FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

コンパクトで手ごろな和声の本の続編を買ってみたー♪♪

私のお気に入りの和声法の本『和声法がさくさく理解できる本』(yamaha music media、土田京子)の続編を買ってみました。『和声法がぐんぐん身につく本』という本です。コンセプトは『さくさく~』と同じく、分かりやすい日本語で書かれた和声の本で、より実践的なところに踏み込んでいます。こんな和声本が欲しかった!「わかりやすい理論」+「理解を深める実践」複雑な和声法を、軽快な語り口調でていねいに解説。充実の課題で...

続きを読む

私のお気に入りの和声法の本『和声法がさくさく理解できる本』(yamaha music media、土田京子)の続編を買ってみました。『和声法がぐんぐん身につく本』という本です。

コンセプトは『さくさく~』と同じく、分かりやすい日本語で書かれた和声の本で、より実践的なところに踏み込んでいます。

こんな和声本が欲しかった!
「わかりやすい理論」+「理解を深める実践」
複雑な和声法を、軽快な語り口調でていねいに解説。
充実の課題で体得できる1冊!!


というキャッチコピーの通りの内容です。

『さくさく~』は基礎からの説明が詳しい分、音楽の中で実際の応用みたいなのが少し手薄だったような気もするのですが、『ぐんぐん~』では、「課題の実施」(注)を意識して、より実践的な書き方になっています。特に、禁則、借用などの特別な和音、和音外音、などは、2冊とも読んだ方が分かりやすそうです。

(注)ベースラインが与えられて、それに適切な和声とメロディをつけるバス課題。メロディラインが与えられ、それに適切な和声をつけていくソプラノ課題。どっちも4声体にする。

そして、土田京子さんの和声シリーズの目玉、数字付き低音は『ぐんぐん~』を読んでみて、ようやく少しだけワケが分かってきました。数字付き低音では、和音の転回形を表すのに、第1転回、第2転回ではなく、バスの音から何度上に音があるか数字が示されますが、使い慣れたら便利そうです。この本の「課題」では、和音を指示する箇所は数字付き低音を使っています。

この本のメインは「課題の実施」で、著者も「課題を実施して初めて和声法が本当に身に付く」という意味のことを書いておられ、その通りなのでしょうけど、なかなか実施する時間が無いのも事実。巻末付録の「課題集/実施例」が実は付録じゃなくてメインです。でも、この本の「第5章 課題実施の手引き」を読むだけでも、和声への理解がぐっと深まるように思えます。あと、課題集と実施例を書写してみるのもいいかも…??余談ながら「課題を実施する」って、ちょっと業界用語っぽくて萌えますね(笑)

『さくさく~』だけでも十分用をなすと思いますが、というか、『さくさく~』を何度も繰り返し読むのが先だとは思いますが、少し変化も欲しいので、やはり『ぐんぐん~』もセットで手元に置いておくのがいいかなぁと思います!!

細かい理屈は分からなくても趣味のピアノは十分楽しめますが、少しでも理屈に触れると知的好奇心が満たされて、より楽しいのではないでしょうか。軽い気持ちで読んでます~~('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 楽典・和声法

Tag: 和声法 土田京子 和声法がぐんぐん身につく本 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by さっちん
良さそうな本ですね!もうすっかり忘れ去っているので、勉強しなおしてみようかなぁ。
数字で示される課題・・・・。大学の時、通奏低音の授業がまさしくそんな感じでしたが、面倒くさい授業だなぁ。コラコラ(;'∀')と思ってました。
確か「ヘルマンケラーの通奏低音奏法」っていう本で、もう絶版のようです(笑)
超めんどくさい課題でしたよ^^

Re: さっちんさんへ * by NekoUshi
さっちんさん、こんにちは~~
コメントの実施(!笑)、ありがとうございます(^^♪

> 良さそうな本ですね!もうすっかり忘れ去っているので、勉強しなおしてみようかなぁ。

この2冊は、リラックスしながら読める貴重な和声本だと思います。
純粋に読み物としても面白いですし(*^▽^*)

> 数字で示される課題・・・・。大学の時、通奏低音の授業がまさしくそんな感じでしたが、面倒くさい授業だなぁ。コラコラ(;'∀')と思ってました。

あっ、通奏低音の授業ってあるのですね!!
たぶん、それの初歩の初歩的な感じなのかな…。

> 確か「ヘルマンケラーの通奏低音奏法」っていう本で、もう絶版のようです(笑)
> 超めんどくさい課題でしたよ^^

ヘルマンケラーって、名前だけ聞いたことあります。
やっぱり「課題の実施」は超めんどくさいのですねΣ( ̄ロ ̄lll)!!