FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

実写版『ベルサイユのばら』にガッカリ・・・

GWの終わりごろにCSで、実写版『ベルサイユのばら』が放送されるということで、とても楽しみにしておりまして、その録画をやっと見ることができました。40年ぐらい前の映画らしいですが、私は存在を知りませんでした。「ベルサイユ宮殿での撮影を特別に許可された」なんて番組案内に書いてあるので、いやがうえにも期待が高まります。

2時間なんて、あっという間に過ぎるに違いない。
はずが…、もう30分ぐらい進んだ?と思って、時計を見ると、10分ぐらいしか進んでいなかったということがしばしば。
面白いお話の場合は、まさかもう終わる?と惜しくなって時計を見るのですけどね。

架空2人(貴族の娘で男装の麗人オスカル、その従僕アンドレ)、実在2人(王妃アントワネット、スウェーデン貴族フェルゼン)の4人がフランス革命期を舞台に織りなす愛と友情の壮大なストーリーのはずなのに、映画では4人とも全然魅力的ではなく、というか存在意義に乏しく、ストーリーも雑然と流れていって何が何だかよく分からない感じ。かと思えば、強調しなくてもいいような些細なことを強調してみたり。

ここは一応音楽ブログなので、音楽の演奏で例えてみると、

・主題の扱い方が下手
・テンポ感が不自然
・フレージングがおかしい
・強弱がおかしい
・和声の処理が変(不協和音とか遠隔和音を変に強調して素敵じゃなくなる的な)

これ、やっちゃいけない演奏の見本ですねΣ(゚д゚lll)!!
今後、ピアノを弾くときの反面教師にしようと思います。
そういう役には立ったかな~。←無理やり感満載(-_-;;

映画に戻ると、本当はカッコよく戦って散るはずのオスカルさんが、最後はバスチーユ牢獄襲撃の混乱の中、町娘みたいな雰囲気になって、行方不明となりフェイドアウトしていく結末には衝撃でした。
これは、音楽の演奏では例えようがないですね。そこまで改変しないもん(笑)

あとで調べてみたら、やはり興行成績が悪かったらしく、製作費10億円、収入9億円ぐらいだそうです。
約40年前というと、今みたいにネットで口コミが広まらないし、しかもベルばらブームの時代だったのに、順当に(?)興行成績が悪かったことに、妙に感動しました。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ふと気づいたこと

* Comment : (2)

NoTitle * by amy
えっ?!ベルばらの実写版ですか~~\(◎o◎)/!
宝塚ではないですよね。日本映画ですよね??
何ですか~そのラストは!ツッコミどころ満載ですね^^;

音楽の演奏で例えておられるところが素晴らしい!
納得です!
さすがNekoushiさん~♪

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、コメントありがとうございます(^^♪

宝塚ではないですよ~~
日本映画でもなく、監督はたぶんフランス人(名前がそれっぽかった)で、出演者はみんな西洋人(←大雑把…笑)で、英語で喋ってました。全然フランスじゃない(^^;

> 音楽の演奏で例えておられるところが素晴らしい!

ありがとうございます(≧▽≦)
実は、そこを思いついたので記事にしたんですよ~~
なので、そう言っていただけて嬉しいです(*^▽^*)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
えっ?!ベルばらの実写版ですか~~\(◎o◎)/!
宝塚ではないですよね。日本映画ですよね??
何ですか~そのラストは!ツッコミどころ満載ですね^^;

音楽の演奏で例えておられるところが素晴らしい!
納得です!
さすがNekoushiさん~♪
2018-05-09 * amy [ 編集 ]

To:amyさん
amyさん、コメントありがとうございます(^^♪

宝塚ではないですよ~~
日本映画でもなく、監督はたぶんフランス人(名前がそれっぽかった)で、出演者はみんな西洋人(←大雑把…笑)で、英語で喋ってました。全然フランスじゃない(^^;

> 音楽の演奏で例えておられるところが素晴らしい!

ありがとうございます(≧▽≦)
実は、そこを思いついたので記事にしたんですよ~~
なので、そう言っていただけて嬉しいです(*^▽^*)
2018-05-09 * Nekoushi [ 編集 ]