FC2ブログ

Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

曲名の略称いろいろ

音楽やってると、曲名を省略して呼んでしまうことが多いですよね。
モツソナ(モーツァルトのソナタ)とかベトソナ(ベートーベンのソナタ)とか…。
ちょっとリズミカルというかコミカルな感じがして、曲にお近づきになれた気がします。

私自身は「モツソナ」についてはケッヘル番号で呼ぶことの方が多いかも…。
一つには、記事で時々ネタにしてますが、もつ鍋がブレークしたバブルのころに青春時代を送ったせいか、「もつ鍋」と言い違ってしまいそうだから(笑)
いや、もちろんそれだけじゃなくて、「モツソナ〇番」というとどの曲だったか一瞬分からなくことがあるのが大きいです。
モーツァルトの曲は「旧全集」と「新全集」で番号の付け方が違ってる場合があって、

ケッヘル:310/311/533+494/545/570/576
旧全集:8番/9番/18番/15番/16番/17番
新全集:9番/8番/15番/16番/17番/18番

という、対応になってたりするので、特に後半はわけ分からなくなっちゃうΣ(゚д゚lll)!!
で、どういうわけか、私の中ではK310もK311も「モツソナ8番」と認識されてるし…。
ケッヘル番号なら間違いなく特定できるので便利です。

お次はベートーベン。
「ベト」っていうと、ベトナムな感じがする。
なので「ベトソナ」は「ベトナムのソナタ」(笑)
そういや、ひと昔前「冬のソナタ」が大流行して「冬ソナ」って言ってましたよね。
韓流ブームの次はベトナムブームが到来して、「ベトナムのソナタ」なんてドラマができないかしら?←おそらくない
何はともあれ、「ベトナム」と「ソナタ」を融合しちゃったような「ベトソナ」は、私にはギャップ萌えな呼び方です(笑)
愛称付きのは愛称で呼びますが、「ハンマークラヴィーア」だけは私の中では「ハンクラ」です。縁のない曲ですが…。
どさくさに紛れて白状すると、「ハンクラ」は確かに立派な曲かもしれないけど、そんなに素敵な曲かなぁ?

ショパンはどうでしょうね。
ショパンのソナタを「ショパソナ」ってあんまり略さない気がします。
語呂は結構いいのにね。
難曲過ぎてあまり弾く人がいないので、「今ショパソナ2番練習しててさ~」って話題に上ることが比較的少ないから?
バラードは「バラ1」「バラ2」…、と呼びますよね。私は、この呼び方好き(*´▽`*)
バラが薔薇に思えて素敵な感じがします。そして薔薇は好きな花なので。
そういえば、ショパンには『アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ』という、本名で呼ぶのが面倒極まりない曲がありましたね。私の中では「大ポロ」だったのですが、ネットを眺めてたら「アンスピ・カレポロ」って略してる方がいらして、「おお、なるほどね!!」と妙に感心したことがあります。

シューベルトは略し方がよく分からない、あるいはあんまり略さないかなぁ。
ソナタを「シューソナ」と略したらシューマンと区別つかないし、「シュベソナ」じゃ舌噛みそうだし(笑)
シューベルト好きな人はD番号で呼ぶ?

あと、バッハの「イギリス組曲」の略称がよく分からないですね。
「イギリス組曲1番」を「イギ1」とか呼ぶと、これまた舌噛みそう。「英1」「英2」…、なんて意外といいと思うのだけど、文字にすると分かりやすくても、音にすると全然ピンと来ないか…。

全然内容がなくて恐縮ですが、曲名の略称って面白いと思ったので、何となく記事にしてみました。
関連記事
スポンサーサイト

* Category : 音楽の話色々

* Comment : (2)

NoTitle * by 私はタワシ
ベトソナ、モツソナは、この世界では常識の略語、と思いきや・・・
あるピア友さんと話しした時、彼女は(そして彼女の師匠も)ずっと「ベーソナ」「モーソナ」と呼んでいて、「ええっ?ベトソナ?モツソナ?そんなふうに略すの?」と驚いていたことを思い出しました。特にモツソナは衝撃だったみたいですよ、あの食べるモツを連想してしまって(Nekoushiさんと同じですね・笑)
ショパソナ、確かに語呂もいいし、もっと普及しても良いかも。
ピアノ以外では、古くから メンコン、チャイコン(ヴァイオリン協奏曲)ドヴォコン(チェロ協奏曲)なんてのもありますね。

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、コメントありがとうございます(^^♪

略し方は人それぞれ、流派(?)によるのですね。
そして、他愛のない話なのに、意外と盛り上がれる(ような気がする)。

モツソナから食べる「もつ」を連想する人がほかにもいると知って、全然知らない方なのに仲間意識が芽生えてしまいました(笑)
あ、でも、「モーソナ」だったら、今度は牛を連想しちゃいます(^^;

ショパソナいいでしょ!?
ぜひ協力して普及させましょう(^o^)丿

> ピアノ以外では、古くから メンコン、チャイコン(ヴァイオリン協奏曲)ドヴォコン(チェロ協奏曲)なんてのもありますね。

ありますね~
ベートーベンのコンチェルトは、ベトコン?いや、ベーコン!?笑笑

コメント









管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
ベトソナ、モツソナは、この世界では常識の略語、と思いきや・・・
あるピア友さんと話しした時、彼女は(そして彼女の師匠も)ずっと「ベーソナ」「モーソナ」と呼んでいて、「ええっ?ベトソナ?モツソナ?そんなふうに略すの?」と驚いていたことを思い出しました。特にモツソナは衝撃だったみたいですよ、あの食べるモツを連想してしまって(Nekoushiさんと同じですね・笑)
ショパソナ、確かに語呂もいいし、もっと普及しても良いかも。
ピアノ以外では、古くから メンコン、チャイコン(ヴァイオリン協奏曲)ドヴォコン(チェロ協奏曲)なんてのもありますね。
2018-01-17 * 私はタワシ [ 編集 ]

To:タワシさん
タワシさん、コメントありがとうございます(^^♪

略し方は人それぞれ、流派(?)によるのですね。
そして、他愛のない話なのに、意外と盛り上がれる(ような気がする)。

モツソナから食べる「もつ」を連想する人がほかにもいると知って、全然知らない方なのに仲間意識が芽生えてしまいました(笑)
あ、でも、「モーソナ」だったら、今度は牛を連想しちゃいます(^^;

ショパソナいいでしょ!?
ぜひ協力して普及させましょう(^o^)丿

> ピアノ以外では、古くから メンコン、チャイコン(ヴァイオリン協奏曲)ドヴォコン(チェロ協奏曲)なんてのもありますね。

ありますね~
ベートーベンのコンチェルトは、ベトコン?いや、ベーコン!?笑笑
2018-01-17 * Nekoushi [ 編集 ]