FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

セルフレッスン第22回:モーツァルトは新全集にこだわります

1か月半ぶりぐらいの一人二役レッスンです(*^▽^*)
今回は、バッハシンフォニア2番とモーツァルトのディヴェルティメントK.334の第一メヌエット(ピアノソロ編曲版)をやりました。
チェルニーと『献呈』は次回やります。

まずは、シンフォニアから。

先生「何だか大変だったようですけど、落ち着いてきたようで何よりです。シンフォニア2番も大体いいですね。ただ、7小節目と30小節目の長いトリルの長さをうやむやにしてるのは気になります。30小節の楽譜(下記)で説明しますと…」

シンフォニア2番 30小節~

先生「黄色い矢印で書いたように、アルトとバスの最後の8分音符の直前でトリルを終わらせて、その8分音符1個分と次の小節の1拍目だけ、ドを伸ばし続けるのがいいと思います」

「30小節の最後までトリルを続けたらいけませんか?」

先生「いや、もちろん、それでも構いませんよ。その場合は、31小節の1拍目からしっかり静止してドを鳴らすように。何となくフェードアウトさせるのはよくありません」

(何回かやってみる)

「先生の案のほうが弾きやすいみたいです。こっちにします」

先生「あとは、この曲の最後はピカルディ終止なのは分かりますね?」

「ハ短調なのでドミ♭ソで終わるはずのところ、ミにナチュラルがついて、ハ長調の主和音になってる、というのですよね?」

先生「そうそう、その通りです。それで、その和音をもっとよく聞いて。やることはシンプルで、ピカルディ終止を特徴づける音ミをほんの少し強調するんだけど、やり過ぎない程度に」

「あっ、今まで右手を25でとってたけど、15にした方がいいかも?」

先生「そうだと思います。ミを1でとったほうが自然と音量が大きくなりますからね」

(1回通す)

「次回仕上げてきます」

先生シンフォニアは基本的にもう1巡しますから、今回で終了でいいですよ~。次は4番ニ短調をやりましょう。5番の装飾稿もやりたいのだけど2曲は厳しいかな?」

「1曲で勘弁して下さ~~い」

というわけで、2番は終了、次は4番をやることになりました。
短調が続くけど、まあいいか。

次はモーツァルトのメヌエット。

(まずは一通り弾いてみる)

先生「色々と言いたいことはありますが、まず、メヌエット主部からトリオに入る部分(下図)」

K.334 第1メヌエット(境目付近)

先生「主部の最後から2番目の小節(図の冒頭小節)、2泊目の左手のソシミの和音。ここは、一番上のミをしっかり鳴らさないといけません。消えてしまうようなのは論外です。なぜかと言うと、この小節の1拍目と2拍目は、主調ニ長調に対してIIの和音で、サブドミナント。3拍目が属7でドミナント。次の小節がIの和音、つまり主和音に戻ってる。典型的なカデンツですよね」

「えっと、基本形はミソシ、主音レに対して2度上なのでIIの和音。分かります。ミが抜けてソシだけだと何の和音だか不明ということでしょうか」

先生「そういうことですね。2拍目でしっかりIIの和音であることを主張して、次の属7に行く。弾き方としては、少し手首を右向きに回転させるような、波線アルペジオになっている感覚で、でも、本当にアルペジオにしてはいけませんよ。いずれにせよ、和声分析というのは、演奏に活かさないと意味がありません」

「は、はい」

先生「次はトリオに入ってから。つまり、リピート記号の直後ですね。ここは楽譜(全音ピース)のアーティキュレーションが良くない。新全集で管弦楽のオリジナル版を確認したんですけど、最初の16分音符3つにスラー、次の1個にスタッカート、それ以外は何もついていないですね。この編曲は何で16分音符5個分にスラーかけてるんでしょうね。直しておきます。それに、その後16分音符全部にスタッカートなんて…。ここは、くっきりしたノンレガートでしょう。消したいけど、汚くなりそうなので、心の中でそういう風に読み替えておいてください」

「先生、細かいですね。さすがモツオタ(^^;;」

先生「何かおっしゃいましたか?笑 それからトリオ後半の難しい箇所(下図)ですね。ここも、アーティキュレーションを新全集に合わせて直しておきました。というか、アーティキュレーションがおかしいのはここだけではないので、他の部分も全部直しました」

K.334 第1メヌエット(トリオ後半部)

先生「右手がアルペジオの連続になる部分が一番弾きにくそうですが、ここは、大きな上昇の流れを感じながら、手首の回転をうまく使って弾いてください。それから、譜例2段目の1小節目、左手の和音は手首を右回転させる感じで弾くと音を外しにくくなりますし、旋律線がしっかり出やすくなります」

「さっきのIIの和音の時と同じですね」

先生「そうですね。それでは、もう一度トリオだけ通して弾いてもらいましょうか」

(通してみる)

「アーティキュレーションを変えた部分がとても弾きやすくなりました(≧▽≦) あと、アルペジオ連続の難所も…」

先生「おそらく、『CDなんかで聞いてるときと楽譜が何か違うなぁ』と無意識のうちに感じながら弾いてたのでしょうね。あ、そうだ。せっかく変なスタッカートがついているので、ムラのないスタッカートで弾く練習でもしてみましょうか」

「チェルニーなんかでアーティキュレーション変奏の練習をするノリですか?笑」

先生「そうそう、それそれ。しっかり指を上げて、ハイフィンガーでね」

「最近、『ハイフィンガーはけしからん』とかよく聞きますけど…」

先生「タッチなんて、どういう音を出すかによって使い分ければいいだけの話です。宗派争いみたいになったら可笑しいのよ」

「あっ、やっているうちに、スタッカートでも弾けるようになってきました。でも、優雅じゃないですね(笑)」

先生「そう弾くとホント優雅じゃない(笑) この曲は、もともと半分遊び的に始めたので、これだけ色々練習できれば、もう合格にしていいでしょう。次の古典派枠の曲としては、ハイドンのホ短調ソナタ(Hob.XVI:34)か、ベートーヴェンの9番(ホ長調)の1楽章あたりを候補に、他の曲でもいいですけど、好きな曲を次回までに選んで来てください」

(注)モーツァルト新全集は、ここのリンクから行ける『新モーツァルト全集:デジタル版』のサイトで無料公開されていて、モーツァルトのあらゆる曲を無料でダウンロードできます(≧▽≦)
特に、編曲もののオリジナルを確認する場合は、とても便利です。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

* Comment : (4)

NoTitle * by 私はタワシ
セルフレッスン記事、久しぶりですね!この日をお待ちしておりました。ほぼ完全復活というところでしょうか。

先生はモツオタさんだったのですね。
そういえばこちらのブログのリンク先の筆頭に、「新モーツァルト全集:デジタル版」ってありますものね。
このサイト、ありがたいですよね。以前ブロ友さんに教えてもらい、特別モーツァルティアンというわけではない私も時々覗きに行ってますよ〜

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、コメントありがとうございます(^^♪

> セルフレッスン記事、久しぶりですね!この日をお待ちしておりました。ほぼ完全復活というところでしょうか。

そう言っていただけて、とても嬉しいです!
私自身も、セルフレッスンを書かないと、復活した気がしないです(笑)
月2回書けるように、練習を頑張りたいと思います。

> 先生はモツオタさんだったのですね。

若いころは、主要作品のケッヘル番号を暗記してたらしいですよ。
でも、最近は老化のせいで…Σ(゚д゚lll)!!笑
あ、そういえば、モツオタよりモーツァルティアンの方が、響きが良かったですね(*^▽^*)

「新モーツァルト全集:デジタル版」は便利ですよね。
何とすごい世の中になったのでしょう!!
知られざる名曲を沢山発掘して紹介してくださいね(≧▽≦)

こんにちは^^ * by ゆりこ
セルフレッスンお疲れ様です^^復活されて良かったです♪

Nekoushiさんの次の古典枠、ハイドンがベートーベンなのですね♪

私もモーツアルトの次はハイドンにする予定で、いろいろ聴いているのですが、ホ短調のソナタは聴いてなかったので検索してみました。こちらもきれいな曲ですね!
(ちなみに私の候補曲はヘ長調のソナタ23です)

Nekoushiさんもハイドンにしてくださったら嬉しいな~(←独り言(笑))

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、コメントありがとうございます(^^♪

何とか復活しつつあります(*^▽^*)
それに、セルフレッスンを書いたら、復活した実感がわいてきました(笑)

ハイドンのホ短調ソナタは、昨年2楽章と3楽章をやって、1楽章だけ残ってるんですよ~~
なので、とても気になります(^^;;

ハイドンの23番は聞いたことなくて、検索して聴いてみましたら、ウキウキするような曲ですね!!
ぜひ、練習を楽しまれてくださいね(≧▽≦)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
セルフレッスン記事、久しぶりですね!この日をお待ちしておりました。ほぼ完全復活というところでしょうか。

先生はモツオタさんだったのですね。
そういえばこちらのブログのリンク先の筆頭に、「新モーツァルト全集:デジタル版」ってありますものね。
このサイト、ありがたいですよね。以前ブロ友さんに教えてもらい、特別モーツァルティアンというわけではない私も時々覗きに行ってますよ〜
2018-04-28 * 私はタワシ [ 編集 ]

To:タワシさん
タワシさん、コメントありがとうございます(^^♪

> セルフレッスン記事、久しぶりですね!この日をお待ちしておりました。ほぼ完全復活というところでしょうか。

そう言っていただけて、とても嬉しいです!
私自身も、セルフレッスンを書かないと、復活した気がしないです(笑)
月2回書けるように、練習を頑張りたいと思います。

> 先生はモツオタさんだったのですね。

若いころは、主要作品のケッヘル番号を暗記してたらしいですよ。
でも、最近は老化のせいで…Σ(゚д゚lll)!!笑
あ、そういえば、モツオタよりモーツァルティアンの方が、響きが良かったですね(*^▽^*)

「新モーツァルト全集:デジタル版」は便利ですよね。
何とすごい世の中になったのでしょう!!
知られざる名曲を沢山発掘して紹介してくださいね(≧▽≦)
2018-04-28 * Nekoushi [ 編集 ]

こんにちは^^
セルフレッスンお疲れ様です^^復活されて良かったです♪

Nekoushiさんの次の古典枠、ハイドンがベートーベンなのですね♪

私もモーツアルトの次はハイドンにする予定で、いろいろ聴いているのですが、ホ短調のソナタは聴いてなかったので検索してみました。こちらもきれいな曲ですね!
(ちなみに私の候補曲はヘ長調のソナタ23です)

Nekoushiさんもハイドンにしてくださったら嬉しいな~(←独り言(笑))
2018-04-30 * ゆりこ [ 編集 ]

To:ゆりこさん
ゆりこさん、コメントありがとうございます(^^♪

何とか復活しつつあります(*^▽^*)
それに、セルフレッスンを書いたら、復活した実感がわいてきました(笑)

ハイドンのホ短調ソナタは、昨年2楽章と3楽章をやって、1楽章だけ残ってるんですよ~~
なので、とても気になります(^^;;

ハイドンの23番は聞いたことなくて、検索して聴いてみましたら、ウキウキするような曲ですね!!
ぜひ、練習を楽しまれてくださいね(≧▽≦)
2018-04-30 * Nekoushi [ 編集 ]