FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

セルフレッスン第26回:シンフォニア13番の装飾音、どうしましょう?

私が私にピアノを習う、一人二役の公開レッスン。
26回目の今回は、新たなレッスン課題、バッハシンフォニア』第13番の装飾音を中心に取り上げます。
自筆譜に載っている装飾音もあれば、別の楽譜で追記されている装飾音もあります。これらをどのように取捨選択して、「理想の13番」にしていこうかな?というテーマです。

シンフォニア13番
シンフォニア13番

「普段使っている市田版の楽譜を見ますと、ゲルバーとフリーデマンの筆写版の装飾音が追記されていて、『装飾がバロック音楽の不可欠の要素であることを念頭に、この曲あたりで奮発されてはいかがでしょう』なんて書いてあります。そう挑発的に言われてしまうと、やはり…(笑)」

先生「まずは装飾音を入れないで練習するのが定石なので、後で考えてもいいのでは?それでは納得できないって顔してますね(笑) 市田先生の言うことは原則論としてはその通りだと思います。ただ、私たちが弾いてるのはチェンバロとかクラヴィコードではなくて、あくまで現代ピアノです。どんな風に表現したいかによって変わってきます」

「しっとり、落ち着いた感じに歌わせたいです。『装飾音はカンタービレ奏法と不可分』とか書いてありますので、装飾音はできるだけ弾いた方がいいのかなぁと思ったり…」

先生「それでしたら、装飾音は控えめがいいでしょう。現代ピアノは、チェンバロやクラヴィコードよりカンタービレに強いですから。どんなふうに入れていくかの出発点は『装飾音は綺麗になるから装飾音』です。弾く人の能力でも、現代ピアノに合ってないというのでも、どんな理由であれ、綺麗にならないとか、思った通りの表情にならない場合は、入れない方がいいです。それから、機能的にというか慣習的にというか、入れるのが自然な箇所もあります。それでは、自筆譜に載っている装飾音の採否から検討していきましょか」

シンフォニア13番 13-18小節
シンフォニア13番 13-18小節

先生「この15小節の中声のトリルはどうしたらいいと思いますか?」

「ここは、イ短調のカデンツですよね。カデンツに直前にトリルが入るのは定石っぽい感じがするのですが…」

先生「そうそう、その通りです。私がさっき機能的とか慣習的と言ったのは、そういうことが言いたかったのです。ここは自筆譜の通り、トリルを活かしましょう」

「27小節目の上声のトリルは、自筆にもあるみたいですが…」(図は省略)

先生「あまり乗り気じゃなさそうね(笑) そこは省略していいんじゃないかしら。これ以降、同じ音形では入れるとなると煩雑でもありますし…」

シンフォニア13番 31-36小節
シンフォニア13番 31-36小節

「35小節の上声部のトリルは、何となく流れ的に残したいです」

先生「なんだか曖昧な根拠ですね(笑) でも、フィーリングは間違ってないと思います。一つにはこの部分の上声は33小節から36小節1拍目にかけて主題をヘ長調で歌ってますよね。35小節にトリルを入れると一区切りする感じが強まります。ただ、それを言うと、冒頭第3小節のトリルなんかも入れた方がいいということになります。でも、35小節は、やはり別格。というのは、36小節から新しく32分音符を含んだリズミカルな動きの多いモチーフがでてくるでしょ?35小節にトリルを入れることで、その予兆のような意味を持たせられます。そよ風がさざ波を起こすように」

シンフォニア13番 7-12小節
↑シンフォニア13番 7-12小節

先生「次は、ゲルバーとフリーデマンの筆写版で追記されている装飾音のうち、採用した方が良さそうなのを探していきましょう。まず7小節。上声と中声にトリルがついてますね」

「この部分は、ホ短調のカデンツァなので付けるべきと思います!」

先生「上声も中声もですか?」

「…」

先生「中声は8小節1拍目まで主題。ということは、3小節目と同じで区切りを示すために入れてもいいのですが、他の同様の部分と合わせることになるでしょうね。ついでに言うと、中声にトリルを付けるのはハードル高い(笑) まず上声だけトリルつけましょう」

「ついでに、8小節目の高いソの運指ですが、何で左手が飛び越えないといけないのでしょうか?」

先生「あれ?どうなってるの?市田先生の運指は時々、私にもよく分かんない(笑) ここは、譜例に記入したように、オレンジを左手で、水色を右手で取ってください。私がこっそり使ってる(!)山崎孝先生の『演奏と指導のポイント』ではそうなってて、その方が自然だと思いますので」

シンフォニア13番 59小節~終結
↑シンフォニア13番 59小節~終結

先生「あとは、わざわざ追加する必要はないみたい。あっ、1か所あった!最後の方、62小節。右手のシに補充されてるトリル。ここはイ短調の属7ですから、いかにも次はイ短調の主和音になってそのまんま終わりそうに聞こえますよね。例えば水色で書き込んだラドラなんかで終わってくれれば、『あ~、カデンツァだったんだな』で終わり。なのですが、本当はカデンツァにまだ入っていなくて、1小節分ひと工夫してからピカデリー終止、イ長調の主和音で終わってますね。62小節のトリルを付けるとフェイントをかける感じが強まって面白いと、私は思います」

「これでスッキリできたので、装飾全くなしの「のっぺらぼう」からのスローテンポの譜読みにも身が入りそうです(^o^)丿」

先生「シンフォニア13番は萌えない、なんて言ってましたけど、結構気に入ってるじゃないの。安心しました」

バッハ以外にはチェルニー40-20をやって、「これ以上やっても、ダレるだけ。40-20は十分練習したので、出来はともかく(!)終了にして、最近やっていない音階的なのをやりましょう」ということになり、次は40-24になりました(*^▽^*)

今回のレッスンは、こんな感じです。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

Tag: バッハ シンフォニア | * Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する