Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

出会ってはいけなかった曲!?―チャイコフスキー「グランド・ソナタ」

チャイコフスキーのピアノ曲についてちょっと調べていたら、有名じゃないけど力作らしい「グランド・ソナタ」ト長調(op.37)に「一耳惚れ」してしまいました。

4楽章構成で全体的に華麗な曲想の、ドイツ・ロマン派の誰かの曲と言われたら納得してしまいそうな曲です。
ロシア風の旋律やリズムは結構取り入れられているのに、あんまりロシアっぽく聞こえません。
全曲通すと35分ぐらいになるみたいです。

ピティナの楽曲解説によると、

第1楽章:Moderato e risoluto ソナタ形式。勇壮なファンファーレ風楽想とロシアの教会の鐘の音を模した重々しい第一主題ではじまり、一変して物悲しいモチーフ、甘く夢見るような第二主題とその変奏へと続く。展開部は冒頭のファンファーレが荘重な和音や分散和音で繰り広げられる。再現部を経てコーダはオーケストラのトゥッティのように非常に華やかに終わる。
第2楽章:Andante non troppo quasi moderato 瞑想的なテーマではじまり、フォルテの部分では第一楽章でもみられた符点のモチーフがここでも現れる。中間部は四分の二拍子の生き生きとしたテーマを用いている。様々なテーマが再現のたびに変奏されているのが印象的である。
第3楽章:Allegro giocoso スケルツォ。主部は弱拍にアクセントを持ち、軽快に進む。中間部では転調して、いくつもの声部に現れるスケールがまるでいくつもの楽器が呼応し合うかのように絡み合う。
第4楽章:Allegro vivace フィナーレ。シンコペーションの明るい主題ではじまる。流れるような十六分音符、スタッカートでの裏拍にアクセントのある和音のメロディーなどを経て、中間部では物悲しいロシアの民謡風な旋律が聴かれる。さらに第二エピソードはこれもロシアの民謡合唱のような楽しいメロディーである。再現部を経てコーダはもとのト長調の主音であるGのオルゲルプンクトの上で第二エピソードが奏でられ次第に静まっていくが、最後は華々しく和音のトゥッティで終わる。



1楽章のYouTubeを貼っておきます。
↓こんな感じの曲です。1楽章だけでも13分ぐらいかかる!!


聞いただけでも演奏困難なことは分かったのですが、IMSLP(国際楽譜ライブラリープロジェクト)のサイトで楽譜を見てみると、難易度はとんでもなさそうだし、分量も50ページぐらいある。
無謀な曲を取り敢えず弾いてみるのは大好きですが、さすがにこれはちょっと思いとどまります。
そもそも50ページもあると、プリンターのインクをかなり消費してしまいます。でも、評判のイマイチな春秋社版なら安く楽譜が手に入るという誘惑もあったり…。今のところ誘惑に負けていません(笑)

仕方ないからCDを聞くだけで我慢しようと思って検索してみると、ほとんどCDがなく、稀にあったとしても廃盤や品切ればかりで…。
YouTubeで聴いていればいいのでしょうけど、CDの方が扱いやすい気がする。動画の音をCD-Rに焼くなんてできるのでしょうか!?(法律的にOKかどうかということではなく技術的に)

そういうわけで、この曲は「出会ってはいけなかった曲」なんじゃないかと、タイトルのようなことをふと思っています。
スポンサーサイト

*Comment

No title

うわー すっごい豪華な曲ですね!

付点つきのリズムがとても印象的で、けど冒頭は単音一切なしですか笑 強弱の幅も広くて、FFFが続いたかと思えばPPでドルチェ、みたいにクルクル表情が変わって面白い曲だと思いました。なんかこれを聴いたら、Nekoushiさんが後期のべトソナお好きだと言っていたの、納得がいきました。笑

しかし50ページは多いですね~笑

それで今、第二楽章も探して聴きながらこれを書いていますが、第二楽章素敵ですね~。PPPに入ってからの終わり方とか最高です。(このまま4楽章まで聴こうと思います笑)
  • posted by ゆにくあ
  • URL
  • 2017.03/31 11:24分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2017.03/31 11:30分
  • [Edit]

To:ゆにくあさん

こちらにもコメントありがとうございます!

実は、ドゥムカについて調べているうちに「大ソナタ」に遭遇いたしました(笑)

ゆにくあさんの曲の分析が鋭くて素晴らしいです♪
これ、いきなりオクターブ以上の重音が続出するので、手を痛めそうです。私はオクターブしか届かないので…。

>第二楽章素敵ですね

そう思います(≧▽≦)
豪華なだけじゃない深さが特にあるような気がします。

好きな曲を書いたりUPしたりしてるうちに、お互いに好みがわかって楽しいですね!
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.03/31 15:27分
  • [Edit]

To:鍵コメさん

情報ありがとうございます!
世の中、そんなに進んでいるのですね。
おかげさまで「出会ってはいけなかった曲」が「出会ってよかった曲」になれそうです(笑)
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.03/31 15:29分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ