ショパンのエチュード集、どれにしよう?

残念ながら(?)、ショパンのエチュードでどの曲に手を出そうか悩んでいる、という記事ではありません(笑)
今回は、CD選びに悩んでいるという話です。

ショパンのエチュードというとピアノに関心がある者にとっては特別な存在のはずですが、どういうわけか、全集のCDを1枚しか所有していなくて、しかもその1枚の演奏が(私には)今一つピンときません。

曲自体がいいので、演奏が好みと少し違う点はカバーできてしまって、何となく買い足さずに来たのですが、やはり気に入った演奏のエチュード全集が欲しくなってきました(≧▽≦)

それで、HMVなどの試聴コーナーで物色してみました。
とりあえず聴いてみたのは次の5種類です。

1.ポリーニ
なぜか定番中の定番なのに持ってません。
確かに凄い!!評価が高いのはよく理解できます。
でも、もう少し優雅さがあるほうが私の好みには合うかも。

2.アシュケナージ
これも定番中の定番なのに持ってません。って、ショパン好きとは思えないCDの選び方(笑)
模範的、そして優雅でもある。
敢えて言えば、文句のつけようがないところが欠点!?

3.リシエツキ
繊細で優雅です。
たぶん、今回聴き比べた中で一番好みに合うような気がします。
録音した時17歳ぐらいだったそうで、リシエツキ恐るべし(@_@;)

4.小菅優
これも結構気に入りましたが、少し優雅過ぎるかなぁ。
もっとバリバリ弾いてるかと思ったので、ちょっと意外でした。

5.横山幸雄
YouTubeの公開レッスンをよく見てるので、ショパンのエチュードはどうかと思って試聴してみました。
この方も凄い!!のだけど、好みとはちょっと違うみたい(^^;;
優雅にやってほしい所をガンガン鳴らしてたり、盛り上がってほしい所は逆にあっさり済ませてたり…。
でも、楽譜見てみると、確かに指示通りだったりする。そう言う意味でも、凄いことには間違いなさそうです!

この中から選ぶのは至難です(*_*;
リシエツキと、もう1枚にしたいのだけれど、もう1枚がなかなか決まりません。
かなり悩みます。
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-19
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第3楽章

◇保留中
・バッハ シンフォニア 3番

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17、18
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1&第2楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR