FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

いづみこ先生に学ぶ「タッチと音色のいろいろ」

最近すっかりハマっている『指先から感じるドビュッシー』(青柳いづみこ著、春秋社)より、今回は、色々な音色の出し方についてのタッチの解説を取り上げます。昨日の脱力に関する記事で「機会があったらご紹介します」なんて書きましたが、善は急げです!!

以下、同書の「タッチ音色のいろいろ」と題する章の要点メモです。
いづみこ先生の文章は、いつもながら、とても分かりやすいです(≧▽≦)

・のびる音
タッチのスピードと深くかかわっている。スピードが速すぎると固く冷たい音になる。アタックせず、指の腹でじわっと、しかし、ある一点で確実に鍵盤の底に力を伝えるように工夫すると、あとになってぐっとのびる音が出る。たっぷり響かせたい時は「じわっと」のタッチに重さの助けを追加。

・鐘のような音
指先を固く金属の棒のようにする。腕全体が鐘を響かせる撞木(しゅもく)のようなイメージで、タッチしてからすぐにペダルの中に開放する。そうすると、カーン、チーンといった音が出る。

・ボーンという音
肩を起点に腕全体を使って、重さを十分にかけて音を出す。かかった力は手首や肘で逃がす。そうしないと固い汚い音になってしまう。

・歌う右の4の指
4の指は一番弱いが一番歌える指。ショーパンのノクターンなどで、右手の4の右端を使って、鍵盤にぴったりくっつけたまま少し手首を向こう側に返すようにすると、甘い、おねだりするような音が出る(*´▽`*)
(私は、10本の指の中で右手の4の指が一番萌えます(笑))

・音をべったり練る
指のしなりを利用して、ピーナツバターをすくうように粘っこくタッチする。メロディの歌い出しなどで、もっとはっきり意思表示したい時は、右手の5を肘から落とすようにする。落ちる瞬間に肘や手首のクッションを使って、固くならないように。

・星のようにキラキラ光る音
根元の関節のバネを使い、指先を少し手前にひっかくようにする。音の響き方は、指先にどれだけ集中させるかによって決まる。光らせたい時は指先を尖らせ、柔らかくしたい時は力を分散させる。

・ダイヤモンドのようにギラギラした音
指先はしっかりひっかきながら、腕の上下運動を併用する。

・強弱
重さを使う方法と指の力で出す方法があり、たいていは両方の合わせ技を使う。

・旋律の弾き分け
フーガなど対位法的な作品で必須の、旋律の弾き分け。強弱ではなく音質で変化をつけるのが理想。弾き分けはタッチのスピードと圧力のかけ方次第で決まる。たとえば、上の線を少し固めの指でスピードの速いタッチで弾き、下の線はやわらかめにじわっと弾く。一方の線には重さをかけ、片方にはかけない。出したい線は指を曲げ、控えたい線はのばす(角度による調節)。などなど。

この章の締めくくりでは、次のように書かれています。

「自分の音をよく聴きなさい」というのは簡単ですが、(中略)「音が出ていない」状態では、聴きたくても聴く音がありません。自分の「歌」を伝えられる音が出て初めて、それを聴き、あとにつづけていくことができるのです。そして、そうした「音」たちの連なりが「モティーフ」であり「フレーズ」であり、「主題」であり「展開」であるのです。

たかが音というなかれ。すべては、たったひとつの「のびる音」から始まるのですから。


まさに底なし沼の深い音の世界です!!
そこが楽しいのですけどね(^^♪ というか、それが楽しいと思えなければ続かないです~~


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 演奏・解釈・技術

Tag: 音色 タッチ 青柳いづみこ 指先から感じるドビュッシー | * Comment : (8)

No Subject * by 古都子
NekoUshiさん、こんばんは(^^)
いろんなタッチでいろんな音が出ることは分かっていても、弾いている最中にタッチを工夫するのって難しいですよね~。
弾くことに必死になってしまって、タッチのことまで考えている余裕がないです。

プロのピアニストの演奏を見ていると1音1音タッチを変えたり、指の上げ方を変えているように見えますよね。
それがいつもすごいと思います。
私はいつも不用意に指を振り下ろしてしまって、音が出てから「あっ、しまった!」と思っています。(^^;)

右の歌う4の指「甘い、おねだりするような音」、いつかノクターンで出してみたいです!

To:古都子さん * by NekoUshi
古都子さん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> 弾くことに必死になってしまって、タッチのことまで考えている余裕がないです。

そうなんですよね(*_*;
譜読みの時から、「ここはこういう音」とイメージしながらやっていくしかないでしょうけど、めっちゃ難題です。

> プロのピアニストの演奏を見ていると1音1音タッチを変えたり、指の上げ方を変えているように見えますよね。それがいつもすごいと思います。

全くです!!
「それができるなら私も今頃はプロ」と開き直ることにしていますが…(笑)

> 私はいつも不用意に指を振り下ろしてしまって、音が出てから「あっ、しまった!」と思っています。(^^;)

私もです。重みをかける感じで強調しようと思ったのにキーンと鋭い音が鳴ってしまったりとか、バッハなんかで旋律の弾き分けをし損ねたりとか…。何回もやらかしているうちに心が折れそうになりますΣ( ̄ロ ̄lll)!!

> 右の歌う4の指「甘い、おねだりするような音」、いつかノクターンで出してみたいです!

熱情の次は、右手の4が活躍できそうな曲をされてみてはいかがでしょう?

No Subject * by やぢま
 とても丁寧に解説されている本なのですね~。ピーナツバターをすくうように、なんて、思いもよらない表現です。青柳いづみこさんはもちろん、著名な演奏家ですけれど、指導者としても良い仕事をしそうです。
 この助言をしっかり心に刻めたら、NekoUshi先生のセルフレッスンにも活かせそうです♪

To:やぢまさん * by NekoUshi
やぢまさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

この本は、とても充実していて大満足の1冊です(*´▽`*)
奏法から時代背景まで、本当に色々なことが書いてあって…。

> ピーナツバターをすくうように、なんて、思いもよらない表現です。

ピーナツバターの存在を久しぶりに思い出しましたよ(笑)
こんな表現、よく思いついたものですね!!

> 青柳いづみこさんはもちろん、著名な演奏家ですけれど、指導者としても良い仕事をしそうです。

習ってみたいですね(≧▽≦)
↑さらっと、厚かましいこと書いてみる(^^;;

>  この助言をしっかり心に刻めたら、NekoUshi先生のセルフレッスンにも活かせそうです♪

そうですね~~
頑張ります(^o^)丿

No Subject * by 名無しさん
こんにちは、 いつもためになる情報、ありがとうございます。

・旋律の弾き分け
フーガなど対位法的な作品で必須の、旋律の弾き分け。強弱ではなく音質で変化をつけるのが理想。弾き分けはタッチのスピードと圧力のかけ方次第で決まる。

確かに、チェンバロでは強弱が出せませんよね。(クラヴィコードなら何とか)
自由自在に(?)強弱が出せるピアノを弾くときも、気をつけたいと改めて思いました。

To:名無しさん * by NekoUshi
名無しさん、コメントありがとうございます(^^♪

> こんにちは、 いつもためになる情報、ありがとうございます。

お役に立てまして幸いです<(_ _)>

> ・旋律の弾き分け
> フーガなど対位法的な作品で必須の、旋律の弾き分け。強弱ではなく音質で変化をつけるのが理想。弾き分けはタッチのスピードと圧力のかけ方次第で決まる。

バッハを弾くとき、これでいつも苦戦してます(>_<)
この本の解説は納得できますので、実践していきたいと思います!

> 確かに、チェンバロでは強弱が出せませんよね。(クラヴィコードなら何とか)
> 自由自在に(?)強弱が出せるピアノを弾くときも、気をつけたいと改めて思いました。

強弱だけで弾き分けようとすると、不自然なほど大きく強弱をつけないと分離してくれないことが多い気がします。そうすると、結局、ぎこちなくなってしまうんですよね…。
いっそのことバッハを弾くためにチェンバロが欲しいです(笑)

こんばんは^^ * by どれみ
この解説、とても表現がわかりやすく
出来そうな気になり(気です ^^; )読み込めますね。

>(私は、10本の指の中で右手の4の指が一番萌えます(笑))
・・わかる気がします。
薬指といえば、お姉さん指、薬指、紅さし指。。
なんとなく色気のある指ですね^^
一番弱い指であるけれど、ショパンとかにはあいますよね。
4の指を使う手の形もきれいかも。

ツェルニーでは4の指の所を5とか3の指で弾いて
先生によく注意されてます^^;

To:どれみさん * by NekoUshi
どれみさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> この解説、とても表現がわかりやすく
> 出来そうな気になり(気です ^^; )読み込めますね。

そうなんですよ~~
表現がうまくて分かりやすいですよね!!
ホント、その気になってしまいます(笑)

> 薬指といえば、お姉さん指、薬指、紅さし指。。
> なんとなく色気のある指ですね^^

どれみさん、ロマンチックで素敵です( *´艸`)
色気のある指という表現がピッタリです~~

> 4の指を使う手の形もきれいかも。

それもありますね!!
薬指がますます好きになります。

> ツェルニーでは4の指の所を5とか3の指で弾いて
> 先生によく注意されてます^^;

私は逆に、3で弾くべきところを4で弾いてしまって(特に指替えの時)、困ることが多いです(^^;;
4の指が好きだからというより、単なる悪い癖かも…。

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
NekoUshiさん、こんばんは(^^)
いろんなタッチでいろんな音が出ることは分かっていても、弾いている最中にタッチを工夫するのって難しいですよね~。
弾くことに必死になってしまって、タッチのことまで考えている余裕がないです。

プロのピアニストの演奏を見ていると1音1音タッチを変えたり、指の上げ方を変えているように見えますよね。
それがいつもすごいと思います。
私はいつも不用意に指を振り下ろしてしまって、音が出てから「あっ、しまった!」と思っています。(^^;)

右の歌う4の指「甘い、おねだりするような音」、いつかノクターンで出してみたいです!
2019-01-26 * 古都子 [ 編集 ]

To:古都子さん
古都子さん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> 弾くことに必死になってしまって、タッチのことまで考えている余裕がないです。

そうなんですよね(*_*;
譜読みの時から、「ここはこういう音」とイメージしながらやっていくしかないでしょうけど、めっちゃ難題です。

> プロのピアニストの演奏を見ていると1音1音タッチを変えたり、指の上げ方を変えているように見えますよね。それがいつもすごいと思います。

全くです!!
「それができるなら私も今頃はプロ」と開き直ることにしていますが…(笑)

> 私はいつも不用意に指を振り下ろしてしまって、音が出てから「あっ、しまった!」と思っています。(^^;)

私もです。重みをかける感じで強調しようと思ったのにキーンと鋭い音が鳴ってしまったりとか、バッハなんかで旋律の弾き分けをし損ねたりとか…。何回もやらかしているうちに心が折れそうになりますΣ( ̄ロ ̄lll)!!

> 右の歌う4の指「甘い、おねだりするような音」、いつかノクターンで出してみたいです!

熱情の次は、右手の4が活躍できそうな曲をされてみてはいかがでしょう?
2019-01-27 * NekoUshi [ 編集 ]

No Subject
 とても丁寧に解説されている本なのですね~。ピーナツバターをすくうように、なんて、思いもよらない表現です。青柳いづみこさんはもちろん、著名な演奏家ですけれど、指導者としても良い仕事をしそうです。
 この助言をしっかり心に刻めたら、NekoUshi先生のセルフレッスンにも活かせそうです♪
2019-01-27 * やぢま [ 編集 ]

To:やぢまさん
やぢまさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

この本は、とても充実していて大満足の1冊です(*´▽`*)
奏法から時代背景まで、本当に色々なことが書いてあって…。

> ピーナツバターをすくうように、なんて、思いもよらない表現です。

ピーナツバターの存在を久しぶりに思い出しましたよ(笑)
こんな表現、よく思いついたものですね!!

> 青柳いづみこさんはもちろん、著名な演奏家ですけれど、指導者としても良い仕事をしそうです。

習ってみたいですね(≧▽≦)
↑さらっと、厚かましいこと書いてみる(^^;;

>  この助言をしっかり心に刻めたら、NekoUshi先生のセルフレッスンにも活かせそうです♪

そうですね~~
頑張ります(^o^)丿
2019-01-28 * NekoUshi [ 編集 ]

No Subject
こんにちは、 いつもためになる情報、ありがとうございます。

・旋律の弾き分け
フーガなど対位法的な作品で必須の、旋律の弾き分け。強弱ではなく音質で変化をつけるのが理想。弾き分けはタッチのスピードと圧力のかけ方次第で決まる。

確かに、チェンバロでは強弱が出せませんよね。(クラヴィコードなら何とか)
自由自在に(?)強弱が出せるピアノを弾くときも、気をつけたいと改めて思いました。
2019-01-28 * 名無しさん [ 編集 ]

To:名無しさん
名無しさん、コメントありがとうございます(^^♪

> こんにちは、 いつもためになる情報、ありがとうございます。

お役に立てまして幸いです<(_ _)>

> ・旋律の弾き分け
> フーガなど対位法的な作品で必須の、旋律の弾き分け。強弱ではなく音質で変化をつけるのが理想。弾き分けはタッチのスピードと圧力のかけ方次第で決まる。

バッハを弾くとき、これでいつも苦戦してます(>_<)
この本の解説は納得できますので、実践していきたいと思います!

> 確かに、チェンバロでは強弱が出せませんよね。(クラヴィコードなら何とか)
> 自由自在に(?)強弱が出せるピアノを弾くときも、気をつけたいと改めて思いました。

強弱だけで弾き分けようとすると、不自然なほど大きく強弱をつけないと分離してくれないことが多い気がします。そうすると、結局、ぎこちなくなってしまうんですよね…。
いっそのことバッハを弾くためにチェンバロが欲しいです(笑)
2019-01-28 * NekoUshi [ 編集 ]

こんばんは^^
この解説、とても表現がわかりやすく
出来そうな気になり(気です ^^; )読み込めますね。

>(私は、10本の指の中で右手の4の指が一番萌えます(笑))
・・わかる気がします。
薬指といえば、お姉さん指、薬指、紅さし指。。
なんとなく色気のある指ですね^^
一番弱い指であるけれど、ショパンとかにはあいますよね。
4の指を使う手の形もきれいかも。

ツェルニーでは4の指の所を5とか3の指で弾いて
先生によく注意されてます^^;
2019-02-09 * どれみ [ 編集 ]

To:どれみさん
どれみさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> この解説、とても表現がわかりやすく
> 出来そうな気になり(気です ^^; )読み込めますね。

そうなんですよ~~
表現がうまくて分かりやすいですよね!!
ホント、その気になってしまいます(笑)

> 薬指といえば、お姉さん指、薬指、紅さし指。。
> なんとなく色気のある指ですね^^

どれみさん、ロマンチックで素敵です( *´艸`)
色気のある指という表現がピッタリです~~

> 4の指を使う手の形もきれいかも。

それもありますね!!
薬指がますます好きになります。

> ツェルニーでは4の指の所を5とか3の指で弾いて
> 先生によく注意されてます^^;

私は逆に、3で弾くべきところを4で弾いてしまって(特に指替えの時)、困ることが多いです(^^;;
4の指が好きだからというより、単なる悪い癖かも…。
2019-02-10 * NekoUshi [ 編集 ]