Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

セルフレッスン第11回:色々と急展開~~♪♪

何日か前に「ツィメルマンのシューベルトに魂を吸い取られてピアノに向かう気が起こらず」なんて言ってましたが、弾きたいという気持ちがすぐに打ち勝ちました。そりゃそうだ(笑) というわけで、私が私にピアノを習うセルフレッスンの第11回目をお届けします。最初は、まだまだ苦戦中のバッハのシンフォニア3番です。先生「書き込みがかなり増えましたね。モチーフを正確に表せるようフレージングも書いたのですね。でも、増えす...

ツィメルマンのシューベルトに魂を吸い取られ…(^^;;

私は写真に撮られるのが大の苦手で、よく「写真に写ると魂を吸い取られるから嫌だ」と拒否しています。「一体いつの時代の人よ?笑」と馬鹿にされますが、カドを立てずに断るのに一番便利な言葉だと思うので…笑それはさておき、最近買ったクリスチャン・ツィメルマン演奏によるシューベルトの『ピアノソナタ20番(イ長調 D959)&21番(変ロ長調 D960)』の最新録音のCDには、すっかり魂を吸い取られてしまいました。ツィメルマ...

今日はプチ・チェルニー祭り

今日はアップライトで1時間ぐらいチェルニーばっかり弾きました。弾いたのは、練習中の40-18と40-19です。題して『プチ・チェルニー祭り』~~♪♪18番の方は、左手のジグザグ進行には少し慣れて来ましたが(といっても指定テンポの半分ぐらい)、音域の広いアルペジオの部分になると苦戦します。両手ともにアルペジオ苦手…(*_*;じゃあ、全調アルペジオをやりたいのかと言うと、今のところ、そういう気にはまだなっていません。この...

演奏は喋り方に似るという説も…

「説」というほどではないのですが…(笑)仲道郁代さんのCDの解説書の中に「私は舌足らずな話し方をするので、そういう弾き方になっているかもしれない」という意味のことが書いてあったのが、印象に残っています。読んだときは「なかみっちゃん何言ってるの~!?笑」(←めっちゃ馴れ馴れしい(^^;;)と思ったのですが、たまたまその時はショパンのピアノ協奏曲やバラード・スケルツォの雄弁な演奏(曲が曲なので舌足らずにはならな...

自分の演奏って好き?

自分の演奏、好き?嫌い?必死に練習している時なんかは、あまり考えないですが、余裕が出てきた時や録音をよく聴いてみた時に、ふと考えることがあります。今日は、前回の記事でUPした録音を聴きながら考えているのですが、この問いは意外と難問ですね。色々と不満はあっても、「嫌い」とは断言できないですね。「嫌い」というのと、もっと改善したい、成長したいと思うのは、必ずしも同じではないですよね。そもそも、嫌いだった...

セルフレッスン第10回:モーツァルトは音が少ない? and 苦手なシューマンのワンポイントレッスン

昨日はレンタル練習室に行って、約1か月ぶりに、私が私にピアノを教えるセルフレッスンをしてきました。そして、このレッスンも記念すべき10回目となりました!レッスンの模様はこんな感じです。まず、苦戦中でお馴染み(?)、バッハのシンフォニア3番。一通り弾いてみたら、「出口の光がわずかに見えてきた感じですね。この調子で練習してください」ということで、あとはひたすら練習あるのみ!次はチェルニー40番より第18番。左手...

バッハ『半音階的幻想曲とフーガ』の楽譜を衝動買い

ベートーヴェンのソナタ2,3曲のヘンレ版ピースを買おうと思って、楽譜屋さんに行ってきました。全音の全集を持ってはいるのですが、編集・校訂に疑問な点が多いので、一生弾いていきたいような曲については原典版も持っておきたい気がします。私の技量では楽譜にこだわる必要があるのだろうか?と思わないでもないのだけど、先生の指導方針や人格に疑問が出てきてしまったらあんまり習い続けたくないというのと似たようなことで...

ピアノを弾くと疲れる箇所は…

ピアノを弾くと痛くなったり疲れたりする身体の部位といえば、指、手首、腕などでしょうか。手や腕関係では、私は、小指の構造がおかしくて、関節のあたりで内向きに湾曲していて動きづらいせいで、手を大きく開く曲を長時間弾いていると、小指が全体的に痛くなることがよくあります。でも、一番疲れるのは、手や腕よりも足、特に太腿です。ペダルのせいですね。正確に言うと、それプラス運動不足Σ(゚д゚lll)!!笑でも、不思議なの...

秋になってピアノの音変わった~♪♪

週末は、やっと久しぶりに長時間の練習ができました。涼しくなり湿度も下がってきたので、私のアップライトピアノの音も変わってきました。夏の間は、くどい感じの音色だったのが、からっとした感じの古典派やバッハにふさわしい音色になってきました。ピアノはまさに生き物です!ブログでアップライトへの不満をよく書いてますが、バッハだけはひょっとするとグランドよりいいんじゃないかと思ってます。真夏のくどい感じの音色の...

練習再開、元の木阿弥VS果報は寝て待て

そろそろ体調も落ち着いてきたということで、昨日、久しぶり(といっても1週間か10日ぶりぐらいですが)に、ピアノの練習を再開しました。弾いたのは、モーツァルトのソナタニ長調K311の第1楽章と、バッハのシンフォニア第3番です。まずK311のほうは、記事に書くたびに「楽しすぎる」って書いてた曲ですね(笑)練習を休む直前ぐらいには「ひょっとして近いうちに人に聞かせても許されるぐらいになる?」と期待していたのが、昨日は...

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ