FC2ブログ

出会ってはいけなかった曲!?―チャイコフスキー「グランド・ソナタ」

チャイコフスキーのピアノ曲についてちょっと調べていたら、有名じゃないけど力作らしい「グランド・ソナタ」ト長調(op.37)に「一耳惚れ」してしまいました。

4楽章構成で全体的に華麗な曲想の、ドイツ・ロマン派の誰かの曲と言われたら納得してしまいそうな曲です。
ロシア風の旋律やリズムは結構取り入れられているのに、あんまりロシアっぽく聞こえません。
全曲通すと35分ぐらいになるみたいです。

ピティナの楽曲解説によると、

第1楽章:Moderato e risoluto ソナタ形式。勇壮なファンファーレ風楽想とロシアの教会の鐘の音を模した重々しい第一主題ではじまり、一変して物悲しいモチーフ、甘く夢見るような第二主題とその変奏へと続く。展開部は冒頭のファンファーレが荘重な和音や分散和音で繰り広げられる。再現部を経てコーダはオーケストラのトゥッティのように非常に華やかに終わる。
第2楽章:Andante non troppo quasi moderato 瞑想的なテーマではじまり、フォルテの部分では第一楽章でもみられた符点のモチーフがここでも現れる。中間部は四分の二拍子の生き生きとしたテーマを用いている。様々なテーマが再現のたびに変奏されているのが印象的である。
第3楽章:Allegro giocoso スケルツォ。主部は弱拍にアクセントを持ち、軽快に進む。中間部では転調して、いくつもの声部に現れるスケールがまるでいくつもの楽器が呼応し合うかのように絡み合う。
第4楽章:Allegro vivace フィナーレ。シンコペーションの明るい主題ではじまる。流れるような十六分音符、スタッカートでの裏拍にアクセントのある和音のメロディーなどを経て、中間部では物悲しいロシアの民謡風な旋律が聴かれる。さらに第二エピソードはこれもロシアの民謡合唱のような楽しいメロディーである。再現部を経てコーダはもとのト長調の主音であるGのオルゲルプンクトの上で第二エピソードが奏でられ次第に静まっていくが、最後は華々しく和音のトゥッティで終わる。



1楽章のYouTubeを貼っておきます。
↓こんな感じの曲です。1楽章だけでも13分ぐらいかかる!!


聞いただけでも演奏困難なことは分かったのですが、IMSLP(国際楽譜ライブラリープロジェクト)のサイトで楽譜を見てみると、難易度はとんでもなさそうだし、分量も50ページぐらいある。
無謀な曲を取り敢えず弾いてみるのは大好きですが、さすがにこれはちょっと思いとどまります。
そもそも50ページもあると、プリンターのインクをかなり消費してしまいます。でも、評判のイマイチな春秋社版なら安く楽譜が手に入るという誘惑もあったり…。今のところ誘惑に負けていません(笑)

仕方ないからCDを聞くだけで我慢しようと思って検索してみると、ほとんどCDがなく、稀にあったとしても廃盤や品切ればかりで…。
YouTubeで聴いていればいいのでしょうけど、CDの方が扱いやすい気がする。動画の音をCD-Rに焼くなんてできるのでしょうか!?(法律的にOKかどうかということではなく技術的に)

そういうわけで、この曲は「出会ってはいけなかった曲」なんじゃないかと、タイトルのようなことをふと思っています。
スポンサーサイト



tag : チャイコフスキー,グランド・ソナタOp.37,

テンプレートのイメージは…

このブログの今のテンプレを決めた理由は何かというと、イメージトレーニングです。

最近、シューマンに少し関心が出てきて、昔弾いたことのあるトロイメライを弾いてみたり、トロイメライ以外で気になる『子供の情景』の中の曲や『アラベスク』を弾いてみようと試みる(注:あくまで試みるだけ)のですが、能天気なシューマンになってしまって、何だか変です(泣)

そもそもシューマンは譜読みがしにくいようにも思えるのですが、表情付けなどには、何か具体的なイメージがあった方がいいのかもしれません。
それで、イメージを言葉で考えるよりも絵で考えた方が早いかも?と思って探してみたら、私のイメージに近いのが見つかったので、テンプレに採用しました。

私の中では、PC版は『子供の情景』の1曲目(Von fremden Ländern und Menschen:見知らぬ国と人々について)とトロイメライのイメージです。
異国への扉のようでもあり、夢や憧れを表しているようでもあり…と、思っています。
同じく、スマホ版は『子供の情景』の2曲目(Kuriose Geschichte:不思議なお話)や5曲目(Glückes genug:満足)あたりのイメージです。

でも、『アラベスク』は全然イメージが湧かなくて、ヘンレ版の楽譜のグレーの表紙しか思い浮かんできません(^^
『アラベスク』というのは「アラビア風の唐草模様」とかそんな意味だったので、スマホ版のエキゾチックな模様が『アラベスク』のイメージとしては多少近いはずなんですが、そこは結びつかず、いくら考えてもヘンレ版の表紙(笑)

え?いっそのことヘンレの表紙をイメージしながら弾けばいい!?

そのうち気が変わって変更してしまうかも知れないので、追記の部分にスクリーンショットを貼っておきます。
1枚目がPC版で、2枚目がスマホ版です。

続きを読む

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

自己紹介代わりにピアノ歴を…

はじめまして!
当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

自己紹介代わりに、ピアノ歴(という名の思い出話)を…。

ピアノを習い始めたのは小学校に入る前、6歳ぐらいの時です。
きっかけは全く覚えていませんが、気づいたら家にピアノが来ていて、近所のピアノの先生の所に習いに行くようになってました。
今から考えると、この頃は結構優秀な生徒で(自分で言うな…笑)、移調練習とか自主的にやってました。使用教材は多分バイエルの下巻がメインで、『トンプソン』っていうのもやった記憶がある。

小学校2年生ぐらいの時に、その先生が引っ越してしまって習えなくなり、2番目の先生を紹介されたのですが、スパルタというか鬼というか、むしろパワハラ(*_*;
一番トラウマなのが、私の前の順番の子がよく泣かされていて、それだけでも気まずいのに、その子が帰った後に感想を求められたこと。「何だかかわいそうでした」「どうしたら、かわいそうなことにならなかったと思う?」「えっと、もっと練習をしてれば…」「その通りです。だから、あなたもちゃんと練習をしないといけません」みたいな会話をする羽目になってました(泣)
私も当然よく怒られてました。特に、退屈な和声の教材を適当に済ませて怒られてました。和声が大事なのは後から分かったけど、子供には分かりやすく意義を教えてくれなきゃ。あ、でも、「属七」って言葉には、なぜか萌えてた(笑)
怖かった記憶しかないので、肝心の弾いた曲をイマイチ覚えていません。多分チェルニー抜粋とかだったはず。

で、ありがちな話ですが、中学を受験するというので、5年生ぐらいで「パワハラ女史」のレッスンをやめることになりました。パワハラから解放されて「せいせいした」というわけでもなく、「別にやめる必要はないのでは」と思いつつも「続けたい」と主張するわけでもなく…。何と主体性のない子供。
「続けたい」と主張するぐらい熱心だったら、血迷って音大でも目指してしまって今頃路頭に迷ってたかも!?笑

その後、近所の別の先生に「遊び程度で」という方針で習いに行って『小犬のワルツ』とか『トロイメライ』とか弾きましたが、中学生になるとレッスンは受けていませんでした。
中高の頃は、合唱その他音楽系のイベントがあると駆り出されたりしていたので、ピアノに全く触れていなかったわけではないですが、ちゃんとした練習曲をやっていなかったのは、やっぱり手痛い気がします。

大学は遠方に行くことになって、最初の先生に再会し、1年ぐらいレッスンをしてもらいました。もう20年以上前の話です。
曲は、ソナタの1巻目、インベンション・シンフォニア、チェルニー40番の最初の方から抜粋。「チェルニー30番(抜粋で何曲かやってたはず)は飛ばして40番からでいい」とか言われた記憶が…。チェルニーの指定速度について質問したら「そんなテンポでは私も弾けない(笑)」と片づけられました。たぶん「気楽にやればいい」ということだったのだと思います。まったりしたレッスンをしてもらいました。

レッスンは今のところ大学生の時が最後で、その後は「気まぐれピアノ人生」を謳歌しています(笑) 数か月ぐらい弾いて、飽きたり挫折したりすると数年ぐらいピアノに触れないことがよくあるので、自称「バッハ&モーツァルト&ベートーヴェン&ショパン好き」ですが、曲が仕上がるはずもなく…(^^; 

それなのに何が楽しくてピアノを弾いているかというと、音楽を鑑賞するのが好きなので、自分で弾いてみるとその助けになる(ような気がする)からです。好きな曲の好きなフレーズだけでも音を出せば嬉しいし、「この曲は私がプロだったらどう弾くだろう」と妄想しながら自分にとっての理想のCDを探すのもとても楽しいです。

最新の再開は昨年(2016年)の秋ぐらいからですが、大人ピアノ系ブログを愛読するようになって、今までより楽しみが増えたので、少しでも長続きすればいいなあと思っています。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト ショパン チェルニー 仲道郁代 ベートーヴェン リスト K.311 献呈 幻想即興曲 メンデルスゾーン ハイドン レンタル練習室 春の歌 近藤由貴 BWV862 青柳いづみこ Hob.XVI:34 ハノン 調律 ロマンスOp.28-2 幻想曲 平均律第1巻 ベトソナ10番 K.331 グリーグ 無謀曲 ブラームス チェルニー30番 BWV858 ららら♪クラシック ドビュッシー フランス組曲 シューベルト 選曲会議 ベトソナ 湯山昭 こんまりメソッド エチュード 四十肩 五十肩 ベルサイユのばら お菓子の世界 楽譜 アラフィフ肩 変奏曲 ベトソナ22番 指先から感じるドビュッシー クラビノーバ 抒情小曲集 バラード2番 さくらももこ メトロノーム 和声法 パルティータ マリー・アントワネット バラード ワルツ 練習曲 インヴェンション 調性 自分の演奏好き? グランドピアノ ウィンナ・ワルツ 久元祐子 スマホ老眼 クレメンティ 指マッサージ リズム変奏 トルコ行進曲 K.574 展覧会の絵 ムソルグスキー 電子ピアノ 鷲田清一 左手のための24の練習曲 リサイタル モシュコフスキー ドゥシェック バイエル D960 D959 マズルカ 理想の先生 ヨハン・シュトラウス 選曲 スケール アルマンド イリーナ・メジューエワ 中村紘子 ソナチネ 土田京子 好きな調 K.334 ピアニストは指先で考える 植山けい 交響曲 響ホール ピアノ椅子 「亡命」の音楽文化誌 ブルグミュラー 北九州 部分練習 ヴァイオリンソナタ 旅する作曲家たち 令和 こんまり クララ・シューマン 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 田園ソナタ 演奏と喋り方 ツィメルマン ピアノ騒音問題 書き込み スマホ トロイメライ マリア・ジョアン・ピリス 声部書き分け 五線紙ノート 20の小練習曲 感情をこめて弾く 伊藤恵 変イ長調 宮川彬良 楽譜の視覚効果 左ペダル ウナコルダ アルペジオ つるかめ算 伝説 m.g. m.s. 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ ヴィルヘルム・ケンプ 行進曲 タグ 和声法がぐんぐん身につく本 交響的練習曲 オスマン帝国 似合う曲 合奏譜 マーチ 苦手な曲種 教則本 おんぶにだっこ 和声法がさくさく理解できる本 エルガー サンタクロース クリスマス コピー譜 クリアファイル ベトソナ28番 メソッド・タリアフェロ K.623a リスト編曲版 全調スケール オーストリア国歌 イギリス国歌 バックハウス ランラン 譜読み力 NHKスーパーピアノレッスン マズルカOp.59-2 毎日の練習曲 ベトソナ18番 ベトソナ16番 ルービンシュタイン キーシン 練習崩壊 チェルニー24番 整体師 パスカル・ドゥヴァイヨン お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 小ジーグ 好きな作曲家ランキング Hob.XVI:50 近藤麻理恵 川嶋ひろ子 魔笛 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ クーラウ 島村楽器 チャイコフスキー 半音階地獄 カデンツ 平均律 グランド・ソナタOp.37 ポロネーズ 折々のことば 田部京子 マズルカOp.7-1 無言歌 上原彩子 曲名の略称 ゆっくり弾き アルベニス 「聴く」ことの力 シュタイヤー舞曲 三瀬高原音楽祭 グラナドス フランス王妃の受難 まるむし帳 導音 短音階 復習 音楽と文学の対位法 電子書籍 フォーレ 岩城宏之 哀しみ ペダル N響 庄司紗矢香 プレイエル 永遠のショパン 田島令子 K.533+494 減7の和音 クロスリズム K.412 タッチ 音色 脱力 K.576 K.537 恋するクラシック 手ペシ 演奏会用練習曲 K.543 スタッカート練習 D946 諸井三郎 スティリアの女 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 アップライト 貴婦人の乗馬 ブログ 駅ピアノ ラ・カンパネラ スマホ認知症 丑三つ時 楽典 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 間奏曲 ピアノ愛好者16の質問 ピアノ記念日 ヴァイオリン op.117-1 céleste トンプソン 幻想曲あるいはカプリス バトン リヒャルト・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら リズム練習 電子メトロノーム m.d 妄想 プチトリアノン D915 ピアニストは面白い 英雄の生涯 山枡信明 op.118-5 op.119-2 気象病 ソナタ ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 カテゴリー ワルトシュタイン ポーランド ノクターン ら抜き言葉 似合いそうな曲 マリア・テレジア K.457 ダイエット チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー ト長調 チェンバロ 小プレリュードと小フーガ ベレゾフスキー 高橋多佳子 ピヒト=アクセンフェルト リシエツキ 夜の女王のアリア 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇一時休止中
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR