Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

セルフ・レッスン第4回:チェルニー40-15&16と無謀曲祭り

私が私にピアノを習うコーナー第4回目をお届けします。
今回は、チェルニー40番の15、16を少々やって、メインイベントは「先生が薦める無謀曲候補が明らかになる」です!笑

「今回はバッハのシンフォニアが進みませんでした。すみません」

先生「え!?珍しいこともあるものですね。まさか具合が悪いなんてことはありませんよね?」

「大丈夫です。その代わり、チェルニーを2曲やってみました。15がさっぱり上達しないのですが…」

先生前に見た時より良くなっていますよ。強弱もスムーズになってきましたし、左手の1音目スタッカートで次の3つスラーという音形にも慣れてきたようですし」

「合格まであとどれぐらいかかるでしょうか?」

先生「そうねえ、練習次第という答えを求めているわけじゃなさそうだし…(笑) あまり時間をかけ過ぎるより、思い切って、ここで一区切りにして次に行きましょうか?ただし、一通り終わったらもう一度やることを条件に」

「はい、分かりました!それでは16番を見てください」

チェルニー40-16


先生「15番より好調のようですね。こういう動きは比較的得意なのかも?手首の回転も使えていますね。あとは、指使いを譜面通りにしてください。そうすれば、スムーズに行くと思います」

「以前は楽譜の指使いをあまり守っていなかったのですが、最近、譜面通りの方が弾きやすいことが多いと気づきました(^^;」

先生「それから、伸ばす音と切る音の区別をしっかりつけてください。特に小節の最後で音価をうやむやにしている感じのところが多いので。ほら、普段の会話でも語尾をはっきりさせないと、何を言っているのか分からないでしょう?私はそういう傾向があるので直さないといけないのだけど…。ピアノでも同じことです。というわけで、指使いと音価に気を付けて16番をもう一度よく練習して来て下さい」

「はい、そうします。前回、無謀曲の候補を考えてくださるとのことでしたが…」


先生「考えて来ましたよ。若干変化球、単一楽章、無謀度極めて高い、指への負担は(無謀度の割には)比較的低い、を基準に選んでみました。今すぐ始めるかどうかは別として、一生かけて楽しめる課題になればと思います。1曲目はショパンの『幻想ポロネーズ』です」

「え…?予想以上に無謀なのですが(;^ω^) 『幻ポロ』は得体が知れないというか、譜読みできない気がします。確かに最近好きになった曲ではあるのですが」

先生「それだったら挑戦してみる価値あると思いますよ。ちょっと弾いてみてください」

「いや、そんな無茶な!…… あっ、思ったよりは得体が知れなくないですね」

先生「譜読み力が少し上がったのでは?『幻想ポロネーズ』は、ショパン萌えとしては外せないでしょう!次もショパンで、幻想曲です」


↑ショパン『幻想曲』

先生「これもお好きだと思うのですが、いかがですか?特に、3分48秒、5分58秒、9分27秒あたりの長調に変わる主題とか」

「すっかりお見通しなのですね!(←そりゃ、本人だからね…笑) ショパンとベートーベンの魅力を兼ね備えたような素晴らしい曲だと思います。ちょっと弾いてみます。ひぃっ、やっぱりかなり無理がありそう」

先生「おそらく幻想ポロネーズよりも弾きにくいと思いますが、好きな曲なら練習も長続きするでしょう。そもそも、楽譜持ってるなんて、弾く気満々じゃないの(笑)」

「いや、これ(パデレフスキ版の幻想曲・舟歌・子守歌)は子守歌が目当てで…」

先生「ホントかなあ…?3曲目は、好みに合うか自信がないんだけど、リストを選びました」

「まさか、ラ・カンパネラですか?それとも、メフィスト・ワルツとか、ソナタとか!?」

先生「その辺はあまり関心ないでしょ?笑 今回候補に選んだのは『二つの伝説』の2曲目『水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ』という曲です。宗教的な伝説を描写した、ちょっと神秘的な音楽です。どうでしょう?」


↑リスト『水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ』

「地味ぃぃに気に入りました!この曲は難易度は極めて高いでしょうけど、超絶技巧を誇るというのとは違いますよね」

先生「リストは宗教に傾倒してましたからね、特に晩年は。ところでリストの師匠は誰かご存知ですよね」

「チェルニー。あっ…」

先生「言いたいことはもうお分かりですね(笑) せっかくリストに関心を持ったのですから、今までよりチェルニーにも興味を持って取り組めると思います」

――
結局、チェルニー贔屓の先生に嵌められた私なのでした。
嘘でも「ショパンしか興味ありません」って言えばよかったのにね(笑)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ