セルフ・レッスン第5回:練習室でバッハ、ハイドン&無謀曲

レッスン室2

昨日はレンタル練習室で初セルフ・レッスンをしてきました!

前回とは別の場所で、何と1時間1000円、しかも「レッスンにもどうぞ」って書いてあった(*'▽')
セルフなので、レッスン禁止の練習室でもレッスンしちゃって全く問題ないのですが、一応、リアリティを追求して(?)利用規定にもこだわってる(笑)

というわけで、昨日のレッスンはこんな感じ。(回を追うごとに妄想がひどくなってるように見えるのは、多分、気のせい)

「こんな遠方までわざわざお運び頂いて恐縮です」

先生「いえいえ、グランドピアノがあるのならその方がずっといいです。でも、これ、ペダルが2本しかないのね。まあ、ソステヌートペダルは使わないから困らないけど…。それより、ボストンのある部屋は取れなかったの?」

「そうなんですよ。ヤマハの部屋しか空いていないと言われました」

先生「私たちのヤマハ好きがテレパシーで伝わってしまったのかも?笑 でも、次回はボストンをキープしてみてください。それでは、まずバッハのシンフォニア8番をやりましょう」

シンフォニア8番

「8番のトリルの入れ方について少し考えてみたので、見ていただきたいのですが…。主題の3拍目についているトリルは実音から弾き始めるのはどうでしょうか?ドラ、レ、ド、シドシドシ、ラソ…という感じで」

先生「古典派以前のトリルは上隣りの音から弾くのが原則ですが、敢えて実音から弾きたい理由は何ですか?」

「この部分は、実音から弾いたほうが、レドシ♭ラソという音階がはっきりすると思ったのです」

先生「確かにそうなりますね。そういう解釈もあっていいかと思います。あとは趣味の問題ですね。私だったら、上隣りの音から弾いて、しかも最初の音をほんの少し長めにします。極端に言うと、ドォシドシラソって感じで…。こうすると、ちょっと進むのをためらうような、優雅な感じになりますから。あっ、長くし過ぎると、idemという別の種類の装飾音になってしまうので気を付けて(^^;」

「迷いますね」

先生「おそらく、今のようなゆったりとしたアレグレットだったら私が言った弾き方がよくて、もっと速いモルト・アレグロやプレストとして、きびきびした感じにしたい場合は、あなたが考えてきたように弾いたほうがしっくり来る気がします。いずれにせよ、色々と考えてみるのは良いことです」

(ということで、何回か弾いてみて大甘合格)

「次は、10番の方をお願いします」

先生「少し速すぎるようです。もっと落ち着いて。市田先生の参考テンポは4分音符=60ですが、とりあえずこれは上限と思ってください」

IMG_20170629_165216.jpg

先生「↑こういう音形のところの音価をしっかり守ってください。8分音符で降りてくるミとラは保持しない。ドはきちんと弾き直して、かつ、保持する。そして、上声の流れミドラがその通り聞こえるように、音色を揃える」

「ひぃっっΣ(゚д゚lll) ハードル高いです」

先生「でも、それを正確にやらないと多声音楽になりませんから…。10番は見かけより手ごわいです。これはもう一回ですね。8番が終わった分、もし余裕があれば11番も見ておいてください」

「次は、自主練習をしていたハイドンのホ短調ソナタの3楽章を見ていただきたいのですが、いいでしょうか?」

先生「えっ、チェルニーは??まあ、いいか。せっかく苦手なハイドンをやってみたそうなので、見てみましょう。でも一体どうして?」

Hob XVI:50ハ長調というのが気に入ってしまって、その準備に何か別の曲で手を慣らしておきたい気がしまして」

先生「ん~、50番は後期の曲で、ホ短調は中期の曲だから、意外と技法上の違いが大きいかも。それはさておき、innocentementeという指定がありますが、どう弾きたいですか?」

「innocentementeは『無邪気に』という意味なので、その通りに弾きたいです。全音の注意書きには『余り明るくならぬように』って書いてありますが」

先生「そうねえ、全音のコメントは無視して『能天気に』弾きましょう!笑 『無邪気に』って、言いかえれば、そういうことでしょ?」←本当か!?笑

「分かりました。ハイドンですしね」←師弟そろって酷い(^^;;

先生「能天気にといっても、落ち着かない感じというのとは少し違いますよね。せっかく古典派の曲を持ってきたので、ちょっとした技法をお教えしましょう。フィンガーペダルっていうんだけど、聞いたことないですか?ちょっと、アルベルティ・バスの音形(ドソミソの伴奏形)を弾いてみてください」

「あっ、私はアルベルティ・バスの最初の音を残す癖があるのですが、直したほうがいいですよね?」

先生「いや、まさにそれがフィンガーペダルですよ!教える必要ないじゃないの(笑) 楽譜に書いてみると↓こんな感じに弾くということですね」

フィンガーペダル

先生「バスの音が残るので、ダンパーペダルを踏まなかったり、ごく浅く踏むだけでも響きが豊かになります。古典派を弾く時の強い味方です。それに、5の指で保持し続けるので、指が全体としてバタつかなくなります。まさに一石二鳥なのです」

「知らないうちに正しい奏法を取り入れていたみたいです。何だか自信が湧いてきました」←単純なヤツ(笑)

(何度か練習して、「次回はチェルニーをグランドピアノ・デビュー」させましょうということで、今回のレッスンは終わり)

先生「レッスンはこれまでにして、あとはリラックスして無謀曲でも弾いて遊んでみましょう。幻想ポロネーズの楽譜は持ってきましたか?」

「持ってますが、いきなりそれを弾くのですか!?初見に近いですよ」

先生「ショパンは音の鳴り方が全然違うねー。何か、ぐちゃぐちゃだけど、気持ちよさそうに弾いてる(笑) いや、決して、けなしたいわけではなくて、ショパンの音楽にしようという努力は窺えると思って…。譜読みが困難な部分だらけと思うけど、チャレンジしてみたらいかがですか?」

(あとはベートーベンの『田園』ソナタの1楽章と2楽章を弾き散らかして、先生の目もあるので(?)部分練習もして、予約した2時間あっという間に終了)
スポンサーサイト

コメント

No title

笑笑笑~~~
今回も楽しませていただきました(#^.^#)

セルフレッスン、気兼ねなく?出来る場所があって良かったですね(^^)
そういうシチュエーションにもこだわる姿勢が好きです(って告白?笑)

「わかりました、ハイドンですしね」って(笑)
ハイドンって能天気なんですか?((φ(´・ω・`c⌒つメモメモ

幻想ポロネーズ、渋いですね~、でも心にしみる曲ですね。
しかもちゃんとレッスンに楽譜持ってるし!(笑)
先生と息の合った?素晴らしいレッスン、また次回も期待してます!

To:ね~み♪さん

ね~み♪さん、レッスン記をいつも読んでくださって、ありがとうございます!!

気兼ねなくセルフレッスンできる場所だし、リーズナブルだし、その点は良かったのですが、ピアノ自体は前回の場所の方が良かった気がします。

> そういうシチュエーションにもこだわる姿勢が好きです(って告白?笑)

両想いですね(*´▽`*)
って、どういう展開??笑

> ハイドンって能天気なんですか?((φ(´・ω・`c⌒つメモメモ

ハイドンさんは、本当は凄い作曲家で、常識人(アマデウスとかと違って…笑)で、作品も立派で充実しているのにね…(^^;
能天気なのは、師弟二人組の方かも!?笑

幻想ポロネーズ、かなり気に入ってます(≧▽≦)

No title

相変わらず絶好調ですね、セルフレッスン!
今回の場所は堂々とれっすんできるのですね!

しかし内容が濃いですね!
トリルの入れ方とか、今も迷っちゃうことがあるんですが、そのときはこの記事の先生のアドバイスを読み返すことにしましょうかね。
ところでまじめな話(笑) Nekoushiさんは音楽的な司式がとても豊富な肩とお見受けしましたが、どうやって勉強されたのですか?

あ、それから、リンクどうもありがとうございました。
わたしのほうもリンクさせていただきました♪

To:タワシさん

こんばんは。
コメントありがとうございます!

はい、堂々とレッスンしました(笑)

> Nekoushiさんは音楽的な司式がとても豊富な肩とお見受けしましたが、どうやって勉強されたのですか?

タワシさんってば、買いかぶり過ぎですよ~~(^^;;

奏法についての基本的な本を少し読んだり、楽譜に載ってる解説を読んだり、あとは楽譜を眺めながらCD聞いたり、ですね。
勉強してるという意識は全然なくて、あくまで遊びの気分です。

セルフレッスンで先生に語らせてるのは、そうやって仕入れた知識だったり、その中から「これはこういうことかな」と解釈してる内容だったりします。

私は、ごく普通のピアノ好きで、少し妄想力が高いだけだと思いますよ(笑)

No title

あ~ 知識が司式になってますね(汗)失礼しました! 
私とにかく誤変換やミスタイプが多いんですよ。。。ピアノにおけるミスタッチの多さと絶対関係ありますね。

>私は、ごく普通のピアノ好きで、少し妄想力が高いだけだと思いますよ(笑)
→そうですか?いやいやいや~普通ではないでしょう!
わたしのピアともさんには妄想力、もとい 想像力豊かなタイプの人がけっこういます.
それって間違いなく、一種の才能だと思います。
わたしにはそういう才能はまったくないので うらやましいです。

To:タワシさん

返信を投稿してから、「引用文だけ誤字修正するのも変だし、元の投稿まで勝手に修正するのも変だし、どうしよう?」と思ってました(^^;
でも、「司式」って教会関係者のタワシさんらしいミスだなあと、妙に納得してしまいました(笑)

妄想力、うらやましいですか!?笑
あ、でも、私の場合、妄想力は曲のイメージにはほとんど働きません。
もっぱら「私が○○だったら」系ですね(;^ω^)
Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-18、19
・バッハ シンフォニア 3番
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1楽章

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR