Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

自己紹介代わりにピアノ歴を…

はじめまして!
当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

自己紹介代わりに、ピアノ歴(という名の思い出話)を…。

ピアノを習い始めたのは小学校に入る前、6歳ぐらいの時です。
きっかけは全く覚えていませんが、気づいたら家にピアノが来ていて、近所のピアノの先生の所に習いに行くようになってました。
今から考えると、この頃は結構優秀な生徒で(自分で言うな…笑)、移調練習とか自主的にやってました。使用教材は多分バイエルの下巻がメインで、『トンプソン』っていうのもやった記憶がある。

小学校2年生ぐらいの時に、その先生が引っ越してしまって習えなくなり、2番目の先生を紹介されたのですが、スパルタというか鬼というか、むしろパワハラ(*_*;
一番トラウマなのが、私の前の順番の子がよく泣かされていて、それだけでも気まずいのに、その子が帰った後に感想を求められたこと。「何だかかわいそうでした」「どうしたら、かわいそうなことにならなかったと思う?」「えっと、もっと練習をしてれば…」「その通りです。だから、あなたもちゃんと練習をしないといけません」みたいな会話をする羽目になってました(泣)
私も当然よく怒られてました。特に、退屈な和声の教材を適当に済ませて怒られてました。和声が大事なのは後から分かったけど、子供には分かりやすく意義を教えてくれなきゃ。あ、でも、「属七」って言葉には、なぜか萌えてた(笑)
怖かった記憶しかないので、肝心の弾いた曲をイマイチ覚えていません。多分チェルニー抜粋とかだったはず。

で、ありがちな話ですが、中学を受験するというので、5年生ぐらいで「パワハラ女史」のレッスンをやめることになりました。パワハラから解放されて「せいせいした」というわけでもなく、「別にやめる必要はないのでは」と思いつつも「続けたい」と主張するわけでもなく…。何と主体性のない子供。
「続けたい」と主張するぐらい熱心だったら、血迷って音大でも目指してしまって今頃路頭に迷ってたかも!?笑

その後、近所の別の先生に「遊び程度で」という方針で習いに行って『小犬のワルツ』とか『トロイメライ』とか弾きましたが、中学生になるとレッスンは受けていませんでした。
中高の頃は、合唱その他音楽系のイベントがあると駆り出されたりしていたので、ピアノに全く触れていなかったわけではないですが、ちゃんとした練習曲をやっていなかったのは、やっぱり手痛い気がします。

大学は遠方に行くことになって、最初の先生に再会し、1年ぐらいレッスンをしてもらいました。もう20年以上前の話です。
曲は、ソナタの1巻目、インベンション・シンフォニア、チェルニー40番の最初の方から抜粋。「チェルニー30番(抜粋で何曲かやってたはず)は飛ばして40番からでいい」とか言われた記憶が…。チェルニーの指定速度について質問したら「そんなテンポでは私も弾けない(笑)」と片づけられました。たぶん「気楽にやればいい」ということだったのだと思います。まったりしたレッスンをしてもらいました。

レッスンは今のところ大学生の時が最後で、その後は「気まぐれピアノ人生」を謳歌しています(笑) 数か月ぐらい弾いて、飽きたり挫折したりすると数年ぐらいピアノに触れないことがよくあるので、自称「バッハ&モーツァルト&ベートーヴェン&ショパン好き」ですが、曲が仕上がるはずもなく…(^^; 

それなのに何が楽しくてピアノを弾いているかというと、音楽を鑑賞するのが好きなので、自分で弾いてみるとその助けになる(ような気がする)からです。好きな曲の好きなフレーズだけでも音を出せば嬉しいし、「この曲は私がプロだったらどう弾くだろう」と妄想しながら自分にとっての理想のCDを探すのもとても楽しいです。

最新の再開は昨年(2016年)の秋ぐらいからですが、大人ピアノ系ブログを愛読するようになって、今までより楽しみが増えたので、少しでも長続きすればいいなあと思っています。
スポンサーサイト

*Comment

No title

Nekoushiさん、遊びに来ました~
ブログが始まって嬉しいです!
楽しみがひとつ増えました笑


「どうしたら、かわいそうなことにならなかったと思う?」って想像すると怖いですね笑 (ちょっとホラー映画みたい笑)

ピアノから大好きなメロディーが流れるとホント嬉しいですよね~♪ あの感動はいつも同じですね。私がプロだったら想像も楽しそうです笑 

理想のCD、確かに「この曲はこの人のこの時の演奏、でもこの曲はこの人で」って曲によってお気に入りがありますものね。
  • posted by ゆにくあ
  • URL
  • 2017.03/31 10:50分
  • [Edit]

To:ゆにくあさん

こんにちは。

早速遊びに来てくださってありがとうございます!
ゆにくあさんが背中を押してくださったおかげで、公開に漕ぎつけることができました(≧▽≦)
あんまりマメには更新できないと思うけど、楽しんでいただければ嬉しいです。

>ちょっとホラー映画みたい笑

あ…。確かに黒縁メガネでそういう雰囲気もあったかも(冷汗)

>私がプロだったら想像も楽しそうです笑

これはおススメですよ(笑)
CDの収録曲とかコンサートの曲目とかまで妄想したくなってしまう時があります←かなり重症(^^;
  • posted by Nekoushi
  • URL
  • 2017.03/31 15:17分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ