FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

インヴェンションは哲学書を読むように…

今さらですが、バッハの『インヴェンションシンフォニア』(あるいはまとめて『2声、3声のインヴェンション』)は、とんでもなく難しいです。バッハが息子のために、鍵盤楽器の奏法の練習&作曲技法の習得のために本気で作った曲集なので、当然の話ではあるのですが…。

指の動きの面でも難しいし、いわゆる音楽的に難しいという面もある。
いや、音楽的に難しいなんて生易しい話ではなくて、1曲1曲がそれぞれの宇宙を作っているというか…。
見開き2ページと短いだけあって、逆に密度が濃いんですよね。なので、物理的にも精神的にも疲れます。もちろん、それが嫌だというわけではありません。むしろ、そこがいい(*´▽`*)
音楽というのは、もともと宇宙の法則を極めるというような目的があったそうなので、宇宙を感じるのもあながち大げさではないと思います。

そんなことを考えながら、『バッハインヴェンションシンフォニア》 演奏と指導のポイント』(山崎孝)という本(楽譜)を読んでいたら、

元来、インヴェンションは成立経過を見ても厳しい教則本である。だからこそ、《平均律》に入る前の1~2年で済まされるものではなく、ヘルマン・ケラー(注:音楽学者)が「哲学書を読むのと同じほどの精神の集中が必要である」と述べるように、一曲一曲、他の練習曲やソナタの進行とは別にして、丹念に仕上げていくべきであろう。



という一節が目に留まりました。
おお、なるほど!!

哲学書を読むのと同じほど…

とても腑に落ちる表現でしたので、ご紹介してみました。
そんな集中力で取り組む境地には全く至っていませんが、一生付き合いたい(付き合わざるを得ない?)曲集ですね。
インヴェンションシンフォニア恐るべし!!と、改めて思います。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: バッハ インヴェンション シンフォニア | * Comment : (4)

NoTitle * by かつさん
Nekoushiさん、こんにちは(はじめましてかな?)
かつ言います。

私もバロック音楽はそれほど苦手意識がないのに、バッハがすごく苦手!
再開後は、プレインベンションで助走をつけてインベンションを弾く予定でしたが…
とりあえずマグダレーナにしようかと(逃げ腰)

「哲学書を読むのと同じ」

納得の表現ですね。
ちなみに1年2曲ペースでした。終わるはずもなく…

To:かつさん * by Nekoushi
かつさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

バロック音楽は苦手ではなくて、バッハが苦手というのでしたら、やはり、哲学書(笑)的な部分に壁を感じてらっしゃるのかもしれませんね。

でも、バッハは、ハマると底なし沼的にハマります(*^▽^*)
いつか、哲学書を読むようにインヴェンション・シンフォニアに取り組んでみたくなる日が来ますように!←バッハの底なし沼に引っ張りこもうとしている(笑)

NoTitle * by ね~み♪
nekoushiさんどうもです~(#^.^#)
バッハに底無し沼的にハマった私です(笑)
こちらの記事を見て、最近バッハ弾いてないなー、やっぱりバッハは弾きたいなーと思っています。
そして弾いているといつまでも弾き続けてしまうのもバッハならではですね。もはや中毒ですよね(^^;
なるほど哲学・・・哲学って考えるとすごく難しそうだけど、入り口は「わ!楽しい!!」から入ってもいいかもしれませんね。←いつまでも深く掘り下げないので「楽しい」だけの私ですが・・・・
インベンション、弾いてないのがたくさんあるのでコンプリート目指したいところです。

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

この記事が、ね~みさんのバッハ底なし沼再突入(?)の、お役に立てれば嬉しいです(≧▽≦)
ホント、バッハは中毒性高いですよね。

> 哲学って考えるとすごく難しそうだけど、入り口は「わ!楽しい!!」から入ってもいいかもしれませんね。

私も哲学はよく分からないけれど、「これは何だろう?どういうことだろう?」と考えるのが楽しい、というのが哲学の入口なんじゃないかなぁと思います。

> インベンション、弾いてないのがたくさんあるのでコンプリート目指したいところです。

私もコンプリートはできていません。
レッスンにこだわらず、一緒にコンプリート目指しましょう!!

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
Nekoushiさん、こんにちは(はじめましてかな?)
かつ言います。

私もバロック音楽はそれほど苦手意識がないのに、バッハがすごく苦手!
再開後は、プレインベンションで助走をつけてインベンションを弾く予定でしたが…
とりあえずマグダレーナにしようかと(逃げ腰)

「哲学書を読むのと同じ」

納得の表現ですね。
ちなみに1年2曲ペースでした。終わるはずもなく…
2018-05-06 * かつさん [ 編集 ]

To:かつさん
かつさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

バロック音楽は苦手ではなくて、バッハが苦手というのでしたら、やはり、哲学書(笑)的な部分に壁を感じてらっしゃるのかもしれませんね。

でも、バッハは、ハマると底なし沼的にハマります(*^▽^*)
いつか、哲学書を読むようにインヴェンション・シンフォニアに取り組んでみたくなる日が来ますように!←バッハの底なし沼に引っ張りこもうとしている(笑)
2018-05-06 * Nekoushi [ 編集 ]

NoTitle
nekoushiさんどうもです~(#^.^#)
バッハに底無し沼的にハマった私です(笑)
こちらの記事を見て、最近バッハ弾いてないなー、やっぱりバッハは弾きたいなーと思っています。
そして弾いているといつまでも弾き続けてしまうのもバッハならではですね。もはや中毒ですよね(^^;
なるほど哲学・・・哲学って考えるとすごく難しそうだけど、入り口は「わ!楽しい!!」から入ってもいいかもしれませんね。←いつまでも深く掘り下げないので「楽しい」だけの私ですが・・・・
インベンション、弾いてないのがたくさんあるのでコンプリート目指したいところです。
2018-05-07 * ね~み♪ [ 編集 ]

To:ね~み♪さん
ね~み♪さん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

この記事が、ね~みさんのバッハ底なし沼再突入(?)の、お役に立てれば嬉しいです(≧▽≦)
ホント、バッハは中毒性高いですよね。

> 哲学って考えるとすごく難しそうだけど、入り口は「わ!楽しい!!」から入ってもいいかもしれませんね。

私も哲学はよく分からないけれど、「これは何だろう?どういうことだろう?」と考えるのが楽しい、というのが哲学の入口なんじゃないかなぁと思います。

> インベンション、弾いてないのがたくさんあるのでコンプリート目指したいところです。

私もコンプリートはできていません。
レッスンにこだわらず、一緒にコンプリート目指しましょう!!
2018-05-07 * Nekoushi [ 編集 ]