FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

ららら♪シューマン

4月6日放送、今日再放送の『ららら♪クラシック』(とことん音楽!私のシューマン仲道郁代の心にすみついた作曲家~)を見ました!
仲道さんの「心のふるさと」シューマンということなので、とても楽しく見ることができました。
再放送も済んだので、以下ネタバレしまくりで…。

今回のテーマは、シューマンの「3つの憧れ」。
その3つというのは、天への憧れ、女性への憧れ、永遠への憧れ、だそうです。
それぞれに対応して、『トロイメライ』、『幻想曲』、『3つのロマンス第2番』という選曲でした。

まずは『トロイメライ』。
4度の音程が「天」を、6度の音程が「憧れ」を表しているという解説に納得しつつ、曲名通り「夢見心地」な演奏を堪能できました。
「ホロビッツのこの曲の演奏に出会っていなかったらピアニストになっていなかったかも」とまでおっしゃる入れ込みようです。

次は『幻想曲』より第1楽章の短縮版。
番組的には「女性への憧れ」ということになっていますが、女性全般というよりクララですね。
ますますハイテンションで解説する、なかみっちゃん(笑)
「変ホ(Es)の音からハ(C)の音へという音形が、SからCへ、つまりシューマン(Scumann)からクララ(Clara)へという意味のような気がする」というようなことを力説していて、司会者2人が若干(かなり?)ポカンとしてたのがちょっと可笑しかった(^^;;
この解釈を聞いてふと思いついたのですが、この曲はハ長調なのにハ長調の主和音が最後の方まで全然出てこないのにも、クララへの想いが込められているのかもしれません。Cの和音(クララ)にたどり着けないもどかしさみたいな…。主和音がなかなか現れないという音楽上の不安感はよく指摘されますが、シューマンは文学的なので、それ以上の意味を込めていたりするかもしれません。
私はこの曲の3楽章(テンポが遅いので何とかなりそうな錯覚を覚える)がとても好きで、いつか弾いてみたいと思っているのですが、第1楽章まで気になってきてしまいました(*´▽`*) 危険すぎる。

最後の曲は『3つのロマンスOp.28』より第2番嬰ヘ長調。
この曲は内声が寄り添ってメロディを奏でていて、それについて、二人が寄り添うように愛の曲を奏でているとのこと。
「永遠への憧れ」というのは、レ#を繰り返し鳴らす箇所が終わりの方にあって、「同音の繰り返しは永遠を表す」ということらしいです。「クララとの愛が永遠に続きますように」ってことですね。「ごちそうさまです」としか言いようがない(笑)
そういえば、この曲も弾いてみたい曲の一つです。

なかみっちゃんの知的で熱いトークは、今回も素敵でした(≧▽≦)
シューマンの世界がまた少し身近になった気がします。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

* Comment : (2)

おはようございます^^ * by どれみ
私もこの番組見てました^^良かったですね♪
難曲ですが、身近に曲を感じられるというか・・
背景がわかるとまた聴き方も違ってきました。

>「変ホ(Es)の音からハ(C)の音へという音形が、SからCへ、つまりシューマン(Scumann)からクララ(Clara)へという意味のような気がする」というようなことを力説していて、司会者2人が若干(かなり?)ポカンとしてたのがちょっと可笑しかった(^^;;
・・そこそこ!!熱弁されてましたね^^
仲道さん魅力的な人だな~と思いました。

あと、4度は天、6度は憧れ・・だそうですが
3度とか、5度とか・・それにも天とかそういうのがあるのかな?と
気になりました。

体調の方いかがでしょう?
気温の変化もある時期です。
くれぐれもお大事にされてくださいね。

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、コメントありがとうございます(^^♪

今回の『ららら♪クラシック』、ご覧になってたのですね!
内容が豊富でよかったですよね。

> ・・そこそこ!!熱弁されてましたね^^
仲道さん魅力的な人だな~と思いました。

本当に楽しそうに熱く語ってましたよね(笑)
シューマンの音楽を愛していることがよく伝わってきました(≧▽≦)
仲道さん、チャーミングです!

> 3度とか、5度とか・・それにも天とかそういうのがあるのかな?

何かありそうですよね。
時間がある時に、調べてみなくては…。

体調は、落ち着いてきているかなぁ、といった感じです。
ご心配いただきまして、ありがとうございます( ;∀;)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

おはようございます^^
私もこの番組見てました^^良かったですね♪
難曲ですが、身近に曲を感じられるというか・・
背景がわかるとまた聴き方も違ってきました。

>「変ホ(Es)の音からハ(C)の音へという音形が、SからCへ、つまりシューマン(Scumann)からクララ(Clara)へという意味のような気がする」というようなことを力説していて、司会者2人が若干(かなり?)ポカンとしてたのがちょっと可笑しかった(^^;;
・・そこそこ!!熱弁されてましたね^^
仲道さん魅力的な人だな~と思いました。

あと、4度は天、6度は憧れ・・だそうですが
3度とか、5度とか・・それにも天とかそういうのがあるのかな?と
気になりました。

体調の方いかがでしょう?
気温の変化もある時期です。
くれぐれもお大事にされてくださいね。
2018-04-15 * どれみ [ 編集 ]

To:どれみさん
どれみさん、コメントありがとうございます(^^♪

今回の『ららら♪クラシック』、ご覧になってたのですね!
内容が豊富でよかったですよね。

> ・・そこそこ!!熱弁されてましたね^^
仲道さん魅力的な人だな~と思いました。

本当に楽しそうに熱く語ってましたよね(笑)
シューマンの音楽を愛していることがよく伝わってきました(≧▽≦)
仲道さん、チャーミングです!

> 3度とか、5度とか・・それにも天とかそういうのがあるのかな?

何かありそうですよね。
時間がある時に、調べてみなくては…。

体調は、落ち着いてきているかなぁ、といった感じです。
ご心配いただきまして、ありがとうございます( ;∀;)
2018-04-15 * Nekoushi [ 編集 ]