童心に返ってバイエル!

色々とややこしい曲を弾き散らかしていたら、弾ける見込みも立たないし、さすがに煮詰まってきました。
それで、楽譜をあさっていたら、ふと目に留まったのが子供のころ使ったボロボロのバイエル。

童心に返ってというか、初心に帰ってというか、ともかく弾いてみました。
実を言うと、バイエルがまともに弾けなかったらどうしようかと、弾いてみるのが少し怖かったのですが…(^^;
まあ、大人らしくペダルをたくさん使って、テンポルバートもして(←するなよ)、意外と楽しめました。

でも、譜面を見ていると、レッスンがあんまり楽しくなかった(最初の先生は楽しかったけど二番目が)記憶も甦ります(^^;
今思うと、一曲をねちねちとしつこくやって進度が遅かったのが、フラストレーションの大きな原因になっていた気がする。
スパルタでもいいから、一回に沢山の曲を与えられて「何でできないの!」と怒られるほうが、やる気になっていたかも…。

レッスンの時に書かれた注意書きを見ると、今も癖がなおっていなくて、ちょっとビックリでした。
例えば、スタッカートが重いとか、装飾音が苦手とか、休符を切り詰めがちとか。
まさに「三つ子の魂百まで」です。いや、感心していないで直すべきなのですが…(^^;

書き始めたのはいいのですが、何だかまとめられなくなってしまった。
じゃあ、スタッカート的に、これで終わるということで(笑)
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-18、19
・バッハ シンフォニア 3番
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1楽章

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、17
・バッハ シンフォニア(1巡目) 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR