FC2ブログ

手の変化に気づいて嬉しい、でも少し戸惑うことも・・・

たまには自分を褒めてみます(^^♪

昨日、ショパンのプレリュードの比較的なんとかなりそうなのを何曲か遊び弾きしている時に、手というか弾き方が大きく変化したことに気づいて、嬉しく思いました。ピアノの練習を再開して、今年で3年になりますが、大人になってからでもこんなに変わるんだという驚きも覚えました。

特に成長したと感じたのが、柔軟性です。まだまだ不十分ではあるのですが、指の柔軟性、手首の柔軟性。3年前とは別人です!
おそらく、そのお陰で、届く音程が少し広がったり(1と5の間より、2と3や3と4の間)、指替えしやすくなったり、弾きやすくなりました。音色も以前は固かったのが、柔らかくなった、というか幅が出てきたような気がします。それと、重心移動が前よりはスムーズになりました。NU音楽院では「脱力」は禁句ですが(笑)、たぶん、「脱力」が進んでいるんだと思います(*^▽^*)

とりたてて変わった練習はしていないんですけどね。あっ、「チェルニーをチェルニーらしくなく弾く」というNU音楽院こだわりの方針は、功を奏しているかもしれません。チェルニーといえども、均等に大きな音で鳴らすのではなく、フレージングと声部のバランス重視です。フォルティッシモにはこだわらないようにしています。あとは、バッハは指の柔軟性向上にすごく効果的っぽいですね。世界が変わる気がします!

このまま、軟体動物が鍵盤に吸い付くような動きができるようになりたい(←目標高過ぎ\(◎o◎)/!)ものですが、そうは問屋が卸さないだろうなあ。でも、ちゃんと成長しているらしいので、練習する張合いが大きくなりそうです。

手の変化に伴って戸惑うこともあります。昔とは弾きやすい指使いが結構変わってしまって、少し前に練習した曲が弾きづらくなっている場合が結構あります。苦労して楽譜に書いてある指使いをオリジナルに変えた(その時は会心作だと得意だったりする(^^;)のが、軒並み、楽譜通りが結局弾きやすくなっていたりします。直すの面倒だよ~~(*_*; ずっと弾いていたい好きな曲は、引っ張り出してきて練習し直した方が良さそうです。

逆に、なかなか成長してくれないのは、左手でしっかり和音を掴むこと。これができていないから、不安定になったり、さらに、動揺して右手のミスにつながったりする。チェルニーは左手の和音が駆動力になっている曲ばっかりなのに、どうしたことか…。カール教徒としての修行がまだまだ足りないんだろうなぁ(>_<) 

今回は、最近気づいた手&弾き方の変化について書いてみました。成長した点を見つけたら、いちいち自分を褒めてやるのが、練習意欲を高める秘訣かも…?


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

NekoUshiさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

》軟体動物が鍵盤に吸い付くような動きができるようになりたい

あっ、これこれ、私もすごく憧れてるというか目標にしています。
ピアニストやお上手な方の手元はこんな感じですよね~。ピッタリ鍵盤に吸い付いてる感じ。

自分で自分を誉める、って大事な気がしてます。
大人でも成長できる実感があると嬉しいしモチベーションが上がりますよね!

今年も素晴らしい1年になりますように。

Re: ね~み♪さんへ

ね~み♪さん、コメントありがとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>

> 》軟体動物が鍵盤に吸い付くような動きができるようになりたい
>
> あっ、これこれ、私もすごく憧れてるというか目標にしています。
> ピアニストやお上手な方の手元はこんな感じですよね~。ピッタリ鍵盤に吸い付いてる感じ。

ピアニストやお上手な方の手元を拝見しちると、決してバタバタしないですもんね。
動きが滑らかで優雅。理にかなった動きというのは美しいものなのでしょうね(*´▽`*)
少しでも、いや、ほんのわずかでも近づきたいです!

> 自分で自分を誉める、って大事な気がしてます。
> 大人でも成長できる実感があると嬉しいしモチベーションが上がりますよね!

そうなんですよ~~
人に褒められるのももちろん嬉しいことですが、自分で納得して褒めるところに意義があるし、効果があると思います。

> 今年も素晴らしい1年になりますように。

お互い良い年にしましょうね(^_^)/

No title

わわわ、名前が抜けていたみたいですね(;'∀')大変失礼しました!
わかってくださりありがとうございます。
今後ともよろしくです~(#^.^#)

Re: ね~み♪さんへ

> わわわ、名前が抜けていたみたいですね(;'∀')大変失礼しました!
> わかってくださりありがとうございます。

以心伝心で、ね~み♪さんって分かりましたよ(笑)
実を言うと、間違ってたら恥ずかしいなぁと思いながら返信書きました。


> 今後ともよろしくです~(#^.^#)

こちらこそ、今後ともよろしくお願いしま~す('◇')ゞ

No title

こちらのブログではこれが2020年の初コメントですね。
遅ればせながら昨年中はブログでの楽しい交流ができて感謝です!
今年もよろしくお願いします。

>たまには自分を褒めてみます(^^♪
→いいですね! 音楽院では先生けっこうクールで、あまり褒めてくださらないですもんね(笑)

> 特に成長したと感じたのが、柔軟性です。まだまだ不十分ではあるのですが、指の柔軟性、手首の柔軟性。3年前とは別人です!
→うわ〜それは羨ましい!きっとこのブログを読んでいる方の多くもそう思っているでしょう。
手そのものが大きくなることが望めない以上、 柔軟性をアップしていくしかないわけですが、わかっていてもなかなか難しい〜
実際に成果があったという体験談は、大人アマチュアピアノ弾きにとって大きな励みにもなりますね。

 和音をしっかりと掴むのは、私にとっては右手でさえ難しいです。
もし効果的な練習法にめぐり合えたら、また紹介してくださいね!






Re: タワシさんへ

タワシさん、コメントありがとうございます!
こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>

> >たまには自分を褒めてみます(^^♪
> →いいですね! 音楽院では先生けっこうクールで、あまり褒めてくださらないですもんね(笑)

一人二役じゃなくて、本物の生徒だったら、もっと褒めるかも?笑
あ、でも、性格的に、大袈裟に褒めるというのは出来ないです(*_*;
架空の音楽院なんだけど、けっこう人物設定はリアルってことですねヽ(^o^)丿

> > 特に成長したと感じたのが、柔軟性です。まだまだ不十分ではあるのですが、指の柔軟性、手首の柔軟性。3年前とは別人です!
> →うわ〜それは羨ましい!きっとこのブログを読んでいる方の多くもそう思っているでしょう。

もとが悪すぎたので成長の余地が大きかったというのもあるかもしれないですが…(^^;
ん~、でも手を痛めたことはないので、悪すぎたってこともないのかな(・・?

> 手そのものが大きくなることが望めない以上、 柔軟性をアップしていくしかないわけですが、わかっていてもなかなか難しい〜

手の小さいピアニストの動画をよく見るようになって、「やっぱりそれしかないよなぁ」と思って、練習の時により強く意識するようになりました('◇')ゞ
たぶん、柔軟性がアップすれば、一度に鳴らせない音程の広い和音を改変して波線アルペジオで弾いた場合でも、一度に鳴ったような錯覚を与えられるんじゃないかと、期待してます。

> 実際に成果があったという体験談は、大人アマチュアピアノ弾きにとって大きな励みにもなりますね。

そういうお役に立てたら嬉しいです(*^▽^*)
私も、他の方の記事を読んで励みになることも多いですから…。

>  和音をしっかりと掴むのは、私にとっては右手でさえ難しいです。
> もし効果的な練習法にめぐり合えたら、また紹介してくださいね!

こういう風に意識したらいいんじゃないかな?とか、こういう練習をしたらよさそう、というのはいくつかあるのですが、まだ自信が持てないので、もし自身が少しついたら記事にしてみますね!
気長に待ってやってくださいませ~~(^_^)/

人生はオーケストラ

「人生はオーケストラ」

ピアノ、バイオリン、フルート、ホルン・・・
オーケストラの各楽器は
それぞれ個性豊かな音色を誇りにしています。
それでいてオーケストラは
それぞれの個性を最大限に活かしながら、
更に圧倒的なハーモニーの
感動を生み出します。
それぞれの楽器の個性を
最大限に発揮しながら、
オーケストラ全体の感動を盛り上げ、
万雷の拍手で聴衆と共に
感激の一体感を分かち合うことができます。
個を活かし、全体の調和の中に見事な
感動をさらに次元高く生み出せる、
これほど素晴らしいことがあるでしょうか。

NekoUshiさん始めまして。
突然のコメント失礼します。
「人生はオーケストラ」という動画を推進しております、
マジカルアイと申します。
クラシックを愛するNekoUshiさんならこの動画のすばらしさを
共感して頂けるのではないかと思いまして、紹介させて頂きます。
是非一度ご覧下さい。
https://tasuke-i.jp/

No title

NekoUshiさん、こんばんは^^

手の柔軟性、私も以前に比べてついてきたなあと思っていたのでとっても共感です♪嬉しいですよね^^

和音がつかみにくいというのも共感です!
まあ、私の場合はほとんど和音の曲を弾いてなくて、今弾いているシャミナードのアラベスクが和音多いので苦しんでるわけですが・・・手が大きくないからか、和音苦手なんですよね・・・
手の大きさだけでなくて、音を読み取るのも和音は好きではないです。アルペジオの方が、とりやすいかな~

でもアラベスクは和音だらけなので、仕方なく?練習しています。
レッスンで和音のつかみ方やりましたよ!
ご存知かもしれませんが、つかむように、一音づつ弾く、ずらしながら2音づつひく、3音づつ弾く、をやりました。
あと、和音を弾くと同時に立ち上がるっていうのもやりました。うまく表現できないのですが、体の重みをのせて、和音を響かせてひく練習だったかと思います。

お互い和音もきれいに弾けるように頑張りましょう~^^

Re: 人生はオーケストラ

マジカルアイさま、初めまして!

オーケストラと人生についての熱い文と、動画へのご招待をありがとうございます。
音楽の醍醐味、オーケストラの醍醐味、おっしゃる通りですね(*^▽^*)

お伺いさせていただきます。

Re: ゆりこさんへ

ゆりこさん、こんばんは☆彡

> 手の柔軟性、私も以前に比べてついてきたなあと思っていたのでとっても共感です♪嬉しいですよね^^

共感していただけて、とても嬉しいです(*^▽^*)
再会した時は、年を取ると固くなる一方なのでは?と少し悲観的になっていたので、これに気づいた時は気持ちがパーッと明るくなりました。思わず、100歳記念コンサートも夢じゃないんじゃないかしら?と舞い上がってしまったぐらいです(笑)

> 和音がつかみにくいというのも共感です!

難し課題が残って大変です(>_<)
と、同時に、だからこそ、やりがいがある!とも思います。←こんなにテンション高くていいのか不安(^^;;

> レッスンで和音のつかみ方やりましたよ!
> ご存知かもしれませんが、つかむように、一音づつ弾く、ずらしながら2音づつひく、3音づつ弾く、をやりました。
> あと、和音を弾くと同時に立ち上がるっていうのもやりました。うまく表現できないのですが、体の重みをのせて、和音を響かせてひく練習だったかと思います。

わ~っ、耳寄りな情報をありがとうございます<(_ _)>
確かに知っていた内容もありますが、初めて聞いた内容もあって、とても参考になります。
情報交換して、お互いに高め合っていければいいですね(≧▽≦)

> お互い和音もきれいに弾けるように頑張りましょう~^^

頑張りましょう('◇')ゞ

No title

こんにちは、ははです。

私の手は女性の割には大きい方だと思うのですが
重心がフラフラしている割には
柔軟性がなくて全然うまく弾けません~T T
なるほど~軟体動物ですね。
私も今年は軟体動物を目標にします。

音楽の学校に行くことに憧れていて
NekoUshiさんのブログを読んで音楽学校に
入学した気分になっています^^

今年もよろしくお願い致します。

Re: ははさんへ

ははさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(*^^*)

私の手は女性の割には大きい方だと思うのですが
> 重心がフラフラしている割には
> 柔軟性がなくて全然うまく弾けません~T T

手の特徴って、ホントに人それぞれですよね!
手が大きいのは、たぶんみんなの嫉妬の、いや憧れの的ですヽ(^o^)丿

> なるほど~軟体動物ですね。
> 私も今年は軟体動物を目標にします。

みんなで軟体動物目指しましょう!!
あっ、もちろん、手限定で…(笑)

> 音楽の学校に行くことに憧れていて
> NekoUshiさんのブログを読んで音楽学校に
> 入学した気分になっています^^

わ~~っ、そんなに思っていただけるなんて、すごく嬉しいです(*´▽`*)
同級生ですね(^^♪

こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>
今年も楽しいヴァーチャル音楽院キャンパスライフを!笑
Secret

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト シューマン チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 BWV862 ハイドン 調律 平均律第1巻 レンタル練習室 近藤由貴 毎日の練習曲 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス フランス組曲 幻想曲 アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 ベトソナ22番 K.331 無謀曲 ドビュッシー チェルニー30番 四十肩 五十肩 シューベルト ららら♪クラシック グリーグ BWV858 ベトソナ10番 お菓子の世界 ベトソナ28番 ベルサイユのばら パルティータ こんまりメソッド クラビノーバ 楽譜 湯山昭 変奏曲 ベトソナ 選曲会議 エチュード インヴェンション マリー・アントワネット ワルツ 練習曲 調性 バラード 自分の演奏好き? メトロノーム 抒情小曲集 グランドピアノ さくらももこ 指先から感じるドビュッシー バラード2番 マズルカ 和声法 ヴァイオリンソナタ 24番練習曲 好きな調 旅する作曲家たち 「亡命」の音楽文化誌 バイエル スケール ピアノ椅子 ドゥシェック 左手のための24の練習曲 植山けい ヨハン・シュトラウス 電子ピアノ 梅雨 令和 アルマンド K.576 イリーナ・メジューエワ チャイコフスキー K.334 土田京子 ソナチネ クレメンティ モシュコフスキー ブルグミュラー D959 ピアニストは指先で考える ウィンナ・ワルツ 選曲 鷲田清一 トルコ行進曲 交響曲 無言歌 リズム変奏 部分練習 変イ長調 ムソルグスキー 響ホール 北九州 展覧会の絵 久元祐子 スマホ老眼 マリア・テレジア 中村紘子 理想の先生 リサイタル 気象病 高橋多佳子 指マッサージ D960 こんまり K.574 op.118-2 間奏曲 ヴァイオリン パスカル・ドゥヴァイヨン ソナタ ピアノ記念日 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.117-1 ベレゾフスキー ルービンシュタイン チェンバロ ランラン ピヒト=アクセンフェルト バックハウス キーシン ハプスブルク家 céleste メソッド・タリアフェロ リシエツキ op.118-5 ト長調 op.119-2 ハプスブルク帝国 夜の女王のアリア 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 カテゴリー ツィメルマン タグ 似合う曲 苦手な曲種 教則本 小ジーグ ピアノ騒音問題 Hob.XVI:50 スマホ 感情をこめて弾く 20の小練習曲 オスマン帝国 書き込み 演奏と喋り方 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ マーチ 行進曲 妄想 ポロネーズ 曲名の略称 プチトリアノン 山枡信明 D915 ピアニストは面白い グランド・ソナタOp.37 魔笛 全音ピアノピース 左ペダル アルペジオ クーラウ ウナコルダ マズルカOp.7-1 ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ カデンツ 「聴く」ことの力 折々のことば 田部京子 半音階地獄 島村楽器 好きな作曲家ランキング お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 平均律 整体師 K.623a クリスマス サンタクロース イギリス国歌 オーストリア国歌 リスト編曲版 全調スケール 近藤麻理恵 クラシックキャットトートバッグ マリア・ジョアン・ピリス 田園ソナタ 声部書き分け 和声法がさくさく理解できる本 和声法がぐんぐん身につく本 おんぶにだっこ 合奏譜 五線紙ノート 宮川彬良 川嶋ひろ子 エルガー 愛の挨拶 上原彩子 クララ・シューマン 伊藤恵 トロイメライ コピー譜 クリアファイル 礒山雅 飛躍 モーツァルトの手紙 マスタークラス エキエル 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 K.570 内田光子 ラフマニノフ 前奏曲 18の小品Op.72 静寂から音楽が生まれる アンドラーシュ・シフ  K.310 ベアトリーチェ・ヴェネツィ 看護師の日 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 ベトソナ18番 ベトソナ16番 練習崩壊 チェルニー24番 ペダル 新型コロナ リピート付箋 ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール リピート練習 ピアノトリオ カウンセリング 音楽における十字架 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 まるむし帳 減7の和音 クロスリズム 導音 短音階 フランス王妃の受難 復習 イタリア協奏曲 ブランデンブルク協奏曲 駅ピアノ D946 脱力 ラ・カンパネラ スマホ認知症 諸井三郎 アップライト グラナドス アルベニス 丑三つ時 哀しみ 岩城宏之 楽典 ポーランド 似合いそうな曲 ら抜き言葉 N響 庄司紗矢香 三瀬高原音楽祭 巡礼の年報 ゆっくり弾き 電子書籍 プレイエル K.533+494 永遠のショパン 音色 タッチ トンプソン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 クラ―マー=ビューロー チェルニー50番 小プレリュードと小フーガ ダイエット バトン リヒャルト・シュトラウス m.s. m.g. つるかめ算 m.d 電子メトロノーム 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら K.457 ノクターン 手ペシ 恋するクラシック リズム練習 演奏会用練習曲 K.543 K.412 K.537 スタッカート練習 ブログ 田島令子 フォーレ 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ワルトシュタイン 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR