FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

楽典の本を買ってみました(*^▽^*)

実は今まで、1冊にまとまったしっかりした楽典の本を持っていなくて、高校の音楽の副読本(楽典の初歩の初歩が一応載ってる)と色々な音楽書に散らばっている楽典的内容を適宜参照していました。でも、それも面倒なので一冊買ってみました。『楽典 音楽家を志す人のための』(菊地有恒、音楽之友社)という本です。

楽典 音楽家を志す人のための

主な用途は、音高のテキスト、音大受験参考書みたいですが、まえがきによりますと、「今までの楽典書の概念から少しでも脱皮したもので、演奏家を志す人、作曲家を志す人など、あらゆる分野のの人々に利用してもらえるような、現実的な楽典」とのことで、「音楽家を目指して勉強中の方から現在音楽を指導されている方々、そして、一般の音楽愛好家の方々まで、広くご利用いただける」(←Nekoushi音楽院にピッタリ!笑)そうです。

音高の先生が実践的な観点から構想しただけあって、少しでも具体的な解説を増やして抽象的な理論を理解できるように工夫しているように思えます。

調性の判定の方法などが特に充実していて、読むのが楽しみです!
いや、調性の判定は、パッと眺めた感じ、かなりややこしそうでしたけどΣ( ̄ロ ̄lll)!!

対位法に関連する事項ついての説明も、対位法そのものについての独立した章立てはないのですが、簡明にして要を得ていて、他の本を読んでいると時々混乱するような事項がスッキリと解説されています。もちろん、この本だけでは物足りないのですが…。

また、演奏記号と用語の解説も山のように載っているので、辞書代わりになり便利です。ネットで検索する必要がぐっと小さくなりそうです。私は、「ネット検索より紙の本」派なので、これは嬉しい。

あと、受験参考書だけあって、問題集も充実しています。音楽の知識も増えるし脳トレにもなる。まさに一石二鳥! できるだけ、時間を見つけてやってみたいと思います。

税抜き定価3110円なので、決して安い買い物ではないのですが、買ってよかったと思っています(≧▽≦)
楽典書は、なければないで困らないような気もするけど、知識が増えればそれだけ楽しさも増すと信じてます。それに、Nekoushi音楽院としては必携アクセサリーでしょうし…(笑)←ホントか!? 
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 楽典・和声法

Tag: 楽典 | * Comment : (4)

NoTitle * by マミ
Nekoushiさん、こんにちは~~
楽典の本を購入されたんですね!
かなり充実してそうな内容ですね。

私は、音程を終わって、今から音階に入りますが、
だんだん疲れてきました(;^ω^)
問題にハ音記号が出てくるんですけど、
こんなの使わないし!って思っちゃいます。
脳トレにはいいかもしれないですね~~
めっちゃ頭使いますね(>_<)

* by モル作
めっちゃ本格的且つ実践的そうな本ですね。
分析する力がつくと、演奏にもかなり活きるだろうな、と思います。

私も何度か和声や対位法を覚えようとした事があるんですが、いずれも中途半端なところで頓挫しちゃいました( ;´Д`)
朧げながら西洋の曲の仕組みは見えてきましたが、まだまだモヤモヤしてます。

To:マミさん * by Nekoushi
マミさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪
使ってる本は違いますが、楽典仲間ですね!

今回買った本は、なかなか充実してるという感想です(≧▽≦)
ただ、和声は明らかに不十分なのですが、和声は別の本読むからいいやって思ってます。以前オススメいただいた『和声と楽式のアナリーゼ』とかですね。

ハ音記号Σ(゚д゚lll)!!
まさに脳トレですね。普段やらないことやるからこそ脳トレとして役に立つと信じて…(笑)
他の楽器をやる人とか作曲する人には必要なのでしょうね。

お互い、挫折しないよう、焦らず楽典と戯れるぐらいの気持ちで進めて行きましょう!笑

To:モル作さん * by Nekoushi
モル作さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

勘だけでも(笑)演奏できますが、理論に基づいた分析ができれば、より理解が深まりそうですよね。

> 朧げながら西洋の曲の仕組みは見えてきましたが、まだまだモヤモヤしてます。

実践先行で、理屈はあとから「ああ、これはこういうことだったのか~」と少しずつ分かっていくというのがいいみたいです。和声とか対位法とか、特にそんな気がします。
挫折したとしても本はいいアクセサリーになる!ぐらいの軽い気持ちで…(笑)
モヤモヤが徐々に解消できるといいですね(*^▽^*)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
Nekoushiさん、こんにちは~~
楽典の本を購入されたんですね!
かなり充実してそうな内容ですね。

私は、音程を終わって、今から音階に入りますが、
だんだん疲れてきました(;^ω^)
問題にハ音記号が出てくるんですけど、
こんなの使わないし!って思っちゃいます。
脳トレにはいいかもしれないですね~~
めっちゃ頭使いますね(>_<)
2018-07-29 * マミ [ 編集 ]

めっちゃ本格的且つ実践的そうな本ですね。
分析する力がつくと、演奏にもかなり活きるだろうな、と思います。

私も何度か和声や対位法を覚えようとした事があるんですが、いずれも中途半端なところで頓挫しちゃいました( ;´Д`)
朧げながら西洋の曲の仕組みは見えてきましたが、まだまだモヤモヤしてます。
2018-07-29 * モル作 [ 編集 ]

To:マミさん
マミさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪
使ってる本は違いますが、楽典仲間ですね!

今回買った本は、なかなか充実してるという感想です(≧▽≦)
ただ、和声は明らかに不十分なのですが、和声は別の本読むからいいやって思ってます。以前オススメいただいた『和声と楽式のアナリーゼ』とかですね。

ハ音記号Σ(゚д゚lll)!!
まさに脳トレですね。普段やらないことやるからこそ脳トレとして役に立つと信じて…(笑)
他の楽器をやる人とか作曲する人には必要なのでしょうね。

お互い、挫折しないよう、焦らず楽典と戯れるぐらいの気持ちで進めて行きましょう!笑
2018-07-29 * Nekoushi [ 編集 ]

To:モル作さん
モル作さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

勘だけでも(笑)演奏できますが、理論に基づいた分析ができれば、より理解が深まりそうですよね。

> 朧げながら西洋の曲の仕組みは見えてきましたが、まだまだモヤモヤしてます。

実践先行で、理屈はあとから「ああ、これはこういうことだったのか~」と少しずつ分かっていくというのがいいみたいです。和声とか対位法とか、特にそんな気がします。
挫折したとしても本はいいアクセサリーになる!ぐらいの軽い気持ちで…(笑)
モヤモヤが徐々に解消できるといいですね(*^▽^*)
2018-07-29 * Nekoushi [ 編集 ]