FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

文筆が本業?ピアノが本業?

記事のタイトル、私のことじゃありませんよ(^^;;

ピアニストの方は、文才のある人多いですよね。

例えば、仲道郁代さんは、面白おかしい話、本格的な音楽の話、哲学的な話を織り交ぜてサラッと読ませてしまう『ピアニストは面白い』が傑作です。私の中では、この本の本当のタイトルは『なかみっちゃんは面白い』です(笑)

真摯で分かりやすい語り口でピアノ曲について深い話を読ませてくれるイリーナ・メジューエワさんの『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』も印象的で、愛読書の一つです。語り下ろしなので、正確には「文才」ではないかもしれませんが、細かいことは気にしないことにしましょう。

それから、物凄く哲学的な本を色々書いているヴァレリー・アファナシエフさん。読もうと思って挫折してきたのですが、いつかはちゃんと読んでみたいものです。

そして、面白いエッセイをいっぱい書いているピアニストと言えば、中村紘子さん。
ご存知、素敵な「蛮族」です(笑)

前置きがやたらと長くなりましたが、今回の本題は、上記の方々ではなくて、昨日の読売新聞の読書欄の「始まりの1冊」というコーナーに載っていた、青柳いづみこさんです。「始まりの1冊」は、今の人生の第一歩になった1冊について語るコーナーのようです。

前置きで挙げた方々は、ピアノが本業だと分かるのですが、青柳さんは、どっちが本業だか分からない(^^;;
『ドビュッシーと世紀末の美学』という論文で博士号を取得した方で、専門はフランス音楽です。amazonで検索してみると、山のように著書が出てきます。amazonの著者紹介での肩書は「ピアニスト・文筆家」で、「演奏と執筆を両立させる希有な存在」と書いてありました。ってことは、両方とも本業なんだ…。私も青柳さんが書かれた中公新書の『ショパンコンクール』を持っていますし、ドビュッシーを本格的に弾くことになったら『指先から感じる ドビュッシー』とか『ドビュッシーとの散歩』を読もうと決めています。

「始まりの1冊」で本人が語るには、中学の頃から童話を書き始めていたそうで、以下、抜粋・引用してみますと、

デビュー・リサイタルはそこそこ成功だったが、一応ピアニストになってみると「どうしても書きたい」思いはつのった。といっても創作ではなく、何かを調べて書く方が性に合っている。83年から東京芸術大学の博士課程に再入学し、ドビュッシーに関する論文が受理されたのが89年。しかし、当時は、サティ、マーラーの時代、ドビュッシーの本など没後100年の2018年まで出ないだろうと言われた。

思い余って出版プロデューサーに相談したところ、まずは読者層開拓のために、ピアニストの生活を日常感覚で書いたエッセイを音楽雑誌に連載するようにすすめられた。『ハカセ記念日のコンサート』(初版は東京音楽社)は、このときの音楽雑誌への連載がもとになっている。

連載中に評判が良かったのは「目玉焼きを食べる話」と「ビフテキ効果」。(←どんな話か気になる!)



とのことで、『ハカセ記念日のコンサート』が青柳さんにとっての「始まりの1冊」だそうです。残念ながらこの本は現在品切れらしいですが、なんとか探し出して読んでみたいです。

『ハカセ記念日のコンサート』が出たのが1990年で、記念コンサートをピアノ弾きながら合間にトークという形にしたら、かなり批判を受けたとか…。音楽家たるもの言葉なんか使わずに音楽だけですべてを表現しなさい!!ということでしょうね。今ではトーク付きコンサートは当たり前の存在になっていますが、その先駆者でもあるというわけですね。

冒頭で「私のことじゃない」と書いたにもかかわらず、「創作ではなく、何かを調べて書く方が性に合っている」というところに共感を覚えて、妄想を掻き立てられます(^^;; ひょっとすると、私がピアニストだったら、どちらかというと似たようなタイプになっていたかもなぁ、なんて…。若い頃はエッセイ集『猫は丑三つ時にピアノを弾く』シリーズを出して、年取ってからはチェンバロに本格的にハマって専門書を出してしまう。監修じゃなくて、ちゃんと自分で書く。

色々と夢は膨らみますが、青柳さんに戻ります。今回の読書欄を見て、大量の著書の中から少しずつ読んでいきたくなりました。どういうわけか、演奏を聴いてみたい、というより、著書を読みたいなんですよね~~。私の中の音楽の世界ではドビュッシーは脇役だからか…??いや、何冊も読んでいるうちに、逆に演奏を聴いてみたくなるということもありそうです♪♪

ふと気づくと、ドビュッシーのメモリアルイヤー2018年は、もうすぐ終わろうとしていますね。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 気になる本

* Comment : (6)

NoTitle * by 通りすがりの者
「翼のはえた指 評伝安川加壽子」も、読んでみてください。

通りすがり様へ * by Nekoushi
コメントありがとうございます。
ご紹介いただいた『翼のはえた指 評伝安川加壽子』も是非読んでみたいと思います!

NoTitle * by かつさん
Nekoushiさん、こんにちは
かつです。

青柳いづみこさんはピアニストとしての知名度があるものの、
私のように地方に住むと演奏を聴く機会もないですね…どのような演奏なのか気になることろです。
かといって本をあまり読まない私にとって分文筆家の印象もなく。
でも青柳さんのHPは時々チェックしていますよ。
メルド日記のカテゴリ[ヴィンテージ・ピアニストの魅力]が好きです。
現役ピアニストが現役ピアニストについて語るってあまりない事なので興味深いですね!


To:かつさん * by Nekoushi
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

演奏に触れる機会って、都市(特に首都圏)と地方で、大きな差がありますよねΣ(゚д゚lll)!!
私も地方在住なので痛感させられます(>_<)

あっ、そうか!!
青柳さんはHPで日記を書かれているのですね。
教えてくださり、ありがとうございました(*^▽^*)

NoTitle * by ゆりこ
こんにちは^^

Nekoushiさんがピアニストだったら文筆業と兼任、うんうんなんだかとっても納得です♪

ちなみに私は生まれ変わったら、小さな街のピアノ教室の先生になりたいです♪そして発表会の講師演奏でショパンのバラード1を素敵に弾きたいです(妄想しすぎ 笑)

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

妄想に付き合ってくださって嬉しいです(*^▽^*)

> ちなみに私は生まれ変わったら、小さな街のピアノ教室の先生になりたいです♪そして発表会の講師演奏でショパンのバラード1を素敵に弾きたいです

とても素敵です(≧▽≦)
ゆりこ先生の教室に子供(もしいれば)を是非とも通わせたいです~~
優しそうですし、丁寧に教えていただけそうですもん。
きっと、人気教室になると思います(*´▽`*)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
「翼のはえた指 評伝安川加壽子」も、読んでみてください。
2018-12-17 * 通りすがりの者 [ 編集 ]

通りすがり様へ
コメントありがとうございます。
ご紹介いただいた『翼のはえた指 評伝安川加壽子』も是非読んでみたいと思います!
2018-12-17 * Nekoushi [ 編集 ]

NoTitle
Nekoushiさん、こんにちは
かつです。

青柳いづみこさんはピアニストとしての知名度があるものの、
私のように地方に住むと演奏を聴く機会もないですね…どのような演奏なのか気になることろです。
かといって本をあまり読まない私にとって分文筆家の印象もなく。
でも青柳さんのHPは時々チェックしていますよ。
メルド日記のカテゴリ[ヴィンテージ・ピアニストの魅力]が好きです。
現役ピアニストが現役ピアニストについて語るってあまりない事なので興味深いですね!

2018-12-17 * かつさん [ 編集 ]

To:かつさん
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

演奏に触れる機会って、都市(特に首都圏)と地方で、大きな差がありますよねΣ(゚д゚lll)!!
私も地方在住なので痛感させられます(>_<)

あっ、そうか!!
青柳さんはHPで日記を書かれているのですね。
教えてくださり、ありがとうございました(*^▽^*)
2018-12-18 * Nekoushi [ 編集 ]

NoTitle
こんにちは^^

Nekoushiさんがピアニストだったら文筆業と兼任、うんうんなんだかとっても納得です♪

ちなみに私は生まれ変わったら、小さな街のピアノ教室の先生になりたいです♪そして発表会の講師演奏でショパンのバラード1を素敵に弾きたいです(妄想しすぎ 笑)
2018-12-19 * ゆりこ [ 編集 ]

To:ゆりこさん
ゆりこさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

妄想に付き合ってくださって嬉しいです(*^▽^*)

> ちなみに私は生まれ変わったら、小さな街のピアノ教室の先生になりたいです♪そして発表会の講師演奏でショパンのバラード1を素敵に弾きたいです

とても素敵です(≧▽≦)
ゆりこ先生の教室に子供(もしいれば)を是非とも通わせたいです~~
優しそうですし、丁寧に教えていただけそうですもん。
きっと、人気教室になると思います(*´▽`*)
2018-12-19 * Nekoushi [ 編集 ]