FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

バッハ『シンフォニア』の4段譜はいかが?

先日、楽器屋さんで楽譜コーナーを物色していたら、面白い楽譜を見つけました。『合奏譜による J.S.バッハ シンフォニア』(埜上定編、東音企画)という楽譜で、シンフォニア(3声)を声部分けして4段譜に書いているのです!3声なのになぜ4段なのか!?というと、中声を1段にしちゃうと、音域的にト音記号とヘ音記号を目まぐるしく変えないといけなくて見づらく、本来はハ音記号で書くべきところ、それはそれで馴染みが薄いので、...

続きを読む

先日、楽器屋さんで楽譜コーナーを物色していたら、面白い楽譜を見つけました。『合奏譜による J.S.バッハ シンフォニア』(埜上定編、東音企画)という楽譜で、シンフォニア(3声)を声部分けして4段譜に書いているのです!

3声なのになぜ4段なのか!?というと、中声を1段にしちゃうと、音域的にト音記号とヘ音記号を目まぐるしく変えないといけなくて見づらく、本来はハ音記号で書くべきところ、それはそれで馴染みが薄いので、ト音記号とヘ音記号の2段に分けて書いたというわけです。そして、その2段は若干間隔を狭くして少しでも見やすくするという、涙ぐましい努力もしています(笑) どんな感じかは、上記の書名からAmazonのサイトに飛べるようにしておきましたので、そこに載ってる表紙(4段譜のイメージがデザインされている)を見ていただければ、少しはつかめるかと思います。

この1冊があれば、シンフォニアの声部把握はバッチリです!!以前、ブログ仲間のどなたかが紹介されていたような記憶もあるのですが、実物を見ると、予想以上に力作だと思いました。ただ、シンフォニアは一通り終わりつつあるので、買うのは躊躇してしまいました。

実は、昨年の夏ごろ「五線紙ノート欲しい」と大騒ぎしてしていたのは、平均律の4声をやる時に(←気が早過ぎ)、4段譜に各声部を筆写して分析しようと「意識高い系」(笑)なことをもくろんでいたのです。今回見つけた楽譜は、それのシンフォニア版ですね。平均律4声の筆写は冷静に考えるとめんどくさいにも程があるので最近はあんまり考えていなかったのですが、『合奏譜による J.S.バッハ シンフォニア』を見て、どれか1曲ぐらいならやってみたいという気も僅かに復活してきました('◇')ゞ そうすると、その参考にも『合奏譜による J.S.バッハ シンフォニア』を買ってもいいかなと…。値段的にも、ヘンレのシンフォニア(インヴェンションとは別冊)が2000円ぐらいするのに対して『合奏譜による~』は1620円なのでバカ高いというほどでもないですし。それに、シンフォニアの2巡目で使えば新たな発見もあるかもしれないし、4段譜を見ながら弾くと譜読み力が高まるかもしれません。なんだか、いいことずくめのような気がしてきた(^^;;

特にシンフォニアを練習されている方には手に取ってみる価値のある楽譜だと思います。お試しあれ!って、自分ではまだ買っていなくせに、紹介&おススメしてみます(笑)


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : 楽譜

Tag: バッハ シンフォニア 合奏譜 | Comment-open▼ * Comment : (2)

これ欲しかったかも * by 古都子
NekoUshiさん、こんにちは(^_^)

面白い物を見つけてこられましたね。
この楽譜、子供の頃に欲しかったなあ。
そうすればシンフォニアの練習がもう少しやり易かったかもしれませんねえ。
昔からバッハは苦手で、3声弾き分けるなんて苦行でしかなかったので。
真ん中の声部が見易いかどうか、という問題はありそうですけどね。

NekoUshiさんはシンフォニア終わりつつあるのですね。
次は平均律をされるのですか?
独学なのにツェルニーとかバッハとか、基本的なことをきちんと練習されているのがすごいと思います。
リスト・バラ2にも是非挑戦していただきたい!
私も来年弾きたい大曲をひそかに今から選曲しているのですよ・・・ふふふ。

Re: これ欲しかったかも * by NekoUshi
古都子さん、こんにちは(*^^*)
コメントありがとうございます~~

> この楽譜、子供の頃に欲しかったなあ。
> そうすればシンフォニアの練習がもう少しやり易かったかもしれませんねえ。

普通の楽譜と見比べながら譜読みすれば、声部が一目瞭然ですもんね!
答え見ながら問題集を解いているような感じもしないでもありませんけど…(笑)

> 昔からバッハは苦手で、3声弾き分けるなんて苦行でしかなかったので。

バッハはここで好き嫌いがハッキリ分かれますよね(^^;;

> 真ん中の声部が見易いかどうか、という問題はありそうですけどね。

実際に買って試してみたくなります(笑)

> NekoUshiさんはシンフォニア終わりつつあるのですね。
> 次は平均律をされるのですか?

終わりつつあると言っても、納得いっていないのが何曲もあるので、それらをもう1回やるつもりです。
復習だけだと新鮮味に乏しくてやる気が失せそうなので、平均律を混ぜながら行こうと考えてます('◇')ゞ

> 独学なのにツェルニーとかバッハとか、基本的なことをきちんと練習されているのがすごいと思います。

長年遊び弾きで終わりにしていたのがダメな原因よねぇ?と、一念発起して約2年半です。
ゼロからの独学ではないおかげで、ピアノのレッスンの手順みたいなのはそれなりに分かっているので、今のところ何とか続いています(^o^)丿

> リスト・バラ2にも是非挑戦していただきたい!
> 私も来年弾きたい大曲をひそかに今から選曲しているのですよ・・・ふふふ。

リスト・バラ2の楽譜が届いたのですけど、長いっっ\(◎o◎)/!
古都子さんの来年の大曲選びも楽しみですね~~。何を選ばれるのかしら?
決まったら教えてくださいね。もちろん、決まる前に候補をこっそり(笑)教えてくれるのも大歓迎です(*´▽`*)

読書メモ:底なしにダークなエッセイ『おんぶにだっこ』 by さくらももこ

さくらももこさんのエッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。私の「さくらももこコレクション」に最近加わった一冊です。著者の他のエッセイは、いずれも小3~大人が舞台ですが、この本は初めて(そして最後の)、それ以前のお話です。記憶力がすごく良くて、2歳半ぐらいのことでも鮮明に覚えているものがあるとか…。で、内容ですが、ややこしそうな哲学書やシリアスな文学も顔負けの底なしに深刻な内容に、ビックリしました。さ...

続きを読む

さくらももこさんのエッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。私の「さくらももこコレクション」に最近加わった一冊です。著者の他のエッセイは、いずれも小3~大人が舞台ですが、この本は初めて(そして最後の)、それ以前のお話です。記憶力がすごく良くて、2歳半ぐらいのことでも鮮明に覚えているものがあるとか…。

で、内容ですが、ややこしそうな哲学書やシリアスな文学も顔負けの底なしに深刻な内容に、ビックリしました。さくらさんの本の魅力は、ナンセンスな笑いやホロリとさせられる感動の中に思わぬ深い内容が含まれていたりする点なのですが、『おんぶにだっこ』は、小さい子供の頃の話だというのに、ストレートにダーク(^^;;

特にヘビーな感じを受けたのを並べてみますと…。
友達の家から思わず綺麗なビーズをいくつか盗んできてしまって、良心の呵責にさいなまれる話。自分の祖母と近所のおばあちゃんが相次いで亡くなって、死の概念について初めて知った話。クラスメートのランドセルにキズをつけてしまい、そのことを言い出せず、しかも別の人が犯人ということになって苦悩する話。いじめられっ子を引っぱたいてしまった後、やるせない悲しい気持ちに陥った話。などなど。作者本人もあとがきで書いておられる通り「なんとも言いようのない読後感に見舞われる内容ばかり」なのです。

作者によれば「爆笑でもなく、感動でもない、何か」を伝えたかったそうです。その一つは「人間の根源的な部分への帰還」。これって哲学そのものですよね。「人間の思考回路の仕組みに気づいた時のことや、善悪の判断や、死の概念等、ある時、いつか誰でも気が付いた時があったはずだ。(中略)それは人格形成への大きな影響を及ぼした瞬間であり、すごくシンプルな自分の魂の骨格が見えてくるだろう」と、あとがきに書いています。

それから、伝えたかったもう一つの大きな要素は、人間は幼いころはピュアだったのが、成長とともに大人になるにしたがってピュアでなくなる、とよく言われるけど、それは本当にそうなのか?という疑問だそうです。これについても、あとがきに印象的で納得できることが書かれていますので、少々長くなりますが引用します。

人が大人になってゆくというのは、どういう事だろうと私はよく考えてきた。そして、出た答えは、経験をし、その意味に気づき、理解し、理解の中から生まれた知恵を生かしてゆく事、これが大人になってゆくという事だろうと思ったのだ。この答えは今でも変わっていない。

だから「大人は汚い」とか「汚れてゆく」とか言う人の話をきくと、そういうもんじゃないと思うけどなァ……と思っていた。

ひとつひとつの経験の中で、いろいろな意味に気づき、それについて悩み、苦しみ、そして理解し、そこから生まれた知恵を次につなげて成長してゆく事が、汚れているだろうか。理解から生まれた知恵は美しい。熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。



でも、経験と知恵のバランスがおかしい大人の場合は…。
あとがきの続きを再び引用してみます。

経験を、単に場数として捉え、そこに含まれる意味を見逃し、知識だけを増やし、小手先だけが器用になっている人もいる。そういうのは汚い大人に見えると思う。

知識は役に立つ。でも道具にすぎない。それをきちんと利用できるのが知恵だ。知恵を得るには、いろいろな事にきづかなければならない。そして悩み、苦しみ、理解しなければ得られない。面倒臭くても辛くても、物事に向き合わなければ得られないのだ。


この通り、著者は容赦がありません。
容赦ないんだけど、本当にその通りだと思います。残念ながら、そういう大人って多い気がするし…。

人を笑わせるのが大好きだったさくらさんの原点は、やはり、極度に内向的で思索的で観察眼の鋭い、そして独特の思考回路を既に持っていた子供時代にあるようです。その上に人生経験と知恵を重ねて哲学的な笑いを花咲かせていったのだなぁ、何とすごい人だったことか!!と改めて驚嘆しています。

音楽で言ったら、チャイコフスキーの『悲愴交響曲』のフィナーレか、シューベルトの暗い曲か、ショスタコーヴィチの深刻な曲か、という感じに救いようのない暗さの本作『おんぶにだっこ』。万人にお勧めするような内容の本ではないのですが、興味を持たれた方がいらっしゃったら手に取ってみてください。

一昨日はさくらさんの一周忌だったので、久しぶりに、私の「さくらももこコレクション」から一冊ご紹介してみました。


にほんブログ村

* Category : その他の書籍

Tag: さくらももこ おんぶにだっこ | Comment-open▼ * Comment : (1)

No Subject * by さっちん
ご無沙汰しておりました。
このあとがきは、めちゃくちゃ感動しました。有難うございます。
本当にその通りですね、
幼いころはピュアなのか?
これもすごい疑問でしたし。だって、人間の本質的な部分が大人になった今も昔も変わったとは思えないんです。
だからこそ
「熟練し、洗練された魂で生きている人は本当に素晴らしい。生まれたままの幼い子供よりピュアだと思う。」
こういう人にあこがれるし尊敬します。
人は努力の末少しずつ人間になっていくものなのですね。

メトロちゃんと過ごすお盆休み~~

昨日、今日と、久しぶりにまとまった練習をしました。メンデルスゾーンの『春の歌』とチェルニー40-30を重点的にやりました。練習のお供には、大嫌いな(笑)メトロちゃん。チェルニー40-30が壁にぶち当たってしまって、どうしようもなかったので、仕方なくメトロノームを引っ張り出してきました。1か月前ぐらいに買った電子メトロノームです。あれこれ試してみた結果、この期に及んでは(途中休みながら2か月ぐらいやってる)、弾け...

続きを読む

メトロちゃん

昨日、今日と、久しぶりにまとまった練習をしました。メンデルスゾーンの『春の歌』とチェルニー40-30を重点的にやりました。練習のお供には、大嫌いな(笑)メトロちゃん。

チェルニー40-30が壁にぶち当たってしまって、どうしようもなかったので、仕方なくメトロノームを引っ張り出してきました。1か月前ぐらいに買った電子メトロノームです。あれこれ試してみた結果、この期に及んでは(途中休みながら2か月ぐらいやってる)、弾けそうなテンポから少しずつテンポを上げていくのではなく、目標テンポに固定してしまうのがいいみたいです。

チェルニー40-30

↑これを4分音符=120で弾くのが目標です。
無理に決まってるんだけどねぇ(^^;;

1日目の昨日は、あまりの出来なさに逆上して、「これで手を痛めてピアノ弾けなくなったら、それでもいい。その時はピアノ弾くこと自体を潔く諦める」なんて、無茶苦茶なことを思い詰めながらやりました。いや、そう思ったんだけど、ここまで無謀なテンポに設定すると、かえって余計な力が入らないらしく、手を痛めることなんてありませんでした。指替えがうまくいかなくて困っていた箇所も、少しずつ神経回路が繋がりつつあるみたいです。ゆっくり丁寧に「この指を軸にして、こういう風に跳んで」なんてやってた時は全然らちが明かなかったのに、メトロちゃんのイラっとさせられる電子音に急き立てられ、首に縄をつけて引っ張られるような感じで、いくら転んでも外しても構わず突き進んでいる(もちろん部分練習の繰り返しも挟みつつ)うちに、ほんの少しだけ手ごたえを感じられました。

2日目も一進一退を繰り返しながら、少し楽しくなってきましたヽ(^o^)丿
チェルニー40番って『速度練習曲』というタイトルがついているだけあって、トロトロやっててもダメみたい。大嫌いな(←まだ言ってる)メトロちゃんのおかげで目が覚めました(笑)

『春の歌』の方は、テンポを抑えるためにメトロノームを活用しました。こっちは、正確に弾けてないくせに、春らしい楽しい曲想のせいで、「ゆっくり練習」をしていても、つい加速してしまいがち…。苛立たしい電子音は、この曲の練習には全くふさわしくない気がするのですが、役に立ったから、まあいいか。まあいいかというか、もっとメトロちゃんに感謝しろって話ですが…(^^;;
あと、メトロノームとは関係ありませんが、左右の手の配分を少し見直して、左でとる箇所を若干増やしました。具体的な内容は、次回のレッスン記で書こうと思います('◇')ゞ

メトロちゃんなんて全然好きじゃないけど、なかなか役に立ってくれているので、画像のディスプレイの部分にハートを書き加えてみました♡
ささやかなお礼の気持ちです。いや、でも、決して好きになったわけではありませんよ??これからも、せいぜい役に立ってほしいとは思いますが…。こういうの、世間ではツンデレっていうの?!笑


にほんブログ村

* Category : 練習の話

Tag: メトロノーム チェルニー40番 春の歌 | Comment-open▼ * Comment : (4)

おはようございます^^ * by どれみ
メトロノームで練習してると
あわせてくれたらいいのに・・とか
時に負けたくないと思う時があります(笑)
手心を加えてくれない、マイペースですよね^^;
ツェルニーでは、これで弾ける人がいるの?って
ありえない速度表示が書いてある曲も、ありますね。
まぁ、私レベルですが少し速く弾けるようになると
また違ったフレーズを感じられる気がします。

Re: おはようございます^^ * by NekoUshi
どれみさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> メトロノームで練習してると
> あわせてくれたらいいのに・・とか

空気を読んで(?)、弾き手に合わせてくれるメトロノーム!!笑
想像してみると可笑しいですね。欲しいかもヽ(^o^)丿
あ、でも、それじゃ練習にならない気が…(^^;

> 時に負けたくないと思う時があります(笑)

ありますね!!
「私ってこんな負けず嫌いだったのね~~」と、少し複雑な心境になります(笑)

> ツェルニーでは、これで弾ける人がいるの?って
> ありえない速度表示が書いてある曲も、ありますね。

この記事の主役の40-30も、指定は付点2分音符=69なんですよね~~
それって、4分音符単位にすると200超えてる\(◎o◎)/!
昔、リアルの先生が「チェルニーの指定テンポなんて、私も弾けません!」っておっしゃってました(^^;

> 少し速く弾けるようになると
> また違ったフレーズを感じられる気がします。

そうそう!
フレーズの感じ方、手、指、腕の使い方、色々と別世界を垣間見ることができますよね。

No Subject * by やぢま
こんばんわ♪

>ここまで無謀なテンポに設定すると、かえって余計な力が入らないらしく

なんと!これは目から鱗でした。
NekoUshi先生のブログは本当に参考になります~!
新しいメトロノームを買って、私も駆けてみます!
もちろん、手を痛めないように。(^^)/

Re: やぢまさんへ * by NekoUshi
やぢまさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます~~

> >ここまで無謀なテンポに設定すると、かえって余計な力が入らないらしく
>
> なんと!これは目から鱗でした。

色々と試行錯誤してみるのが楽しいですよね(≧▽≦)
正確性を犠牲にして指の動きのスピードアップ・・・
普通の曲だったら慎重にした方がいいかもしれないですけど、カールだからいいか(笑)、という感じです。
練習曲の存在意義って、こういうところにもあるのかも?

> 新しいメトロノームを買って、私も駆けてみます!
> もちろん、手を痛めないように。(^^)/

試してみる価値はあると思います!
やぢまさんでしたら、やっぱりシャルルでしょうか?笑

私の好きな/気になるピアニスト(1) ヴィルヘルム・ケンプ

先日宣言していた『私の好きな/気になるピアニスト』企画の第1回目をお届けします!第1回目は、往年のドイツの名ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff, 1895年11月25日 - 1991年5月23日)です。1800年代生まれなので、歴史上の人物と言った方がいいかも…。ケンプは、オルガニストでもあり、作曲家でもあり、名教師でもありました。実は、私が高校生か大学生の頃、生まれて初めてハマった(もちろん生で聞いたわけで...

続きを読む

先日宣言していた『私の好きな/気になるピアニスト』企画の第1回目をお届けします!

第1回目は、往年のドイツの名ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff, 1895年11月25日 - 1991年5月23日)です。1800年代生まれなので、歴史上の人物と言った方がいいかも…。ケンプは、オルガニストでもあり、作曲家でもあり、名教師でもありました。

実は、私が高校生か大学生の頃、生まれて初めてハマった(もちろん生で聞いたわけではないですが)ピアニストがケンプなのです。それまでは、ピアノ曲を聴くのに、全くと言っていいほど、ピアニストにこだわってなかった(笑) ケンプのベートーヴェンを聴いて、衝撃を受けました。衝撃といっても、刺激的というのとは全然違って、ピアノ音楽がこんなにスーッと心に入ってくる、この感覚はどういうことだろう?と、初めての体験だったのです。音楽に温かく包み込まれるような幸福感に満たされます。



例えば、↑このベートーヴェンの『月光ソナタ』。

凝った解釈をして意欲的に表現して、というタイプの演奏とは対極的です。素晴らしい和食みたいに、素材の良さを徹底して活かしているのだと思います。ケンプは作曲家でもあるので、作曲家の仕事を心から信じて、書かれている音符に語らせることを徹底しているのかもしれません。謙虚に曲に寄り添って、それを余すところなく聴き手に届けてくれているのでしょう。いわゆる技術的な面では、少しアヤシイところもあります。大人の趣味ピアノを聴いて、上手いプロの演奏より感動できるということがありますが、それに通じるものを感じます。ただ、若いころは結構テクニックばりばりだったようで、技術の衰えばかり言われるのは、本人には不本意なことのような気もします。

ケンプはレパートリーが狭く、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、以上終わり、と言っても過言ではありません(リストの素敵な演奏やショパンの興味深い演奏があったりもしますが)。ロマン派までのドイツ音楽の王道ですね。バッハとモーツァルトは録音が少なく、あまり聞くチャンスがありませんが、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、どれも素晴らしいです。シューベルトは自然な歌心が魅力的。シューマンでは、おどろおどろしさを排して、健全で懐かしさあふれるロマンを引き出しています。ブラームスは、淡々とした枯れた味わいがあります。有名な118-2なんかも、あっさりと速いテンポでササっと進みます(これだけは少し物足りないかな)。そういえば、私が「関心のある分野が少ない」と若干誇らしげに書いていることがあるのは、「ケンプ先生と同じ」という意識がどこかにあるからかもしれません(笑)

もう一つケンプで驚かされるのは、ケンプに個人的に薫陶を受けたと言っているピアニストが多いことです。例えば、内田光子もピリスもそう言っていた記憶があります。有能な教師で、それだけではなく、人格者だったに違いないと思います。なかみっちゃん(仲道郁代さん)はどうだろう…?著書『ピアニストは面白い』の中で、子供の頃にケンプの演奏会を見て(羨ましい!)「このおじいちゃんみたいになりたい」と思ったという話を書いてました。単に「ピアノ弾きになりたい」という意味だったのだとは思いますが、なかみっちゃんの演奏は少しケンプに通じるところがあると私は感じています。なかみっちゃんも無意識のうちにケンプの影響を受けたのかもしれません(*^^*)

それではもう1曲、『月光ソナタ』以上にケンプにピッタリな曲調の『田園ソナタ』も貼っておきましょう。



もしケンプに少しでも関心を持っていただけたら、是非いろいろな曲の演奏に触れてみてください!
検索に便利なように、名前の原語表記もしておきましたので…。名前の原語表記はこの企画の記事では全部そうするつもりです。

第1回目は以上です('◇')ゞ


にほんブログ村

* Category : 私の好きな/気になるピアニスト

Tag: ヴィルヘルム・ケンプ | Comment-open▼ * Comment : (7)

管理人のみ閲覧できます * by -

No Subject * by かつさん
NekoUshiさん、こんにちは
かつです。

NekoUshiさんの好きな/気になるピアニストの第一回目は誰なのかな~と気になりましたがケンプでしたか!!
私の初ベートーヴェンがケンプの月光ソナタでしたよ♪同じく感動してどっぷりクラシックにはまりました。

それ以来、ベートーヴェン弾きと言えばケンプであり、ケンプと言えばベートーヴェンです!
なのに田園を弾くため参考に買ったのはオピッツさん…
(;´Д`)
まぁともに素晴らしいピアニストですけどね。。

Re: かつさんへ * by NekoUshi
かつさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

おぉぉっ、ケンプ好き仲間だったのですね!笑

> 私の初ベートーヴェンがケンプの月光ソナタでしたよ♪同じく感動してどっぷりクラシックにはまりました。

ケンプの月光(というか、ベートーヴェンのソナタどれも)、いいですよね(*´▽`*)
私は、これ聴くまでは「ピアノ曲ももちろん悪くないけど、他の楽器の曲の方が好き」とか思っていたのですが、世界観がガラッと変わりました(笑)

> それ以来、ベートーヴェン弾きと言えばケンプであり、ケンプと言えばベートーヴェンです!
> なのに田園を弾くため参考に買ったのはオピッツさん…
> (;´Д`)
> まぁともに素晴らしいピアニストですけどね。。

どちらも、正統派のドイツ流ベートーヴェンなので、いいと思います(*^^*)
そういえば、昔NHKでやってたオピッツさんのベートーヴェン講座、ご覧になってました?

No Subject * by ゆりこ
NekoUshiさん、おはようございます~
記事楽しみにしてましたよ♪

>それまでは、ピアノ曲を聴くのに、全くと言っていいほど、ピアニストにこだわってなかった(笑) ケンプのベートーヴェンを聴いて、衝撃を受けました。衝撃といっても、刺激的というのとは全然違って、ピアノ音楽がこんなにスーッと心に入ってくる、この感覚はどういうことだろう?と、初めての体験だったのです。音楽に温かく包み込まれるような幸福感に満たされます。

とても深くて豊かな体験ですね。このような体験をすると、音楽からもう離れられないですよね。
私も今までピアニストにこだわりがほとんどなかったのですが、先日、田部京子さんのリサイタルに行って、同じような体験をしました。Nekoushiさんが仲道郁代さんのファンであるように、私もすっかり田部さんのファンになってしまい、ある特定のピアニストにはまるというお気持ちにとても共感しています。

ケンプさんのベートーベン、いろいろ聴いてみますね♪


Re: ゆりこさんへ * by NekoUshi
ゆりこさん、こんにちは~~
お読みいただいて、コメントもくださり、ありがとうございます(*^^*)

> とても深くて豊かな体験ですね。このような体験をすると、音楽からもう離れられないですよね。

そうなんですよ~~
生演奏じゃなくて、CDでもそんな感動を得ることができたのが、また素敵だったと思います(*´▽`*)

> 私も今までピアニストにこだわりがほとんどなかったのですが、先日、田部京子さんのリサイタルに行って、同じような体験をしました。Nekoushiさんが仲道郁代さんのファンであるように、私もすっかり田部さんのファンになってしまい、ある特定のピアニストにはまるというお気持ちにとても共感しています。

わ~~、田部京子さんいいなぁ!!
田部さんって、すごく知的で大人な雰囲気ですよね(*´▽`*)
私もいつか生で聴いてみたいです~~。
ゆりこさん、すっかり心を奪われたみたいですね!笑 田部京子さんの記事が増えることを期待してますヽ(^o^)丿

> ケンプさんのベートーベン、いろいろ聴いてみますね♪

YouTubeにもそれなりに上がっているみたいですので、色々聴いてみてくださいね。
そして、もし気に入られたらCDも買ってみてください(^^♪←ケンプの回し者(笑)

No Subject * by 私はタワシ
おお、待望の第一弾、ケンプで来ましたか!
2、3日前まで数日間連続して、アマゾン・プライム・ミュージックでケンプのシューベルト(ピアノソナタ)を聴いていたので、タイムリーでした。
ケンプといえば、私、ヘンデルのメヌエット(ト短調)を彼がアレンジしたものが、個人的に大好きで、発表会で弾いたこともあるくらいです。(が、会場へ向かう電車の中に楽譜を忘れてしまい、暗譜する気がさらさらなかっただけに、悲惨なことに)

それにしても今回ケンプの紹介記事なのに、しっかりと登場している、なかみっちゃん。NekoUshiさんの、なかみっちゃん愛の深さを、改めて感じました!

Re: タワシさんへ * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> おお、待望の第一弾、ケンプで来ましたか!

そうなんですよ~~
ケンプは私のピアノ音楽鑑賞の原点なのです!

> 2、3日前まで数日間連続して、アマゾン・プライム・ミュージックでケンプのシューベルト(ピアノソナタ)を聴いていたので、タイムリーでした。

ケンプのシューベルトは絶品ですね(*´▽`*)
タイムリーでしたね~~

> ケンプといえば、私、ヘンデルのメヌエット(ト短調)を彼がアレンジしたものが、個人的に大好きで、発表会で弾いたこともあるくらいです。(が、会場へ向かう電車の中に楽譜を忘れてしまい、暗譜する気がさらさらなかっただけに、悲惨なことに)

それは何とも大変な体験を…(>_<) 私だったら棄権すると思いますΣ( ̄ロ ̄lll)!!
バロックもののアレンジも色々と優れたのがありますよね、ケンプ先生は。バッハの有名なカンタータ147番もありますし。

> それにしても今回ケンプの紹介記事なのに、しっかりと登場している、なかみっちゃん。NekoUshiさんの、なかみっちゃん愛の深さを、改めて感じました!

笑笑
ただ、今後の全てのお気に入り/気になるピアニスト記事に登場する、というわけではありませんよ?笑

セルフレッスン第45回:シンフォニア7番、思い切ってロマン派的に弾いてみる?/選曲会議

月2回のレッスンのはずが、慌ただしかったり具合悪くなったりで、このところ月1回ペースになってしまっています( ;∀;)でも、気を取り直して、お盆休みの猛暑の中、二役レッスン強行してみます('◇')ゞ■チェルニー40-30私「あの、ほとんど練習できていないのですが…」先生「副業と暑さに負けたんでしたよね。とにかく弾いてみましょう。テンポはゆっくりで結構です」♪♪私「あれ?思ったより退化してないかも(*'▽')」先生「寝かせたチ...

続きを読む

月2回のレッスンのはずが、慌ただしかったり具合悪くなったりで、このところ月1回ペースになってしまっています( ;∀;)
でも、気を取り直して、お盆休みの猛暑の中、二役レッスン強行してみます('◇')ゞ

■チェルニー40-30
チェルニー40-30

「あの、ほとんど練習できていないのですが…」

先生「副業と暑さに負けたんでしたよね。とにかく弾いてみましょう。テンポはゆっくりで結構です」

♪♪

「あれ?思ったより退化してないかも(*'▽')」

先生「寝かせたチェルニーが熟成するなんて、なんと珍しい(笑) 課題は、左手の1から4への指替えだけといってもいいでしょう」

「冒頭の51421などですよね?」

先生「左手はずっとこんな感じだよね。指替えの時、左の1が移動の軸にならなきゃいけないのに、しっかりしていないのが問題です。1をどのタイミングで離すか、飛び越えた4の移動距離はどうなのか、感覚として身体で覚えて行きましょう。リズム変奏(16分音符の3連符+8分音符&その逆)、それから、リズムは戻してメトロノームで強制テンポアップです。このやり方で練習しておいてください。もちろん、両手で合わせて通す練習もね」

「メトロノームはどのぐらいに設定すればいいでしょう?」

先生「片手の時は4分音符=120、両手で合わせる時は100以上を目標にしましょう。行き詰まったら指に馴染ませるように超スローに落として、その後またテンポアップです。いくらなんでもこれから少しは涼しくなると思うので、気力も回復して練習時間も増えて来るでしょう」

■バッハ『シンフォニア』第7番

先生「シンフォニアの中で一番の力作かつ傑作との呼び声高い7番。まず、冒頭だけアナリーゼらしきもの(笑)をしてみましょうかね。今回は、『バッハ《インヴェンションとシンフォニア》演奏と指導のポイント』(山崎孝著、音楽之友社)という解説書をひもといてみましょう」

シンフォニア7番 1-3小節

先生「冒頭の主題の提示です。水色で囲った部分が主題、動機a(黄緑)、動機b(黄色)から成り立っていますね。それに、対位句a'(赤)、b'(オレンジ)が絡み合っていて、実は曲全体がこれらの動機の組み合わせと展開でできています」

先生「アルトは対位句を奏でた後、3小節目で主題を奏します。ここは定石通りドミナントのロ短調。面白いのは、その先、上声が3度上をオブリガート的になぞるんですね。こういう3度進行、それから6度進行が頻繁に出てくるのも特徴です」

「3度とか6度の上下どちらがより重要か、ちゃんと理解してないといけないですね」

先生「その通りですね。次に、14小節目以降出てくる16分音符による対位旋律を見てみましょう」

シンフォニア7番 14-15小節 対位旋律

先生「赤が動機a'由来、黄緑が動機a由来、オレンジが動機b'由来。こんな感じにあちこちに冒頭の動機が潜んでいるというわけです」

「由来といっても、そのままの形ではなく、反行形だったり逆行形だったり…。ん~~、複雑怪奇\(◎o◎)/!」

先生「…。ま、完全に把握できなくても演奏はできますから、安心してください。それでは、弾いてみましょう」

♪♪

先生「表情付けについて、いや、その前にさっき言った3度進行、6度進行について言っておきましょう。30-32小節で見てみましょうかね」

シンフォニア7番 30-32小節

先生「ここの左手。アルトが動機a,bの順番に主題を奏して、そこにバスが6度下に加わる。赤い囲みです」

「アルトを若干強調して、両声部の流れをしっかり聞く、ですよね?」

先生「分かってるじゃないの~~。でも、そうなってなかった。6度の音程を和声的に並べている感じ。刻んでるだけで流れてない」

「相変わらず手厳しいですね(>_<)」

先生「でも、頭で分かってるのだから、あとはそれを実行に移すだけです。具体的には、指の持ち換えを駆使する。それじゃ、言いかけてた表情の話ですが…。レガートがすごく重くてビックリしました。主題はレガートというより、テヌートで念を押すような感じで、シューマンだかリストだか、とにかくロマン派の曲を聴いているような錯覚に陥りました。もっとあっさり軽いレガートの方がいいと思うけどなぁ」

「お手向かいしていいですか?笑」

先生「ダメです。オスカル近衛隊長(←ベルばらの)を呼んで鎮圧します。あ、いやいや、冗談だってば。何か独自の解釈がありそうなので、是非聞かせてください」

「この曲の性格は受難曲ですよね?」

先生「そう考えて間違いないです」

「冒頭の主題は、十字架を背負って刑場の丘に登っていくキリストを表しているような気がして…。4度の音程は苦しみの意味があると聞いた記憶もありますし」

先生「なるほど、伊達や酔狂にテヌートで引きずるように弾いたわけじゃないのね(笑) コンセプトは理解できます。ただ、ロマン派的過ぎるというか、描写的過ぎるんじゃないかな。あんまり苦しそうだと、俗世間ぽくなっちゃう」

「あっ、そうかそうか。厳粛さとか崇高な感じが足りなくなっちゃうわけですね。ん~~、どうしましょう」

先生「ちょっと、ショック療法を試みてみましょうか。逆に、もっとロマン派的に、シューマンの曲とでも思って弾いてみてください。テンポルバートも思いっきりかけて」

♪♪

「わ~っ、これは、やり過ぎ感満載ですねΣ( ̄ロ ̄lll)!!」

先生「そこから、少しずつ表情過多な部分を削って行って、ん?若干物足りないかな?って辺りが、おそらくちょうどいいのだと思います。表情の豊かなバッハ、必ずしも悪いことじゃありません。16分音符の対位旋律が出てくるあたりは動きをつけたりとかね。いや、それはできてたか。16分音符の部分は譜読みがあやふやなのが第1の問題なので、しっかり片手練習です」

「ペダルは踏んでいいですか?」

先生「思いっきり踏んでたくせに、何をいまさら…(笑) ただ、表情付けのためのペダルではなく、3度進行や6度進行でレガートが途切れなくするためのピンポイントペダルにしてください。場所によっては、8分音符1個1個にペダルをつける必要があるかもしれません」

このコンビ、7番はロマン派ちっくに行くらしいです!

■メンデルスゾーン『春の歌』

・テンポをもっと落ち着かせて
・装飾音の和音構成をいい加減に覚えなさい

上記2点をこってり絞られて終わり、もちろん次回に引き続きます。

■選曲会議

先生「憧れの無謀曲枠、結局どうしますか?前回は、確かショパンの『蝶のエチュード』をやりたいと言ってましたけど」

「実は、また変わってきまして、ちょっとリストを…」

先生「まさかソナタじゃないよね!?」

「いくら何でもそこまでは…Σ(゚д゚lll)!!  『伝説』の2曲目『水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ』と『バラード2番』で迷ってます」

先生「『パオラ』は途中すごく弾きづらい箇所があるけど長さはそこそこ、『バラード2番』は突出して弾きづらい箇所が少ない代わりにとにかく長い。楽譜は両方とも持ってるの?」

「バラード2番はまだ持ってませんけど、IMSLPで眺めてます。」

先生「こういうの決めるには、ちゃんとした紙の楽譜が必要でしょ~~。ちょっとパソコン出して」

「バラードの楽譜プリントアウトするんですか?」

先生「そうじゃなくて、Amazonのサイトにアクセスして。なんだ~~、しっかりお気に入りリストに入ってるじゃないの。それ、ポチって(笑) 春秋社じゃなくて、ヘンレの方ね」

「あっ、買っちゃった。というか買わされた~~」

先生「よしよし、それでじっくり検討してみてください。次回決まるかしらね。『蝶のエチュード』は弾く気失せちゃった?」

「そんなことないです~~。やっぱり気になります」

先生「それじゃ、『春の歌』の次の候補の一つとして考えましょうかね」

「わ~~いヽ(^o^)丿」

今回のレッスンはこんな感じです~~


にほんブログ村

* Category : セルフレッスン

Tag: チェルニー40番 バッハ シンフォニア リスト 伝説 バラード2番 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by 夕
こんにちは(^^)/
シンフォニア7番のレッスン、とても勉強になります~♡
3度と6度の上下どちらがより重要か、意識して弾いてみます('◇')ゞ
ピンポイントにペダル使いたいです💦
この前のレッスンでペダル禁止令が出てしまったので、しばらく指だけで頑張りますが、き、キビシーーーーッ(◎_◎;)
ロマン派ちっくな7番、拝聴したいです(*´▽`*)

バラ2、キタ――(゚∀゚)――!!嬉しいです♪
蝶々エチュードもサヨウナラじゃなくて良かったです♪どちらも好きなので…( *´艸`)

Re: 夕さんへ * by NekoUshi
夕さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(*^^*)

> シンフォニア7番のレッスン、とても勉強になります~♡
> 3度と6度の上下どちらがより重要か、意識して弾いてみます('◇')ゞ

参考になって嬉しいです♡
そういえば、シンフォニアは同じ曲をやっているんですよね(*´▽`*)
同志意識が高まりますね!笑

> ピンポイントにペダル使いたいです💦
> この前のレッスンでペダル禁止令が出てしまったので、しばらく指だけで頑張りますが、き、キビシーーーーッ(◎_◎;)

安易にペダルに頼るのもよくないですからね~~
あと、どうしても音濁るし…。
でも使わないと、どうしても繋がらないところもある(>_<)
難問ですΣ( ̄ロ ̄lll)!!

> ロマン派ちっくな7番、拝聴したいです(*´▽`*)

あっ、最近、全然音源を上げてませんでしたね(^^;;
もし万が一録音できた時は(←弱気(笑))、聞いてやってくださいませ<(_ _)>

> バラ2、キタ――(゚∀゚)――!!嬉しいです♪
> 蝶々エチュードもサヨウナラじゃなくて良かったです♪どちらも好きなので…( *´艸`)

春の歌⇒蝶々と、現実の季節を無視して「春シリーズ」にしようと思います(笑)
以前、ショパンのバラ2がお好きだと伺った記憶がありますが、今検討中なのはリストのバラ2なんですよ~~

新企画『私の好きな/気になるピアニスト』シリーズを構想中です(^o^)丿

毎日の猛暑にうんざり。ではあるのですが、あんまり不平不満ばっかり言っていても仕方ないので、少しずつピアノの練習を復活させています。そして、何か楽しそうな企画を新たにブログに加えてみたいという気になってまいりまして、以前から温めていた『私の好きな/気になるピアニスト』シリーズを、本格的に構想し始めています。ピアニストという存在は、大事な鑑賞対象でもあり、練習するにあたって「何か」を与えてくれます。本...

続きを読む

毎日の猛暑にうんざり。ではあるのですが、あんまり不平不満ばっかり言っていても仕方ないので、少しずつピアノの練習を復活させています。そして、何か楽しそうな企画を新たにブログに加えてみたいという気になってまいりまして、以前から温めていた『私の好きな/気になるピアニスト』シリーズを、本格的に構想し始めています。

ピアニストという存在は、大事な鑑賞対象でもあり、練習するにあたって「何か」を与えてくれます。本人、先生、ピアノ仲間と並んでピアノライフのカギを握る存在といってよいでしょう。

そんなピアニストたちの中から、私が好きなピアニスト、好きというよりは「気になる」ピアニストをピックアップして、人物像(もちろん私の個人的印象ですが)や演奏のどこに惹かれるのか、あるいは、どこが微妙に思えるのか(笑)、冷静に、でも熱く語っていくコーナーにしたいと思っています('◇')ゞ

もちろん、お気に入りのCDも紹介していく予定ですので、何かの参考になれば嬉しいなぁと思います。
あと、同じピアニストを複数回(前後編ではなく)取り上げることもあるかもしれません。

あっ、このコーナーでは、なかみっちゃんは敢えて取り上げません!笑
なぜかというと、特別過ぎる存在だから(*´▽`*)
作るとしたら『私の好きななかみっちゃん』ですけど、それは恥ずかしい(〃ノωノ)
今まで通り、TV番組に登場したとか、CD買ったとか、そういう時に記事を書いていきます♪♪

何はともあれ、宣言しちゃったので後には引けません!!
いや、そのために宣言したのですが…(笑)
生温かくご期待いただければと思います~~


にほんブログ村

* Category : 私の好きな/気になるピアニスト

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (6)

No Subject * by ゆりこ
こんばんは^^素敵なコーナーが登場、ですね♪
第一弾は誰かな~、と想像しながら記事を待ってます。
でも毎日暑いので、無理しないでくださいね。といいつつ、とっても楽しみにしてます!

Re: ゆりこさんへ * by NekoUshi
ゆりこさん、こんばんは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> こんばんは^^素敵なコーナーが登場、ですね♪

少しでも素敵なコーナーにできるといいなぁと思ってはいるのですが、思った通りに行くかどうか…(^^;;

> 第一弾は誰かな~、と想像しながら記事を待ってます。
> でも毎日暑いので、無理しないでくださいね。といいつつ、とっても楽しみにしてます!

ありがとうございます<(_ _)>
そんなに楽しみにしていただいてしまっては、頑張らないといけないですね('◇')ゞ

そうなんですよね、暑さが大問題です(>_<)
お互い気を付けて暑さを乗り切りましょう!!

No Subject * by まんまるお月
わ~~、それは楽しみな企画です。

そもそも私、あんまり知らないんですよ、クラシック曲は有名なのしか知らないし、ピアニストさんも同じで。
なので、NekoUshiさんの感性でどんなものをどのように感じられてるのか、私も共有して、自分はどう感じるか比べてみたいなあなんて。

楽しみにしていますね。

Re: まんまるお月さんへ * by NekoUshi
まんまるお月さん、こんにちは!
コメントありがとうございます~~(^^♪

企画を楽しみにしていただいて、嬉しいやらドキドキするやら…。
あっ、発表会の選曲報告みたいなドキドキかも?笑

> なので、NekoUshiさんの感性でどんなものをどのように感じられてるのか、私も共有して、自分はどう感じるか比べてみたいなあなんて。

企画を通じて、色々なピアニストさんへの感想を言い合って、魅力を再発見できたらいいなぁと思っております。
温かいコメントを寄せていただいて、モチベーションが上がりますヽ(^o^)丿
気負い過ぎず頑張りますね!


No Subject * by 私はタワシ
私もこの企画とっても楽しみにしてます。
記念すべき第1回は誰だろう、と私もあれこれ予想しているのですが、なかみっちゃんを除外するとなると・・・ちょっと想像がつきません。
微妙に思える点も率直に書いて頂けそうなので、その辺にも期待してます。

Re: タワシさんへ * by NekoUshi
タワシさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 私もこの企画とっても楽しみにしてます。

もう少し待ってくださいね。
せっかく期待していただいているので、しっかり構想を練って書きます!

> 記念すべき第1回は誰だろう、と私もあれこれ予想しているのですが、なかみっちゃんを除外するとなると・・・ちょっと想像がつきません。

なかみっちゃんは、わざわざコーナーを作らなくても私のブログの至る所に現れますから…(笑)

> 微妙に思える点も率直に書いて頂けそうなので、その辺にも期待してます。

たまに「好きかどうかよく考えると困るんだけど気になることは間違いない」という人も取り上げようと思ってます。
もちろん、そういう場合も、あくまで節度と品位を失わない感想を心がけます~~

バッハ、バッハ、バッハ・・・

このところ、バッハをほんの少しだけ練習して終わりの日々が続いています。まあ、ピアノは本業といえども(!笑)、細く長く続けるには、たまには開放されるのもいいかな…。最近練習しているのはシンフォニア7番ホ短調です。これがめっちゃツボにハマってます(*´▽`*)この曲でシンフォニア全曲を一通り手に当てたことになりますが、全15曲の中で、7番が一番好きかもしれません。最高に癒されます。↑この演奏が、理想の演奏の一つで...

続きを読む

このところ、バッハをほんの少しだけ練習して終わりの日々が続いています。
まあ、ピアノは本業といえども(!笑)、細く長く続けるには、たまには開放されるのもいいかな…。

最近練習しているのはシンフォニア7番ホ短調です。これがめっちゃツボにハマってます(*´▽`*)
この曲でシンフォニア全曲を一通り手に当てたことになりますが、全15曲の中で、7番が一番好きかもしれません。最高に癒されます。



↑この演奏が、理想の演奏の一つです。
比較的ロマンティックな解釈ですね。ピアノの魅力を前面に出したバッハ、という感じでしょうか(≧▽≦)
手本にして練習しているというわけでもないのですが、こういう感じのバッハは好きです。でも、次のレッスンではどういう方向に持って行く(行かれる)ことになるのか不明です(笑)

1周目を終えた他の曲の中から少しずつ遊び弾きもしています。
いやっ、忘れすぎでしょう( ;∀;) 3番とか10番は、練習の仕方(あるいは指導の仕方)もまだイマイチだったし、大苦戦した曲でもあるし、仕方ないと納得できます。でも、しっかりやったはずの14番や、あまり苦労していないはずの1番が全然弾けなくなっているのには愕然としますΣ( ̄ロ ̄lll)!! 「何曲かはもう一度やります」と言っていたのを訂正して「それじゃ全曲もう1周しましょうか」とあっさり言い放つ先生パートのセリフが頭の中をこだまします(笑) 

7番は今のところ順調に行っていると勝手に思い込んでいるのですが、これも終了したらすぐに弾けなくなってしまうのかと思うと、ブルーになります。終わったばかりの12番なんて、それが怖くて遊び弾きの対象に加えていないぐらいです。ん~~、やっぱり、どう考えても「それじゃ全曲もう1周」だな~~

好きなんだけど挫折感満載…。そういう複雑な意味で、『バッハ、バッハ、バッハ・・・』。
珍しくローテンションな記事になりました。


にほんブログ村

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: バッハ シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (0)

リストのバラードへの関心が急上昇中!!

予想通り、猛暑に大敗北を喫して、ピアノの練習への意欲(というか、ピアノだけにとどまらず)が減退中です( ;∀;)そんな中でも、辛うじて鑑賞の方は順調。暑さが去った時に弾いてみたい曲を物色するのには余念がありません(笑)このところ関心が急上昇しているのが、リストのバラード2番です(*´▽`*)今まで全く無縁だったのですが、最近買ったリストの曲集のCDで聴いて、心を捉えられてしまいました。この曲は、かの大傑作にして超...

続きを読む

予想通り、猛暑に大敗北を喫して、ピアノの練習への意欲(というか、ピアノだけにとどまらず)が減退中です( ;∀;)
そんな中でも、辛うじて鑑賞の方は順調。暑さが去った時に弾いてみたい曲を物色するのには余念がありません(笑)

このところ関心が急上昇しているのが、リストのバラード2番です(*´▽`*)
今まで全く無縁だったのですが、最近買ったリストの曲集のCDで聴いて、心を捉えられてしまいました。



この曲は、かの大傑作にして超難曲のソナタロ短調と同じころに作曲されたそうで、ソナタロ短調と、前から興味を持っていた『2つの伝説』の第2曲『水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ』の魅力を足して2で割ったような感じを受けています。静かで優雅な部分と激しくドラマチックな部分の対比がすごいです!!ただ、ソナタよりは、とっつきやすい曲想かな…。
バラードといっても、ショパンと同じく、もとになった叙事詩は明確ではないようです。物語性や描写性にこだわらず、純音楽的にとらえて入り込める曲だと思います。

そして、何回も繰り返し聞いているうちに、「いずれ手に当ててみたい憧れの無謀曲リスト」入りしつつあります('◇')ゞ
↑猛暑のせいで、思考回路がすっかり狂っちゃってるΣ( ̄ロ ̄lll)!!
楽譜を持っていないだけに、どのくらい無茶なのか見当が付きません。思い切って楽譜を買ってしまいたい衝動が…。
誰か止めてーーっ!!笑

それにしても、私は以前は断然ショパン派で、リストは敬遠の対象でしかなかったのに、最近はそうでもなくなってきました。考えてみると、チェルニーの効果かもしれません。何と言っても、リストはチェルニーの弟子ですから…。リストは天才なので、チェルニーさんから大して教わることはなかったような気もしないでもないですが、ピアニズム的に類似系統ではあると思うんですよね。チェルニーとショパンだったら全然別物です。

リストのバラード2番を手に当ててみるかどうか、次回のレッスンで選曲会議に掛けるとして(笑)、少なくとも鑑賞の対象として素敵な曲に出会えたのは間違いありません。そう思うと、チェルニーさんのおかげで、鑑賞の幅が広がっているとも言えますね。って、何でチェルニーを讃える記事になっているんだろう??リストのバラード2番に萌え中というのが本題です(*^^*)


にほんブログ村

* Category : 弾きたい曲

Tag: リスト バラード2番 | Comment-open▼ * Comment : (4)

No Subject * by ね~み♪
リストのバラード、初めてちゃんと聞いたかもです(^^;
出だしがドロドロしてますが、それを過ぎると清らかなメロディーが出てくるんですね。(また戻っちゃうけど・・・)
せっかく萌え曲を見つけたのですから、ぜひぜひ弾いてみてはいかがでしょう?少なくとも楽譜を見るのは楽しいんじゃないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=zbbNrkmwBEU

もう見ておられるかもしれませんがYouTube楽譜バージョンです。
憧れにレッツトライしましょ♪

Re: ね~み♪さんへ * by NekoUshi
ね~み♪さん、コメントありがとうございます(*^^*)

> リストのバラード、初めてちゃんと聞いたかもです(^^;

意外と盲点ですよね!
バラード=ショパンのイメージで…。

> 出だしがドロドロしてますが、それを過ぎると清らかなメロディーが出てくるんですね。(また戻っちゃうけど・・・)

そうなんですよ~~
その辺の対比も面白くて素敵に思えました。
清らかなメロディーの部分は、めっちゃ好みのタイプです(≧▽≦)

> せっかく萌え曲を見つけたのですから、ぜひぜひ弾いてみてはいかがでしょう?少なくとも楽譜を見るのは楽しいんじゃないでしょうか。

楽譜は、曲を鑑賞する時に眺めるという使い道もありますもんね(^^♪
お手頃価格の春秋社版か、手ごわいお値段だけど未知のバラード1番もついてくるヘンレか、迷ってます。

> https://www.youtube.com/watch?v=zbbNrkmwBEU
> ↑
> もう見ておられるかもしれませんがYouTube楽譜バージョンです。

わ~っ、ありがとうございます(*´▽`*)
YouTube楽譜バージョンを探すという発想はありませんでした。
持つべきものはピアノ友ですね!笑

> 憧れにレッツトライしましょ♪

「無謀曲、迷っていると誰かに突き落とされる(笑)の法則」ですねヽ(^o^)丿

No Subject * by さっちん
こんにちは~
私も以前はリスト大先生ちょっと敬遠しておりましたが、最近好きな曲や弾いてみたい曲が増えてきてうれしいです♪
ツェルニー先生は視線が痛いのですね・・・。じゃあ、ぴピシュナとかやったら、もっと視線痛そう・・・。
あの、、ねこうし算面白かったです。和みました~^^

Re: さっちんさんへ * by NekoUshi
さっちんさん、コメントありがとうございます(*^^*)

> 私も以前はリスト大先生ちょっと敬遠しておりましたが、最近好きな曲や弾いてみたい曲が増えてきてうれしいです♪

リストって意外と歳を重ねないと良さが分からないものなのかしらね。
何にしても、好みが増えるのは楽しいことです(*´▽`*)
そういえば、さっちんさんは今、『伝説』の『小鳥に説教をする…』をされてますよね!!

> ツェルニー先生は視線が痛いのですね・・・。じゃあ、ぴピシュナとかやったら、もっと視線痛そう・・・。

ピシュナは楽譜持ってないですけど、動画を見る限り、めっちゃ痛い視線が飛んでくるのは間違いなさそう(笑)
あと、ハノンをごくまれに弾いてみるとカール以上に視線が痛いですね。

> あの、、ねこうし算面白かったです。和みました~^^

和んでいただけて良かったです(*^▽^*)
NekoUshi音楽院入学試験(←そんなものあるのか?笑)の必須問題にしようと思います(^^;