FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

『指先から感じるドビュッシー』が届いた~♪♪

前からずっと読みたいと思っていた『指先から感じるドビュッシー』(青柳いづみこ、春秋社)が届きました。ドビュッシーのエキスパート、青柳いづみこ先生の読み応えのある本です(≧▽≦) 安川加寿子先生の門下生で、文筆業とピアニストの兼業で活躍されていることで有名ですね。
指先から感じるドビュッシー

帯に書いてあった紹介によりますと「19世紀末の美意識、作曲家が愛した絵画、文学、人など、作品の文化的背景を紹介し、その演奏技法を詳しく解説。自分で自分の解釈を選びとるための多角的レッスン」だそうですが、パラパラとめくってみら、まさにそんな感じでした。

取り上げられている曲は、

・アラベスク第1番
・アラベスク第2番

《映像》第1集より
・水の反映
・運動

・小さな黒人
・忘れられた映像

ドビュッシーのお引越し

《前奏曲集》第1巻より
・デルフの舞姫たち
・帆
・亜麻色の髪の乙女
・沈める寺
・ミンストレル

《子供の領分》より
・雪は踊っている
・ゴリウォーグのケーク・ウォーク

これらの曲の演奏技法、運指、演奏するための基礎練習、背景の解説が図解入りでとても詳しく書かれています。どうやったらオシャレで色彩感覚豊かな表現ができるのか、この本を読むと沢山の実践的なヒントをもらえそうです。一口にスタッカートやレガートと言っても、豊富で、それに応じて数多くのタッチも工夫しないといけません。ペダルも細やかさが求められます。そういった技術的なことも細かく書いてくれているので有り難いです!!しかも、文章が上手いし、固くない話題(ドビュッシーは女性の長い黒髪フェチだった、とか(笑))もうまく混ぜているので、肩に力を入れ過ぎずに読めます。

本の冒頭には「ドビュッシーが好きだった名画」というコーナーがあって、目を楽しませてくれるとともに、ドビュッシーの音楽が絵画と密接な関係にあることがよく分かります。ドビュッシーは、おどろどろしい絵画も好きだったらしく、けっこう不気味な曲を書いているのも納得できました。

各曲の解説の後は、「タッチと音色の色々」「指先から感じるドビュッシー」「耳と足先から感じるドビュッシー」「タイトルの意味を間違えなくとらえよう」と続き、各曲の解説とは少し違った切り口からドビュッシーに迫ります(*´▽`*)

「ドビュッシーらしさ」のよく出た演奏について、いづみこ先生は

 こうじゃなければいけない…というのはないのですが、よくみかける傾向として、音が厚くなりすぎた「ブラームスみたいなドビュッシー」、というのがあります。それはちょっと違うんじゃないかな?と。
 ドビュッシー自身は「物事を半分だけしゃべって、残りの半分は聴いている人の想像力にまかせるような音楽を書きたい」と言っていました。
 だからロマン派を弾くときみたいに、全部の気持を音楽に託してしまうとか、表面的に演奏効果が上がるような弾き方をするとか、そういうのはちょっと合わないのではないかと思う。



と書いておられます。これはショパンやモーツァルトに通じるような気がしますね。彼らも音楽に関しては「節度の人」ですから…。

読んで楽しい、生徒の役に立つ、先生にも役に立つ、素晴らしい本を手にして、とても嬉しいです。ドビュッシーの世界への関心が深まりました。おススメの本です!!


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 音楽書

* Comment : (4)

No Subject * by amy
こんばんは~
何となく(笑)今年最初のコラボ記事になりましたね~(*^▽^*)
コメント返信してからベルガマスク組曲は収録されていないことに気が付きました(笑)失礼しました~~<(_ _)>

>彼らも音楽に関しては「節度の人」
そうですね!!同感です。

私は「節度の人」の曲が好きなのかも(笑)
あまりにもロマン派的な、感情表現の濃い演奏は出来そうにありませんわ。。( ̄▽ ̄;)
「ブラームスみたいなドビュッシー」て・・・
音源で聴いてみたい気がします(笑)

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

無意識のうちのコラボになってましたね(笑)
今年も何が起きるか楽しみです(*´▽`*)

> コメント返信してからベルガマスク組曲は収録されていないことに気が付きました

ベルガマスク組曲は「タイトルの意味を間違えなくとらえよう」のコーナーで少し言及されてましたが、演奏技術的なことではなく、タイトルにふさわしい雰囲気についての説明でした。

> 私は「節度の人」の曲が好きなのかも(笑)

モーツァルトとショパンがお好きなので、そうですよね!!
ベトソナでも、24,27(2楽章)、31など、ガンガン弾く系じゃないですもんね。

> 「ブラームスみたいなドビュッシー」て・・・
音源で聴いてみたい気がします(笑)

和音がやたらと分厚くて、オシャレじゃなくて野暮な感じ?
怖いもの聞きたさで聴いてみたいですね(笑)

No Subject * by mayu0630
いつもコメントをくださり、ありがとうございますm(__)m

来月の11日の21時~、ネコウシさんが大好きな
「なかみっちゃん」が恋クラに出演されますね~🎶
https://twitter.com/Ikuyo_nakamichi/status/1085756868989874176

この日、私は横浜で阪田知樹さんのリストを聴きに行くんですが、
恋クラも忘れずに録画して出かける予定ですv-290

To:mayu0630さん * by Nekoushi
mayu0630さん、こんばんは~~

「なかみっちゃん」情報ありがとうございます(*´▽`*)
2月11日…。少し先なので、まだ録画予約できませんが、忘れないようにカレンダーに記入しておきました~~

横浜での阪田知樹さんのリスト、楽しまれてきてくださいね(^^♪
期待の若手ですよね(*'▽')

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
こんばんは~
何となく(笑)今年最初のコラボ記事になりましたね~(*^▽^*)
コメント返信してからベルガマスク組曲は収録されていないことに気が付きました(笑)失礼しました~~<(_ _)>

>彼らも音楽に関しては「節度の人」
そうですね!!同感です。

私は「節度の人」の曲が好きなのかも(笑)
あまりにもロマン派的な、感情表現の濃い演奏は出来そうにありませんわ。。( ̄▽ ̄;)
「ブラームスみたいなドビュッシー」て・・・
音源で聴いてみたい気がします(笑)
2019-01-18 * amy [ 編集 ]

To:amyさん
amyさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

無意識のうちのコラボになってましたね(笑)
今年も何が起きるか楽しみです(*´▽`*)

> コメント返信してからベルガマスク組曲は収録されていないことに気が付きました

ベルガマスク組曲は「タイトルの意味を間違えなくとらえよう」のコーナーで少し言及されてましたが、演奏技術的なことではなく、タイトルにふさわしい雰囲気についての説明でした。

> 私は「節度の人」の曲が好きなのかも(笑)

モーツァルトとショパンがお好きなので、そうですよね!!
ベトソナでも、24,27(2楽章)、31など、ガンガン弾く系じゃないですもんね。

> 「ブラームスみたいなドビュッシー」て・・・
音源で聴いてみたい気がします(笑)

和音がやたらと分厚くて、オシャレじゃなくて野暮な感じ?
怖いもの聞きたさで聴いてみたいですね(笑)
2019-01-19 * Nekoushi [ 編集 ]

No Subject
いつもコメントをくださり、ありがとうございますm(__)m

来月の11日の21時~、ネコウシさんが大好きな
「なかみっちゃん」が恋クラに出演されますね~🎶
https://twitter.com/Ikuyo_nakamichi/status/1085756868989874176

この日、私は横浜で阪田知樹さんのリストを聴きに行くんですが、
恋クラも忘れずに録画して出かける予定ですv-290
2019-01-19 * mayu0630 [ 編集 ]

To:mayu0630さん
mayu0630さん、こんばんは~~

「なかみっちゃん」情報ありがとうございます(*´▽`*)
2月11日…。少し先なので、まだ録画予約できませんが、忘れないようにカレンダーに記入しておきました~~

横浜での阪田知樹さんのリスト、楽しまれてきてくださいね(^^♪
期待の若手ですよね(*'▽')
2019-01-19 * Nekoushi [ 編集 ]