FC2ブログ

私の好きな/気になるピアニスト(1) ヴィルヘルム・ケンプ

先日宣言していた『私の好きな/気になるピアニスト』企画の第1回目をお届けします!

第1回目は、往年のドイツの名ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff, 1895年11月25日 - 1991年5月23日)です。1800年代生まれなので、歴史上の人物と言った方がいいかも…。ケンプは、オルガニストでもあり、作曲家でもあり、名教師でもありました。

実は、私が高校生か大学生の頃、生まれて初めてハマった(もちろん生で聞いたわけではないですが)ピアニストがケンプなのです。それまでは、ピアノ曲を聴くのに、全くと言っていいほど、ピアニストにこだわってなかった(笑) ケンプのベートーヴェンを聴いて、衝撃を受けました。衝撃といっても、刺激的というのとは全然違って、ピアノ音楽がこんなにスーッと心に入ってくる、この感覚はどういうことだろう?と、初めての体験だったのです。音楽に温かく包み込まれるような幸福感に満たされます。



例えば、↑このベートーヴェンの『月光ソナタ』。

凝った解釈をして意欲的に表現して、というタイプの演奏とは対極的です。素晴らしい和食みたいに、素材の良さを徹底して活かしているのだと思います。ケンプは作曲家でもあるので、作曲家の仕事を心から信じて、書かれている音符に語らせることを徹底しているのかもしれません。謙虚に曲に寄り添って、それを余すところなく聴き手に届けてくれているのでしょう。いわゆる技術的な面では、少しアヤシイところもあります。大人の趣味ピアノを聴いて、上手いプロの演奏より感動できるということがありますが、それに通じるものを感じます。ただ、若いころは結構テクニックばりばりだったようで、技術の衰えばかり言われるのは、本人には不本意なことのような気もします。

ケンプはレパートリーが狭く、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、以上終わり、と言っても過言ではありません(リストの素敵な演奏やショパンの興味深い演奏があったりもしますが)。ロマン派までのドイツ音楽の王道ですね。バッハとモーツァルトは録音が少なく、あまり聞くチャンスがありませんが、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、どれも素晴らしいです。シューベルトは自然な歌心が魅力的。シューマンでは、おどろおどろしさを排して、健全で懐かしさあふれるロマンを引き出しています。ブラームスは、淡々とした枯れた味わいがあります。有名な118-2なんかも、あっさりと速いテンポでササっと進みます(これだけは少し物足りないかな)。そういえば、私が「関心のある分野が少ない」と若干誇らしげに書いていることがあるのは、「ケンプ先生と同じ」という意識がどこかにあるからかもしれません(笑)

もう一つケンプで驚かされるのは、ケンプに個人的に薫陶を受けたと言っているピアニストが多いことです。例えば、内田光子もピリスもそう言っていた記憶があります。有能な教師で、それだけではなく、人格者だったに違いないと思います。なかみっちゃん(仲道郁代さん)はどうだろう…?著書『ピアニストは面白い』の中で、子供の頃にケンプの演奏会を見て(羨ましい!)「このおじいちゃんみたいになりたい」と思ったという話を書いてました。単に「ピアノ弾きになりたい」という意味だったのだとは思いますが、なかみっちゃんの演奏は少しケンプに通じるところがあると私は感じています。なかみっちゃんも無意識のうちにケンプの影響を受けたのかもしれません(*^^*)

それではもう1曲、『月光ソナタ』以上にケンプにピッタリな曲調の『田園ソナタ』も貼っておきましょう。



もしケンプに少しでも関心を持っていただけたら、是非いろいろな曲の演奏に触れてみてください!
検索に便利なように、名前の原語表記もしておきましたので…。名前の原語表記はこの企画の記事では全部そうするつもりです。

第1回目は以上です('◇')ゞ


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



tag : ヴィルヘルム・ケンプ,

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No Subject

NekoUshiさん、こんにちは
かつです。

NekoUshiさんの好きな/気になるピアニストの第一回目は誰なのかな~と気になりましたがケンプでしたか!!
私の初ベートーヴェンがケンプの月光ソナタでしたよ♪同じく感動してどっぷりクラシックにはまりました。

それ以来、ベートーヴェン弾きと言えばケンプであり、ケンプと言えばベートーヴェンです!
なのに田園を弾くため参考に買ったのはオピッツさん…
(;´Д`)
まぁともに素晴らしいピアニストですけどね。。

Re: かつさんへ

かつさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

おぉぉっ、ケンプ好き仲間だったのですね!笑

> 私の初ベートーヴェンがケンプの月光ソナタでしたよ♪同じく感動してどっぷりクラシックにはまりました。

ケンプの月光(というか、ベートーヴェンのソナタどれも)、いいですよね(*´▽`*)
私は、これ聴くまでは「ピアノ曲ももちろん悪くないけど、他の楽器の曲の方が好き」とか思っていたのですが、世界観がガラッと変わりました(笑)

> それ以来、ベートーヴェン弾きと言えばケンプであり、ケンプと言えばベートーヴェンです!
> なのに田園を弾くため参考に買ったのはオピッツさん…
> (;´Д`)
> まぁともに素晴らしいピアニストですけどね。。

どちらも、正統派のドイツ流ベートーヴェンなので、いいと思います(*^^*)
そういえば、昔NHKでやってたオピッツさんのベートーヴェン講座、ご覧になってました?

No Subject

NekoUshiさん、おはようございます~
記事楽しみにしてましたよ♪

>それまでは、ピアノ曲を聴くのに、全くと言っていいほど、ピアニストにこだわってなかった(笑) ケンプのベートーヴェンを聴いて、衝撃を受けました。衝撃といっても、刺激的というのとは全然違って、ピアノ音楽がこんなにスーッと心に入ってくる、この感覚はどういうことだろう?と、初めての体験だったのです。音楽に温かく包み込まれるような幸福感に満たされます。

とても深くて豊かな体験ですね。このような体験をすると、音楽からもう離れられないですよね。
私も今までピアニストにこだわりがほとんどなかったのですが、先日、田部京子さんのリサイタルに行って、同じような体験をしました。Nekoushiさんが仲道郁代さんのファンであるように、私もすっかり田部さんのファンになってしまい、ある特定のピアニストにはまるというお気持ちにとても共感しています。

ケンプさんのベートーベン、いろいろ聴いてみますね♪

Re: ゆりこさんへ

ゆりこさん、こんにちは~~
お読みいただいて、コメントもくださり、ありがとうございます(*^^*)

> とても深くて豊かな体験ですね。このような体験をすると、音楽からもう離れられないですよね。

そうなんですよ~~
生演奏じゃなくて、CDでもそんな感動を得ることができたのが、また素敵だったと思います(*´▽`*)

> 私も今までピアニストにこだわりがほとんどなかったのですが、先日、田部京子さんのリサイタルに行って、同じような体験をしました。Nekoushiさんが仲道郁代さんのファンであるように、私もすっかり田部さんのファンになってしまい、ある特定のピアニストにはまるというお気持ちにとても共感しています。

わ~~、田部京子さんいいなぁ!!
田部さんって、すごく知的で大人な雰囲気ですよね(*´▽`*)
私もいつか生で聴いてみたいです~~。
ゆりこさん、すっかり心を奪われたみたいですね!笑 田部京子さんの記事が増えることを期待してますヽ(^o^)丿

> ケンプさんのベートーベン、いろいろ聴いてみますね♪

YouTubeにもそれなりに上がっているみたいですので、色々聴いてみてくださいね。
そして、もし気に入られたらCDも買ってみてください(^^♪←ケンプの回し者(笑)

No Subject

おお、待望の第一弾、ケンプで来ましたか!
2、3日前まで数日間連続して、アマゾン・プライム・ミュージックでケンプのシューベルト(ピアノソナタ)を聴いていたので、タイムリーでした。
ケンプといえば、私、ヘンデルのメヌエット(ト短調)を彼がアレンジしたものが、個人的に大好きで、発表会で弾いたこともあるくらいです。(が、会場へ向かう電車の中に楽譜を忘れてしまい、暗譜する気がさらさらなかっただけに、悲惨なことに)

それにしても今回ケンプの紹介記事なのに、しっかりと登場している、なかみっちゃん。NekoUshiさんの、なかみっちゃん愛の深さを、改めて感じました!

Re: タワシさんへ

タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> おお、待望の第一弾、ケンプで来ましたか!

そうなんですよ~~
ケンプは私のピアノ音楽鑑賞の原点なのです!

> 2、3日前まで数日間連続して、アマゾン・プライム・ミュージックでケンプのシューベルト(ピアノソナタ)を聴いていたので、タイムリーでした。

ケンプのシューベルトは絶品ですね(*´▽`*)
タイムリーでしたね~~

> ケンプといえば、私、ヘンデルのメヌエット(ト短調)を彼がアレンジしたものが、個人的に大好きで、発表会で弾いたこともあるくらいです。(が、会場へ向かう電車の中に楽譜を忘れてしまい、暗譜する気がさらさらなかっただけに、悲惨なことに)

それは何とも大変な体験を…(>_<) 私だったら棄権すると思いますΣ( ̄ロ ̄lll)!!
バロックもののアレンジも色々と優れたのがありますよね、ケンプ先生は。バッハの有名なカンタータ147番もありますし。

> それにしても今回ケンプの紹介記事なのに、しっかりと登場している、なかみっちゃん。NekoUshiさんの、なかみっちゃん愛の深さを、改めて感じました!

笑笑
ただ、今後の全てのお気に入り/気になるピアニスト記事に登場する、というわけではありませんよ?笑
Secret

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR