FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

『ららクラ ショパン祭り』 by 仲道郁代さん♪♪

昨日、NHKの『ららら♪クラシック』(仲道郁代さんのショパン特集)の再放送を見ました。

この番組、いつの間にか構成や出演者が変わっていたのですね。
私は、以前のは好みに合わなかったので全然見ていなくて、リニューアルされてることに昨日初めて気づきました(^^;;

記事のタイトルでは勝手に番組名を略した上にサブタイトルも変えてしまいましたが、改めて調べてみると昨日の再放送は「とことん音楽!私のショパン」というサブタイトルでした。

再放送でもありますし、以下、遠慮なくネタバレしてますので、あしからず。

今回は、ショパンが苦手だそうで「ショパンはきれいごとっぽい」とか口走るMCの高橋克典さん(以下、カツノリ←相変わらず馴れ馴れしい私Σ(゚д゚lll)!!)を、仲道さんの解説と演奏で克服させようというコンセプト。
ショパンは単に優雅で綺麗なだけじゃなくて、もちろんそれもあるけど、情熱的な愛国者で、苦悩もあって、もっと複雑なんだから~~!!という、まぁ、ショパン好きにとっては常識な話を納得させていくストーリー展開でした。

最初に取り上げられた曲は『華麗なる大円舞曲』。パリのサロンで優雅な日々を送るショパンですが、祖国のポーランドが頭から離れず、ワルツなのにマズルカのリズムを取り入れているという有名なお話を、なかみっちゃんが力説。楽譜見せながら「ここにスタッカートがあって、次のスラーのかかり方がポーランドらしい」というようなことを、「らっ、ららら~♪らっ、ららら~♪」なんて歌いながら、私のセルフレッスンのように(!)説明してました。
でも、いまいちピンと来てない様子のカツノリΣ( ̄ロ ̄lll)!!笑

2番目は『革命のエチュード』。
ワルシャワ蜂起がロシア軍に鎮圧された報せをパリに向かう途中で聞いたショパンの心情が表れているとか言われていますね。
ハ短調なのに、そうとは分からない和音で始まるところや、長調で終わると見せかけてハ短調にもどり、最後はやっぱりハ長調で終わってるといった、調性に焦点を当てて、不安定さが表現されているという解説。
「ベートーヴェンだったらハ短調の主和音で始めてる」と言って悲愴ソナタの冒頭を弾いて比較してくれたのには、大いに納得です。
この曲は、ドラマチックに弾き過ぎると恥ずかしい感じがすると私は思っているのですが、なかみっちゃんの演奏はもちろん全然そんなことなくて素敵(*´▽`*) 昔よりさらにサラサラ弾いてる気がしました。おそらく、プレイエルと運命の出会いの結果、演奏が変わったのだと思います。楽器との出会いによって演奏が変わる!!と改めて実感しました。
「おお、これはいい」と、お気に召したらしいカツノリ。ショパン苦手っていうより、優雅なのがあんまり好きじゃないだけじゃないの?笑

3番目、最後は『バラード1番』の短縮版。この曲にはショパンの二面性が表れていると解説してましたが、私はどういう風にカットしたのかにばかり関心が行ってしまって、それ以外のこと、忘れちゃった(^^;;
この曲には、メロディが別のメロディに移り変わる場面で、旋律的でないパッセージが「繋ぎ」になってることが多いのですが、そういう部分を中心にカットしてたようです。あとは、主題が3回現れるのを2回にしてたり…。
で、このカット版を聞いて思ったのが、以前『バラ1 vs バラ4』でも書いた、バラ1はオペラ的ということ。カットされた「繋ぎ」っぽい部分って、オペラのレチタティーヴォ・セッコ(セリフと音楽の中間みたいな感じで、アリアの間に挟まれてるやつ)みたいなものじゃない?という気がしたのです。オペラの大昔の録音ではセッコをカットしているのが多いのですが、なかみっちゃんのバラ1短縮版を聴いていると、それに通じるものを感じました。
やっぱり、バラ1ってオペラなんだな~~♪♪なんて考えているうちに、あっという間に番組は終わってしまいました。

最後はカツノリも「ショパン好きになりました」と言って、めでたしめでたし(笑)
「ショパン苦手」って、どこまで本気でどこまで番組上の演出なのかよく分かりませんが…。
ともあれ、かなり楽しめました(≧▽≦)
関連記事
スポンサーサイト

* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ショパン ワルツ エチュード バラード 仲道郁代 ららら♪クラシック | * Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する