FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

Entries

面白すぎる、『ピアニストは面白い』by 仲道郁代

今年の私から私へのお年玉、仲道郁代さん(以下なかみっちゃん)のエッセイ『ピアニストは面白い』(春秋社)を2、3回読んだので、記事にしてみようと思います。

この本の中にも出てくるし、本の帯にもキャッチコピーとして書いてある「GOING MY WAY わがみちいくよ」の一言がとても印象的です。韻をうまく踏んでて、分かりやすくて素敵です。「猫は丑三つ時にピアノを弾く」のNekoushiとは大違いΣ( ̄ロ ̄lll)!!

さて、本の中身ですが、全編にわたって面白すぎます!!
ピアニストは面白い』というタイトルですが、面白いのは、なかみっちゃんです(笑)
紹介したいところが多過ぎて、紹介しようがないよ、これ…。どうしましょう。
まあ、でも、頑張ってみます。

前半は、ピアニストになるまでの、日本、アメリカ、ドイツでの生活について書かれています。
日本で「ピアノ道」を学び、アメリカで「楽しむこと」を学び、ドイツで「本場のクラッシック音楽」を学んだ結果、ピアニスト仲道郁代が完成したのですね。
本の中では面白おかしく書いてますが、本当に努力家で、でも悲壮感が漂ってなくて、そういうところが何とも素敵です。
あと、最初の方に出てくる幼少時のオルガンを弾いている写真が衝撃的!!堂々とし過ぎて、全っっ然可愛くない(笑) でも、ご本人も「ルービンシュタインみたい」と書かれている通り、大物の雰囲気を漂わせているのは間違いないです。必見の写真なのですが、ぜひ実際に見てみてくださいとしか言いようが…。

真ん中あたりには、「子連れピアニストが行く」という章があって、子育て日記と、子育てしながらの演奏家生活についてのエッセイです。そんな生活、どう考えても大変に決まってるのだけど、ここでも悲壮感なく、あくまで前向き。なんと、一日を三日と考えることにしたらしい(^^; 「毎日を何次元もの生活にすれば、すべてに何日もの時間があることに気が付いた」そうで、なかみっちゃんの命名によれば「一日三日間法」。これ、かなり参考にしたいかも。
娘さんのピアノについてはかなり苦戦された模様。お子さんのピアノのレッスンでお悩みのお母さんにとっては、何だか親近感が湧くのではないかと思います。そして、娘さんとのやり取りが、これまた笑える(特に娘さんのほう…笑)。
あ、そういえば、育児日記でも衝撃的なことがありました。娘さんと蝶の採集をしてたらしいのですが、その時に捕まえた蝶を少し圧迫して気絶させないと虫かごの中で暴れて羽根が傷む。で、圧力のかけ方が微妙で、失敗すると文字通り圧死するって力説してたΣ(゚д゚lll)!!なかみっちゃんってば、意外とワイルドな一面があるのですね(笑) てっきり虫を怖がるタイプかと思ってたので、ギャップ萌えのあまり、思わずネタバレしちゃいました。

後半は、音楽について考えていること色々で、面白い上に一段と内容が濃くなります。

なかみっちゃんによれば「ピアニストは探偵」だそうです。楽譜、楽器を駆使して作曲家像に迫るのだけど、それは感覚やひらめきを頼りにということではなく、論理的に迫らなければいけない。「説明できないものは、解釈とは言えない」とのことで、言葉で音楽を説明することの重要性は、後半で繰り返し出てきます。
曲から色々な作曲家の手を想像してみるという箇所もあったりして楽しめます。例えば、ベートーヴェンに指圧をしてもらったら気持ちよさそうとか書いてあって、やっぱり面白い。
そういえば、私が時々悩みとして書いているドビュッシーの弾き方についても、すごく参考になる記述がありました。ペダルは控えめに、音はもわっとではなくくっきり、チェルニーのように弾いてはいけなくてフランス語の発音を意識して、という感じらしく、「おお、なるほど!」と思いました(備忘録として例外的にネタバレ)。
ベートーヴェンのソナタ全曲録音をするにあたって、諸井誠先生という作曲家の偉い先生に徹底的にレクチャーをしてもらったり、すごく研究熱心な面も見せてくれます。

クラシック音楽が、ピアニストが社会にどうやって貢献できるかについてもかなり真剣に取り組まれています。学校を訪問するアウトリーチだったりとか、音楽を通して色々な体験をするワークショップだったりとか。
残念ながら今は行われていませんが、クラシック音楽を普及させる取り組みとしての、お芝居とコンサートを融合させた「仲道郁代の音楽学校」「ゴメン!遊ばせクラシック」についての話も、とても興味深かったです。第一部で曲についての自問自答を基に演出家に作ってもらったお芝居をする(それに出演もする!)、そして第二部でその曲を演奏するという構成だそうです。曲についての自問自答って、そういえば、私のセルフレッスンに通じるものがあると思って、ますます勝手に親しみがわきました。
言葉と音楽の関係が再び強調されます。「(音楽を)言葉を使って、考え整理し。そして、最後にその言葉までも解き放った瞬間、そこにあるものが、意味を持った音楽だ。だから素晴らしい」。

結びの方で、「私はピアノの音に涙する」という詩的なセクションがあって、すごく感動したので、少々長くなりますが引用します。

私はピアノが好きだ。ピアノを弾くことが大好きだ。
ピアノは私を善きものに導いてくれる。
ピアノの音は私を浄化してくれる。
ピアノの音は私に人生を教えてくれる。
私の感覚を細やかにしてくれる。
(中略)
人は、音によりつながることができる。
音は、人の生き様をも表現する。
生き様に共鳴し、つながっていく人間がいる。
音を鳴らす瞬間、弾く人、聴く人、みな生きている。
存在が、そこにある。
(中略)
ピアノの音に人は涙する。
ピアノの音は言葉でもあり、言葉以上でもある。すべての人間的感覚を内包する。
心から心への純粋なメッセージを語ることができる。
私はそんな時を、ピアノとともに持つことができる。
私はピアノの音に涙する。



この本を読んでみて、なかみっちゃんの魅力の一番のもとは、好奇心旺盛なところかなぁと思いました。
本当に色々なことにアンテナを張り巡らして、関心を持ったことにはチャレンジされてる。そういうところが演奏やお話からよく伝わってくる気がしました。
「演奏は偉大な遊び」とも書いてらっしゃいました。真摯かつ遊び。だからこそ心に響く演奏ができるのだと思います。

「なかみっちゃん」なんて馴れ馴れしく呼んでますが、本当は尊敬しています。
一応、念のため(笑)
関連記事
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

そのような本が出ていたのですね!
これは要チェックかなー

なかみっちゃんのBSの番組の再放送がまた始まりますね(^^

  • posted by けもネコ 
  • URL 
  • 2018.01/26 10:28分 
  • [Edit]

To:けもネコさん 

けもネコさん、コメントありがとうございます(^^♪

この本、かなりおススメですよ。
是非読まれてみてください!

BSフジのなかみっちゃんの番組、28日に総集編でしたね!あやうく録画し忘れるところでしたΣ( ̄ロ ̄lll)!!
コメントくださったおかげで助かりました(≧▽≦)
  • posted by Nekoushi 
  • URL 
  • 2018.01/26 14:23分 
  • [Edit]

こんばんは♪ 

確かに、ピアノレッスンでの娘さんとのやり取り、かなり共感しました(^^;
「そんなんだったらやめなさい」とか・・・禁句ってわかってるんですけどね。
でも娘さんのその後の音楽への向き合い方にちょっとほっとしました。うちも(レベルは違えど)そのような感じになるような気がします。ピアノ続けてほしいですけどね・・・強制はできないですしね。

あと、ピアノ奏法について、今でも試行錯誤中というところ、興味深く読みました。


一度読んでる本なのですが、Nekoushiさんの解説わかりやすかったです。もう一度、読み返してみますね^^
  • posted by ゆりこ 
  • URL 
  • 2018.01/29 23:07分 
  • [Edit]

To:ゆりこさん 

ゆりこさん、コメントありがとうございます(^^♪

> 確かに、ピアノレッスンでの娘さんとのやり取り、かなり共感しました(^^;

あ、やはり!
私の中では、ゆりこさんは共感してくださる人の候補でした(笑)

> でも娘さんのその後の音楽への向き合い方にちょっとほっとしました。うちも(レベルは違えど)そのような感じになるような気がします。ピアノ続けてほしいですけどね・・・強制はできないですしね。

親子の音楽への向き合い方の決着がホントに素敵で、読んでてホッとしたというか、嬉しかったです。
いい話なので、読んでのお楽しみということで、記事では触れませんでした。

ゆりこさんの娘さん、ピアノ続けてくれて、連弾できるようになったらいいですね!

> 一度読んでる本なのですが、Nekoushiさんの解説わかりやすかったです。もう一度、読み返してみますね^^

ありがとうございます(≧▽≦)
頑張って書いた甲斐がありました!
この本は、何回読んでも面白いので、ぜひまた読み返して楽しんでくださいね(^^♪
  • posted by Nekoushi 
  • URL 
  • 2018.01/30 05:12分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

タグから記事へGO!

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン 仲道郁代 チェルニー リスト K.311 ベートーヴェン 献呈 メンデルスゾーン 幻想即興曲 ハイドン 近藤由貴 春の歌 Hob.XVI:34 レンタル練習室 青柳いづみこ 調律 幻想曲 ハノン 平均律第1巻 K.331 ドビュッシー グリーグ ベトソナ10番 無謀曲 チェルニー30番 BWV858 フランス組曲 ららら♪クラシック ブラームス シューベルト お菓子の世界 楽譜 エチュード 湯山昭 ベルサイユのばら BWV862 和声法 バラード こんまりメソッド 指先から感じるドビュッシー パルティータ 抒情小曲集 ワルツ 調性 クラビノーバ 練習曲 インヴェンション さくらももこ バラード2番 ロマンスOp.28-2 自分の演奏好き? 理想の先生 好きな調 ウィンナ・ワルツ D960 マリー・アントワネット イリーナ・メジューエワ リサイタル D959 交響曲 リズム変奏 左手のための24の練習曲 鷲田清一 植山けい 変奏曲 K.334 スケール ヨハン・シュトラウス 選曲 ピアニストは指先で考える メトロノーム ドゥシェック ブルグミュラー バイエル K.574 ピアノ椅子 ヴァイオリンソナタ 久元祐子 トルコ行進曲 四十肩 五十肩 クレメンティ 展覧会の絵 ムソルグスキー ソナチネ アルマンド 土田京子 北九州 響ホール 「亡命」の音楽文化誌 電子ピアノ 旅する作曲家たち スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー 令和 中村紘子 カデンツ 書き込み D915 パスカル・ドゥヴァイヨン 山枡信明 妄想 子供の情景 チャイコフスキー プチトリアノン 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 ピアニストは面白い op.117-1 ランラン ヴァイオリン ルービンシュタイン キーシン céleste 感情をこめて弾く バックハウス メソッド・タリアフェロ 間奏曲 曲名の略称 op.118-2 吉松隆の調性で読み解くクラシック ピアノ記念日 20の小練習曲 ポロネーズ 行進曲 マーチ スマホ 小ジーグ 左ペダル アルペジオ 苦手な曲種 教則本 タグ 交響的練習曲 似合う曲 楽譜の視覚効果 Hob.XVI:50 ウナコルダ ツィメルマン 魔笛 全音ピアノピース 夜の女王のアリア マズルカ オスマン帝国 マズルカOp.7-1 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 クーラウ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 グランド・ソナタOp.37 ソナタ 電子メトロノーム m.d ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 英雄の生涯 バトン リヒャルト・シュトラウス m.s. m.g. おんぶにだっこ 合奏譜 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 つるかめ算 ピアノ愛好者16の質問 幻想曲あるいはカプリス 田島令子 フォーレ 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ノクターン K.457 クラ―マー=ビューロー トンプソン チェルニー50番 ダイエット 小プレリュードと小フーガ グランドピアノ 和声法がぐんぐん身につく本 島村楽器 折々のことば 好きな作曲家ランキング ブルグミュラー18の練習曲 近藤麻理恵 お片付け祭り 田部京子 無言歌 ベトソナ リスト編曲版 整体師 平均律 半音階地獄 こんまり クラシックキャットトートバッグ 五線紙ノート 宮川彬良 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス 伊藤恵 トロイメライ エルガー 愛の挨拶 川嶋ひろ子 上原彩子 クララ・シューマン ブログ スタッカート練習 哀しみ 岩城宏之 丑三つ時 楽典 ら抜き言葉 ポーランド N響 庄司紗矢香 電子書籍 三瀬高原音楽祭 プレイエル 永遠のショパン K.533+494 似合いそうな曲 ワルトシュタイン ピヒト=アクセンフェルト 高橋多佳子 リシエツキ チェンバロ op.119-2 ト長調 ベレゾフスキー マリア・テレジア 気象病 カテゴリー 部分練習 ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 「聴く」ことの力 ゆっくり弾き タッチ K.412 音色 脱力 駅ピアノ D946 K.576 K.537 恋するクラシック リズム練習 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 ラ・カンパネラ スマホ認知症 短音階 導音 復習 フランス王妃の受難 アルベニス グラナドス まるむし帳 減7の和音 諸井三郎 アップライト ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 クロスリズム op.118-5 

右サイドメニュー

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇憧れ曲の下地作り
・リスト『バラード 第2番』

◇寝かせ中
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

◇2018年の終了曲
・チェルニー40-19、12、20、24、25、23番
・バッハ シンフォニア 2番、4番、13番、12番
・バッハ 平均律第1巻13番 嬰へ長調
・モーツァルト ディヴェルティメントK.334~第1メヌエット(ピアノソロ版)
・シューマン/リスト『献呈』
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第1楽章

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム

QRコード

QR