Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

セルフ・レッスン第1回=教材選び

GW中にソナチネで遊び過ぎたのが原因で、両手の小指の付け根辺りに負荷がかかり過ぎたらしく、最近は、泣く泣くピアノを弾く時間をかなり減らしています。

最近、レッスンに通うかどうか迷った結果、とりあえず「Nekoushi先生にお願いする」(つまりセルフレッスン)ということに決まっていた(『レッスン受けようか迷った結果…』参照)ので、こういうピアノをあまり弾けない時こそ、レッスンの教材でも考えてみようかな、ということになりました。

というわけで、1回目のレッスンは、先生(自分だけど…笑)と相談して教材選びです。
思わず、会話記録の形式にしてしまいました(^^;
よく考えると一人二役なので恥ずかしいのですが、かっこよく言えば「自分との対話」(笑)

先生教則本と言いますか、できるだけ毎日少しずつやる教材があった方が良さそうですね。何もないと弾き散らかして終わりにしちゃうみたいだから…(笑) どんな教則本を持ってますか?」

「うちにあるのをかき集めてきたら、チェルニー40番、チェルニー左手、チェルニー30番から何曲かコピー、モシュコフスキーの20の小練習曲、どういうわけかハノンもありました。それから、教則本というべきか分かりませんがインベンション・シンフォニアです」

先生「まず、インベンション・シンフォニアは決定です。これは毎日少しずつやってください。特にシンフォニアをよく勉強したらいいと思います。対位法をしっかりやることで、音楽性も高まるし、もちろん指の訓練にもなりますから。」

「チェルニーとモシュコフスキーで迷っているのですが」

先生「それは、はじめの方をやりかけているチェルニー40番の残り(15番以降)をやってください。苦手な技法がある時は、30番の同じような技法の曲をまずやってみたらいいと思いますよ。例えば、40-15の半音階が苦手だったら30-21をまずやってみるとか、両手で3度や6度のスケールをやる40-29が苦手だったら30-23で予習してみるとか…。左手の練習曲は要らない気がします。演奏を聞かせていただいたら、意外と左手もしっかりしていましたから」

「モシュコフスキーはどうでしょうか?最近お気に入りなのですが…。」

先生「なかなか取り扱いに困る曲集を買ってきましたね(笑) 私も、モシュコフスキーの20の小練習曲は綺麗な曲集なので好きです。でも、どういう技術の習得を目指しているのか少し中途半端なところがあるかも…。多声的なことはインベンション・シンフォニアがありますし、メロディを綺麗に歌わせるのは普通に曲でやればいいのですよ。モシュコ20は、ときどき気分転換に弾いてみるという使い方はどうでしょう?」

「先生はチェールニー贔屓なのでは…?笑」

先生「それを言うなら、チェルニーを何種類も用意してたあなたこそ(笑) それに、チェルニー40番が終わって、それでも練習曲をやりたいときは、モシュコ20の上の段階のモシュコフスキーの15の練習曲をやってもいいかなと思ってますよ」

「ハノンはやらなくてもいいですよね?」

先生「そうですね、要りません。それから、お持ちではないようですがピシュナみたいな指強化練習本は特に強く禁止します。指を痛めて弾けなくなってしまっては元も子もないですから」
スポンサーサイト

*Comment

No title

Nekoushiさんこんばんは。

Nekoushi先生とご一緒に(笑)教材を考えられたのですね!
中々現実的な選択ですね~(#^.^#)

先生はモシュコフはあまり…という感じなのですね。
ピシュナはダメなのですか…
私は持ってないですけど指を痛めることもあるのですね、
気を付けなければ…

Nekoushiさんは左手がしっかりされてるのですね
私は左手ダメダメなので羨ましいです!
  • posted by ね~み♪
  • URL
  • 2017.05/14 21:34分
  • [Edit]

To:ね~み♪さん

こんばんはー。
コメントありがとうございます!

時間が限りなくあれば、候補の教材全部やりたいところですが、そういうわけにはいかないので、「先生」と相談して絞りました(笑)

>中々現実的な選択ですね~(#^.^#)

指導者目線で見ると、やっぱり常識的なところに落ち着いてしまいますね。読み物としては、もっとぶっ飛んだメニューの方が面白いのでしょうけど…(^^;

>モシュコフはあまり…という感じ

日々の練習というよりは、「Nekoushiピアノ教室の発表会」というものがあるとしたら(←妄想がふくらみ過ぎ…笑)、大人の生徒に弾かせてみたい曲集のような気がしました。綺麗な曲が多いので。

ピシュナは、解説に「やり過ぎると手を痛める」的なことが書いてありましたよ(*_*;

>Nekoushiさんは左手がしっかりされてる

あくまで「意外と」ですよ(^^;
右が思ったよりダメだったので、左右が(悪い意味で)バランスとれてるのかもしれません(;^ω^)
先生はクビになるのが嫌だったのか、はっきり言うのを遠慮したのでしょう(笑)
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.05/14 23:30分
  • [Edit]

No title

Nekoushi さんこんにちは^^
私の方に何度かコメント頂きありがとうございます。

教材の選択、、すごい洞察力でためになりました。
私の場合 ツエルニー40番 途中で投げ出してます。
ハノンもしてないし。
バッハのインヴェンション・シンフォニアは楽しくて、
大変指の練習にもなるので 頑張ってます。
いい教材が 決まるといいですね。

  • posted by ここまふぃん
  • URL
  • 2017.05/16 20:45分
  • [Edit]

To:ここまふぃんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます!

「すごい洞察力」だなんて、ほめ過ぎですよ(^^;
でも、興味を持って読んでいただけたとしたら嬉しいです。

チェルニー40番は途中から急に難しくなりますもんね。
私は、ちょうど難しくなる直前ぐらいのところで、忙しくなってレッスン(セルフではなくて本物の)をやめてしまいました。

インヴェンション・シンフォニアが一番飽きないし挫折もしないかもしれませんね!

> いい教材が 決まるといいですね

ありがとうございます。
楽しみながら決めたいと思います。
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.05/16 23:37分
  • [Edit]

No title

Nekoushi先生、こんにちは~

私は40番始めた早々で、保留にしていますw
そしてインベンションも7曲く弾いて保留中(汗
(保留ばっかりww)

インベンションに限らず、バッハを楽しいと感じる
ことが出来るのは才能ですね・・・

(私の)憧れのモシュコフは次点ですかー 残念!
  • posted by ゆにくあ
  • URL
  • 2017.05/20 00:06分
  • [Edit]

To:ゆにくあさん

こんにちはー(^^
コメントありがとうございます!

40番は挫折ポイントがあちこちある気がします(^^;
曲がつまらなくて放棄したくなったり、難しくて投げ出したくなったり(笑)
先生(自分だけど…笑)がやれって言った40-15、いきなり大苦戦してます(*_*;

そういえば、ゆにくあさんのお友だちにはバッハ好きな人が多いような気がするのは、気のせいでしょうか!?

モシュコフスキーをめぐっては先生と生徒の駆け引きが続いてます(笑) 生徒は、チェルニーよりずっと魅力的な、モシュコフスキーの「20の小練習曲」にこだわりがあるようで…。
この師弟攻防(?)の話、気が向いたら記事にしますね!
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.05/20 16:44分
  • [Edit]

No title

面白かったです(笑)
Nekoushi先生、うちのブログにも遊びにきてー(笑)
  • posted by ねこぴあの
  • URL
  • 2017.05/21 17:29分
  • [Edit]

To:ねこぴあのさん

こんにちは。
コメントありがとうございます!

面白かったですか?笑
会話(?)を公開したかいがありました(笑)

> Nekoushi先生、うちのブログにも遊びにきてー

生徒の方が遊びに行きますね('◇')ゞ
先生のほうがいいですか?笑
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.05/21 17:49分
  • [Edit]

No title

Nekoushi先生の記事、最高です!
いつもとても楽しく拝見してますよ♪

それにしてもNekoushiさんのピアノに対する研究熱心と、客観的に自分を分析する能力はすごいです!
こんなタイプの人なら独学でも十分やっていけそうですね!
(ついでに?文章力も並々ならぬものを感じました!)

あと、これはあくまで個人的願望ですが。。。
生徒さんにはもうちょっと意志を強く持ってもらって、ぜひモシュコフスキーをやってもらいたいです。
ここに練習の動画か録音を貼っていただけるのでしたら(←めっちゃ期待してます)なおのこと、断然モシュコフスキー推奨です!
チェルニーはたしかに、よくできた練習曲かもしれないけど、やっぱりやっぱり、音楽的につまんないですもんね~
(そうそう、わたし、この前東京に行ったのですが、道中、BGMにモシュコフスキーのピアノ協奏曲をずっと聴いてましたよ~)
  • posted by 私はタワシ
  • URL
  • 2017.05/24 09:58分
  • [Edit]

To:タワシさん

こんばんは。
コメントありがとうございます!

すごく高く評価していただいて、穴があったら入りたいぐらいです(^^;
最近、自分の演奏を分析して実際に批評してみることが楽しいと気づきました。
でも、セルフレッスンのシリーズは「事実に基づくフィクション」として読んでいただければと思います。文章力より妄想力の方が高いかもしれません(笑)

モシュコフスキー人気ですね!
チェルニーが嫉妬しそうです(笑)
20の小練習曲の中から、何曲か抜粋してきちんと練習しようとは思ってます。
私も機会があったらモシュコフスキーのピアノ協奏曲を聴いてみますね♪
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.05/25 00:24分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ