久しぶりに調律

2,3日前に、とんでもなく久しぶりに調律をしました。
どれぐらい久しぶりかというと、具体的に言うのが恥ずかしいぐらいに(笑)

調律履歴を見て、うちのヤマハ・アップライトは桃の節句の日に我が家にやってきたということに、初めて気づきました(40年近く気づかなかったともいう)。ということは、女子に違いない。桃の節句に来たから「桃子さん」にしとこう。

前回の調律師さんは、やたらと豪華というか派手というかけばけばしい音にしてくれたけど、今回の調律師さんは落ち着いた音にしてくれました。地味なんだけど、弾いているうちに歌うようになってきました。モーツァルトあたりが特に良さそうな感じになりました。鍵盤も調整してもらったので、めっちゃ弾きやすくなり大感激です。

今回の人は、ぱっと見た感じ、女子力高そうな若いお兄さんだったので「大丈夫なのか!?」と心配してたんけど、杞憂でした。失礼しました、ゴメンナサイ!笑
ペダルだけは、かなり踏み込まないと利かない感じになって、ちょっと使いづらくなったかも…。次回からちゃんと好みを伝えなきゃ。ついでに音についても「ベーゼンドルファー風にしてください」って言ってみようかな。←無茶過ぎる(笑)

鍵盤の調整が一番実感できたのは、アップライトでは物理的に速く弾けないチェールニー40番の22(高速での同音連打)です。この曲の指定テンポは二分音符=96ですが、これだと1秒間に16分音符を13回以上の速さで連打しないといけなくなり、アップライトの限界(7回ぐらい)をあっさり超えてしまうのです。アップライトだと指定の半分でもギリギリって計算になりますね。調整前は鍵盤が踊って指定の4分の1ぐらいでも弾けなかったのが、かなり弾きやすくなりました。「弾きやすく」と言っても、そもそも私の技術が追いついていないので「弾ける」というのとは全く違うのですが、つい面白がって弾き過ぎてしまい、指が痛くなりました(^^;

調律をしたら、クラビノーバ(約20年前に購入)との差は歴然。
夜の練習が苦痛になりそうですΣ(゚д゚lll)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが好きです♪
聴くほうは、ブラームスやチャイコフスキーも好きです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター