Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

Entries

セルフ・レッスン第2回:チェルニー40-15&シンフォニア9番

セルフ・レッスンの模様を(音は無しで)お伝えするコーナー、第2回目はチェルニー40番の15とバッハシンフォニア(3声)の9番です。先生パートの方が分量が圧倒的に多くなってしまいました。生徒は、口答えでもしない限り、あんまり言うことがないので(笑)

まず、チェルニーから。
チェルニー40-15

先生「何というか、子供が必死になって、あるいは、ふてくされて弾いているような感じになってしまっていますね」(←いきなり口が悪い)

「音を外しまくっていますし、やはり練習不足でしょうか?」

先生「むしろ、今の弾き方で練習を重ねられたら、その方が困ります。まず、冒頭の強弱記号は何ですか?」

「pです」

先生「fぐらいで弾いていましたね。というか、全体的にfで強弱がほとんどなかったです。子供がふてくされて弾いてる感じになっていたのは、そのせいです」

「すみません。必死になっていて見落としていました」

先生「最初はスローテンポから始めていると思いますが、その時点から強弱はきちんとつけるようにしてください。あくまで練習曲で、指の訓練ではありませんから。よく見ると、音楽の流れに対して不自然ではない強弱指定になっていると思いますよ。それを無視して全部fなんかにしてしまうと、弾きにくいのは当然だと思います」

「チェルニーも音楽的に弾かなければいけないということですね」

先生「そういうことです。よく『ショパンをチェルニーのように弾いてはいけません』なんて言いますが、チェルニーもチェルニーのように弾いてはいけません(笑)」

「…」

先生「それから、アーティキュレーションですね。冒頭の左手のスタッカートとレガートの組み合わせが全然できていませんでした」

「スタッカートは子供のころから苦手で…。『三つ子の魂百まで』って、昔の人は、うまいこと言いますよね」

先生「感心している場合ではありません(^^; それは何か工夫をしなければ。今回の場合は、左手に合わせて、タッ、ラ~リ~ラ、と歌ってみるとか。え?恥ずかしいですか?安心してください。そもそも、ピアノを弾いている姿というのは結構恥ずかしいものなので、それに恥ずかしさが少しぐらい加わっても気にすることはありません」

次はシンフォニア
シンフォニア9

先生バッハはお好きなようですね。9番はテンポがゆったりしているということもあるのでしょうけど、必死に弾いてるという感じではなくていいと思います」

バッハは楽しいです」

先生「気になったのは、16分音符1個に32分音符2個が続いている音形のリズムが崩れてる時がありますね。特に左手。16分音符が短すぎることが多いです。16分音符を切り詰めた分、2番目の32音符の後に間を取り過ぎてしまっています」

「たぶん、その部分に続く内声部との重音に備える感じになっているのだと思います。よく練習しておきます」

先生「他には特にありません。曲の分析なんかは、市田先生の楽譜の解説に詳しく書いてるので、私は出番がありません(笑)」
スポンサーサイト

Comment

No title 

Nekoushiさんこんにちは。

わ~お、セルフレッスン面白いですね!
シンフォニアの9番、良いですよね~
ぜひぜひ、音声付きのセルフレッスンupお待ちしております!

「市田版の解説、読んでおけば?」的な先生、笑えました(#^.^#)
  • posted by ね~み♪ 
  • URL 
  • 2017.05/22 17:38分 
  • [Edit]

To:ね~み♪さん 

こんばんは。
コメントありがとうございます!

セルフレッスン、自分でも意外と面白くて、はまっています(笑)
今までより多少は考えながら弾くようになったので、よかったかなあと思ってます。

音ありで「ビフォア・アフター」を示せたら楽しさがさらに増えそうですね!
音源をupするやり方を研究してみます。←かなり機械苦手(^^;

> 「市田版の解説、読んでおけば?」的な先生、笑えました(#^.^#)

市田版の楽譜が存在しない曲のレッスンになったらどうするつもりなんでしょうね?笑
  • posted by Nekoushi 
  • URL 
  • 2017.05/22 19:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン 仲道郁代 献呈 リスト ショパン 近藤由貴 BWV858 平均律第1巻 フランス組曲 レンタル練習室 K.331 無謀曲 エチュード ハイドン バラード 和声法 練習曲 シューベルト ハノン 電子ピアノ 調性 理想の先生 Hob.XVI:34 ドビュッシー 調律 中村紘子 展覧会の絵 ららら♪クラシック ムソルグスキー クラビノーバ お菓子の世界 湯山昭 アルマンド 楽譜 久元祐子 インヴェンション ソナチネ トルコ行進曲 ワルツ クレメンティ K.574 小ジーグ オスマン帝国 Hob.XVI:50 パスカル・ドゥヴァイヨン メソッド・タリアフェロ 幻想曲 スマホ バックハウス ランラン キーシン ルービンシュタイン カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル クーラウ マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 ドゥシェック 感情をこめて弾く 魔笛 全音ピアノピース 夜の女王のアリア D959 曲名の略称 ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ウナコルダ ヨハン・シュトラウス ウィンナー・ワルツ ポルカ 妄想 プチトリアノン op.118-2 間奏曲 吉松隆の調性で読み解くクラシック ピアノ記念日 ヴァイオリン ブラームス K.334 山枡信明 ピアニストは面白い D915 イリーナ・メジューエワ 左ペダル アルペジオ 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 自分の演奏好き? 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 書き込み 変イ長調 指マッサージ モシュコフスキー 20の小練習曲 céleste ツィメルマン D960 苦手な曲種 教則本 マーチ 行進曲 スケール チェルニー30番 選曲 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 タグ 似合う曲 スマホ老眼 

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ シンフォニア 2番
・モーツァルト ディヴェルティメントK.334~第1メヌエット(ピアノソロ版)
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2018年の終了曲
・バッハ 平均律第1巻13番

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR