FC2ブログ

セルフレッスン第15回:ドイツ語の辞書探しておいて~♪♪

今日は、1か月ぶりのグランドピアノ練習室でした。
そして、私が私にピアノを習うセルフレッスンも、今回で15回目です。

曲目は、全然変わり映えがせず、チェルニー40番の19番、バッハ『フランス組曲』6番よりアルマンド、シンフォニア3番、モーツァルトソナタK.311より第3楽章です。

それでは早速レッスンの模様を。

先生「レギュラーのレッスンは、1か月も空いてしまいましたね。前回は『展覧会の絵』に脱線してしまったのでしたね(笑) 1か月あったので期待してますよ~」

「いや、それが実は色々慌ただしくて少し練習不足で…。まず、チェルニーから弾いてみます」

(とりあえず弾いてみる)

先生「少し練習不足どころではありませんね。全く練習不足です。練習不足の練習曲を見ても仕方がないので、また次回もということで、バッハに行きましょう」←容赦ないΣ(゚д゚lll)!!

「それでは、まずはフランス組曲からお願いします」

(弾いてみるが、思うように弾けない)

先生「テーマが左手に移るところがうまく行かないようですね。543や432の指使いで16分音符のスケールなので、根気よく練習してもらうしかありません。指をもっと丸くして、指先はできるだけ立てて」

「指がつってきました(^^;;」

先生「5の指が湾曲してて大変なのは分かってますから、焦らず。もう少しテンポを落としてみてください。あと一歩なんですけどね…。あ、そうそう。9-10小節を見てください」

フランス組曲6番 アルマンド 9~10小節

先生「左手のアーティキュレーションをしっかりというのは、いつも言ってますが、この部分の右手にも気をつけてください。赤線で記入しておきましたが、8分音符1つをスタッカートで、4分音符と8分音符のつながりはレガートで、よく歌って。らっり~ら♪という感じですね」

「弾けば弾くほどしっくりしない感じになってきます」

先生「そういえば、前回でしたっけ、あまり跳ね過ぎない感じでエレガントに弾いて、割とうまく行ってなかったっけ?多分そういう音楽だと感じているのだと思いますので、感性に素直に従ってみては?」

(弾き方を変えて弾いてみる)

「あ、そうですね!この弾き方で練習し直してきます」

先生「それでは、もう5か月もやっているシンフォニア3番をやりましょうか」

シンフォニア3番
↑見せられる方も飽きたとは思うのですが、この曲です。

(弾いてみる)

「今日もダメそうな気がしてならないのですが…」

先生「んー、そうでもないかもしれませんよ。今のは少し弾き急いでる感じでしたが、もう一度落ち着いて弾いてみて」

「あっ、少しスムーズになってきました。もう一度やってみます」

先生「その調子で。レオンハルトとかアクセンフェルトのチェンバロ演奏を意識してみて。機械的に処理せずテンポに揺らぎを与えて」

先生「ちょっとインチキなところもありましたが、止まらず通せましたね!!インチキしたところは、曲を知らない人には装飾音に聞こえたはずです(笑)」

「次回完成させられるよう頑張ります!」

先生「次回と言わず、今日合格にします」

「え?本当ですか!?何かキツネにつままれたような気分です」

先生「私は騙したり化かしたりしてませんよ(^^;; 長かったですが、よく頑張りました。とても嬉しいです。でも、時々復習しておいてくださいね」←なぜか生徒より喜んでる(笑)

というわけで、シンフォニア3番、ようやく終わりましたヽ(^o^)丿

「それでは次はモーツァルトですね」

(一回通して弾く)

先生「出だしが弱弱しすぎというか、おっかなびっくりというか…。で、一番の難所の125~136小節あたりは、そそくさと通り過ぎちゃって、ミスがバレないようごまかしてる感じですね。冒頭1ページ分ぐらい、普段あまり弾いてないんじゃない?」

K311 133~136小節
↑これも見飽きたと思われる最難関部分。

「はっ、はい。ロンド主題は何度も出てくるからということで横着してる気がします。なんでバレたんでしょう」

先生「感心している場合じゃないでしょ。通し練習も増やすように言ったはずですよ。モーツァルトは意外とパワーがいるんだから、エネルギー配分を掴むには通し練習しないことには…。部分練習すべき個所は、72-79小節と237‐244小節の右手:オクターブ~左手:幅広い分散和音のところ、125~136小節の例の箇所、そのぐらいですね。シンフォニア3番の苦労に比べれば大したことありません」

「いや、シンフォニアより大変だと思いますが…。ともかく、その3カ所の部分練習と通し練習を頑張ります」

先生「あと、左手のアルベルティバス(ドソミソ)の音型では、楽譜に書いてなくてもバスの音を保持する、フィンガーペダルを活用してください。その時、5の指が伸び切らないよう気を付けてくださいね。あと一息です!ん~、でも、何か『心ここにあらず』って顔してる。『献呈』が気になるのでしょう?笑 楽譜持ってきましたか?」

「はい。全音のピース買ってきました」

先生「前回、全音のピースでいいって言っちゃったけど、これ、歌詞書いてないのね…。そんな重大な欠陥があるとは夢にも思いませんでした。IMSLPからコピーした分には歌詞載ってますよね?それを見て書き写しておいてください。それで、まずは歌詞見ながらメロディを歌う練習をしてみたらいいと思います。慣れてきたら歌いながら左手だけ弾いてみてもいいです。それも慣れたら、右手も合わせてみて」

「えっ、でも歌詞はドイツ語ですよ?」

先生「ドイツ語の辞書を探し出しておいて~♪♪大学の時にドイツ語やったでしょう?第二外国語なんてこういう時ぐらいしか役に立たない(笑) 発音にあわせてメロディが作られているし、言葉の意味に合わせて和音の色合いが決められている部分もあるので、演奏のヒントになります」

「そんな~~Σ(゚д゚lll)!!本格的にレッスンに入ったら1小節ごとに止められそうですね(^^;;」

先生「もちろん!それぐらい丁寧にやります(笑) あ、忘れてもらっては困るのだけど、モーツァルトとチェルニーが優先ですよ」

こんな感じで『献呈』の予習をすることになりましたが、かなり怖気づいてます。
先生が、とんでもないこと言い出すものだから…。

今回は、弾き散らかしタイムは無し。
チェルニー40‐19とモーツァルトのK311の練習してたら、予約時間あっという間に終わっちゃった。

tag : バッハ,フランス組曲,シンフォニア,チェルニー40番,モーツァルト,K.311,シューマン,リスト,献呈,

なぜかマーチが苦手(^^;;

ピアノで苦手な技法や曲調や曲種は色々ありますが、その中の一つは行進曲です。
苦手というのは、もちろん弾くのが苦手という意味です。

軽めの曲だったら、ベートーヴェンの『創作主題による6つの変奏曲(トルコ行進曲)』Op.76とか、編曲ものだとシューベルトの『軍隊行進曲』独奏版とか、シュトラウス・ファミリーのマーチ色々。聴いて気に入っても、弾いてみるとなると最初の数小節で挫折してしまいます。

無謀曲だと、ベートーヴェンのソナタ28番の2楽章や、シューマンの幻想曲の2楽章が、前後の楽章に比べて極端に、弾けるようになる気がしません。無謀曲なので、決して前後の楽章が弾けるようになる気がするというわけではないのですが、その中でも相対的に苦手度が高いのです。

たぶん、技術的な面で言うと、行進曲行進曲風の楽章には、跳躍と音のたくさん詰まった和音という2大不得意要素が豊富に含まれることが多いからだとは思うのですが、それだけだとすると、ワルツにはそこまでの苦手意識がない(得意でもないけど)ことの説明がつかない気もします。

もしかして、まさかの2拍子が苦手!?
いや、意外とあり得るかも…。
よく考えてみると、4拍子=普通、3拍子=割と好き、6拍子・12拍子=好き、9拍子=微妙。
2拍子は…。あ、やっぱり苦手かも。ゆったりしたテンポならいいみたいだけど。

最近お気に入りのCDに巡り合ってしまって(素敵すぎる仲道郁代さんの『シューマン:ファンタジー』参照)、気になる存在のシューマンの幻想曲。2楽章がマーチ風(4/4だけど実質2拍子)じゃなければ無謀にも全曲挑戦してみたいのにと思って、あれこれ考えているうちに、思わぬ結論にたどり着きました(^^;;
私は、跳躍と音の多い和音が苦手で、2拍子コンプレックス…らしいΣ(゚д゚lll)!!

tag : 苦手な曲種,マーチ,行進曲,

ピアノの師弟は結婚みたいなもの・・・らしい

昨日新しいパソコンを買って、復活しました!
慌ただしかったので、「次に買うときはレッド」と決めていたのに、すっかり忘れて白にしてしまいました(^^;;
そして、壊れたはずのが、再びそこそこ動き始めたのは何でよーーΣ(゚д゚lll)!!

設定が思いのほか早く済んだので、本屋さんで立ち読みをしていました。

記事のタイトルは、中村紘子さんの遺作エッセイ『ピアニストだって冒険する』に書いてあった内容(うろ覚えなので表現は正確じゃないと思いますが)です。
ピアノの師弟関係は、結婚みたいなもので、1対1がいいらしいです。1対1というのは、師匠1人に対して弟子が1人という意味です。有名なピアニスト、キーシンとかツィメルマンなんかを例に、語ってました。お互いに全身全霊で、ということなのでしょうね。
まあ、でもプロのピアニストの話ですからね。
趣味で習うのにそういう意味の1対1だったら、先生の方が月謝では生活できない(^^;;
先生が生活できるぐらい月謝を払ったら、生徒の方が干上がる。

それで、読みながらふと思ったのが、「私はこれ実現できてる」!!笑
だって、セルフの師弟1対1で、浮気(?)してないんだもの。
何て素晴らしい(*´▽`*)

いや、待てよ。
一人二役って、結婚の例で言ったら、結局独身ってことじゃない?
本当は独身なのに、結婚生活の妄想を書いてる的なΣ(゚д゚lll)!!
そう考えると、何だかイタイ感じがしてくるけど、それは気にしないでおきましょう(^^;;
元のたとえが良くないのですよ(笑)

あと、もう一つ師弟ということで印象に残ってるのは「最高の師匠は聴衆」ということ。
これももちろんプロの話ですが、趣味でやってる人も、発表会とかサークルとかで人に聴いてもらうのがすごく勉強になるというのは間違いないはずです。
こっちは私は実現できてませんね。
え?一人三役やったらいいって!?いくら何でもそれは無理が…。

『ピアニストだって冒険する』見かけるたびに買おうか迷うのですが、毎回見送ってしまってます。今回もです
内容豊富だし面白いのですけどね…。
別のピアニストのエッセイで前々から欲しいのがあるので、そっちを先に買おうか、2冊まとめて買うか、迷った挙句、買わずに帰って来てしまいます。

何はともあれ、パソコン騒動が一段落したので、ピアノにもブログにも落ち着いて取り組めそうです。

tag : 中村紘子,理想の先生,

パソコン壊れたΣ(゚д゚lll)!!

タイトルの通りなのですが、パソコンが壊れたらしく…。

せっかくセルフレッスン記を書こうと思ってたのに、憎らしい!!
それほど長期間更新できないことはないと思いますが、一応書いておきますね。
スマホからコメントに伺ったりはできると思います。

パソコンって、5年ぐらいで壊れるように時限爆弾(?)が内蔵してる気がしてなりません。
いや、そんなことはないのでしょうけど。
ホント、機械嫌い。
グランドピアノ貯金に響くので、勘弁してほしいわあ(*_*)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 献呈 メンデルスゾーン BWV862 幻想即興曲 平均律第1巻 ハイドン 近藤由貴 レンタル練習室 毎日の練習曲 調律 春の歌 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ロマンスOp.28-2 アラフィフ肩 幻想曲 ブラームス ハノン フランス組曲 ららら♪クラシック K.331 無謀曲 ベトソナ10番 BWV858 四十肩 五十肩 ドビュッシー チェルニー30番 グリーグ シューベルト ベトソナ22番 こんまりメソッド ベトソナ28番 ベルサイユのばら お菓子の世界 インヴェンション 湯山昭 楽譜 変奏曲 ベトソナ エチュード 選曲会議 クラビノーバ パルティータ バラード メトロノーム ワルツ 和声法 指先から感じるドビュッシー グランドピアノ 調性 バラード2番 練習曲 自分の演奏好き? 抒情小曲集 マリー・アントワネット さくらももこ マズルカ 高橋多佳子 ソナチネ 令和 交響曲 ムソルグスキー K.334 マリア・テレジア ヴァイオリンソナタ リズム変奏 「亡命」の音楽文化誌 旅する作曲家たち アルマンド ヨハン・シュトラウス ブルグミュラー D959 K.576 好きな調 左手のための24の練習曲 鷲田清一 クレメンティ ウィンナ・ワルツ イリーナ・メジューエワ 植山けい ピアニストは指先で考える 選曲 リサイタル 展覧会の絵 スケール 指マッサージ スマホ老眼 久元祐子 モシュコフスキー 響ホール 土田京子 北九州 トルコ行進曲 こんまり 電子ピアノ 部分練習 ドゥシェック 無言歌 バイエル K.574 変イ長調 中村紘子 理想の先生 ピアノ椅子 D960 op.119-2 交響的練習曲 ト長調 マーチ 行進曲 オスマン帝国 op.118-5 ヴァイオリン ピアノ記念日 楽譜の視覚効果 スマホ op.117-1 céleste グランド・ソナタOp.37 マズルカOp.7-1 クーラウ 教則本 パスカル・ドゥヴァイヨン ハプスブルク家 タグ ハプスブルク帝国 ベレゾフスキー 小ジーグ チェンバロ 吉松隆の調性で読み解くクラシック Hob.XVI:50 リシエツキ ピヒト=アクセンフェルト 苦手な曲種 ポロネーズ 間奏曲 夜の女王のアリア 魔笛 全音ピアノピース 感情をこめて弾く アルペジオ 曲名の略称 チャイコフスキー ラデツキー行進曲 左ペダル 半音階的幻想曲とフーガ 子供の情景 書き込み ポルカ カデンツ ヨハン・シュトラウス1世 メソッド・タリアフェロ 妄想 20の小練習曲 D915 ルービンシュタイン キーシン ウナコルダ ツィメルマン ランラン 似合う曲 プチトリアノン 演奏と喋り方 バックハウス 山枡信明 ピアニストは面白い ピアノ騒音問題 op.118-2 電子書籍 近藤麻理恵 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 クラシックキャットトートバッグ 愛の挨拶 川嶋ひろ子 エルガー 好きな作曲家ランキング 島村楽器 整体師 リスト編曲版 全調スケール 平均律 半音階地獄 折々のことば 田部京子 上原彩子 クララ・シューマン おんぶにだっこ 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 ヴィルヘルム・ケンプ 伝説 m.g. つるかめ算 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス 伊藤恵 トロイメライ 宮川彬良 五線紙ノート 田園ソナタ 声部書き分け オーストリア国歌 イギリス国歌 看護師の日 24番練習曲 ベアトリーチェ・ヴェネツィ ナイチンゲール ベートーヴェン生誕250周年 リピート練習 リピート付箋 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 飛躍 モーツァルトの手紙 K.570 礒山雅 マスタークラス 梅雨 エキエル ピアノトリオ 音楽における十字架 クリアファイル 練習崩壊 チェルニー24番 コピー譜 サンタクロース K.623a クリスマス ベトソナ16番 ベトソナ18番 新型コロナ カウンセリング ペダル マズルカOp.59-2 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン m.s. m.d フランス王妃の受難 復習 短音階 グラナドス アルベニス 「聴く」ことの力 ゆっくり弾き 導音 まるむし帳 諸井三郎 アップライト スマホ認知症 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 減7の和音 クロスリズム 三瀬高原音楽祭 内田光子 ら抜き言葉 ポーランド 楽典 似合いそうな曲 ワルトシュタイン 気象病 カテゴリー 丑三つ時 哀しみ 永遠のショパン プレイエル K.533+494 庄司紗矢香 岩城宏之 N響 ラ・カンパネラ 駅ピアノ 小プレリュードと小フーガ ダイエット チェルニー50番 K.457 ノクターン 田島令子 フォーレ クラ―マー=ビューロー トンプソン 英雄の生涯 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 電子メトロノーム リヒャルト・シュトラウス バトン 幻想曲あるいはカプリス ピアノ愛好者16の質問 音楽と文学の対位法 シュタイヤー舞曲 K.412 K.537 K.543 タッチ 音色 D946 脱力 演奏会用練習曲 手ペシ 貴婦人の乗馬 スティリアの女 ブログ スタッカート練習 恋するクラシック リズム練習 ソナタ 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR