セルフレッスン第7回:たまには坦々と進むこともある

私が私にピアノを習うコーナー、7回目です。
今週はレンタル練習室に行く余裕がなかったので、グランドピアノではなく自宅のアップライトでした。
だからというわけでもないのですが、今回のレッスンはテンション低め…(;^ω^)

まずは、チェルニーから。
チェルニー40-17

先生「今回から、新しい曲、17番ですね。これに似た音形のベートーヴェンのソナタがあるのですが、知ってますか?」

「11番でしたっけ?変ロ長調の」

先生「その通りです。11番を弾きたくなったときに役に立つと思います。ソナタでは主題冒頭に出てくるだけで延々と続くわけではないですが、チェルニーがこれを作った時にはベートーヴェンの11番が頭にあったかもしれませんね。それでは弾いてみてください」

「やはり、右の5の指が苦しいです」

先生「両手とも5の指が生まれつき内巻きカールしてて弾きづらいのでしたね」

「内巻きカールって…(^^;; おそらく、変に曲がってるせいで、関節に負担がかかりやすいのだと思います」

先生「重音を35でとる指定のところを25でとって負担を軽くしたり、あるいは24で弾けるところはそうした方がいいかも。指を壊してしまっては元も子もないので。もちろん、35以外ではどうしようもない部分も多いですが…。まあ色々と工夫することが勉強になります」

「…」←そんな滅茶苦茶な運指でいいものか?と思いながら、とりあえず弾いてる(笑)

先生「あとは、左手を外さないこと。ところどころ左手の和声を書き込んでいるのは結構な工夫だと思います。指の問題もありますから、あと1回か2回で先に進みましょう」

というわけで、40-17は大した見どころもなく、次はバッハのシンフォニア10番ですが、「もう一巡するからまあいいか」となって、とりあえず合格。10番、長かった~~(*_*;

次は、シンフォニア15番。
シンフォニア15番

先生「(一通り演奏を聴いてみて)この曲は順調に行きそうですね。主題のアーティキュレーションを何通りか弾いてみると面白いと思います。市田先生(注:楽譜を編集した先生)の解説にある通り、一番普通な“2音スラー、1音スタッカート”の他に、全てノンレガート、あるいは全てテヌートという解釈もあり得るかもしれません。楽譜の端にメモしておきました」

「対旋律の音階的進行の部分はどうでしょうか?」

先生「どちらかと言えばレガートに近い感じの方が、私としては好みです。主題を“2音スラー、1音スタッカート”で弾く場合は、それにつられないように気を付けて。と、わざわざ言うまでもなく、きちんと弾き分けていましたね。次回で完成させましょう」

シンフォニア15番 28小節
「(↑の)32分音符の華やかな部分ですが、市田先生の左右配分指定だと弾きづらいです」

先生「え?これ、どうなってるの??ああ、市田先生の意図は、手を交差させずに弾いてみるっていうことね。でも、楽譜の記譜通り同じ音形を同じ手で弾く方が混乱しないでしょ。この部分は市田先生に逆らいましょう(笑)」

「10番が合格になった分はどれをやりましょうか?」

先生「3番でもやりましょうか。今までの傾向から察するに、苦戦しそうなタイプの速めのフーガです。声部ごとの練習はあまりやらなくてもいいというようなことを言った記憶があるのですが、込み入ってる部分だけは、各声部を追って確認しておいてくださいね」

(バッハもあっさり通過して、残るはハイドンのみ)

「締めくくりは、ハイドンのホ短調ソナタをお願いします」

先生「終結の音、違ってます。そこは、両手ともミのオクターブのユニゾン。下からミミミミなのに、ミミソミになってる。まさか他の版を見たらそうなってたとか?」

「今まで通りの全音の楽譜を眺めていたら、ミミソミに見えて『あれ?ここ見間違ってた。どうりで終結が間の抜けた感じになってたわけだわぁ』と直したのですが、はじめの通りで正しかったのですね」

先生「もしかして老眼が進んできているのでは?笑 私が聞いているんだから、違ってたら聞き落とすはずないのに…(注:実は時々聞き落してる)。でも、ちょっと納得できる間違い方ではありますね。間違ったついでに、ソにシャープつけて弾いてみて。バッハなんかでよく出てくる、最後だけ長調になる『ピカルディの3度』です。なかなかいい響きですね」

「短調の主和音の3の音を半音上げるんでしたっけ」

先生「そうそう。ラドミをラド#ミにするみたいな。和声も意外と面白いでしょう。和声のテキストもいずれ取り入れようかな。あっ、そうだ!ちょっと2楽章アダージョから続けて弾いてみてください。本来、不完全終止で切れ目なく続く構造になってますから」

「え…?ほとんど初見なのに!?」

先生「練習したはずの3楽章より良くできてます。2楽章も3楽章もまとめて合格にしておきましょう。次は、このソナタの1楽章もやっておきますか?」

「モーツァルトのK309かK311の1楽章で悩んでます。先生おすすめのサディ版の楽譜を買ってきました」

先生「前回おすすめしたけど、ひょっとして絶版だったかも?と心配してました。まずK311の1楽章をやって、気が変わらなければ、次はK309を全楽章やったらどうでしょう?K309は、マンハイムの音楽界の実力者カンナビヒ家の娘のために書かれたらしく、特に2楽章はカンナビヒ嬢をイメージして作ったとされる傑作なので、ぜひ全楽章やれるといいですね」

「モツ祭り、楽しみです♪♪」

先生「ショパンはどこに消えちゃったの…?チェルニーで飛ばしたい曲があるので、その時に、代わりにショパンの小品でもやりましょうかね。あるいは、いま古典派をやっている枠でショパンやりたいと言い出すかもしれないし…」

「移り気ですみませ~ん(^^;;」

(今回は箇条書きのメモで十分だったのでは?と思いながらも、結局、最後まで続けてしまいました…笑)
スポンサーサイト

コメント

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-19
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第3楽章

◇保留中
・バッハ シンフォニア 3番

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17、18
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1&第2楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR