「理想の先生像」はどんな感じ?

色々なピアノブログでレッスン記を読ませていただいていると、先生の個性、生徒の個性、師弟の相性などを垣間見ることができますね。
特に、私は、一人二役のバーチャルレッスン(妄想とも言う…笑)をやっていますので、興味が尽きません。

それで、時々考えるのが、「いい先生」ってどういう先生だろう?ということです、
やはり、正しい技術や知識を効率的に教えてくれるとか、やる気を起こさせてくれるとか、人格者(←これ重要!笑)とか、そんなところでしょうか。
ただ、具体的には、生徒によって細かい点は人それぞれと思います。
私の場合は、もう少し具体的に理想を言うと、「生徒の邪魔をしない」「あまり妥協しない」「ほどよくその気にさせる」です。

「生徒の邪魔をしない」というのは、全く好き放題にさせてくれるのとは違って、そう見せかけて、踏み越えてはいけない取り返しのつかない間違いをしそうになったら、いつの間にか引き戻してくれるという感じです。それだったら、安心して試行錯誤できるじゃない?そして「いつの間にか」っていうのが重要です。何か魔法使いみたいだけど…(笑)

「あまり妥協しない」は、まあ、そのままですね。
物事には限度はあるけれど、内容は濃く、厳しく求めるのがいいです。
「合理的な上達法はあっても、手抜きをして上手くなろうなんて美味い話はない」と知らしめてくれる方がいい。あくまで「合理的」で、「スポ根的」ではありません。そして、余裕があってソフトな雰囲気で…。←要求が多過ぎ(笑)

「ほどよくその気にさせる」というのは、無茶過ぎない程度に、やれば出来るのではないかという気にさせてくれるということです。
例えば、私が25年ぐらい前に習ってた先生は「バッハは上手く弾けてる」と何気なく言ってくださって、今のバッハ好きにつながっている気がします。あと、残念ながら実現しなかったけど、「間違えても誰にも分りゃしない」と発表会に出ることを薦めてくれたのも印象に残っています。
でも、「頑張れば何でも出来る」と誤解させて、リストの超絶技巧練習曲なんかも弾けると思い込ませてしまうようだったら困ります。
その点、セルフの先生は無謀曲をしきりと勧めたりしてちょっと…Σ(゚д゚lll)!!いや、でも他人に教えるとなったら、さすがにそんなことはしないと思います(^^;;

セルフレッスンは、こういった理想像を中心に、過去のレッスンや、セルフではない先生だったことがある昔の経験(当然ですがピアノではなく、塾です)なんかも反映させて構成してます。そのうち「理想の生徒像」も考えてみようかな…。
ん?単なる舞台裏の話になって来てる!?

皆さんの理想の先生像はどんな感じですか?
スポンサーサイト

ブログのネタが思い浮かばない夢(^^;;

ブログのネタがない時は無理に考えずそのままにしているのですが、なぜか「ネタが思い浮かばない。思いついてもすぐ忘れる」という悪夢にうなされました。しかも、その夢、しつこく続きましたΣ(゚д゚lll)!!

最初の場面、「次の記事は何にしよう?」と考えながらスーパでに買い物してました。
考えごとをしながらなので、ボケまくって、肉を指して「このレタスの産地はどこですか?」とか店員さんに聞いて、「はっ!?」と呆れられてました(^^;;
で、せっかく思い浮かんだのに、買い物してるうちに忘れちゃった。

次の場面、何人かで食べ放題に行ってる。
「あ、ネタ思いついた」と安心して料理を取りに行って帰ってくると、もう忘れてる(^^;;
それを何回か繰り返してました(*_*)

その次は、弟(実際はいないけど…)と口論して「アカツキ(←そういう名前らしい)を可愛いと思ったことはない。親しみを感じたこともない。殺意を抱いたことならある」とか、とんでもないこと口走ってましたΣ(゚д゚lll)!!
口論する前にネタ思いついていたらしいのですが、頭に血が上ったせいで当然のように忘れてました(笑)

最後は、友人(誰だかは不明)と冬の秋田県の海沿いに遊びに行ったようです。
すごい吹雪なので建物の中にいました。その中を、突然、友人が何か言いながら吹雪の中に駆け出していくので、仕方なくついて行く(^^;; 風がとんでもなく強いし、雪で滑るし、危うく海に落ちるところでした。命からがら建物に戻ると、同じことがもう一度繰り返される(*_*; 一体どういうつもりなのか問い詰めたら、誰か不明の友人が言うには「思い出作りのため」らしい。その前にネタを思いついていたのに、「命より思い出の方が大事なの!?」とキレて説教している間に忘れてしまいました。

というところで、目が覚めました。
主題があって変奏される、変奏曲みたいな構造の悪夢でした。
かなり疲れた…(-_-;

「指ダイエット」で大失敗…Σ(゚д゚lll)!!

指を眺めていると、むくみなのか脂肪なのか、どうも気になって仕方なくなってきました。
ピアノを弾くときに指の動きの素早さに影響しそうなので…。
そこで、色々と調べて「指ダイエット」を始めてみることにしました(*'▽')

まず、指マッサージです。
各指の付け根から指先の方に向けて、もう一方の手で程よい力で握っていき、指先に到達したら折り返す。
それから、指の付け根から手の甲の筋に沿って、親指の腹で押し進める。
これは、主にネット情報ですが、老廃物や脂肪を指にためないようにする効果があるような気がしたので、採用してみました。

もう一つは、水かきの部分のもみほぐしです。
反対の手の親指と人差し指を使って、丁寧にもみほぐしていくのですね。
こっちは、20数年前に買った『ピアニストへの基礎』(田村安佐子)に載ってました。
水かきのところに脂肪がたまらないようにということだそうです。
この本で唯一覚えてた内容です(^^;;

で、効果があったら報告しようと思って、楽しみにしてました。
効果が少しはあるような気もしているのですが、思わぬ伏兵が…(^^;;
何と、もみほぐしに必死になり過ぎて、もみほぐす側の親指の付け根が、まだ腱鞘炎ではないと思いますが、痛くなってしまいましたΣ(゚д゚lll)
指のコンディションを良くするはずが、大失敗です(泣)

でも、慎重に、もう少し続けてみようかと思います('◇')ゞ

スマホを減らして幸せ増!?

持っているスマホの台数を減らすみたいなタイトルになってますが、スマホを使う時間を減らすっていうことです。

スマホを使う時間が長すぎると、目の焦点が合わなくなる「スマホ老眼」になるとかよく言いますよね。
これ、かなり思い当たるフシがある。
いや、単なるリアル老眼のような気もするけど、合わせ技だとより重症になるに違いないと思って…。

それから、最近よく目にする、スマホを使い過ぎると記憶力や学習機能が低下するという「スマホ認知症」(;^ω^)
これも心配です。
最近、何かを検索しようとしたら、そもそも何を検索しようとしてたのか忘れてることあるしΣ(゚д゚lll)!!

私の夢は「110歳の誕生日にチェルニー110番の全曲演奏会を開いてそのまま力尽きること」なので(←いやいや、冗談です)、目も頭もしっかりしておいてもらわなきゃ困る!!
というわけで、一番確実に幸せにつながりそうな「スマホ時間を減らす」から始めてみました。

気になる楽譜やCDのチェック、IMSLPでの楽譜ダウンロード、楽曲についての検索が手軽にできなくなるのは手痛いですが、そうも言ってられません。
ブログのチェックだけはスマホからもしてしまいますが…。

2,3日続けてみて、目の疲れ方が少しはマシになったかなぁという気はします。
次は、記憶力を高めるような何かをしなきゃ。
漢字とか語学とか、むしろケッヘル・カタログを全部覚えるとか?笑

衣替えしてみました

PC用のテンプレを変えてみました。

前のは、『テンプレートのイメージは…』で力説した通り、シューマンの『子供の情景』のイメージで、デザイン的にも気に入っていたのですが、読みづらいということに今さらのように気づいたので。←気づくの遅い…(;^ω^)

それに、メルヘンチック過ぎたというのもあります。←これまた気づくの遅い…Σ(゚д゚lll)
あくまでもシューマンの『子供の情景』のイメージトレーニング、って言っても、ちょっと苦しかった(笑)

『子供の情景』を弾くことを諦めたわけではありません。
イメージトレーニングできなくなる分だけ、楽譜をよく読もうと思います。
はじめからそうすればいいものを…。

スマホ版は、読みづらくないし、メルヘンチックでもないので変えていません。
むしろ、スマホ版はもう少しメルヘンチックにしたいかも。←したいのか!?
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Nekoushi

Author:Nekoushi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆レッスン歴は子供の頃と大学生の頃(20年ほど前)に少々。
◆ちゃんと継続していないので完成した曲はありませんが、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇練習中
・チェルニー40-19
・バッハ フランス組曲第6番~アルマンド
・バッハ シンフォニア 3番
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第3楽章

◇保留中
なし

◇2017年の終了曲
・チェルニー40-14、21、15、16、(17)、18番
・バッハ シンフォニア 1、5、6、9、8、11、10、15番
・ハイドン ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34~第2&第3楽章
・モーツァルト ソナタ ニ長調 K.311~第1&第2楽章
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR