Nekoushiの音楽帖+α

ピアノを弾き散らかし、音楽を聴き散らかし、音楽と戯れています。

セルフ・レッスン第3回:シンフォニア8番&10番

私が私にピアノを教える公開講座(←大袈裟)の第3回目は、バッハのシンフォニア第8番と第10番です。チェルニーは、今回は休み。まず8番から。先生「この曲は、主題が21回も出てくるのですが、ちゃんとチェックしていますね」私「市田先生(注:楽譜を編集した先生)が、親切にヒントを書いてくださっていますので」先生「主題の入りは意識できていると思うのですが、各声部の弾き分けがまだできていないようですね」私「主題のアー...

ハイドン苦手だけど、たまに気になる曲もある―ソナタ60番

何だかハイドンに失礼なタイトルをつけてしまいましたが、弾くのが苦手という意味です。交響曲とか弦楽四重奏曲とか、聴いてる分には結構楽しいと思うのですが…。ソナタアルバム3人衆の中では「モーツァルトが苦手」という声をよく聞きますが、私はハイドンが一番お手上げです(だからといってモーツァルトが得意というわけではない)。ハイドンは、強弱とか曲の流れが唐突だったり、音形が現代のピアノには合っていなくて弾きにく...

セルフ・レッスン第2回:チェルニー40-15&シンフォニア9番

セルフ・レッスンの模様を(音は無しで)お伝えするコーナー、第2回目はチェルニー40番の15とバッハのシンフォニア(3声)の9番です。先生パートの方が分量が圧倒的に多くなってしまいました。生徒は、口答えでもしない限り、あんまり言うことがないので(笑)まず、チェルニーから。先生「何というか、子供が必死になって、あるいは、ふてくされて弾いているような感じになってしまっていますね」(←いきなり口が悪い)私「音を外し...

モーツァルトの不思議な小品「小ジーグK.574」

モーツァルトのソナタ以外のピアノ曲集のCDを聴いていたら、『小ジーグ ト長調 K.574』という曲が、ものすごく気になってきました。タイトルでは「不思議な」と書いたけど、「変な」というほうが合ってるかも…(^^;楽譜の冒頭部分はこんな感じ↓モーツァルトが1789年にベルリンへの旅行の帰りにライプツィヒの聖トーマス教会に立ち寄ってオルガンを演奏したら、宮廷オルガニストのカール・エンゲルって人が感激して曲をリクエストし...

スタインウェイが夢に…!!

タイトルの通りですが、スタインウェイが夢に出てきました(笑)これじゃ、寝ても覚めてもピアノのことを考えているみたいですが、そこまではないですよ(^^;どんな夢だったかというと…。ふとピアノを沢山置いている倉庫みたいな建物を見つけて侵入(笑)カバーが掛かっているヤマハの小さめのグランドピアノに向かってまっしぐらの私。←そんなにヤマハ好きか(^^;そうしたら、店長なんでしょうけど胡散臭いおじさんが、「こっちを弾いて...

セルフ・レッスン第1回=教材選び

GW中にソナチネで遊び過ぎたのが原因で、両手の小指の付け根辺りに負荷がかかり過ぎたらしく、最近は、泣く泣くピアノを弾く時間をかなり減らしています。最近、レッスンに通うかどうか迷った結果、とりあえず「Nekoushi先生にお願いする」(つまりセルフレッスン)ということに決まっていた(『レッスン受けようか迷った結果…』参照)ので、こういうピアノをあまり弾けない時こそ、レッスンの教材でも考えてみようかな、というこ...

衣替えしてみました

PC用のテンプレを変えてみました。前のは、『テンプレートのイメージは…』で力説した通り、シューマンの『子供の情景』のイメージで、デザイン的にも気に入っていたのですが、読みづらいということに今さらのように気づいたので。←気づくの遅い…(;^ω^)それに、メルヘンチック過ぎたというのもあります。←これまた気づくの遅い…Σ(゚д゚lll)あくまでもシューマンの『子供の情景』のイメージトレーニング、って言っても、ちょっと苦しか...

ソナチネでは童心に返れなかった

先日バイエルで遊んでみたら思いのほか楽しかった(『童心に返ってバイエル!』)ので、「GWで時間あるし、それじゃ今度はソナチネでも」ということで、ソナチネで遊んでみることにしました。正確に言うと、遊んでみるつもりだったのですが、あんまり遊べなかったというか、童心に返れませんでした。一つには、たぶん「童心」というほど幼いころにやったわけじゃないからだろうけど、一番の原因は、意外と手ごわかったので…(*_*;ソ...

レッスン受けようか迷った結果…

弾き散らかしはもちろん楽しいし止めるつもりはないのですが、久しぶりにレッスンを受けてみてもいいかなと思って、ネットで少し調べてみました。候補と検討結果は…。まず、え?そんな近くにあったの!?というぐらい近所と思われる教室。あまりの便利さに心惹かれたのですが、逆に近過ぎるのもどうかと思い直しました。レッスン課題を放置して(いや、放置しなきゃいいんだけど)、無謀曲を弾き漁っているところを聞かれかねない...

右サイドメニュー

プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲

◇練習中
・チェルニー40-19、20番
・バッハ 平均律第1巻13番
・シューマン/リスト『献呈』

◇課外・復習
・チェルニー40-12

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15、3番
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311(全曲)

ブロとも申請フォーム

カウンター

にほんブログ村参加中

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

タグクラウド

キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア モーツァルト チェルニー40番 K.311 チェルニー シューマン リスト 献呈 ショパン 仲道郁代 フランス組曲 近藤由貴 無謀曲 レンタル練習室 K.331 平均律第1巻 BWV858 バラード ハイドン エチュード 練習曲 ドビュッシー 楽譜 久元祐子 シューベルト 中村紘子 トルコ行進曲 Hob.XVI:34 ソナチネ 展覧会の絵 ムソルグスキー クラビノーバ クレメンティ 理想の先生 和声法 アルマンド 電子ピアノ インヴェンション ワルツ パスカル・ドゥヴァイヨン ウィンナー・ワルツ ポルカ ヨハン・シュトラウス1世 魔笛 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 カデンツ 土田京子 マズルカOp.7-1 バイエル ヨハン・シュトラウス マズルカ ポロネーズ チャイコフスキー グランド・ソナタOp.37 幻想曲 メソッド・タリアフェロ D915 ピアニストは面白い 山枡信明 イリーナ・メジューエワ ららら♪クラシック 間奏曲 ブラームス K.334 キーシン ルービンシュタイン 曲名の略称 D959 夜の女王のアリア 妄想 プチトリアノン ランラン バックハウス 調律 クーラウ 調性 書き込み 半音階的幻想曲とフーガ 変イ長調 感情をこめて弾く op.118-2 チェルニー30番 選曲 子供の情景 自分の演奏好き? D960 楽譜の視覚効果 交響的練習曲 似合う曲 ツィメルマン 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 教則本 20の小練習曲 左ペダル アルペジオ スケール Hob.XVI:50 ウナコルダ ドゥシェック 小ジーグ K.574 ハノン 行進曲 スマホ老眼 指マッサージ モシュコフスキー スマホ オスマン帝国 マーチ 苦手な曲種 タグ