FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

ららら♪クラシック Chiarinaさんって誰~~??

ピアノの練習は小休止中でも、「聴く」「見る」「読む」は年中無休です!笑金曜日に録画していた『ららら♪クラシック』の「シューマンのピアノ協奏曲~妻クララ 愛の物語~」を見ました。4月に放送された分の再放送です。シューマン萌えなのに、本放送の時は、なぜかチェックし忘れてました。手抜きをしてEテレのHPから概要を拝借してきますと…。傑作ピアノ協奏曲に秘められた愛と苦悩(1)格差婚を乗り越え生まれた名曲(2)シュ...

続きを読む

ピアノの練習は小休止中でも、「聴く」「見る」「読む」は年中無休です!笑
金曜日に録画していた『ららら♪クラシック』の「シューマンのピアノ協奏曲~妻クララ 愛の物語~」を見ました。4月に放送された分の再放送です。シューマン萌えなのに、本放送の時は、なぜかチェックし忘れてました。

手抜きをしてEテレのHPから概要を拝借してきますと…。

傑作ピアノ協奏曲に秘められた愛と苦悩(1)格差婚を乗り越え生まれた名曲(2)シューマンを世に出した妻クララの波乱の人生(3)作品に隠された愛のメッセージとは?

シューマンの傑作「ピアノ協奏曲」。誕生の裏には19世紀で最も高名なピアニストと言われた妻クララの愛がありました。大スターと無名作曲家という格差婚だった2人。妻が夫の曲を演奏しその才能を広めます。そんな妻に捧げられた「ピアノ協奏曲」の旋律には、妻への愛が暗号のように隠されいました。今回はシューマンの妻クララの愛の物語をひもときます。【ゲスト】上原彩子(ピアニスト)、川嶋ひろ子(元尚美学園大学教授)


上原彩子さんはチャイコフスキーコンクールで女性初&日本人初の1位となった、説明の必要もないぐらいすごい人。川嶋ひろ子さんは、クララ・シューマン全集を編集した、クララに詳しい先生です。トークが地味なお二人でした。上原さんはピアノに向かうとすごいのに、トークになると借りて来た猫みたいになっちゃって…(笑) そういうことなら、番組内で、もっと演奏を聴かせてほしかった。

で、記事のタイトルのChiarinaですが、これは、ロベルトがクララに付けたイタリア語風のニックネームです(ドイツ語でクララはClara)。キアリーナと読むそうです。今回の目玉は、‘Chiarina’に含まれている、CHAAがピアノ協奏曲の主題になっているということ。ドイツ語音名のC,H,Aを普通のドレミ(イタリア語)にするとド、シ、ラです。ロベルトの得意技、「クララの主題」でクララへの愛を表現しているという話ですね(*´▽`*) 

ちょっと気になったのは、番組の構成的に、「格差婚」って連発し過ぎだったこと。そりゃ、確かに天才少女でスター・ピアニストだったクララさんと、うだつの上がらなかった作曲家志望の青年ロベルトとでは、社会的ステータスとか収入とか全然違ったのは、言うまでもない事実ですが…。「格差婚」って表現は、いかにも物質的というか現実的な観点の話ですよね。「格差婚」という言葉でまるっとまとめちゃうのはロマン派の精神とは相いれない気がします。いや、まとめてもいいんだけど、敢えて格差という障害を乗り越えてまで愛を貫きたかった2人の心に、もっと深く迫ってほしかった。例え真実は分からないとしても、迫りたいという熱意に今ひとつ欠ける流れだったのが、少し物足りなかったです。あっ、誤解されると困るのですけど、私自身が「格差婚」にあこがれているわけでありません(笑)

番組の中で一番「なるほど!」と思ったのは、上原さんが妊娠中(出産1か月ぐらい前)にベートーヴェンの『皇帝』協奏曲を弾いた時に、「1.5人分ぐらいの体重を感じて、重心のせいか良い音が出た」と嬉しそうに語っていた場面です。そういえば、細身の男性ピアニストが音色のために体重を増やしたいと言っている話もどこかで読んだことがあるような記憶があります。

今回は、やや消化不良気味の展開でしたが、それでもやっぱりクララとロベルトの話は萌えますね♡


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : ピアノ曲の鑑賞・考察

Tag: ららら♪クラシック シューマン クララ・シューマン 上原彩子 川嶋ひろ子 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by マダム・ヒーヅル
はじめまして!
格差婚ですか~。ドイツロマン派を代表する偉大な作曲家とは、その当時ではわからなかったですからね~。

Re: マダム・ヒーズルさんへ * by NekoUshi
マダム・ヒーズルさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

> 格差婚ですか~。ドイツロマン派を代表する偉大な作曲家とは、その当時ではわからなかったですからね~。

そこにロマンを感じますよね!
200年後の私たちを素敵な音楽家カップルとして感動させてくれていると思うと、またまたロマンを感じてしまいます。

ピアノ、小休止中です・・・

ハイテンションの記事の後は、ピアノが停滞する傾向にあります。←最近気づいた(^^; 今回も、トロイメライについての強気な記事を書いた後、そうなってしまいました。テンションがおかしくなるのは、既にピアノに支障が出るほど切羽詰まっているか、間もなくそうなることが確定的な場合に「その前にいっぱい弾かなくちゃ!」と弾き過ぎたときなので、直後にピアノライフの崩壊がもれなくついて来るようです。というわけで、小休止...

続きを読む

ハイテンションの記事の後は、ピアノが停滞する傾向にあります。←最近気づいた(^^; 今回も、トロイメライについての強気な記事を書いた後、そうなってしまいました。

テンションがおかしくなるのは、既にピアノに支障が出るほど切羽詰まっているか、間もなくそうなることが確定的な場合に「その前にいっぱい弾かなくちゃ!」と弾き過ぎたときなので、直後にピアノライフの崩壊がもれなくついて来るようです。

というわけで、小休止中。ちゃんと生きてはいますよ?笑
ようやく少しだけ弾く余裕が出てきました。

久しぶり(5,6日で「久しぶり」になる)にピアノに向かって、真っ先に弾きたいと思い浮かんだ曲は、メンデルスゾーン『春の歌』でした。あんなに「気分が乗らない」と何度も言ってたのにねぇ。不思議です。眠気と戦いつつ、いや、戦ったというより、眠気と共存しつつ譜読みのやり直しをしました。思った以上に全然読めてなかったです(--;; たぶん、曲を少し軽く見ていたんじゃないかと、大いに反省してます。

次に弾きたくなったのは、バッハ平均律1巻の13番。今練習している17番ではなくて、昨年取り組んだ、記念すべき初・平均律の曲です。これが心洗われる本当に素敵な曲でして…。



この曲です(*´▽`*)

手も頭も、めーっちゃ忘れてましたけど、時々弾いて思い出して少しでも定着させていきたいと思いました。
初・平均律に♯6つの嬰へ長調を選ぶとは、よほどこの曲に一耳惚れしたんでしょうね。

カールは…。もちろん、少し弾きました!
今年中に40-30を終われるように頑張りたいです。

それにしても、副業よ。
もっと手加減してーーっ(*_*;

割と最近まで、ピアノが停滞すると後ろめたい気がしてたのですけど、ピアノブログのお友達の一人に「そんなこと思っちゃダメ」とたしなめられて、ハッと我に返って、あんまり思い詰めなくなりました。仲間って、ホントにありがたいですね。

皆様のブログには、時々は顔出すかもしれないですけど、もう少し余裕が出てきたら、また沢山お伺いさせていただきますね。
心待ちにしてます(*^^*)

それでは、ちょっとした近況報告でした~~('◇')ゞ


にほんブログ村

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (12)

マイペース * by しんじ
弾きたくなったら弾けばいい。

Re: マイペース * by NekoUshi
しんじさん、コメントありがとうございます。

> 弾きたくなったら弾けばいい。

おっしゃる通りですね!
そうします♪♪

No Subject * by amy
NekoUshiさんこんにちは~

ピアノは小休止しながらボチボチ続けていきましょうね~♪
復活を待ってますよ(#^.^#)

Re: amyさんへ * by NekoUshi
amyさん、こんにちは~
コメントありがとうございます(*^^*)

> ピアノは小休止しながらボチボチ続けていきましょうね~♪

音楽自体と同じで、休符やフェルマータも意味あることかもしれませんね💡

> 復活を待ってますよ(#^.^#)

は~い(^-^)/
早く調子が戻れるに越したことはないですけど、まあ、焦らず楽しくやっていきたいと思います🎶
カールを御守りにしながら…(笑)

No Subject * by かつさん
NekoUshiさん、こんにちは
かつです

モチベーションは波があり弾きたくないとき、ありますよね。
以前は少しでも休むともうピアノに戻ってこないような気がして焦りましたが、最近は落ち着きました。
むしろ少し休んで新鮮な気分でピアノを弾いたほうが効率的かなとも思います。
ピアノは一日でも休むと…といいますがもう25年も休んでいたのだから1,2週間休んだって変わりないですね
((´∀`*))ヶラヶラ
NekoUshiさんもこころ落ち着くまでゆっくりしてくださいませ。

Re: かつさんへ * by NekoUshi
かつさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます♪♪

> モチベーションは波があり弾きたくないとき、ありますよね。

疲労で弾く気があんまり起きない感じです(>_<)
こういう時は、シューマンとかバッハのフーガの譜読みは特にダメですね。
過去曲の復習ならまだいいんですけど…。

> 以前は少しでも休むともうピアノに戻ってこないような気がして焦りましたが、最近は落ち着きました。
> むしろ少し休んで新鮮な気分でピアノを弾いたほうが効率的かなとも思います。

私は、音楽院なのに練習してなーい!!と焦ります(笑)
でも、無理して弾いても得るところが少ないかもしれないですね。

> ピアノは一日でも休むと…といいますがもう25年も休んでいたのだから1,2週間休んだって変わりないですね

実は休んでいる間に熟成されたりしますしね!
ま、悪いことばかりじゃないか。

> NekoUshiさんもこころ落ち着くまでゆっくりしてくださいませ。

弾いたほうが落ち着くときは弾く、弾かない方が落ち着くときは弾かない、ということにしま~す('◇')ゞ

No Subject * by 私はタワシ
長いピアノライフ、山あり谷ありです。テンションだって高い時期もあれば低い時期もあります。がむしゃらに突っ走りたい時も、ちょっと小休止したい時もあります。
NekoUshiさんだったら、ちょっとくらいお休みしてもまたすぐに戻ってこれそうな気がしますよ(気持ちの面でも、テクニックの面でも)。曲を寝かせることによる熟成効果も期待できそうですね。
ブログも、たまに気が向いたら一言二言綴るだけでもいいじゃないでか。(もちろん、NekoUshiさんの記事は興味深く読み応えのあるものが多いので、更新されないと寂しくはありますが)
では、大型台風が接近してますのでお気をつけてお過ごしくださいね〜

Re: タワシさんへ * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(*^^*)

> 長いピアノライフ、山あり谷ありです。テンションだって高い時期もあれば低い時期もあります。がむしゃらに突っ走りたい時も、ちょっと小休止したい時もあります。

山あり谷ありの起伏を楽しめるぐらいでないと長続きしないかもしれませんね(笑)
いずれにせよ、落ち着いて取り組けない時は、無理しない方がいいみたいです(*_*;
とはいえ、中毒なので遊び弾きは少々やってます('◇')ゞ

> NekoUshiさんだったら、ちょっとくらいお休みしてもまたすぐに戻ってこれそうな気がしますよ(気持ちの面でも、テクニックの面でも)。曲を寝かせることによる熟成効果も期待できそうですね。

私は、テクニック(というかメカニック)の面では、絶対値は不足していて、その代わり、放置しても衰が緩やかなのが唯一の(?)取柄みたいです。熟成効果、あるといいですね。自分でも期待しちゃいます(≧▽≦)

> ブログも、たまに気が向いたら一言二言綴るだけでもいいじゃないでか。(もちろん、NekoUshiさんの記事は興味深く読み応えのあるものが多いので、更新されないと寂しくはありますが)

そう言っていただけるととても嬉しいです。一言二言はあんまり性に合わないみたいなので、鑑賞系の記事を何か書くかもしれません♪♪
ブログの説明にも書いてます通り、「音楽を聴き散らかし…」ですから(*´▽`*)

> では、大型台風が接近してますのでお気をつけてお過ごしくださいね〜

私の住んでいる辺りは、少し離れているので大丈夫とは思いますが、念のため気をつけます。
タワシさんも、くれぐれもお気をつけて!

No Subject * by ねこぴあの
>音楽院なのに練習してなーい!!と焦ります(笑)


やっぱり音楽院だったんですね・・・
プチトリアノンではなく・・・・

もうこの際、ブログタイトル、NekoUshi音楽院でいいじゃないでしょうか(笑)


Re: ねこぴあのさんへ * by NekoUshi
ねこぴあのさん、コメントありがとうございます(*´▽`*)

> やっぱり音楽院だったんですね・・・
> プチトリアノンではなく・・・・

両方ですね♡
正式名称、NekoUshi音楽院プチトリアノン校です(笑)

> もうこの際、ブログタイトル、NekoUshi音楽院でいいじゃないでしょうか(笑)

ブログタイトルにするのは、まだ少し抵抗が無きにしも非ずですが、カテゴリーを整理してレッスン記などを「NekoUshi音楽院」にしようかなぁ、と密かに計画中です('◇')ゞ

トロイメライ、苦手意識がないのは子供の頃の先生のお陰

今日も「丑三つ時ピアノ」をやらかしてしまいました~~弾いたのは、子供の頃に使っていた『やさしいピアノ曲集』(片山緑編、音楽之友社)から、色々遊び弾き♪♪人形の夢と目覚めエリーゼのために貴婦人の乗馬スティリアンヌ⇦昔の楽譜なのに「スティリアの女」となっていなかったタランテラ(ブルクさん)乙女の祈り(子供用にオクターブ進行を単音にしてくれている親切仕様(≧▽≦))トロイメライマズルカ Op.7-1 (ショパン)子犬の...

続きを読む

今日も「丑三つ時ピアノ」をやらかしてしまいました~~
弾いたのは、子供の頃に使っていた『やさしいピアノ曲集』(片山緑編、音楽之友社)から、色々遊び弾き♪♪

人形の夢と目覚め
エリーゼのために
貴婦人の乗馬
スティリアンヌ⇦昔の楽譜なのに「スティリアの女」となっていなかった
タランテラ(ブルクさん)
乙女の祈り(子供用にオクターブ進行を単音にしてくれている親切仕様(≧▽≦))
トロイメライ
マズルカ Op.7-1 (ショパン)
子犬のワルツ

片っ端から弾いたって感じですね(^^;;
習った曲もあり、今日初めて弾いた曲もあり…。

残念だったのは、子犬のワルツが普段よりぐちゃぐちゃで、まともに弾けなかったこと( ;∀;)
なんでよ~~

嬉しかったことは、エリーゼが昔と違って大人らしい表現になった(ような気がした)こと。
基本は変わってないんですけどね。子供の頃も今も、入り込む感じじゃなくて割とサラっと流す。ほんのわずかな微妙な表情で全然別物になるようです。

発見したことは、記事のタイトルにもしましたが、私が『トロイメライ』にあんまり苦手意識がないのは子供の頃の先生のお陰だったんだなぁということ。2,3年前ぐらいに『トロイメライ』を弾いて、「あれ?ちょっとおかしいな」と思ったことはありますが、よく言われる「技術的には易しいけど音楽的には難しい」と思ったことはないです。←空恐ろしいこと断言しちゃったよ(^^;;

私のトロイメライの演奏を人様に聞いて頂いたらどう思われるかは分かりませんが、とにかく本人は、苦手じゃないと思ってる(笑)
はて?それは何でだろう?と、ずっと思ってきたのですが、今日、楽譜の書き込みを見て、子供の頃の先生が上手く教えてくれたからだと気づきました。聞こえるべき音の指摘や、フレージングや緩急の付け方、声部の構造なんかが書き込んでありました。早い話、楽譜に書いてある通り弾きなさい、ってことなのですが、それがよかったのだと思います。「技術的には易しいけど音楽的には難しい」っていう言葉は、意味を理解するのが難しい(笑) それより具体的な弾き方を教えてくださるのが早道のような気がします。

この曲集を習ったのは3番目の先生で、私の中では一番存在感の薄い先生です。トロイメライに苦手意識が芽生えないようにしてくださったのは、今思うと、存在感が薄いどころか恩人です。そういえば、『クロスリズムの思い出』に登場したのも、この先生です。クロスリズムへの苦手意識も防いでくださったのでした。実は大恩人ではないですか(*´▽`*)

「ありがたいことだなぁ」と、今さらのように感謝の念を覚えています。


にほんブログ村

* Category : 子供時代の思い出

Tag: トロイメライ | Comment-open▼ * Comment : (2)

* by ねこぴあの
ずいぶん思い切って断言しましたね(笑)

トロイメライはわたしは死ぬほど難しいです。
構造?を教えてもらっても、ひけどもひけども、いえ、弾けば弾くほど、難しく感じていました。

クロスリズムの先生、そういうのわかるなあと思いました。わたしはクロスリズムはかなりの期間教わって練習してもよく分からなかったのですが、ある日、人から言われた言葉とたった2分ほどの見本演奏で、すっと突然に理解しました。今ではその方とのお付き合いはありませんが、今でも感謝しています。←これ、まるでクロスリズムをマスターした的な暴言?(笑)

Re: ねこぴあのさんへ * by NekoUshi
ねこぴあのさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(*^^*)

> ずいぶん思い切って断言しましたね(笑)

テンションがオカシイ時に記事を書いたので、つい大言壮語を…(^^;

> トロイメライはわたしは死ぬほど難しいです。
> 構造?を教えてもらっても、ひけどもひけども、いえ、弾けば弾くほど、難しく感じていました。

曲との相性って不思議ですよね。
ねこぴあのさんのトロイメライは、高い理想像を追求されていたからこその難しさのような気がします。

> クロスリズムの先生、そういうのわかるなあと思いました。わたしはクロスリズムはかなりの期間教わって練習してもよく分からなかったのですが、ある日、人から言われた言葉とたった2分ほどの見本演奏で、すっと突然に理解しました。今ではその方とのお付き合いはありませんが、今でも感謝しています。←これ、まるでクロスリズムをマスターした的な暴言?(笑)

暴言大会になりましたね!笑
というか、マスターしてなくても、私のトロイメライも本当は分かってなかったとしても、理解できたような気がして幸せに浸れるというのは、いいことだと思います(≧▽≦)
難しい、分からない、ばかりじゃなくて、たまには強気な発言もアリなんじゃないかなぁ。後から「あれ、やっぱり分かってなかった」となるかもしれないけど、その時はその時で…(笑)

サイズ大きすぎて失敗・・・(*_*;

サイズが大き過ぎると困ると言えば…。洋服。学生時代に生協のセールでMを買ったつもりがLLを買ってしまって、返品不可だったのでめちゃくちゃ困ったことがあります(^^;; コートだったので、町の洋裁店で仕立て直してもらって、何とか使い物になったので、まあ、いい思い出です。靴。小さ過ぎると足が苦しいので、少し大きいのにして、靴擦れが多発する傾向にあります。で、最近やらかしたのが、ノートパソコン。今まで使ってたの...

続きを読む

サイズが大き過ぎると困ると言えば…。

洋服。学生時代に生協のセールでMを買ったつもりがLLを買ってしまって、返品不可だったのでめちゃくちゃ困ったことがあります(^^;; コートだったので、町の洋裁店で仕立て直してもらって、何とか使い物になったので、まあ、いい思い出です。

靴。小さ過ぎると足が苦しいので、少し大きいのにして、靴擦れが多発する傾向にあります。

で、最近やらかしたのが、ノートパソコン。
今まで使ってたのがまともに動かなくなって、起動するのに1時間近くもかかるようになってしまって…。副業でそれなりにパソコンを使うので「これじゃ、旅行にも行けない」と、買い換えました。小さい画面だと、見づらいし(老眼!)、操作もしづらいので、広々画面の大きめにしました。「副業もバッチリ。ピアノブログめぐりも快適!!これで、いつでも安心して、なかみっちゃの追っかけができるわ~(*´▽`*)」と悦に入ってたのですが、「そんな大きいのを持ち歩くつもり?」と家族その他に指摘され、実は失敗だったかもしれないことに気づきましたΣ( ̄ロ ̄lll)!! せめて一回り小さいのにしときゃよかったよ(>_<)

それで思ったのが、グランドピアノ買う時も適正サイズにしないといけませんね。大きすぎて部屋に入らないというのは論外として、部屋とのバランスがとれたものにしないとね。物理的な大きさだけじゃなくて、おそらく音響的にもそうだと思います。ん~、でも、実際に部屋に設置して弾き比べできるわけじゃないですから、バクチですよね~~。最近、グランドピアノ計画を少しでも前進させようと、本格的に片づけを始めたり家具の配置換えを目論んだりしているのですが、ピアノ様はお値段の桁が違うので、サイズをミスらないかドキドキしてきました(笑)

記事の内容が支離滅裂なのは、たぶん季節の変わり目で疲れ気味なせいです(^^;;


にほんブログ村

* Category : 雑談色々

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (0)