FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

セルフレッスン第25回 ハイドンのソナタ、かなり勉強になります

梅雨はピアノライフには天敵です。湿気のせいでピアノの音色は落ちてくるし、レンタル練習室に行くのも何だか億劫(>_<)
ま、大人しく家のアップライトで一人二役のセルフレッスンでもしておきましょう。レッスン自体は昨日やりました。

「まずチェルニー40番は2曲課題になってますけど、今日は40-12だけ見ていただきたいのですが…」←珍しく自主性が見られる(笑)

先生「分かりました。12番、よほど自信があるのか、その逆か分かりませんけど…(笑)」

チェルニー40-12
↑チェルニー40-12。私の天敵、分散和音の練習です!

(弾いてみる)

先生「前よりかなり何とかなってきましたね。でも、指使いをきちんと守ってください。かえって弾きづらい不思議な運指をして自滅してるところ多数です(^^;; あと、鍵盤をガン見しないこと!!」

(少し練習)

先生「跳躍の時なんかで確認にチラ見するのはいいのよ。でも、凝視はいけません。せっかくつかめている鍵盤の空間的感覚が鈍ると勿体ないでしょ?これ、けっこう苦労してる人が多いんだから…。あ、ちょっと待って」

「え?先生、カーテンなんか外して、何を始められるのですか!?」

先生「思い切って、手もとをカーテンで覆ってしまおうかと思って(笑)」←そんなことしたら、カーテンの重みで弾けないΣ( ̄ロ ̄lll)!!

「ひーっ、それは勘弁してください」

(というわけで、さらに練習)

先生「これは、このぐらいにしておきましょうか。合格にしておきます。Nekoushi音楽院プチ・トリアノン校舎は、合格基準がとても甘いのです(って、いつから音楽院になったのだろう)。あ、そうそう、カーテン被せると脅したら、音名を口で唱えてましたね。それで結構です」

チェルニー40-12は、めでたく終了!!
40-20に専念します。

次は、ハイドンのホ短調ソナタです。
今回は、展開部から再現部に掛けて譜読みしました。

「左手のオクターブがどうしてもうまく行きません。提示部の同じ音形もですけど。あと、和音を外しがちで…」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 51~59小節

先生「上の図の赤枠で囲った部分ですね。練習方法を教えましょう。下の音だけ左手の5の指で弾く。上の音だけ1の指で弾く。16分音符にバラして弾く。この3つで、ポジションが掴めるようになると思いますよ。それから、バラされてる和音は、同時にならす形、つまり、ピンクで囲った形で響きをしっかり覚えましょう。この辺りは属7と減7ばっかりだということが分かると思います。あと、青で印付けた非和声音は伸ばさずきちんと切る。タイついてないでしょ?」

「次は、84~86小節あたりの右手の16分音符のパッセージでオクターブ下降するのが弾きづらいです」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 82~89小節

先生「丸い矢印を書き込んでおきましたが、薄くて見えづらいですね。ゴメンナサイ、我慢してください。ここは、手首を左回転させる感じです。チェルニーでも頻出でしょ。しっかり応用できなくては」

「終結部は、ウィーン原典版ではほとんど強弱が書いてなくて、どうしたものか悩みます」

先生「ちょっと、112小節あたりから弾いてみてください」

(弾いてみる)

先生「基本的にフォルテで進んで、最後の方でディミニエンドかけて弱音で消えるように終わりましたね。全音のソナタアルバムなんかでもそんな指定じゃなかったっけ?」

「でも、なんだか変化に乏しい気がして…」

先生「そういうことでしたら、別の解釈を考えてみましょうか。ハイドンと言えば、強弱の変化が激しいというか唐突なところがありますよね。さて、どこを弱めましょう?」

「右手、16分音符でジャラジャラ鳴らしていたのが、114小節から単音になって、ミララ、レソ♯ソ♯、と118小節まで下降していく部分を、小さく弾いてみたいです」

先生「そうですね、そこでしょうね。117小節だけは次のフォルテに向けてクレッシェンドしてもいいと思います。あと、この部分はアーティキュレーションにも注意を払わなければなりません。無意識に、2音スラー、1音スタッカートと弾きたくなりますけど(黄緑で表示)、むしろ、1音目テヌートスタッカート、2音目と3音目スタッカートという意識で弾いてみてはどうでしょう?」

「ミ、レ、ド、シ、ラ、ソ、ファ♯の下降音階のラインがくっきり浮かび上がって来ますね!」

先生「そうでしょう?私のハイドンのイメージにはこちらの方が合っています。モーツァルトだったら、迷わず2音スラー、1音スタッカートですけどね。ただ、これは、私の提案は提案として、趣味に任せます」

ハイドン Hob.XVI:34 一楽章 終結部
↑終結部の強弱などをまとめた図

「終結はディミニエンドしてピアノで終わっていいですか?」

先生「この楽章だけで終わるとしたら、それでいいと思います。でも、2楽章が続く場合はまた違った解釈があっていいのでは?」

ハイドン Hob.XVI:34 二楽章
↑2楽章

先生「2楽章は弱音でゆったり始まるでしょう?それなら、1楽章の終わりはフォルテのままリタルダンドもせず駆け抜ける。ほとんど間を置かずに2楽章に入る。ということで、対比の妙を出せると、私は思います。それから、この楽章は後半のリピートも指定されているんですよね。展開部に戻る。展開部の始まりは弱音なので、やはりフォルテのまんまのほうが対比の面白さが出ますよね。後半のリピートを実行するかどうかは別問題ですけど…。色々考えながら、よく譜読みをしておいてください」

「ハイドンのソナタは意外とかなり勉強になりますね」

先生「素晴らしい教材です。教材って言うと一段低く見られがちだけど、変な話ですよね。いい曲だからこそ教材になる。古文の教科書だってそうでしょう?どうでもいいような作品は教材として載りません(笑)」

残りはシンフォニア4番と『献呈』です。
ごく簡単に報告しておきますと、シンフォニア4番は合格。「残ってる曲であんまり萌えない曲ある?」と聞かれたので、それは飛ばしてくれるのかと期待して「13番!」と即答したら、それが次の課題になりました(^^;;←もちろん全て自問自答
『献呈』は、中間部の弾き込みが足りないのが一番の課題ですが、「そろそろ仕上げ(Nekoushi音楽院基準で(笑))に入りましょう」とのことです。

今回のレッスンはこんな感じです。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

Tag: チェルニー40番 ハイドン Hob.XVI:34 | * Comment : (8)

NoTitle * by かつ
Nekoushiさん、こんにちは。
かつです。

私もハイドンのピアノソナタ34番好きです!
いつか弾こうと思っていたので参考になりました。
ありがとうございます。

ただハイドンのソナタ曲集は
好きな曲が複数巻に分散されていて買いづらいのですよね。。

あと私もNekoushi音楽院に入学したいです(笑

NoTitle * by utokyo318
同じ曲でも、アレンジによって表現が変わってくる。
そういうのも、きっと楽しいんでしょうね(^o^)
雨が続くと憂鬱になったりしますが、ピアノレッスンというやりがいがあれば、そちらに没頭できていいですね🎶
私も、仕事の勉強しっかりやらなければ!

To:かつさん * by Nekoushi
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドンのソナタ34番、参考になりましたか?
良かったです(*^▽^*)
あ、でも、私のレッスン記は「事実に基づいたフィクション」なので、お話半分で受け取っていただければと思います。

> ただハイドンのソナタ曲集は
好きな曲が複数巻に分散されていて買いづらいのですよね。。

それはあるみたいですね。
全音の選集は意外と高いですし、ウィーン原典版の全集はなおさら(*_*;
私は、ウィーン原典版の第4巻に興味がある曲が多いので、それを買って、あとはIMSLPのお世話になってます。

> あと私もNekoushi音楽院に入学したいです(笑

ホントですか!?
先生が3人になっちゃうのでは?笑

To:utokyo318さん * by Nekoushi
utokyo318さん、こんにちは。
コメントありがとうございます(^^♪

>同じ曲でも、アレンジによって表現が変わってくる。
そういうのも、きっと楽しいんでしょうね(^o^)

そうですね、ああでもないこれもないと、試行錯誤するのが楽しいです。音楽に限らず、楽しめることは何事も(おそらく勉強も)そうかもしれません。
utokyo318さんの生徒さんが一人でも多く「勉強楽しい」と言ってくれるようになるといいですね!

梅雨への不平不満を書いたら、真夏みたいに暑くなってしまいました。それはそれで困ります(>_<)

NoTitle * by 私はタワシ
ハイドンのピアノ曲って人気も一般的評価も必ずしも高いとは言えませんけど、でも時々聴きたくなるし、弾きたくなります。ソナタ、いくつかやったことあります(ソナチネアルバムに載っているの以外でも!笑)
ホ短調ソナタはまだ弾いたことがないんですが、いずれそのうち、音を並べて・・・じゃなかった、譜読みして(笑!)みようかなと思ってます。

そうそう、先生もおっしゃっているように彼の曲には唐突なところがあったりしますね。強弱もそうだし、リズムの面でも。そこが難しさでもあり、楽しさでもあるんでしょうね。

ではまたです〜
梅雨明けまでもう少し、体調管理しっかりして乗り切ってくださいね♪

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドンは、モーツァルトとベートーヴェンの陰に隠れて損な役割を演じている感じですよね(^^;

> いずれそのうち、音を並べて・・・じゃなかった、譜読みして(笑!)

笑笑
早速応用してくださってありがとうございます!

そういえば、以前、「タワシさんはハイドン似合いそう」と言ったような記憶があります。
是非いろいろと開拓なさってみてくださいね(≧▽≦)

> 彼の曲には唐突なところがあったりしますね。強弱もそうだし、リズムの面でも。そこが難しさでもあり、楽しさでもあるんでしょうね。

そこにハマるとクセになりそうですよね(笑)
でも、弾きづらい(>_<)
フォルテピアノの軽い鍵盤だったら、もう少し弾きやすいかなぁとも思うのですが…。

> 梅雨明けまでもう少し、体調管理しっかりして乗り切ってくださいね♪

ありがとうございます。
タワシさんも~~

おはようございます^^ * by ゆりこ
ハイドンの練習法とても興味深いです!
参考にさせていただいて練習してみますね♪

あと、モーツアルトらしさとハイドンらしさについてお話し、私の先生も先日のレッスンで、似ているお話をされていたので、
「おお~同じだ~」と思ってしまいました(笑)

>いい曲だからこそ教材になる。

なるほどーそうですよね!
そういえば、学生時代、古文わりと好きでした♪言われてみれば、現代まで残っているのは名作ばかりですよね。

この記事のタイトルがとても嬉しくて・・・(笑)
また読みに伺いたいと思います^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、おはようございま~~す
コメントありがとうございます(^^♪

ちょうど今、ハイドン先生の弟子仲間ですもんね(笑)
参考になったとしたら嬉しいです(#^.^#)

> 私の先生も先日のレッスンで、似ているお話をされていたので、

ホントですか!?
やっぱり音楽院開業しようかな…。←調子に乗りやすい(^^;;
ひょっとすると、前世はピアノ教えてたのかもしれません(笑)

> 学生時代、古文わりと好きでした♪言われてみれば、現代まで残っているのは名作ばかりですよね。

私も古文けっこう好きでした!
仲間ですね(*^▽^*)
音楽でも文学でも、名作が時代の波をこえて現代に残ってるのが古典なのかなぁなんて思ってます。

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
Nekoushiさん、こんにちは。
かつです。

私もハイドンのピアノソナタ34番好きです!
いつか弾こうと思っていたので参考になりました。
ありがとうございます。

ただハイドンのソナタ曲集は
好きな曲が複数巻に分散されていて買いづらいのですよね。。

あと私もNekoushi音楽院に入学したいです(笑
2018-06-21 * かつ [ 編集 ]

NoTitle
同じ曲でも、アレンジによって表現が変わってくる。
そういうのも、きっと楽しいんでしょうね(^o^)
雨が続くと憂鬱になったりしますが、ピアノレッスンというやりがいがあれば、そちらに没頭できていいですね🎶
私も、仕事の勉強しっかりやらなければ!
2018-06-22 * utokyo318 [ 編集 ]

To:かつさん
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドンのソナタ34番、参考になりましたか?
良かったです(*^▽^*)
あ、でも、私のレッスン記は「事実に基づいたフィクション」なので、お話半分で受け取っていただければと思います。

> ただハイドンのソナタ曲集は
好きな曲が複数巻に分散されていて買いづらいのですよね。。

それはあるみたいですね。
全音の選集は意外と高いですし、ウィーン原典版の全集はなおさら(*_*;
私は、ウィーン原典版の第4巻に興味がある曲が多いので、それを買って、あとはIMSLPのお世話になってます。

> あと私もNekoushi音楽院に入学したいです(笑

ホントですか!?
先生が3人になっちゃうのでは?笑
2018-06-22 * Nekoushi [ 編集 ]

To:utokyo318さん
utokyo318さん、こんにちは。
コメントありがとうございます(^^♪

>同じ曲でも、アレンジによって表現が変わってくる。
そういうのも、きっと楽しいんでしょうね(^o^)

そうですね、ああでもないこれもないと、試行錯誤するのが楽しいです。音楽に限らず、楽しめることは何事も(おそらく勉強も)そうかもしれません。
utokyo318さんの生徒さんが一人でも多く「勉強楽しい」と言ってくれるようになるといいですね!

梅雨への不平不満を書いたら、真夏みたいに暑くなってしまいました。それはそれで困ります(>_<)
2018-06-22 * Nekoushi [ 編集 ]

NoTitle
ハイドンのピアノ曲って人気も一般的評価も必ずしも高いとは言えませんけど、でも時々聴きたくなるし、弾きたくなります。ソナタ、いくつかやったことあります(ソナチネアルバムに載っているの以外でも!笑)
ホ短調ソナタはまだ弾いたことがないんですが、いずれそのうち、音を並べて・・・じゃなかった、譜読みして(笑!)みようかなと思ってます。

そうそう、先生もおっしゃっているように彼の曲には唐突なところがあったりしますね。強弱もそうだし、リズムの面でも。そこが難しさでもあり、楽しさでもあるんでしょうね。

ではまたです〜
梅雨明けまでもう少し、体調管理しっかりして乗り切ってくださいね♪
2018-06-23 * 私はタワシ [ 編集 ]

To:タワシさん
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ハイドンは、モーツァルトとベートーヴェンの陰に隠れて損な役割を演じている感じですよね(^^;

> いずれそのうち、音を並べて・・・じゃなかった、譜読みして(笑!)

笑笑
早速応用してくださってありがとうございます!

そういえば、以前、「タワシさんはハイドン似合いそう」と言ったような記憶があります。
是非いろいろと開拓なさってみてくださいね(≧▽≦)

> 彼の曲には唐突なところがあったりしますね。強弱もそうだし、リズムの面でも。そこが難しさでもあり、楽しさでもあるんでしょうね。

そこにハマるとクセになりそうですよね(笑)
でも、弾きづらい(>_<)
フォルテピアノの軽い鍵盤だったら、もう少し弾きやすいかなぁとも思うのですが…。

> 梅雨明けまでもう少し、体調管理しっかりして乗り切ってくださいね♪

ありがとうございます。
タワシさんも~~
2018-06-23 * Nekoushi [ 編集 ]

おはようございます^^
ハイドンの練習法とても興味深いです!
参考にさせていただいて練習してみますね♪

あと、モーツアルトらしさとハイドンらしさについてお話し、私の先生も先日のレッスンで、似ているお話をされていたので、
「おお~同じだ~」と思ってしまいました(笑)

>いい曲だからこそ教材になる。

なるほどーそうですよね!
そういえば、学生時代、古文わりと好きでした♪言われてみれば、現代まで残っているのは名作ばかりですよね。

この記事のタイトルがとても嬉しくて・・・(笑)
また読みに伺いたいと思います^^
2018-06-25 * ゆりこ [ 編集 ]

To:ゆりこさん
ゆりこさん、おはようございま~~す
コメントありがとうございます(^^♪

ちょうど今、ハイドン先生の弟子仲間ですもんね(笑)
参考になったとしたら嬉しいです(#^.^#)

> 私の先生も先日のレッスンで、似ているお話をされていたので、

ホントですか!?
やっぱり音楽院開業しようかな…。←調子に乗りやすい(^^;;
ひょっとすると、前世はピアノ教えてたのかもしれません(笑)

> 学生時代、古文わりと好きでした♪言われてみれば、現代まで残っているのは名作ばかりですよね。

私も古文けっこう好きでした!
仲間ですね(*^▽^*)
音楽でも文学でも、名作が時代の波をこえて現代に残ってるのが古典なのかなぁなんて思ってます。
2018-06-25 * Nekoushi [ 編集 ]