Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

セルフ・レッスン第3回:シンフォニア8番&10番

私が私にピアノを教える公開講座(←大袈裟)の第3回目は、バッハシンフォニア第8番と第10番です。
チェルニーは、今回は休み。

まず8番から。
シンフォニア8番

先生「この曲は、主題が21回も出てくるのですが、ちゃんとチェックしていますね」

「市田先生(注:楽譜を編集した先生)が、親切にヒントを書いてくださっていますので」

先生「主題の入りは意識できていると思うのですが、各声部の弾き分けがまだできていないようですね」

「主題のアーティキュレーションにばかり気を取られてしまって、つかめない感じで…」

先生「それだけではないと思いますよ。もっと本質的なことは、各声部をよく聞くことです。声部ごとの練習はしましたか?」

「いえ、やっていませんでした」

先生「つかめない感じの時は、やるようにしてください。いきなり3声を合わせて弾いても聞き取れる時は省略してもいいです。音楽の道を目指す可能性が少しでもある若い人だったら、きちんとアナリーゼをして必ず声部ごとの練習をするよう言いますが、大人は少し手抜きしてもいいかなと…。まさか今から音楽の道を目指したりしないですよね?笑」

「まさか…(^^;」

先生「主題のアーティキュレーションのことを言ってましたが、スタッカートが硬い感じというか引っ掻く感じというか、ちょっとバッハにふさわしくないように思いました。テヌートにはしないよう意識しつつ、スタッカートにこだわらず綺麗に響くことを優先させてください」

「トリルの入れ方はどうでしょうか?回数とか」

先生「回数は綺麗に弾ける範囲で入れるようにしてください。8分音符にトリルのところは32音符で弾ければいいです。無理して多くの音を詰め込もうとするとテンポが乱れたり綺麗じゃなくなったりしますから。それより、バッハの時代は、基本は上から(ドにトリルがついていたらレドレドレド)ですから、そちらの方を気を付けてください。気まぐれで上から始めたり主音から始めたり、というのはよくありません」

「弾きやすさで決めているところがあるかもしれません。気を付けます」

先生「8番はもう1回やりましょう」

続いて10番。
シンフォニア10番

「チェルニー40-15が行き詰ってスランプに陥ってしまって、ついシンフォニアの10番を譜読みしてしまいました」

先生「40-15に行き詰まったら、次の16番を譜読みしてみてもよかったのですが、というか、むしろその方がいいような気もします。あるいは、40-15に似た音形の30番の21を見てみるのはどうでしょうか。」

「すみません。思いつきませんでした」

先生「でも、せっかく譜読みをしたのですから見てみましょう。そうですね、8番よりよくできていると思います」

「8番より、弾いていて、声部の聞き分けが出来ていた感じがします。こっちも声部ごとの練習をしてきます」

先生バッハには熱心ですね。いや、もちろんいいことなのですが…。そういえば、スランプということですが、最近、無謀曲をやっていないのでは?」

「えっ!?無謀曲やったほうがいいですか!?」

先生「やりたくないのなら無理にとは言いませんけれど、ショック療法もいいかもしれないと思って…。次回までに候補を考えてみます」

「はぁ、ありがとうございます(^^;」

―――
何やら道を誤りつつある師弟…。このコンビ、大丈夫なのでしょうか?(;^ω^)
スポンサーサイト

*Comment

いいですね~、先生の選ぶ無謀曲、なんでしょう??ワクワクo(^o^)o
次回の更新か楽しみです!
先生とのやり取りの妙も楽しいですね(*^^*)


  • posted by ね~み♪
  • URL
  • 2017.05/29 14:08分
  • [Edit]

To:ね~み♪さん

こんにちは。
コメントありがとうございます!

こんな感じのレッスンだったらいいなあという、妄想コーナーになってきつつあります(笑)
ネタが切れないといいのですが…(^^;
でも、今のところは、ピアノ自体よりも、記事を書くことの方がさらに楽しいかもしれません。←本末転倒Σ(゚д゚lll)
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.05/29 19:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ