り上げようとは思っていたけど、本のレビューみたいなものを記事で書くのはやや面倒だなぁ〜って思ってしまって〜 f^_^; 笑(気が向いたら書きます〜NekoUshiさんの本とは違う本の表紙も出しますね〜)

ぜひぜひ~~(^_^)/
楽しみにしてます。確かに本のレビューはちょっと手間がかかりますけどね(^^;;

> そうそう前回の記事を読むとぷちバッハ反抗期?に明るい兆しが見えてきたようですね。(^O^)

ほんの少しだけ明るい兆しですね。
あと、今回の本を読んでこうやって記事にしたら、さらに一歩だけ明るくなった気がします(≧▽≦)

> わたしもフランス組曲が気になっています。楽譜もチェックしてます。
> (フランス組曲の楽譜は今インベンションでも使用してる市田先生の全音の楽譜が最有力候補)

インヴェンション・シンフォニアは私も市田版をメインに使ってます。
市田版のフランス組曲もあるんですね。使いやすそう!!

> インベンション→シンフォニア→平均律と進むことを目標にしてましたが、フランス組曲も弾いてみたい♪ (*’▽’)
> シンフォニアとフランス組曲を交互にレッスンしてもいいかも♪

あっ、それはいいかも。シンフォニアだけだとどうしても肩が凝ってしまう感じがするので…。
私はいずれシンフォニアをもう1周するつもりです。その時は、フランス組曲と交互にというアイディアを借りようかしら。

> フランス組曲の楽譜をAmazonでチェックしつつも、ポチりたい所をぐっとこらえてます〜 (^^;

ポチってしまったら、弾かないわけないですもんね(笑)
楽しみはしばらくお預けですね。

> 今はシューベルトを弾かないと!!いや〜フランツさまの世界にどっぷり浸りまくってめっちゃ楽しいです♥ (≧∇≦)※ただ小指がつりそう〜  m(˜q˜;)m   

90-3は、そういう曲ですよね((+_+))
素敵なんだけど指に負担が…。ここはフランツ愛で乗り切ってくださいませ♡

> NekoUshiさんもバッハ本でバッハの世界にどっぷり浸った所で、バッハを弾きたい気持ちも盛り上がるのを期待しま〜す♪ o(^▽^)o
> パルティータ弾いてください!(^Q^)/ 

はい~~(^_^)/
少しずつ気持ちが上向いてくるといいなぁと思います。パルティータ4番の序曲でも聴いてテンション上げてみます('◇')ゞ

バッハ魂のエヴァンゲリストと続けて読みました。そして今、新潮文庫バッハーカラー版作曲家の生涯があり、これから読みます。前の2冊でテレマンが気になり、テレマン生涯と作品カール・グレーベ著音楽の友社も読み、この時代の音楽家の活動に、圧倒されました。テレマンの音楽、私はとても好きです。
Secret

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 BWV862 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 近藤由貴 毎日の練習曲 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス フランス組曲 幻想曲 アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 K.331 無謀曲 ドビュッシー チェルニー30番 四十肩 五十肩 シューベルト ららら♪クラシック グリーグ BWV858 ベトソナ10番 お菓子の世界 ベトソナ28番 ベルサイユのばら パルティータ こんまりメソッド クラビノーバ 楽譜 湯山昭 変奏曲 ベトソナ 選曲会議 エチュード インヴェンション マリー・アントワネット ワルツ 練習曲 調性 バラード 自分の演奏好き? メトロノーム 抒情小曲集 グランドピアノ さくらももこ 指先から感じるドビュッシー バラード2番 マズルカ 和声法 ヴァイオリンソナタ 24番練習曲 好きな調 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 バイエル スケール ピアノ椅子 ドゥシェック 左手のための24の練習曲 植山けい ヨハン・シュトラウス 電子ピアノ 梅雨 令和 アルマンド K.576 イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 土田京子 ソナチネ クレメンティ モシュコフスキー ブルグミュラー D959 ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ 選曲 鷲田清一 トルコ行進曲 交響曲 無言歌 リズム変奏 部分練習 変イ長調 ムソルグスキー 響ホール 北九州 展覧会の絵 久元祐子 スマホ老眼 マリア・テレジア 中村紘子 理想の先生 リサイタル 気象病 高橋多佳子 指マッサージ D960 こんまり K.574 op.118-2 間奏曲 ヴァイオリン パスカル・ドゥヴァイヨン ソナタ ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 ベレゾフスキー ルービンシュタイン チェンバロ ランラン ピヒト=アクセンフェルト バックハウス キーシン ハプスブルク家 céleste メソッド・タリアフェロ リシエツキ op.118-5 ト長調 op.119-2 ハプスブルク帝国 夜の女王のアリア 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 カテゴリー ツィメルマン タグ 似合う曲 苦手な曲種 教則本 小ジーグ ピアノ騒音問題 Hob.XVI:50 スマホ 感情をこめて弾く 20の小練習曲 オスマン帝国 書き込み 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ マーチ 行進曲 妄想 ポロネーズ 曲名の略称 プチトリアノン 山枡信明 D915 ピアニストは面白い グランド・ソナタOp.37 魔笛 全音ピアノピース 左ペダル アルペジオ クーラウ ウナコルダ マズルカOp.7-1 ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ カデンツ 「聴く」ことの力 折々のことば 田部京子 半音階地獄 島村楽器 好きな作曲家ランキング お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 平均律 整体師 K.623a クリスマス サンタクロース イギリス国歌 オーストリア国歌 リスト編曲版 全調スケール 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ 声部書き分け 和声法がさくさく理解できる本 和声法がぐんぐん身につく本 おんぶにだっこ 合奏譜 五線紙ノート 宮川彬良 川嶋ひろ子 エルガー 愛の挨拶 上原彩子 クララ・シューマン 伊藤恵 トロイメライ コピー譜 クリアファイル 礒山雅 飛躍 モーツァルトの手紙 マスタークラス エキエル 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 K.570 内田光子 ラフマニノフ 前奏曲 18の小品Op.72 静寂から音楽が生まれる アンドラーシュ・シフ  K.310 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 看護師の日 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ベトソナ18番 ベトソナ16番 練習崩壊 チェルニー24番 ペダル 新型コロナ リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート練習 ピアノトリオ カウンセリング 音楽における十字架 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 まるむし帳 減7の和音 クロスリズム 導音 短音階 フランス王妃の受難 復習 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 駅ピアノ D946 脱力 ラ・カンパネラ スマホ認知症 諸井三郎 アップライト グラナドス アルベニス 丑三つ時 哀しみ 岩城宏之 楽典 ポーランド 似合いそうな曲 ら抜き言葉 N響 庄司紗矢香 三瀬高原音楽祭 巡礼の年報 ゆっくり弾き 電子書籍 プレイエル K.533+494 永遠のショパン 音色 タッチ トンプソン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 クラ―マー=ビューロー チェルニー50番 小プレリュードと小フーガ ダイエット バトン リヒャルト・シュトラウス m.s. m.g. つるかめ算 m.d 電子メトロノーム 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら K.457 ノクターン 手ペシ 恋するクラシック リズム練習 演奏会用練習曲 K.543 K.412 K.537 スタッカート練習 ブログ 田島令子 フォーレ 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ワルトシュタイン 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR