Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

Entries

セルフレッスン第21回:今日はスパルタですΣ(゚д゚lll)!!

最近、練習不足なのですが、頑張ってセルフレッスンをしてみました。

まずはチェルニー40-19。
ついに7か月です(^^;;

先生「最近、練習時間がなかなか取れないんですって?仕方ないですから、この場で練習してもらいましょうか」

「1曲だけでレッスン終わるかもしれないですね(^^;;」

先生「他に生徒が待っているわけでもない(注:そもそも他の生徒なんていない)ので、今日は徹底的にやります」

ということになって、気が遠くなるほど部分練習をさせられる。
16分音符のアルペジオを1つ目単音・2~4つ目を重音にしたり、左手の跳躍練習をしたり…。

40-19を30分ぐらい延々と「ストップ」「そこもう一度」を繰り返した後、40-20へ。

先生「今日は急いでいないのがいいですね。ちゃんとメトロノーム使って練習したの?」

「2,3回メトロノーム練習をしたら落ち着いたみたいです」

先生「引っかかるポイントは数か所に絞り込めてきたようですね。その前後数小節を徹底的に片手と両手の交互で部分練習しましょう」

「片手にすると特に苦しいです」

先生「ああ、基本的に、それはそうです。両手で弾く方が左右がお互いに助け合うというか依存し合えるというか。一つには、片手でやる方が難しいからこそ片手練習が必要なのです」

これも30分ぐらい繰り返し。

先生「それじゃ、19番の方にもう一度戻ってみましょう」

「えっ。そんな殺生な(>_<)」

19番に戻って弾いてみたら、初めよりかなりスムーズになってました。
というわけで、また30分ぐらい練習。

「この2曲、セットでやるといいみたいですね」

先生チェルニー40番は『流暢さのための練習曲』ですから。色々やってるうちに、少しずつ流暢になります。子供だったら、もっともっと成長が速いです。せめて20代の頃にチェルニー40番を終わらせてたらかなり違ったと思うけど、そんなこと言っても仕方ないものねぇ。40代で40番を終えられるように頑張りましょう!!」

「50代では50番ですか!?」

先生「そこまではまだ決めてないけど…(^^;; お望みならそうします(笑)」

次は前回のレッスンで課題に出されたシンフォニア2番。

先生「難所は1か所。20-21小節だけですね」

シンフォニア2番21-22小節
↑この部分。
右手がソプラノを、左手がアルトとバスを分担(最後の2分音符はアルトが右手に移る)するのですが、やたらと弾きづらい。

先生「まず、右手でアルト、左手でバス弾いて、響きをしっかり覚えて」

(何回か繰り返す)

先生「次は、左手でアルトとバスを同時に。右手は弾かない」

(また繰り返す)

先生「それじゃ、右手も加えてみて」

(お手上げ)

「なんかもう、この曲、放棄したくなるぐらいです(>_<)」

先生「何を言うのです。まだ取り掛かったばかりでしょ。そんな投げやりなことでは破門です」

「ひぃっ。それは勘弁してください」

先生「表現上のことを少し補足しておきますね。この曲は、連続する下降が多いですが、時おり上昇がクロスして緊張感を高めています。例えば25小節以降ですが、下の図で青い矢印で書いた16分音符の下降と赤い矢印で書いたバスの上昇音形とか。それから、最後だけは珍しく連続して上っていきますが、ここは幅広い感じで。意識して少し強調してみましょう」

シンフォニア2番 25小節以降

「楽譜をじーっと眺めていると、十字架のように見えてきますね」

先生シンフォニアの中でも宗教色が強い曲調なので、そのイメージは間違ってないと思います。そんな解釈を何かで読んだ記憶があります」

さすがにこの辺で(両者とも…笑)力尽きてしまい、モーツァルトのメヌエットK.334(編曲もの)と『献呈』は、1回ずつ通して終わり。
K.334は、1か所だけ弾けない部分があり、そこさえ出来れば合格らしいです。
文字にしてみると、破門の危機以外は大したことない感じですが、今日のレッスンはかなりハードでした(*_*;
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

タグから記事へGO!

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 モーツァルト K.311 シューマン チェルニー 献呈 リスト ショパン 仲道郁代 近藤由貴 ハイドン レンタル練習室 フランス組曲 平均律第1巻 BWV858 Hob.XVI:34 湯山昭 お菓子の世界 楽譜 エチュード 無謀曲 K.331 インヴェンション バラード ドビュッシー 調性 自分の演奏好き? ハノン 調律 電子ピアノ ベートーヴェン ワルツ トルコ行進曲 久元祐子 クラビノーバ ムソルグスキー 展覧会の絵 アルマンド 指マッサージ 練習曲 ららら♪クラシック シューベルト K.334 理想の先生 和声法 中村紘子 ソナチネ 選曲 好きな調 クレメンティ ブラームス オスマン帝国 20の小練習曲 モシュコフスキー 変イ長調 スマホ老眼 感情をこめて弾く スマホ 書き込み マズルカ 幻想曲 パスカル・ドゥヴァイヨン カデンツ 土田京子 メソッド・タリアフェロ バックハウス キーシン ルービンシュタイン ランラン チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 ドゥシェック 小ジーグ K.574 クーラウ バイエル ポロネーズ 半音階的幻想曲とフーガ マズルカOp.7-1 Hob.XVI:50 交響的練習曲 ト長調 op.119-2 op.118-5 ベルサイユのばら 変奏曲 植山けい チェンバロ op.117-1 céleste 間奏曲 イリーナ・メジューエワ op.118-2 吉松隆の調性で読み解くクラシック ヴァイオリン ピアノ記念日 パルティータ リシエツキ 気象病 ソナタ カテゴリー ワルトシュタイン ら抜き言葉 似合いそうな曲 リズム変奏 ハプスブルク帝国 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト ベレゾフスキー マリー・アントワネット ハプスブルク家 マリア・テレジア D915 ピアニストは面白い 教則本 チェルニー30番 苦手な曲種 マーチ スケール 行進曲 似合う曲 タグ ピアノ騒音問題 演奏と喋り方 ツィメルマン D960 幻想即興曲 楽譜の視覚効果 アルペジオ 左ペダル D959 夜の女王のアリア 曲名の略称 妄想 山枡信明 プチトリアノン 魔笛 全音ピアノピース ヨハン・シュトラウス ウナコルダ ウィンナー・ワルツ ポルカ ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 子供の情景 

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇レッスン課題
・チェルニー40-25番
・バッハ シンフォニア 13番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第1楽章
・シューマン/リスト『献呈』

◇予習中
・ショパン『幻想即興曲』

◇2018年の終了曲
・チェルニー40-19、12、20、24番
・バッハ シンフォニア 2番、4番
・バッハ 平均律第1巻13番
・モーツァルト ディヴェルティメントK.334~第1メヌエット(ピアノソロ版)

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR