FC2ブログ

NekoUshiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

 

セルフレッスン第34回:ひたすら地味練習に励む

一人二役のレッスン記録。今回は地味練習のダイジェスト版です。地味だけど意外と内容濃いかも?笑1.チェルニー40-23各指、特に4と5の独立の徹底練習を目的とした曲で、かなり手ごわいです(>_...

続きを読む

一人二役のレッスン記録。
今回は地味練習のダイジェスト版です。地味だけど意外と内容濃いかも?笑

1.チェルニー40-23

各指、特に4と5の独立の徹底練習を目的とした曲で、かなり手ごわいです(>_<)
でも意外と嫌いじゃないかも…。

・13~16小節(譜例は15小節まで)
チェルニー40-23 13-15小節
アルペジオの折り返し点、頂点は突き放すのではなく、下向きの動きの出発点という意識で。突き放すと、音楽的にもきれいでなくなるし、折り返しがもたつく原因にもなる。手首の回転をうまく使うこと。

・49~54小節(譜例は50小節以降)
チェルニー40-23 50-53小節
右手はオレンジのラインが浮き出るように。音符2個ずつにスラーをつける、アーティキュレーション練習をしてみること。2音にスラーということは(重・軽)の繰り返しになる。で、オレンジのライン上の音符(奇数番目)は自然と「重」になるというわけです。左手は跳躍が大変。落ち着き先(ブルーで囲んだ音符)を常に意識すると指が比較的ついてくる。

・メトロノーム練習
そろそろメトロノーム練習を始める。最初は8音符=132ぐらいから始めて、取り敢えず付点4分音符=84ぐらいを目指す。メトロノーム練習の時は、ミスっても突き進む!!(もちろんミスった箇所は徹底的に部分練習をするんだけど…)

2.シンフォニア14番
ゆっくりなら音は並ぶようになってきたけど…。
・17~19小節
シンフォニア14番 17-19小節
内声を左右で弾き分けるのが特にややこしい箇所です。ピンクでマークした音符は左手で取りましょう。17小節(譜例で言うと3小節目)の2番目、ピンクとブルー両方のマークを付けた音符は左右どちらでも可。

・8分音符はノンレガート遵守で
穏やかな曲調なので、鋭いスタッカートになるのも困るけど…。
テヌートになったりレガートになったりしていることがあるので注意!

3.幻想即興曲
・コーダに入る部分
幻想即興曲 コーダ
「左手の跳躍がどうしてもうまく行きません」

先生「ずっと左手は6連符で来たのに、急に16分音符に変わって、戸惑いますね。もしここも6連符だとしたら、跳躍する2つの音の間に何の音が入るか?どの指で弾くべきか?考えてみてください」

「3の指で、音はソ♯ですか?」

先生「そうそう。それを、実際には音を出さないんだけど、そこに軸があると考えて、手の形と動きを作るの。名付けて【仮想の回転軸】、横文字にしたら、バーチャル・ピボット(笑)」

「分かりました。バーチャル・ピボットをソ♯の音に3の指で作るよう頑張ります!!」

(少しやってみる)

先生「かなり弾きやすくなったでしょう?跳躍も本質的には回転運動ですから。他のところでも応用が利くと思いますよ」

・あとは弾き込むのみ

先生「そろそろつっかえながらもテンポを上げたくなる時期になってきたと思うけど、ここは我慢して、むしろテンポを落としてミスタッチを撲滅する練習を増やしてください。テンポを落としても、音楽の流れとかニュアンスはそのままで。決して機械的に音を並べるのではないですよ」

「急がばレントですね(≧▽≦)」

先生「それそれ!!笑 あとは、じっくり弾き込むのみです」

今回のレッスンはこんな感じです。
バーチャル・ピボットという言葉を勝手に作ってみました('◇')ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト

* Category : セルフレッスン

Tag: バッハ シンフォニア チェルニー40番 ショパン 幻想即興曲 | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by mayu0630
こんばんわe-454
幻想即興曲で一番難しいのは、この部分ですよね。

左はソの上に3の指を置いて、手首を回転させて
音を繋げて弾くように言われてます。

私はエキエル版を使ってるんですけど、Nekoushiさんは
どちらの楽譜をお使いですか?

To:mayu0630さん * by Nekoushi
mayu0630さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

ずっと指を動かし続けてきて、最後に最難関が仕掛けられてますもんね。
とても大変です(>_<)

> 左はソの上に3の指を置いて、手首を回転させて

あっ、それが言いたかったんです!
記事では師弟がまどろっこっしい会話をしてますが…笑

私が持っている楽譜は、ウィーン原典版(エキエル先生が校訂)と全音です。
ウィーン原典版が「決定稿」として採用している楽譜では、コーダの部分も左手が6連符で突き進んでいて弾きやすそうですが、他の部分に弾きづらい箇所があって…。
とりあえず、全音見ながら弾いてます♪♪

スペイン祭りの反動で・・・

先週は、スペインもののアルベニスとグラナドスとのアバンチュールだとか言って、とても盛り上がりましたが、もう反動が来たみたいです(笑)心を洗われたい気分になり、週末はバッハに浸っていました。こういう時は、短調の曲に心惹かれますね。例えば、シンフォニアの11番 ト短調。この曲は、シンフォニアの中でも一番お気に入りの部類で、去年一旦終了してますが、もう一度やり直したいです。改めて弾いてみると、弾け具合に全然...

続きを読む

先週は、スペインもののアルベニスとグラナドスとのアバンチュールだとか言って、とても盛り上がりましたが、もう反動が来たみたいです(笑)

心を洗われたい気分になり、週末はバッハに浸っていました。
こういう時は、短調の曲に心惹かれますね。

例えば、シンフォニアの11番 ト短調。



この曲は、シンフォニアの中でも一番お気に入りの部類で、去年一旦終了してますが、もう一度やり直したいです。改めて弾いてみると、弾け具合に全然満足できません。当時はNekoushi音楽院の合格基準が甘かったようです(笑)
今やってる14番が終わったら、11番をもう一度やろうかなぁ。

他には、普段は楽譜置き場のアクセサリーと化している【平均律2巻】から手当たり次第に弾いてみました。ハ短調、ニ短調、ヘ短調あたりを拾っていきました。長調の曲は、17番 変イ長調だけ挑戦してみました。



↑2巻の17番は、この曲です。
今日初めて音源を聞いてみたのですが、この曲のプレリュードって、こんな速いテンポだったんだ( ^ω^)・・・
これの3分の1ぐらいでつっかえまくりながら弾いてました。って、初見だから仕方ないです。
それにしても、やっぱり変イ長調好き(*´▽`*)

あと、気づいたことは、平均律よりシンフォニアの方が得体が知れない、もとい、より深遠な世界のような感じがしました。私が使っている演奏の手引書に「インヴェンションとシンフォニアは哲学書を読むように一生繰り返し勉強しなさい」というようなことが書いてありますが、納得です。平均律も一生勉強しないといけないのだとは思いますが、少しニュアンスが違うみたい。

バッハをいっぱい手に当たら、すっかり心が洗われました。
無心になれますもんね。

スペイン人との危険な恋に身を焦がした挙句、世をはかなんで(?)修道院に入ってしまいました、的な・・・\(◎o◎)/!
話の辻褄は何となく合いますね(笑)


にほんブログ村

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: バッハ | Comment-open▼ * Comment : (4)

No Subject * by やぢま
バッハは鍵盤楽器を弾く人にとって「リセット」なのかも知れませんね。
弾くと真ん中に戻って来られますよね。
道ならぬ恋(??)に身を焦がした後、自分に戻るための時間をバッハ様がくれる・・・
静謐ですね~。いいと思います!

No Subject * by amy
Nekoushiさんこんばんは~^^

「スペイン人との危険な恋に身を焦がした挙句、世をはかなんで(?)修道院に入ってしまいました、的な・・・\(◎o◎)/!」

上手いっっ!!さすがです!(座布団3枚~笑)

シンフォニア11番は大好きな曲です。
そして、変イ長調のプレリュードも爽やかでいいですね♪
バッハは最近ご無沙汰しているのですが、やっぱりいいですねぇ~
ベートーヴェンが終わったらレッスン復活させようと思います(#^.^#)

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、コメントありがとうございます(^^♪

なるほど!!
バッハはリセット。確かにそんな感じがしますね。
あるいは、原点。

> 道ならぬ恋(??)に身を焦がした後、自分に戻るための時間をバッハ様がくれる・・・
> 静謐ですね~。いいと思います!

こうやってストーリーを考えると楽しさも増しますね(*^▽^*)

To:amyさん * by Nekoushi
amyさん、コメントありがとうございます(^^♪

> 上手いっっ!!さすがです!(座布団3枚~笑)

座布団を3枚ももらっちゃった(笑)
かなり優秀ですね(≧▽≦)

> シンフォニア11番は大好きな曲です。

去年練習してた時にそうおっしゃってたのを覚えてます(*´▽`*)
11番、いいですよね~~

> そして、変イ長調のプレリュードも爽やかでいいですね♪

すっかり気に入ってしまいました。
来年あたり弾けたらいいなぁ

> バッハは最近ご無沙汰しているのですが、やっぱりいいですねぇ~
> ベートーヴェンが終わったらレッスン復活させようと思います(#^.^#)

ぜひぜひ!!楽しみですね。
amyさんといえば、バッハは欠かせないです~~

ごくささやかだけど嬉しかったこと

楽器屋さんでクラビノーバを遊び弾き(暗譜できる曲がないので、覚えている断片を適当に…(^^;;)してたら、店員さんに声をかけられて、その内容が何だかとても嬉しかったです。言われたことは「優しい感じの音に包まれるようで素敵です」って(≧▽≦)普段から「こんな感じの音作りができたらいいなぁ」と思っていた内容そのままだったので、嬉しかったのです。新しいクラビノーバは音がいいというのもあるけど…笑営業トークってことは...

続きを読む

楽器屋さんでクラビノーバを遊び弾き(暗譜できる曲がないので、覚えている断片を適当に…(^^;;)してたら、店員さんに声をかけられて、その内容が何だかとても嬉しかったです。

言われたことは「優しい感じの音に包まれるようで素敵です」って(≧▽≦)
普段から「こんな感じの音作りができたらいいなぁ」と思っていた内容そのままだったので、嬉しかったのです。新しいクラビノーバは音がいいというのもあるけど…笑
営業トークってことは分かってますが、表情を見てると、100%お世辞というわけでもなさそう。長年人間をやってると、その辺りは何となく分かる(笑)

そういえば、以前、別のお店でも同じようなこと言われたことを、思い出しました。
その時は楽譜持っていて、ガッツリ試弾させてもらいました。

別の機会に全く同じような褒められ方をしたということは、いくばくかの真理は含まれてるに違いありません。昔は若気の至りで(?)けっこう力任せに弾いてたけど、かなり良い方向に変わってきたのかも?と、感慨を覚えます。
目指せ!!なかみっちゃんの音色(*´▽`*)←目指すことが、ささやかじゃなくなってる(笑)

初めは「わざわざ記事にするほどのことでもないか」とも思ったのですが、ささやかな喜びを立ち止まってかみしめて行く方が幸せそうなので、書いてみました(^^♪


にほんブログ村

* Category : ピアノライフの話色々

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (12)

No Subject * by ゆめゆり
こんばんは。ゆめゆりです。
その店員さんの言葉は 本当に心から思ったので出た言葉だと思います。
営業トークだとしたら「 おじょうずですね~」とかの普通の誉め方しかしないと思うのです。
優しい感じの音に包まれる・・・という表現で言ったのは そう言わずにはいられない音だったのだと思います!

No Subject * by mayu0630
遊びに来ましたv-353

「優しい感じの音に包まれるようで素敵です」なんて、素敵な
言葉ですね。私も言われてみたいです。

仲道さん、お好きなんですねv-410
昔、コンサート聴きに行って、なんで友達と私、会場で
あんなにゆっくりしてたか分からないけど、私たちが
会場を出ようとしたら、仲道さんと主催者の方が出て来られて
良ければ、写真撮影でもと勧められて、仲道さんと一緒に
写真撮影しました。

手が小さくて、女性としての気配りが出来る方ですね!

夏にバイオリンコンサート聴きに行って、ピアノ伴奏してた
原嶋さん(日本音楽コンクール3位)が仲道さんのお弟子さんです。

No Subject * by けもネコ
楽器店の店員さんは音楽教育を受けた人が多いので、そういうのをよく感じられるのでしょうね。
音には人間性が現れるそうですから、Nekoushiさんのお人柄が音に出ているのでしょうね(^^

私が指弾すると「人前で弾く機会の多い方ですか?」とか言われますが(謎

なかみっちゃんの音は美しいですよねー。
映像を見ていると、音だけでなく、弾く動作までしなやかで軽やか♡
ぜひ、目指してください!


To:ゆめゆりさん * by Nekoushi
ゆめゆりさん、こんにちは!
コメントありがとうございます~~(^^♪

> 営業トークだとしたら「 おじょうずですね~」とかの普通の誉め方しかしないと思うのです。

鋭いです!!
店員さんが言ったことが単なるお世辞じゃない気がしたのは、いかにもな「お上手ですね」という言葉を言わなかったからかも?と感じていました。

> 優しい感じの音に包まれる・・・という表現で言ったのは そう言わずにはいられない音だったのだと思います!

ゆめゆりさんにもそう言っていただけると、とても嬉しいです(*´▽`*)
ありがとうございます。

To:mayu0630さん * by Nekoushi
mayu0630さん、いらっしゃいませ~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 「優しい感じの音に包まれるようで素敵です」なんて、素敵な
> 言葉ですね。私も言われてみたいです。

言われると素直に嬉しいですよ~~
mayu0630も言われる機会がありますように!

> 仲道さん、お好きなんですね

はい(*´▽`*) かなり好きです!!
ブログの記事でもよく登場していただいてます(笑)

> 良ければ、写真撮影でもと勧められて、仲道さんと一緒に
> 写真撮影しました。

何と羨ましいご経験!!
そんなことってあるんですね\(◎o◎)/!
やっぱり、気配りの人なんですね。

> 夏にバイオリンコンサート聴きに行って、ピアノ伴奏してた
> 原嶋さん(日本音楽コンクール3位)が仲道さんのお弟子さんです。

貴重な情報、ありがとうございます~~
原嶋さん、注目してみますね。

* by 夕
わ~♪それは嬉しいですね(*^^*)
具体的な誉め言葉にリアリティーを感じます✨

私は緊張してしまって、試弾できないので(ドー、レー、とか単音を鳴らすだけw)、勇気をください(^o^;)

To:けもネコさん * by Nekoushi
けもネコさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 音には人間性が現れるそうですから、Nekoushiさんのお人柄が音に出ているのでしょうね(^^

そうだったら嬉しいですね(*^▽^*)

> 私が指弾すると「人前で弾く機会の多い方ですか?」とか言われますが(謎

物おじしない感じで、流れがいい♪♪
ということでは…?
音源を聴かせていただくと、場数を踏まれた方の演奏のように聞こえます!

> なかみっちゃんの音は美しいですよねー。
> 映像を見ていると、音だけでなく、弾く動作までしなやかで軽やか♡
> ぜひ、目指してください!

なかみっちゃんの美しい音のすっかりとりこですv-238
動作と音色はリンクするんですよね~~
ありがとうございます。目指してみます!笑

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 具体的な誉め言葉にリアリティーを感じます✨

そうなんですよ(*´▽`*)
嬉しかったので思わず記事にしてしまいました。

> 私は緊張してしまって、試弾できないので(ドー、レー、とか単音を鳴らすだけw)、勇気をください(^o^;)

勇気よ勇気よ、夕さんのもとへ~~(笑)←おまじないのつもり(^^;;
まずは、単音を重音とかアルペジオにしてみてはいかがでしょうか?
あ、でも、人があまりにもいっぱいいる時は、私も勇気が失せます(笑)

No Subject * by utokyo318
Nekoushiさんが心を込めて弾いていらっしゃったので、店員さんもきっとそんなふうに感じたのでしょうね(^o^)
ときどきYouTubeでリラクゼーションミュージックを聴きますが、とでも癒されて、音楽の力の偉大さを感じます。

電子ピアノも品質が上がっているみたいですね。
ご近所問トラブルになったりすることもあるので、マンション住みの我が家も電子ピアノを買いました。
今は義実家にあるのですが、調律もいらないのはありがたいです。

To utokyo318さん * by Nekoushi
こんにちは。
コメントありがとうございます(^^♪

> Nekoushiさんが心を込めて弾いていらっしゃったので、

そんな褒めていただいてしまって…(*ノωノ)
嬉しいです。

> ときどきYouTubeでリラクゼーションミュージックを聴きますが、とでも癒されて、音楽の力の偉大さを感じます。

ホント、音楽の力は偉大ですよね。
毎日神経を使うお仕事だと思いますので、素敵な音楽に沢山出会って癒されてくださいね!!

> 電子ピアノも品質が上がっているみたいですね。

グレードの高いのになると、グランドピアノ並みの音色と弾き心地で、ビックリです\(◎o◎)/!

アヴァンチュール、刺激が強すぎました(*_*)

先日の『アヴァンチュール願望』の記事の続編です。「いつも同じような作曲家の曲ばかり弾いているので、もっと冒険してみたい、危険な香りのする恋を!!笑」というお話です。今回は、何人かにアプローチしてみた結果を書いてみたいと思います。楽譜を調達して遊び弾きしただけですが…。まず、グリーグさん。『抒情小曲集』の楽譜が欲しいと常々思ってはいるんだけど、今回もパスしちゃった。たぶん、危険な香りが全然しないから(...

続きを読む

先日の『アヴァンチュール願望』の記事の続編です。

「いつも同じような作曲家の曲ばかり弾いているので、もっと冒険してみたい、危険な香りのする恋を!!笑」というお話です。
今回は、何人かにアプローチしてみた結果を書いてみたいと思います。楽譜を調達して遊び弾きしただけですが…。

まず、グリーグさん。
『抒情小曲集』の楽譜が欲しいと常々思ってはいるんだけど、今回もパスしちゃった。
たぶん、危険な香りが全然しないから(笑)
というわけで、よく考えたらアプローチすらしてませんでした。
この煮え切らない関係、いつまで続くんだろう?

次は、フォーレさんのノクターン。
勇気を出して、しっかりアプローチしてみましたよ~~
シューマンとラフマニノフとショパンを合わせたような感じでした(^^;;
立派らしいことは分かったけど、今回の趣旨とはかなり違いました。
火遊びに付き合ってくれそうな感じじゃなかったです。
それに、思ったほど萌えなかった。いや、決して嫌いではないのですが…。

次は、ガーシュインさん。ラプソディ・イン・ブルーです!!
私にしちゃ、思い切ったことしましたよ。
ジャズのテイスト満載な、ノリノリのアメリカンですからね。
冒険には違いないんだけど、残念ながら、イマイチしっくり来なかったです。
はたで聴いてる分には楽しいのに、自分で弾くとなると全然違います。だいたい、長すぎるし難しすぎるしのよ~~
ま、長いだの難しいだの言ってるようじゃ、成就しないでしょうねΣ( ̄ロ ̄lll)!!

次は、人から紹介&オススメされたアルベニスさん。
スペインものなんて私に馴染めるのかな?と半信半疑で、直球の『スペイン組曲』行ってみました(^^♪
いや~、これはヤバかった。
目くるめくリズム、押し寄せる官能的な調べ、胸を締め付けるメランコリー、エキゾチックな情熱の抱擁!!←興奮し過ぎ(^^;;
これぞ、まさにアヴァンチュール(*´▽`*)
弾いてるうちに(って、ちゃんと弾けるわけないんだけど、そんなことお構いなしに)、かーっと火照ってきました。
恐るべし、スペイン音楽\(◎o◎)/!


↑アリシア・デ・ラローチャさんの全曲。本場スペインの調べです。
1曲目の『グラナダ』から、とろけるような感じ。8曲目の『キューバ』(この演奏でいうと30分25秒辺りから)なんて、豪華客船に乗ってキューバに逃避行したくなるぐらいです。って、もはや、それじゃ駆け落ちだ(笑)

アルベニスさん、いいんだけど、私には刺激が強すぎて、数日で気力と体力が尽きましたΣ(゚д゚lll)!!

最後に、同じく人から紹介&オススメされたスペインのグラナドスさん。
こっちは、有名らしい『スペイン舞曲集』ではなく、全然有名じゃない『詩的な情景』というのを選んでみました。これは、シューマンの「情景」シリーズのスペイン版みたいな感じです。アルベニスの『スペイン組曲』みたいな、激しい恋(?)にはなりませんでしたが、じわーっと来ます。数日で燃え尽きない分、こっちのほうが重症かも!?家庭崩壊の危機だよ~~。って、何の話!?


↑第1集の1曲目『子守歌』
シンプルそうで、実は多声の処理がめちゃくちゃ面倒。その面倒さ加減が何ともシューマンっぽいのです。


↑第2集の4曲目(最終曲)『詩人の夢』
シューマンの子供の情景の終曲に通じる世界だと思います。

生身の人間相手だったら泥沼になって大変だけど、音楽なら何やってもOK(笑)
自分の中に意外な燃えたぎる情熱を発見できて、楽しい火遊びでした(*´▽`*) カールごめん…


にほんブログ村

* Category : 弾きたい曲

Tag: アルベニス グラナドス | Comment-open▼ * Comment : (6)

No Subject * by ね~み♪
アバンチュール、いいんじゃないでしょうか?
音楽ってそう言えばアバンチュールだらけかもしれませんよね。
だってある1曲だけを何年もずっと弾き続けるなんて普通はしないかも(#^.^#)
大抵は何曲もかけ持ったり、次々と新たな曲を弾いてみたくなるし、いろんな作曲家を弾いた方が幅が広がって良いですよね、きっと(#^.^#)
今回のNekoushiさんのアバンチュールのお相手は皆さん個性的な面々でしたね♪

アルベニスさんの
≫目くるめくリズム、押し寄せる官能的な調べ、胸を締め付けるメランコリー、エキゾチックな情熱の抱擁!
キャッチコピーになりそうな表現で良いですね!
音楽を聴きながら確かに刺激が強そうだな~って思いました(笑)
こういうの弾けたらカッコいいですね~

アバンチュールだなんて言わず、何人もいる恋人候補の一人としてお付き合いされるのもいいのではありませんか(^^)/

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> 大抵は何曲もかけ持ったり、次々と新たな曲を弾いてみたくなるし、いろんな作曲家を弾いた方が幅が広がって良いですよね、きっと(#^.^#)

そうですよね!!
遊び弾きは醍醐味の一つですもんね。
私は弾く作曲家とか曲のタイプが偏ってるなぁと思って、今回あえて冒険してみました(≧▽≦)

> ≫目くるめくリズム、押し寄せる官能的な調べ、胸を締め付けるメランコリー、エキゾチックな情熱の抱擁!
> キャッチコピーになりそうな表現で良いですね!

ありがとうございます!
書いた後から、けっこう赤面してたんですが、そう言っていただけると、ノリで書いておいてよかったと思いました(笑)
内容的にも、当たらずとも遠からずだと思いますし…。

> こういうの弾けたらカッコいいですね~

南国の情熱(*´▽`*)
憧れますね~~
ね~み♪さんも、そのうちスペインものを試されてみては!?←引きずり込もうとしてる(笑)

> アバンチュールだなんて言わず、何人もいる恋人候補の一人としてお付き合いされるのもいいのではありませんか(^^)/

そうですね~~
グラナドスの『詩的な情景』だったら、じっくり取り組めるかも。

No Subject * by やぢま
さっそく色々試してみたのですね~。
恋多き女、Nekoushiさん!素敵ですぅ~。(*^∀^*)
生身の人間相手にそんな冒険は出来ませんが、
音楽なら何をやっても安全です!

艶のある音楽ライフを楽しみましょうe-266

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、こんばんはー☆彡
コメントありがとうございます(^^♪
照れます(*´▽`*)

せっかく提案していただいたので、早速スペインものを試してみました~~
そして、めっちゃハマりました\(◎o◎)/!

> 生身の人間相手にそんな冒険は出来ませんが、
音楽なら何をやっても安全です!

「カール(←何で?笑)ごめん」の一言で終わりです!
というか、謝る必要すらないのですが…。

> 艶のある音楽ライフを楽しみましょう

いいですね(≧▽≦)
お互い、艶めかしい音楽ライフを!!笑

No Subject * by mayu0630
ネコウシさんって、音楽的知識が多すぎて
いつも感心して読ませて頂いております。

アヴァンチュールいいですねv-238
私、リストかな♫

To:mayu0630さん * by Nekoushi
こちらにもコメントありがとうございます(^^♪

> ネコウシさんって、音楽的知識が多すぎて
> いつも感心して読ませて頂いております。

音楽の知識を仕入れることは好きですね。好きだから知りたい!!という感じです。
あくまで趣味ですので、間違ったことも結構書いてるとは思いますが…(^^;;

> 私、リストかな♫

リストとアヴァンチュール(≧▽≦)
夢が広がりますね。ぜひぜひ!!
そういえば、リストが演奏すると当時の貴婦人たちが失神したとか聞いた記憶があります(*_*)

セルフレッスン第33回:音は不平等に扱うべし!!

一人二役のレッスン。33回目の今回は、ハイドンのソナタ34番の仕上げを中心にやりました。それでは、早速、レッスンの模様をお届けします。先生「”ハイドン先生の夏の学校”なんて言い始めてから、すっかり秋が深まる時期まで居残りになってしまいましたね。さすがに飽きてきたのでは?笑 それじゃ、通してみて」(演奏)私「うーっ、まだ駄目みたいです(>_...

続きを読む

一人二役のレッスン。33回目の今回は、ハイドンのソナタ34番の仕上げを中心にやりました。
それでは、早速、レッスンの模様をお届けします。

先生「”ハイドン先生の夏の学校”なんて言い始めてから、すっかり秋が深まる時期まで居残りになってしまいましたね。さすがに飽きてきたのでは?笑 それじゃ、通してみて」

(演奏)

「うーっ、まだ駄目みたいです(>_<) 特に、次の2カ所が…」

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章(16-23小節)

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章82-89小節

先生「上が提示部、下が再現部ですね。再現部の方で言うと、オレンジで囲ったような音形ね」

「繰り返し部分練習してはいるんですけど…」

先生「全部の音をしっかり出そうとしてるでしょ?」

「はい」

先生「そうではなくて、重要な音とそうでない音をハッキリ分けます。上の楽譜で言うと、黄色で示したラインが重要で、ミドシラー、レシラソー、ドラソ・ファ♯ソラ、がよく聞こえないといけません。それを、例えば最初の6つがミミドミシミと聞こえるように弾くのは音楽的にも適切ではないし、手も疲れます。極端に言うと、『裏拍は鍵盤に指が触れて音が鳴れば儲けもの』ぐらいの意識でいいです」

「音は不平等に扱った方がいいのですね(笑)」

先生「そうそう、そういうこと。『音は不平等に扱うべし』。これ標語にしましょう(笑) あ、それと、この2カ所は、左手をしっかりとね」

「左手は音楽の推進力!!ですよね」

先生「それでは、この部分を弾いてみて」

(演奏)

「あれ、スムーズに通るようになったみたい(*´▽`*)」

先生「そうでしょう、そうでしょう。あとは、冒頭のペダルの入れ方を微調整しましょうかね」

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章 冒頭(ペダル)

先生「左手は歯切れよく分散和音で駆け上がるのに対して、右手はスラー付きでなだらかな感じ。この対比が重要ですよね。気まぐれだか間違ってだか分からないけど、左手が分散和音を奏でている時にペダルを踏んじゃってるときがある。それは駄目です。歯切れがよくなくなっちゃうから。右手が出てくる部分は、もちろん手だけで曲想付けてもいいんだけど、一瞬ペダル踏んでみたら?音に潤いが出て、左手の乾いた感じとの対比がより明確になるので」

「それじゃ、ペダルをピンポイントで使ってみることにします」

(通して弾く)

先生「よくなりましたね。ハイドンは、あやふやなところは多々残ってますが、今回で終了にしましょう。長い間、居残りご苦労様でした」

「ハイドンさんってば、チェルニーよりよほど大変です(*_*)」

次は、シンフォニア14番です。
終結部のソプラノとアルトの弾き分けに苦戦中です。

シンフォニア14番終結部

先生「ソプラノとアルトの音色も大きさも同じになってしまってて、声部がどうなってるのか見えないですね。こういうのも『音は不平等に扱うべし』だよね」

「かなり声部練習もしているのに、全然弾き分けられなくて」

先生「ソプラノはもっと躍動感を出しましょう。青の矢印を付けたところなんかは、勢いをつけて駆け上がる感じ。それに対して、アルトは大人しめに、遠慮がちに下降させましょう」

「分かりました。そういう意識で練習してきます」

シンフォニア14番は、アルトを左右の手で受け渡す場面が多くて、難所満載なのですが、今回は終結部を集中的にやってみました。

『幻想即興曲』とチェルニー40-23は地味な練習を繰り返し。
手の形や角度に気を付けて、変な力が入らないように。チェルニーでは、力が入り過ぎる箇所で、左手で右腕を掴んでみる。不思議と、そうすると力がスッと抜けていくのです。

今回のレッスンは以上です!!
「ハイドンが終わった後の分は、しばらく課題曲空席で、その代わり他の3曲に集中しましょう。メンデルスゾーンの『春の歌』にするとは思うけど、他にもっと弾きたい曲があればそっちに変えてもOK」とのことです。
ハイドンの34番、やっと(無理やり)終わらせることができました(*^▽^*)


にほんブログ村

* Category : セルフレッスン

Tag: ハイドン Hob.XVI:34 バッハ シンフォニア | Comment-open▼ * Comment : (2)

No Subject * by ねこぴあの
>先生「ソプラノとアルトの音色も大きさも同じになってしまってて、声部がどうなってるのか見えないですね。こういうのも『音は不平等に扱うべし』だよね」

・・・!!!Σ( ̄□ ̄|||)
まさか、Nekoushi先生、わたしのインベンション5番を聴きながらコメントしてません??!
そして、ぐおおお・・・・・シンフォニア14番、恐ろしい・・・
こんなに難しそうなのに、さらっと終わる短い曲で、バッハは舞台映えしないというか努力が分かりにくいというか・・・・
バッハ、ハイドン、ツェルニー、そして幻想、アバンチュールしたくなるのも分かります(笑)
・・でも・・・
Nekoushiさん、結構ツェルニー好きですよね?(笑)

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> まさか、Nekoushi先生、わたしのインベンション5番を聴きながらコメントしてません??!

まさか…(^^;;
バッハで声部の弾き分けが難しいのは、万人に共通(←言い過ぎ)なのでは!?

> そして、ぐおおお・・・・・シンフォニア14番、恐ろしい・・・

さすがに、シンフォニアで一番難しいと言われるだけあって、手ごわすぎます(*_*)
出だしは「女王様の優しそうな微笑み」って感じなのに…。

> こんなに難しそうなのに、さらっと終わる短い曲で、バッハは舞台映えしないというか努力が分かりにくいというか・・・・

インヴェンション、シンフォニア、平均律あたりは、特に舞台映えしないかもしれないですね。
でも、舞台映えしなくても、報われなくても、ハマってしまうんですよね~~
バッハ先生、恐るべし!

> バッハ、ハイドン、ツェルニー、そして幻想、アバンチュールしたくなるのも分かります(笑)
> ・・でも・・・
> Nekoushiさん、結構ツェルニー好きですよね?(笑)

キャラ作りのために「チェルニー好き」と必要以上に言ってますけど、それだけじゃなくて、ホントに好きみたいです(笑)
私には比較的合ってるのかなぁと思います。
アバンチュールしたくなったきっかけは、むしろハイドンです(^^;; 面白いことは面白いんだけど、チェルニー以上に弾きづらくて。

急がばレント(=^・^=)

ピアノの練習方法、本当に色々ありますね。リズム変奏やスタッカート練習みたいな、賛否が大きく分かれるものから、片手練習とか声部練習のような、反対論の少なそうなのまで、多種多様です。その中で、否定する人はまあいないだろうというか、練習の基本として避けて通れないのが、「ゆっくり弾き」でしょうね。細かいことを言うと、「ゆっくり弾き」をしてもあんまり意味がない場所とか、同じ「ゆっくり弾き」でも、場面場面によ...

続きを読む

ピアノの練習方法、本当に色々ありますね。
リズム変奏やスタッカート練習みたいな、賛否が大きく分かれるものから、片手練習とか声部練習のような、反対論の少なそうなのまで、多種多様です。

その中で、否定する人はまあいないだろうというか、練習の基本として避けて通れないのが、「ゆっくり弾き」でしょうね。
細かいことを言うと、「ゆっくり弾き」をしてもあんまり意味がない場所とか、同じ「ゆっくり弾き」でも、場面場面によってやり方が違うとか、ややこしい話になると思います。まあ、その対応は、(1)先生に教えてもらう、(2)自分で考える、(3)先生と平和的に話し合う、(4)先生とバトルして(!)決める、などなど…(笑) 

それはともかく、「ゆっくり弾き」は大事なのに、おざなりにされがちです。せっかちな人(←私)には、なかなか苦痛だったりします。必要なのはよく分かるんだけど、フラストレーションたまるのよね~~。最近は、チェルニー40-23とハイドンのソナタ34番のお陰でコツが分かってきて、前ほど苦痛ではないのですが…。でも、なんか標語みたいなのがあったらいいんじゃないかと思いついて、考えてみました!

まず思いついたのは「急がば回れ」。叩き台として悪くはないんだけど、必ずしも「回る=ゆっくり」じゃないもんねぇ。
それじゃ、「急がばアダージョ」。お、かなり良くなったぞ。でも語呂がイマイチかな。これ、絶対噛むよ。自分で言えなきゃ意味ない(^^; 
それならば、「急がばラルゴ」。語感がよくなりました(≧▽≦) でも「ラルゴ」は単に遅いだけじゃなくて「幅広く緩やかに」というニュアンスですよね。それはちょっと違うかなぁ。余計なニュアンスはない方がいいです。
ん~、「急がばグラーヴェ」??また遠ざかってしまったかも。噛みそうな上に、グラーヴェは荘厳な遅さを表しているので、余計なニュアンスまでついてしまってます。
そして、ついにニュアンス無しの遅さの表現を発見!!レントがそうでした(^^♪

急がばレント!!

語感も結構ですね(#^.^#)
というわけで、スローテンポの練習にフラストレーションがたまった時は、「急がばレント」と繰り返し心の中で唱えながら落ち着いて楽しく練習したいと思います。この標語に対する著作権は主張しませんので(というか誰か既に使ってそう)、使いたい方は遠慮なく使ってくださいね(笑)


にほんブログ村

* Category : 練習の話

Tag: ゆっくり弾き | Comment-open▼ * Comment : (4)

* by 夕
「急がばレント」覚えやすいですね~( *´艸`)
そして、語呂に違和感がない(笑)
ここ1週間、レント練習をやっているので「急がばレント」唱えます(*>∀<*)

To:夕さん * by Nekoushi
夕さん、コメントありがとうございます~~(^^♪
気に入っていただけて嬉しいです(*´▽`*)

> 語呂に違和感がない(笑)

我ながらいいの思いついたと、ちょっと得意げです( ´艸`)

お互い「急がばレント」を合言葉に頑張りましょう!!

No Subject * by ね~み♪
ウフフ♪(。-艸・。)
急がばレント、今その真っ最中で練習しております。
でもねー、こらえ性が無いのですぐに
「急がばAllegro」とか「急がばビバーチェ」?とか、結局急いでるじゃん…という事になったりしてます(^^;

To:ね~み♪さん * by Nekoushi
ね~み♪さん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございます~~(^^♪

> こらえ性が無いので

私もです。
なので、標語を作ってみました。

> 「急がばAllegro」とか「急がばビバーチェ」?とか、

ちょっと、ちょっとーー(笑)
凄くよく分かります!!間違って、こっちを唱えちゃいそうですΣ(゚д゚lll)!!
いっそのこと、急がばプレスト。いやいや、いけません(^^;;

『空想書店』に仲道郁代さん登場

『空想書店』というのは、読売新聞の読書コーナーの企画で、著名人が「店主」となって、1冊の本をピックアップして徹底紹介するコーナーです。決して、私が本を出す妄想をするコーナーではありません(笑) いや、そういうコーナーもいつかは作ってはみたいですが…(^^;;で、10月14日の「店主」が仲道郁代さんでした!『「聴く」ことの力 臨床哲学試論』(鷲田清一著、ちくま学芸文庫)という本を紹介してくださっています。「ただ...

続きを読む

『空想書店』というのは、読売新聞の読書コーナーの企画で、著名人が「店主」となって、1冊の本をピックアップして徹底紹介するコーナーです。決して、私が本を出す妄想をするコーナーではありません(笑) いや、そういうコーナーもいつかは作ってはみたいですが…(^^;;

で、10月14日の「店主」が仲道郁代さんでした!
「聴く」ことの力 臨床哲学試論』(鷲田清一著、ちくま学芸文庫)という本を紹介してくださっています。「ただ受けとめる、「聴く」ということが、他者の自己理解をひらく。人と人とのつながり方や存在を尊重することを、臨床の現場から深く考えさせてくれる」本だそうです。正直、どんな内容なのか見当がつかないのですが…Σ( ̄ロ ̄lll)!!

以下、なかみっちゃんが書いた文をそのまんまご紹介します。

 哲学者カントは書いた。「私の上なる星空と、私の内なる道徳律」。カントを学んだベートーヴェンは晩年に書いた。「われらの内なる道徳律と、われらの上なる星空」。
 「私」と「私達」。「私」は、あなた達の中でワタシと認識される。あなたがいて初めて私はワタシそのものを認識する。そしてあなたも、他者の中で一人のワタシとなる。
 鷲田清一さんの『「聴く」ことの力』で語られる臨床哲学とは、ワタシとあなたの関係の中で見出される生きた哲学である。他者の前に身を置くことによって自分自身もまた変えられるような経験の場。「聴く」という、受け入れる行為がもたらす可能性の哲学。
 そこでは聴くことによって心が響き合う。ここに、私は”祈り”とも言えるような感覚を持つ。ちっぽけな私は、多くのあなた方、すなわち多くのワタシ達の中で生かされている。そして、あなたの内なる声、私の内なる声を聴くことによって、私は私として生きている。生きているという感覚を持つことができる。
 ショパンが祖国ポーランドを去る最後の演奏会。2度と戻ることのなかった故郷。そこで奏でられた協奏曲を、彼のお母さんはどのような思いで聴いただろう。友人たちは?ショパン自身はどんな思いで奏でたのか。そして200年という時を経て、今、私はどんな想いをのせて演奏するのか。それを聴いてくださるそれぞれのあなたは、何を聴くのか。
 言葉で語られるものはそこには何もない。在るのは、鷲田さんの言葉を借りれば、「わたし、あなた、かれといった人称の境界をいわば溶かせるようなかたちで、複数の<いのち>の核が共振する現象とでもいうべきもの」であろう。
 いのち…。言葉にできないほど不確かで、曖昧で、重く、素晴らしいもの。その核が、共振するという現象。
 それはかけがえのない時間だ。そんな瞬間を持つことができたら、人はどれだけ柔らかく強く在ることができるだろうか。
 私は、私の上なる星空を見上げながら、願わくば、上なる星空に包まれながら、私の内なる声を聴き、音に託す。音楽が奏でられ、それを聴くとき、音楽が私たちの魂を共振させてくれることを私は信じる。
 私の空想書店は、そんな経験があるということを感じられる場所となりたい。
(読売新聞10月14日付けより)


 
傾聴することの大事さ、ひたすら耳を傾けることによって「共振」が得られる。なかみっちゃんは音楽を傾聴と共振の媒体として演奏をしているのですね。たぶん、それが演奏哲学なのだと思います。難解な文章でしたが、なかみっちゃんがどんなことを考えながら演奏しているのか、垣間見ることができて良かったです!!人の心に深い関心をお持ちなので素敵な演奏ができるのだと思います。

あと、今の時代、傾聴ではなくて主張することばかりがもてはやされている気がします。出来るだけ多くのことを言った方が勝ち!的な…。そういう今こそ、傾聴の大事さを説いたこの本は重要なんじゃないかなぁと空想しながら、「読んでみたい本リスト」に追加してみます。なかみっちゃんがせっかく推薦してくださってることだし。って、結局そこに行き着く…(笑)

今回の『空想書店』で、なかみっちゃんは、他にも下記の4冊の本を挙げています。
一言紹介が、何とも詩的で美しく素敵です(*´▽`*)
『音楽を愛する友へ』、特に読んでみたいなぁ。どんな文章に感化されたのか、とても知りたいです!!

・『新編 銀河鉄道の夜』(宮沢賢治、新潮文庫)…言葉から天上の音楽が聴こえる。宇宙を美しい響きで震わせることの意味、切なさと美を考えさせる。

・『預言者』(カリージ・ルブラン著、船井幸雄訳、成甲書房)…言葉になった智慧は、言葉にならない智慧の影。心の中でもう知っていることなのだ。

・『八木重吉詩画集』(八木重吉詩、井上ゆかり絵、童話屋)…心の底に透明なしずくが染み込む。哀しいと美しいは同義。感覚の粒子をさらに砕いていくと見えてくる世界。

・『音楽を愛する友へ』(エトヴィン・フィッシャー著、佐野利勝訳、新潮文庫)…後半のB・ワルターの「音楽の道徳的ちからについて」。私はその文章に感化されて生きてきた。




にほんブログ村

* Category : 気になる本

Tag: 仲道郁代 鷲田清一 「聴く」ことの力 | Comment-open▼ * Comment : (0)

アヴァンチュール願望~~

秋はアヴァンチュールの季節ですね。開放的になって危険な恋をしたくなり…。って、それを言うなら夏であろう(^^;;あ、いや、そうじゃなくて、私が関心を持っている作曲家が限られ過ぎているような気がして、たまには冒険してみた方がいいんじゃないの?と思わないでもないのです。普段関心のある作曲家は…。1.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、チェルニー(←なぜかここに!!笑)、ショパン2.ハイドン、シューマン、シュ...

続きを読む

秋はアヴァンチュールの季節ですね。開放的になって危険な恋をしたくなり…。って、それを言うなら夏であろう(^^;;
あ、いや、そうじゃなくて、私が関心を持っている作曲家が限られ過ぎているような気がして、たまには冒険してみた方がいいんじゃないの?と思わないでもないのです。

普段関心のある作曲家は…。

1.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、チェルニー(←なぜかここに!!笑)、ショパン
2.ハイドン、シューマン、シューベルト、ブラームス、リスト
3.ドビュッシー

上の行から下の行に向かうに従って疎遠で、ドビュッシーはアヴァンチュールに近い。
並べてみると、やっぱり偏ってるよ~~
もう少し幅を広げた方が、譜読み力と音楽性の向上にいいように思えます。
というわけで、アヴァンチュールの相手を物色してみます。←かなりはしたなく聞こえるのは気のせいでしょうかΣ(゚д゚lll)!?

それでは候補者をリストアップしてみます。
基本的に、大曲ではなく小品を考えています。

フォーレ
グリーグ
ラフマニノフ
シベリウス
ラヴェル
スクリャービン
プロコフィエフ
バルトーク
ガーシュイン
シェーンベルク

まず、フォーレさん、グリーグさん、ラフマニノフさん。あんまりアヴァンチュールな感じがしないです。普段の延長って感じで…。グリーグは遊び弾きで『朝』を弾いてみて萌えなかった記憶があるので複雑な感情を抱きつつ、『抒情小曲集』の楽譜は欲しいと思ってます。フォーレのノクターンとか、ラフマニノフの小品もいずれ弾いてみたいな~~。この3人は、「関心ある作曲家」のリストに分類し直しです!

シベリウスさん。う~ん、管弦楽曲やヴァイオリン協奏曲を聞くのは好きだけどピアノ曲を弾くとなると曲想的に冒険かも。同じ北欧系ならグリーグの方が親しめそうです。ってことは、シベリウスを選ぶ方が趣旨に合うのか…。

ラヴェルさん。出自不明のラヴェル名曲集という楽譜を持っているのですが、正直ニガテ(>_<)
危険な恋に火が付く前にあっさり放棄しそうですけど、火が付いたら凄いのかな?笑

スクリャービン。実は、あんまり曲をよく知らないんだけど、意外と綺麗な曲をYouTubeで聞いた記憶があります。スクリャービンといえば得体が知れないというそれまでのイメージを崩されて、ちょっと気になります。

プロコフィエフさん。もちろん超絶技巧を要求されるソナタなんかはパスで…。ロメジュリぐらいしかよく知らないです(>_<)
他に何か手ごろな小品集ありましたっけ?

バルトークさん。たぶん、弾いてる和音が合ってるのか合ってないのか聞き分けるのに苦労するタイプだと思います。あと、リズム感を問われそうです。

ガーシュインは、先日の高原の音楽祭で聞いた『ラプソディ・イン・ブルー』がハマってしまって…。それに尽きます。シチュエーション的にはまさにアヴァンチュール(*´▽`*) いや、でも、これかなりの大曲だぞ。

シェーンベルクさん。ネタとして入れただけです(笑) バルトークのところで「弾いてる和音が合ってるのか合ってないのか」なんて書きましたが、その比じゃないでしょうね。でも意外や意外、ちょっと気になるんだよねぇ。とはいえ、シェーンベルクとアヴァンチュールって楽しいか?笑

色々考えてみた結果、次回の楽譜屋さんめぐりが楽しみになりました(≧▽≦)
もちろん、アヴァンチュール相手のご紹介や後押し、大歓迎です!!笑

そうそう、アヴァンチュールってフランス語ですけど、英語だとアドベンチャー。
英語だと、とっても健全な感じがします。両方とも単に「冒険」って意味なのにね。


にほんブログ村

* Category : 弾きたい曲

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (10)

No Subject * by やぢま
アヴァンチュール、大賛成ですv-238
お相手を誰にするか、あれこれ考えるだけで気持ちが華やぎますね♪

個人的にはグリーグさん推しですが、萌えなかったですか~...
バルトークもいいと思います!
弾くのは難しそうですけど、リズムが格好良いですよね☆

リストに挙げられていませんが、アルベニスやグラナドスはどうでしょう?
アヴァンチュールのお相手としては、情熱的で良いような気がしますv-347

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

そうなんですよ(*´▽`*)
まさに、お相手を誰にしようか考えるだけで華やぎました!!笑

グリーグさんは、『朝』で玉砕したので再チャレンジしたいとは思ってるんですよ(>_<) 『抒情小曲集』の楽譜は欲しいです。メンデルスゾーンの無言歌的な位置づけで…。
やぢまさんは、グリーグお得意というイメージがあります(*^▽^*)

バルトークさん。仲良くなれるか自信ないけど、弾ければ格好良さそう。

あっ!!スペイン系ですか。ノーチェックでした(^^;;
押してくださり有難うございます(≧▽≦) 記事でプッシュをリクエストしておいてよかった~~
アルベニスとグラナドスをチェックしてみますね。スペインは異国情緒満点(ドイツやオーストリアは第二の祖国…笑)で情熱的で、アヴァンチュールにふさわしいですね(笑)

* by -
Nekoushiさん、こんにちは
かつです。

私もグラナドス好きなのでスペイン系に1票かな。
あとはキューバ/セルバンテス、ブラジル/ナザレ、メキシコ/ポンセ等アメリカ大陸はどうでしょうか?
ドビュッシーより易しく、バルトークより難解でもなくてオシャレ(笑
アメリカに逃避行はどうですか?(笑

No Subject * by ねこぴあの
チェルニー(←なぜかここに!!笑)←笑いました~~(笑)(笑)

>バルトークさん。・・・・リズム感を問われそうです。

Σ( ̄□ ̄|||)やはり・・・!!ですよね・・・ですよね・・・・( ;∀;)
きっと先生のことだから、リズムで鬼になる気がああああ・・・・( ;∀;) ←何しに来た?

To:かつさん * by Nekoushi
かつさん、コメントありがとうございます(^^♪

かつさんもスペイン系推しですか~~
情熱的な南国(*^▽^*)
アヴァンチュールな感じしますね(笑)

> あとはキューバ/セルバンテス、ブラジル/ナザレ、メキシコ/ポンセ等アメリカ大陸はどうでしょうか?
> ドビュッシーより易しく、バルトークより難解でもなくてオシャレ(笑
> アメリカに逃避行はどうですか?(笑

!!
アメリカ大陸はガーシュイン以外、全く頭にありませんでした。
というか、挙げてくださった方々、全員今初めて聞きました(^^;; せっかくなので探して聞いてみますね。
でも、そんな遠くまで逃避行してしまったら、帰ってこれないかも…(笑)←ラテンアメリカは地の果てと思ってるらしい。

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> チェルニー(←なぜかここに!!笑)←笑いました~~(笑)(笑)

そこ、突っ込む箇所です(笑)
ねこぴあのさんには期待してました(*´▽`*)

> >バルトークさん。・・・・リズム感を問われそうです。
>
> Σ( ̄□ ̄|||)やはり・・・!!ですよね・・・ですよね・・・・( ;∀;)
> きっと先生のことだから、リズムで鬼になる気がああああ・・・・( ;∀;)

私の心の中をピッタリ当てていただいて…。
バルトークさんについては、まさにそんな感じです(>_<)

> ←何しに来た?

遊びに来てくださって、コメント残していただければ嬉しいです(*^▽^*)

おはようございます^^ * by どれみ
私は、色んな作曲家の曲を弾いてみたいと
一丁前に思ってて(笑)
先生にもそう伝えてあります。
好奇心はもっていたいんですよね^^
日本人の作曲家さんの曲はどうでしょう?
風土や景色、空気感は共有できるような。
一度弾いてみたいと思ってます^^

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

> 私は、色んな作曲家の曲を弾いてみたいと

せっかくなので、色々な作品に触れたいですよね(≧▽≦)
好奇心は大事だと思います!

> 日本人の作曲家さんの曲はどうでしょう?
> 風土や景色、空気感は共有できるような。

あ…。日本人作曲家もノーチェックでした(^^;
湯山昭さんの【お菓子の世界】は、お菓子に惹かれて(?)例外ですが…笑
他にも誰か良さそうな人がいたら紹介してくださいね(*^▽^*)

No Subject * by 私はタワシ
私が言う(書く)とたぶん、「浮気曲」という身も蓋もない表現にあってしまうのだろうと思いますが、さすがNekoushi先生!すべての表現が文学的でかっこいいですね♥

まあまあそれはともかく(笑)、私も、すでに何票か入っているスペインものはいいんじゃないかと思います。Nekoushiさんにとってはちょっと新境地という感じで。 Nekoushiさんのスペインもの、聴きたいな〜♪
名前の挙がっていない中では、ドビュッシーに「良い香りのする音楽」「土の薫りのする素敵な音楽」と褒められたというフランスの作曲家。セヴラックなどいかがでしょう?「休暇の日々(ヴァカンスにて)」は、かなりオススメです。

日本人作曲家もいいですね!まずは取り掛かりとして、いろんな作曲家が書いているオムニバスの子供向け小品集などいいかと思います。

To:タワシさん * by Nekoushi
タワシさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

確かにスペインものは、一時のアブナイ気の迷い(笑)、あるいは新境地の開拓にふさわしそうですね。
熱いラテンの乗りについて行けるか分かりませんが…(^^;;

> セヴラックなどいかがでしょう?「休暇の日々(ヴァカンスにて)」は、かなりオススメです。

ご紹介ありがとうございます!
楽譜を探して、試してみようと思います(≧▽≦)

> 日本人作曲家もいいですね!まずは取り掛かりとして、いろんな作曲家が書いているオムニバスの子供向け小品集などいいかと思います。

そうですね♪♪
でも、何だか日本人作曲家というと異国情緒を感じてしまいます(笑)
私の心の故郷は一体どこよ?って感じですが…。

続報ができたら記事にしますね!

決死の覚悟の壊れたレコード的練習

モグラ叩きのように次から次へと難が出てきて大苦戦中の、ハイドンのホ短調ソナタ(34番)。今悩まされているのは、↓の譜例の84-86小節右手、オレンジで囲った部分です(>_...

続きを読む

モグラ叩きのように次から次へと難が出てきて大苦戦中の、ハイドンのホ短調ソナタ(34番)。
今悩まされているのは、↓の譜例の84-86小節右手、オレンジで囲った部分です(>_<)

ハイドン Hob.XVI:34 第1楽章82-89小節

前回のレッスンで「もう一度チャンスをください」なんて口走ってしまったため、何とかしないわけにはいきません。次回「チャンスを放棄します」と言って諦めればいいような気もしないでもないですが、意地か見栄かプライドか分かりませんけど、そういうのが許してくれません(笑)

それで、決死の覚悟の壊れたレコード的特訓をしました。
キャッチフレーズはおどろおどろしいですけど、部分練習を徹底的にやっただけです。
でも、「決死の覚悟」というのは、それなりに本気です。
「これで手が壊れて弾けなくなったら、それでもいいか」と開き直ってしまいました(^^;;

・きちんと弾けないのは楽しくない⇒楽しくないならピアノ弾けなくなってもいいか
・これぐらいできないなら本気で弾きたい無謀曲を弾けるわけない⇒それでは楽しくない⇒楽しくないならピアノ弾けなくなってもいいか
・それじゃ、手が壊れてもいいから部分練習三昧を!!

という、何だか無茶苦茶な論理で、壊れたレコード的に繰り返しまくりました。余談ながら、壊れたCDだったら音飛びして、弾けない部分をスキップしちゃって練習にならない?笑
とはいえ、やみくもに繰り返すのではなく、手首の使い方、指の動き、力の入れ方と抜き方を徹底的に考えながらやるわけですが…。実は、やることは普段とあんまり変わらないんです(笑)

でも、決死の覚悟とか気合いは予想以上に大事です。
冷静な時だと、少し上達すると「続きは次回」となりがちですが、決死の覚悟のお陰で、2時間ぐらい同じ個所プラスαと格闘できました(*^▽^*) 
「手が壊れて弾けなくなってもいい」という極論に走ってますから、「まだまだこのぐらいじゃ壊れない」ってなる(笑)
意外と充実した楽しい練習になりましたよ。

あっ、壊れる壊れると連呼してますが、間違った弾き方さえしなければ実際は壊れません。逆に間違った弾き方をしてたら、「壊れてもいい」なんて決意しなくても壊れると思いますΣ(゚д゚lll)!! 念のため…。

ピアノの練習は運動なので、まあ、こういうアスリート的な気合いも無視できない要素だと痛感しました。
音楽的に弾くとか理屈を重視するとか、私は、そういうことばかり言って格好つけるタイプですが(笑)、そうじゃない時もたまにはあるんですよ~~。スポーツの秋でもあるし(違)。
よく考えたら、普段の部分練習が甘いってことでもありますね。
いやあ、反省反省(^^;;


にほんブログ村

* Category : 練習の話

Tag: | Comment-open▼ * Comment : (8)

* by ねこぴあの
個人的には、アスリート的な練習も、ピアノの練習過程には必要だと思ってます。nelkoushiさんがそれをやるとは、なんだか意外でした(^^)

No Subject * by やぢま
部分練習~。周囲に聞かせたくない練習ですよね。(>_<)
弾いてる本人も楽しくないですし、まさに壊れたレコードみたいで・・・。
でもでも~、やればやっただけ効果があるんですよね。

部分練習且つリズム変奏だと効果もひとしお!

…って、すみません、自分に言い聞かせてます…。

To:ねこぴあのさん * by Nekoushi
ねこぴあのさん、コメントありがとうございます(^^♪

> 個人的には、アスリート的な練習も、ピアノの練習過程には必要だと思ってます。

丹念に取り組まれている、ねこぴあのさんが仰ると、すごく説得力があります!
手抜きしないで、アスリート的練習もしっかりしていきたいと思います。

> nelkoushiさんがそれをやるとは、なんだか意外でした(^^)

チェルニーが嫌いじゃないということは、私も意外とそういう素質あるのかも?笑

To:やぢまさん * by Nekoushi
やぢまさん、コメントありがとうございます(^^♪

確かに周囲に聞かせたくない練習ですよね~~
今回は、思いっきりアップライトでかき鳴らしてしまいましたが…Σ( ̄ロ ̄lll)!!

> やればやっただけ効果があるんですよね。

そうなんですよね。今さらのように実感できました。
つられて他の部分まで滑らかになるというオマケもつくようです(≧▽≦)
「壊れてやる~~」と決意してやる練習も意外といいですね(笑)

こんにちは^^ * by どれみ
部分練習、取り出し練習・・ゔ・・^^;
しようしようと、気になりつつもなかなかできません。
なので、出かけない日とか雨の日とか
そんな時には覚悟を決めてやります(笑)
片手ずつとか ゆっくり時間をかけてやると
あ、そうだったんだ・・とか同じ動きなのね~無駄をやってた・・など
霧が晴れる感じがします。
なら、日々そうすればいいのですが・・
できません^^;

To:どれみさん * by Nekoushi
どれみさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

> しようしようと、気になりつつもなかなかできません。
なので、出かけない日とか雨の日とか
そんな時には覚悟を決めてやります(笑)

そうなんですよね!!
普段からやらなきゃいけないのは分かってるんだけど、通すのが楽しくてつい…(^^;;
今回は決死の覚悟でやりました(笑)

> 霧が晴れる感じがします

おお、それです!!まさにピッタリな表現(≧▽≦)
めっちゃややこしい部分は、しつこ~~~く霧が晴れてくれませんけど…(>_<)

No Subject * by ゆりこ
遅いコメントですみません

ここのところ、弾きにくいですよね~(>_<)私も苦手部分の一つです。
2時間も部分練習凄いですね。絶対効果あると思います!

わたしも部分練習、壊れたレコードになったつもりでがんばりますね^^

To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、コメントありがとうございます~~(^^♪

まだまだ壊れたレコードが足りないみたいで、弾けるようになりません(>_<)
ほんっと弾きづらくて、この部分苦手です。
これに比べたらチェルニーさんのほうがはるかに親切設計に思えてくるぐらいです。

> わたしも部分練習、壊れたレコードになったつもりでがんばりますね^^

お互い頑張りましょう!!
実は、もう放棄しようかと思いかけていたんですけど、コメントを頂いて、もう少し頑張ってみようかなという気になれました(*^▽^*)

芸術の秋なので高原の音楽祭に行ってきました(^^♪

さて、いよいよ芸術の秋本番!!というわけで、連休は、前回の熊本県でのなかみっちゃんに続き、またまた九州の田舎に音楽を聴きに行ってきました。九州の田舎が意外と気に入ってしまって…(笑) 今回(10月8日)は、佐賀県の山奥にある三瀬高原というところで開催された「三瀬高原音楽祭」の3日目、近藤由貴さんのリサイタルです。山奥過ぎて鉄道も通っていないので、車をひとっ走りもふたっ走りもさせて行ってきました。「Nekoush...

続きを読む

三瀬高原音楽祭2018
さて、いよいよ芸術の秋本番!!
というわけで、連休は、前回の熊本県でのなかみっちゃんに続き、またまた九州の田舎に音楽を聴きに行ってきました。九州の田舎が意外と気に入ってしまって…(笑) 今回(10月8日)は、佐賀県の山奥にある三瀬高原というところで開催された「三瀬高原音楽祭」の3日目、近藤由貴さんのリサイタルです。山奥過ぎて鉄道も通っていないので、車をひとっ走りもふたっ走りもさせて行ってきました。「Nekoushiの危なっかしい運転なんてやだ」ということで、おひとり様(^^;;

会場は、フランスの田舎の音楽ホールをイメージしたホールだそうで、気取らず、それでいて野暮ったくなく、なかなか素敵でした。使用ピアノはシゲル・カワイ!!実は私はシゲル・カワイ初体験です(≧▽≦)

いや、まあ、会場とピアノが素敵でも演奏が素敵じゃなかったらどうしようもないわけですが、近藤由貴さんの演奏は心に迫るとても凄い演奏です。魂を抜かれる系です。大感激ですよ~~

プログラムは…。

・ショパン『マズルカ Op.33』(全曲)
・ショパン『バラード第1番』
・ショパン『バラード第3番』
・ガーシュイン『ラプソディ・イン・ブルー』
(休憩)
・ベートーヴェン『ソナタ第8番《悲愴》』
・リスト『死の舞踏』

何と豪華でパワフルな曲目!!
これら全てを魂を思いっきり込めて弾いてくださいました。聴いてるだけで腰抜けるよ。
普段、ショパンのバラード弾きたいなんて口走ってますが、自分で弾く気が失せます。3番はともかく1番は再起不能になったかも!?笑 あ、でも、なぜか『ラプソディ・イン・ブルー』はちょっと弾いてみたくなったかも。明らかに「私の曲」じゃないのに…。
ベートーヴェンもテンポをあんまり揺らしたりせず比較的古典的な表現なのに、ゴーっと進んでいく様子はロマン派の精神を湛えているというか…。
近藤さんの演奏は、エネルギーを一旦内向きにため込んで、それが跳ね返って一気に外に出てくる感じかなぁ、なんて思いながら聴いてました。なので、ほんわか包み込まれるような感じとは対照的ですが、こういう演奏も好きです。テクニックが抜群なのにそれをあんまり感じさせず、魂に訴えかけてくるところが特に素敵です。

そして、大曲ばかり並べた後だというのに、アンコールがまた充実してました。
パワフルすぎる\(◎o◎)/!

・カプースチン『演奏会用エチュード Op.40-2《夢》』
・ハチャトゥリアン『仮面舞踏会』よりワルツ
・ラフマニノフ『パガニーニ第18変奏』

カプースチンは、ジャズとクラシックが融合した楽しい作風で(でもとんでもなく難しらしい)、近藤さんの十八番です。
せっかくなので、御本人演奏の《夢》のYouTube動画を貼っておきましょう。



車の運転が疲れましたけど、充実した芸術の秋を過ごすことができました!!
手作り感いっぱいの高原でのコンサート。こういう雰囲気は心洗われますね。下界に降りてきたくなくなります(笑)


にほんブログ村

* Category : コンサート鑑賞

Tag: 近藤由貴 三瀬高原音楽祭 | Comment-open▼ * Comment : (2)

こんにちは^^ * by ゆりこ
充実した芸術の秋を過ごされていますね^^

近藤由貴さん、パワフルで迫力ありますよね!

私も生演奏聴いたことあるので、Nekoushiさんのリポート興味深く読ませていただきました♪

個人的には悲愴が聴いてみたいですが、現代曲もお得意なのですね~

私も機会があったら、近藤由貴さんのピアノ、また聴きに行きたいと思います^^




To:ゆりこさん * by Nekoushi
ゆりこさん、こんにちは~~
コメントありがとうございます(^^♪

芸術の秋を堪能してます(≧▽≦)
近藤由貴さんのパワフルな演奏、凄すぎます!!

> 個人的には悲愴が聴いてみたいですが、現代曲もお得意なのですね~

聞いたことないような感じの(もちろんいい意味で…)悲愴でしたよ(*´▽`*)
現代曲も得意ですし、リズム感がめっちゃよくていらっしゃる気がします。なので、舞曲系もとても上手いです。

機会があったら、是非また生で聴きに行かれてくださいね!!