FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

楽譜もノートも表紙買い!!笑

最近何回か「五線紙ノートが行方不明」と大騒ぎしてましたが、結局、新しいのを買いました。
ちょっと表紙がオシャレだったので、行方不明になった無味乾燥なのを探す気が失せて、衝動買いです(笑)
サイズが一回り大きいA4版というのもポイント高かったし…。
用途は、今後、平均律のフーガでワケが分からなくなった時の分析に使うことを主に考えてます。

もう一つ(2冊だけど…)の戦利品は、安川加寿子版のドビュッシーピアノ曲集I&IIです(*^▽^*)
内容は、I:子供の領分・アラベスク、II:版画・ベルガマスク組曲。
いつ弾くかは全く未定ですが…。

この2冊、前から欲しかったのですが、表紙買いつながりで(?)購入しました。
安川版のドビュッシーは表紙が本当にいい感じで、持ってるだけも嬉しい(≧▽≦)
もちろん、解説もしっかりしたロングセラーなので、中身も信頼できます。
あと、解説が「~しなさい」とか命令口調満載で、時代を感じさせるところがまたいい(笑)

楽譜冒頭の解説によると、今回買った曲集の中で、『アラベスク』と『ベルガマスク組曲』はドビュッシーの第1期に当たる作品で、印象派としての独創性はまだ十分に発揮されていなくて、『版画』は独自の世界に入っていった第2期の作品、『子供の領分』は完成期にあたる第3期の作品という分類になるようです。全期から、弾きやすい(といっても結構難しい(*_*;)有名曲が集まったことになります。

ん~、でも、第1期、第2期、第3期の順番で、曲の世界が(聴くのはそうでもないですが弾くという点で)よく分からなくなっていく気がします。ドビュッシーらしくなるほど分からなくなる(笑) ドビュッシーが私のピアノの中心に来ることはないんだろうなぁ。中心には来ないけど、気になる存在ですね。ラヴェルはもっと分からない(^^;; やっぱり独墺系&ショパンの方がしっくり来ます。
とはいえ、せっかく表紙買いしたドビュッシー。少しずつ親しんで行きたいと思います。

五線紙ノート ドビュッシー2冊
↑というわけで、本日の戦利品(≧▽≦)
表紙買いしたくなるのも分かるでしょう?笑
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 楽譜

Tag: 楽譜 ドビュッシー | * Comment : (4)

NoTitle * by amy
あら、素敵なノートですね♪
ドビュッシーは私も安川版です。
Ⅰ~Ⅴまで持っているんですが、ⅠとⅡはレッスンで使い、Ⅲは「水の反映」をいつか習いたいと思っているので購入しました。
が、ⅣとⅤはどうして買ったんだか・・(笑)
「喜びの島」とか無理やし💦
「前奏曲集」はCDも持っていますが、あまり好きではなくて。。。
私も第3期の世界観はよくわかりません。

せっかくですので、何曲か挑戦してみて下さいね~(^^♪

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ドビュッシーのしっかりした楽譜といえば安川版!というイメージですよね。
あ、そういえば『喜びの島』が入ってる巻は、実は私も持ってます(^^;; 確か、のだめの影響で欲しかったのだとは思いますが、もちろん眺めるだけです(>_<)

> 私も第3期の世界観はよくわかりません。

amyさんもなのですね!
二人とも、曲の好みが保守的なのかもしれませんね(笑)

> せっかくですので、何曲か挑戦してみて下さいね~(^^♪

ありがとうございます(*^▽^*)
早速アラベスクを弾いてみました♪♪
以前と弾き方が変わった感じがして、何だか嬉しかったです。

> あら、素敵なノートですね♪

表紙を見て惚れ込んでしまいましたもの。
敢えて困ったことがあるとすれば、使うのが勿体ないような気がすることかなぁ(笑)

NoTitle * by 私はタワシ
>第1期、第2期、第3期の順番で、曲の世界が(聴くのはそうでもないですが弾くという点で)よく分からなくなっていく気がします。ドビュッシーらしくなるほど分からなくなる(笑) 
→あ〜わかるわかる!
私はドビュッシーほぼ聴き専門ですが それでもやっぱり後期のはついていけなかったりします。
ある人がロマン派の影響が顕著に残っている(主に若い頃の)作品を「白ドビュッシー」 印象派の作曲家として独自の世界を築いいてからの作品を「黒ドビュッシー」と呼んでいて、なんかすごくそのネーミングが気に入りました。いうまでもなく、私は白ドビュッシーが好きです。

> 解説が「~しなさい」とか命令口調満載で、時代を感じさせるところがまたいい(笑)
ああ、確かに!(ここ、タワシ的にはかなりウケました)
なんかそういう昭和的な厳しさが、ちょっぴり懐かしいですね。

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

やはり後期のドビュッシーはついてけないですか?笑
「白ドビュッシー」と「黒ドビュッシー」、なるほど!
ん~、「黒ドビュッシー」こそクロード・ドビュッシーの本性かもしれませんよ?
うわっ、私としたことが駄洒落を言ってしまったーーΣ(゚д゚lll)!!
20年に一度あるかないかの珍事です(笑) 雪降らなきゃいいけど。

> ああ、確かに!(ここ、タワシ的にはかなりウケました)
なんかそういう昭和的な厳しさが、ちょっぴり懐かしいですね。

笑笑
昭和レトロがブームなタワシさんの琴線に触れたみたいですね。
最近の人は(いい歳した人も含めて)「上から目線」って文句言いたがりますが、安川先生と私が対等なわけない(笑)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
あら、素敵なノートですね♪
ドビュッシーは私も安川版です。
Ⅰ~Ⅴまで持っているんですが、ⅠとⅡはレッスンで使い、Ⅲは「水の反映」をいつか習いたいと思っているので購入しました。
が、ⅣとⅤはどうして買ったんだか・・(笑)
「喜びの島」とか無理やし💦
「前奏曲集」はCDも持っていますが、あまり好きではなくて。。。
私も第3期の世界観はよくわかりません。

せっかくですので、何曲か挑戦してみて下さいね~(^^♪
2018-07-01 * amy [ 編集 ]

To:amyさん
amyさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ドビュッシーのしっかりした楽譜といえば安川版!というイメージですよね。
あ、そういえば『喜びの島』が入ってる巻は、実は私も持ってます(^^;; 確か、のだめの影響で欲しかったのだとは思いますが、もちろん眺めるだけです(>_<)

> 私も第3期の世界観はよくわかりません。

amyさんもなのですね!
二人とも、曲の好みが保守的なのかもしれませんね(笑)

> せっかくですので、何曲か挑戦してみて下さいね~(^^♪

ありがとうございます(*^▽^*)
早速アラベスクを弾いてみました♪♪
以前と弾き方が変わった感じがして、何だか嬉しかったです。

> あら、素敵なノートですね♪

表紙を見て惚れ込んでしまいましたもの。
敢えて困ったことがあるとすれば、使うのが勿体ないような気がすることかなぁ(笑)
2018-07-01 * Nekoushi [ 編集 ]

NoTitle
>第1期、第2期、第3期の順番で、曲の世界が(聴くのはそうでもないですが弾くという点で)よく分からなくなっていく気がします。ドビュッシーらしくなるほど分からなくなる(笑) 
→あ〜わかるわかる!
私はドビュッシーほぼ聴き専門ですが それでもやっぱり後期のはついていけなかったりします。
ある人がロマン派の影響が顕著に残っている(主に若い頃の)作品を「白ドビュッシー」 印象派の作曲家として独自の世界を築いいてからの作品を「黒ドビュッシー」と呼んでいて、なんかすごくそのネーミングが気に入りました。いうまでもなく、私は白ドビュッシーが好きです。

> 解説が「~しなさい」とか命令口調満載で、時代を感じさせるところがまたいい(笑)
ああ、確かに!(ここ、タワシ的にはかなりウケました)
なんかそういう昭和的な厳しさが、ちょっぴり懐かしいですね。
2018-07-02 * 私はタワシ [ 編集 ]

To:タワシさん
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

やはり後期のドビュッシーはついてけないですか?笑
「白ドビュッシー」と「黒ドビュッシー」、なるほど!
ん~、「黒ドビュッシー」こそクロード・ドビュッシーの本性かもしれませんよ?
うわっ、私としたことが駄洒落を言ってしまったーーΣ(゚д゚lll)!!
20年に一度あるかないかの珍事です(笑) 雪降らなきゃいいけど。

> ああ、確かに!(ここ、タワシ的にはかなりウケました)
なんかそういう昭和的な厳しさが、ちょっぴり懐かしいですね。

笑笑
昭和レトロがブームなタワシさんの琴線に触れたみたいですね。
最近の人は(いい歳した人も含めて)「上から目線」って文句言いたがりますが、安川先生と私が対等なわけない(笑)
2018-07-02 * Nekoushi [ 編集 ]