練習曲って貯金に似てるかも

この内容、昨日のセルフレッスン記(第8回前編)で触れたのですが、単独の記事にしておきます。

ピアノの練習曲(特に、チェルニーとかハノンとか、あんまり面白くない系…笑)を必死に練習するのって、貯金に励むのに似ている気がします。
貯金の中でも、「グランドピアノを買うために」とか「家を買うために」とか「教育費に」といった目標をはっきり決めたわけではない、漠然と、いざという時の蓄えのためにする貯金です。

ピアノでは、特に大人ピアノの場合は、目標曲を持っていない人は滅多にいないと思います。
そして、練習曲と目標曲の間の関係は、たいてい、よく分かんない(^^;;
でも、練習曲やったからといって直接役に立つわけじゃないけど、「お金を貯めとけば何かの足しになる」というのと同じで、テクニックを貯めておくと何かの役に立たないわけはないと信じてます。
お金と違って、身に付けたテクニックをいくら使っても減ることないし…(≧▽≦)

あっ、決して「だから練習曲やるべき」と言いたいわけではなくて、「貯金みたいに考えたら意外と苦にならないような気がした」という話です。
でも、貯金でもお金に執着し過ぎて不幸せになることがあるのと同じように、練習曲それ自体が目的になってしまったら、ちょっと微妙かも…(^^;;
チェルニーとかハノンに萌えすぎて、別に曲弾かなくてもいいや、みたいな…(笑)
って、そこまで行ったら、それはそれで幸せ!?
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-18、19
・バッハ シンフォニア 3番
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1楽章

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR