FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

大人でも指の開きは広がる(ような気がする)

ピアノを弾く多くの日本人の悩みは、手が小さいことだと思います。
私もそうです。オクターブは届くけど、オクターブの間に中身の沢山詰まった和音は困難です。
最終手段はもちろん音を省略する!ですが、指の開きを広げる努力もしています。

以前にも何回か取り上げたことのある『ピアニストへの基礎』(田村安佐子)に載っている、指マッサージをしています。
やることは、具体的には次の二つです。

・水かきをもみほぐして脂肪がつかないようにする
・太腿の上などで指を開いてのばす(私は、もう一方の手の手首を挟んで広げることが多いです)

指マッサージ(『ピアニストへの基礎』p44)

↑今回は、分かりやすいように、同書p44に掲載されている図を載せておきます。

定期的に、指を最大限に開いた状態を鉛筆でなぞって記録しておくといいのですが(というか、『ピアニストへの基礎』には、そうするよう書いてあります)、私はずぼらなので記録していません(^^;;
でも、約1年ぐらいやってみて、効果を感じています。
手の大きさそのものは如何ともしがたいですが、指が以前より柔軟に開くようになりました。
人差し指と中指が元々長めの左手なんて、その2本で5度届くようになっちゃった(≧▽≦)

地道にやれば、大人でも指の開きは広がるようです。
指の開きが柔軟になるのは、大きな収穫です!!

あと、『ピアニストへの基礎』に書いてある指マッサージに加えて、エステ系のサイトで見かけた、指を1本ずつもう一方の手で握ってマッサージする(老廃物が指に溜まらなくなり指のダイエットになるらしい)というのもやってます。
両方あわせてやると、なかなか快感なので(←これ重要)、オススメです。
それに、深刻に手を痛める危険もほとんどないので安心です。最初の頃、必死になり過ぎて、もみほぐす方の手の筋を痛めたことはありますが…(>_<)
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ピアノの話色々

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する