FC2ブログ

気になるピアニスト(5) 高橋多佳子×エキエル先生 マスタークラスを覗いてみる♪♪

「好きな/気になるピアニスト」シリーズ、第5回目はいつもと少し違った趣向です。1990年のショパン国際ピアノコンクールで5位に入賞した高橋多佳子さんがあのエキエル先生のマスタークラスを受講している模様を映した貴重な動画を見つけたので、それを覗いてみましょう(^_^)/ 1990年の映像らしいので、ショパンコンクールに向けた準備の一環かと思います。取り上げられている素材はショパンのマズルカです。

まずお断りしておきますが、音声がポーランド語、字幕がドイツ語という、何ともお手上げな代物です。でも、言葉は分からなくても音楽という言語を通じて何か伝わって来るものがあるような気がするので、敢えてご紹介しますね。よかったら御覧くださいませ<(_ _)>

(その1)


・マズルカのリズム、間の取り方、緩急のつけ方などを丁寧に教えています。
・リズムを取りながら体を揺らすエキエル先生が何とも可愛らしい♡笑
・出だしで「高橋さんなかなかやるわ~~」と思ったのですが、エキエル先生の模範演奏の後はさらに素敵になっていて、「習得するの速い」「さすがエキエル先生は教えるの上手」「最初の演奏をいいと思った私の立場は一体…」といった様々な感想が去来しました。

(その2)


・続きなので、やってることは同じなのですが…笑
・マズルカの3要素、マズル、オベレク、クヤービヤクについて説明しているらしいところは何となく分かりました。薄っすらでも分かると嬉しい(≧▽≦)
・意味がわからなくてもポーランド語を流しまくったり、ショパンが洗練させる前の原型の民族舞踊曲の姿に接したりしないと、マズルカの世界にはなかなか近づけなさそう(>_<)
・すごく熱心に聞き入っている地味でピアノオタクっぽい雰囲気の高橋さん(桐朋卒業後、国立ワルシャワ・ショパン音楽院大学院研究科を最優秀で修了。実はすごい人らしい)と、紳士で物静かながら威厳のあるエキエル先生の師弟コンビが素敵(*´▽`*)

高橋さんのCDの代表作に『ショパンの旅路』シリーズ(全6巻)という力作があって、いつか全部聴いてみたいです。ジャンル別ではなく年代順に代表作を収録した選集です。実は、一回だけ生でコンサートを拝見したことがあります。上の動画での地味で引っ込み思案っぽい様子とは全然違って、明るく楽しくフレンドリーな方でした。伸びやかで健康的で聴いていて楽しい、力強さもニュアンスも兼ね備えた演奏と、ステージでの気さくなトークに惹かれて、結局、終演後のサイン会まで参加してしまった記憶があります。私ってば、ミーハーだなぁ(^^;; 

そして、動画を見ていたら、エキエル版の楽譜が欲しくなりました!!笑


にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : 高橋多佳子,エキエル,ショパン,マズルカ,マスタークラス,

私の好きなピアニスト(4) 仲道郁代さんのインタビュー記事に感動――8年後が楽しみです(*´▽`*)

この「私の好きな/気になるピアニスト」のコーナーを始めるにあたり、第1回で「仲道郁代さんは特別過ぎるので取り上げません」的なことを書きましたが、今回は例外的に仲道さんのインタビュー記事のご紹介です。具体的には、CSのクラシック専門チャンネル「クラシカ・ジャパン(CLASSICA Japan)」の4月20日付け記事『私は進んでいく──仲道郁代が語るベートーヴェンのメッセージ』です。

仲道さんは2018年から、ベートーヴェン生誕250周年の今年を経て、2027年のベートーヴェン没後200年に至る、「Road to 2027」と題する足掛け10年の超ビッグ企画に取り組んでいます。それが、ベートーヴェン生誕250周年の今年が、新型コロナにメチャクチャに踏みにじられてしまって、仲道さんの口惜しさ、戸惑い、音楽を届けられないもどかしさ、それに、世界に対する不安と心配はいかばかりでしょう。

記事は、5月17日にサントリーホールで開催される予定だった「音楽における十字架」と題したリサイタルについてのトークです。私は、3月に行く予定だったのが中止になってしまったので、代わりにと思ってこれを追加で予約していたのですが、「音楽における十字架」も中止になってしまいました。

「音楽における十字架」というのは、仲道さんが『ワルトシュタインソナタ』の音形に十字架を感じ、そこにどんな意味が込められているのか考え、それを聴衆に伝えるというのがコンセプトの中心らしいです。記事では、次のような言葉が紹介されています。

「分析は分析。演奏家はそれを演奏に落とし込まなければなりません。学術的な分析を私の言葉にし、私の気持ちにも落とし込んでいきます。それが面白い」

「進んでいかなければならないという決意。自らに科せられた、運命的な、抗えない力を象徴しているのがこの十字架。背負わなければならなかった何かを、ベートーヴェンはこの曲で書いている。『だから私は進んでいく』というメッセージを強く感じます。その十字架を、演奏家も、もしかしたらお客様一人一人も背負っている。それが共鳴することが、音楽が感動を生むということなのじゃないかなと思うんです。私たちが自分の中でどう乗り越え、昇華、浄化するのか。それをテーマにしているのが今回のコンサートです。私も自分の中でそれを見つけたいし、お聴きになるみなさんも、何か一歩、前に進もうと思えるような、心が動く瞬間を持っていただけたらと思います」

「コンサートのない毎日。私にとっては、人の前でピアノを弾くこと、音楽を伝えることに、本質的にどんな意味があるのか、深く考える時期なのかなと思います。どこが着地点になるのかまだわかりませんが、これが終わったときに強くなれる気がします」



仲道さんの音楽への真摯で献身的な取り組み、「十字架」(=苦しみ)を乗り越え、浄化し、皆が少しでも前向きになれるようにというメッセージがひしひしと伝わってきます。深く深く感銘を受けました。仲道さんの大ファンで心からよかったと思います!!

奇しくも「音楽における十字架」と題したリサイタルの年に、途方もない試練が世界中に降りかかってくることになってしまいました。仲道さんの音楽と一緒に乗り越えていきたいです。そして、このプログラムは、2028年3月、「Road to 2027」の日程が終わった後に改めて開催されるそうです。

何と8年後!!

試練を乗り越え、心を浄化され、8年後に素晴らしい時を過ごせるよう、日々大切に過ごしたいと決意を新たにしています!

そして、「音楽における十字架」の曲目は:
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第22番 ヘ長調 Op.54
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op.53「ワルトシュタイン」
・ショパン:2つのノクターン Op.48
・シューマン:ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op.14

そう!変な曲こと『ベトソナ22番』が含まれているのです。
今すぐにとはいかないですけれど、練習再開の励みになることでしょう。


にほんブログ村

tag : 仲道郁代,音楽における十字架,

私の好きな/気になるピアニスト(2) マリア・ジョアン・ピリス

今日は、「私の好きな/気になるピアニスト」シリーズの2回目をお届けします。
今回はマリア・ジョアン・ピリスを取り上げます!

実は、ここ数日、ピアノに触れない日々が続いて悶々としています。
季節の変わり目は何かと不具合が生じるものでして…(>_<) え!?先日のS6様への恋の病!?それもあるかも…(*´▽`*)
なんて、おバカなこと言ってないで、ピアノ弾けない時は鑑賞でしょう!
というわけで、「私の好きな/気になるピアニスト」シリーズを実施する(←「バス課題を実施する」的な)ことにしました。

マリア・ジョアン・ピリス(Maria João Pires)さんは、1944年ポルトガルのリスボン生まれで、5歳で初リサイタルを開くなど天才少女。リスボン音楽院、そして、ミュンヘン音楽大学で学んでいます。シリーズ1回目のヴィルヘルム・ケンプの記事で「ケンプに薫陶を受けたと言っているピアノストが多い」と書きましたが、ピリスもその一人です!

私にとって、ピリスはどういうピアニスト?と聞かれると、とても困ります。困るというのは、好きじゃないからではなく、好きなんだけど魅力をうまく言葉で表すことが難しいという意味です。

聴いていて感じるのは、知的に、哲学的に音楽にアプローチしている。時に神経質さを感じることも。実際、とても小柄なせいか、椅子やペダルの調子や調律に至るまで、とても神経質らしいですね。知的で哲学的というだけだったら、音楽としてそれほど魅力的ではないかもしれません。精巧なガラス細工か蝶の羽みたいに、光の当たり具合によって、キラキラと光り具合が変わるような感じで、これが天才的に上手い!!ここがピリスさんの一番の魅力かなぁと思います。それプラス、思いがけず大胆な表現力を発揮するところが素敵です。

ピリスと言えば!というCDをいくつか挙げてみますと、モーツァルトのピアノソナタ全集(2種類)、ショパンのノクターン全集が私は特に好きです。

モーツァルトのソナタ12番 K.332を2種類聴いてみましょうか。

まず1970年代、20代の頃に録音した分。



まだキラキラした色彩感が出てくる前みたいで、純白のイメージ。若々しくアレグロをアレグロらしく弾いてます。私はこういう清潔感あふれるモーツアルト、好きです。

全くの余談ですが、昔、親に「これちょっとNekoUshiのリズムの取り方に似てる」と言われた思い出があり、ピリスさんへの親近感が増した記憶があります。あくまで「リズムの傾向」ですが…。

続いて、1990年代に入ってからの同じ曲です。



キラキラ感が全然違うでしょう(*^▽^*)
表現も大胆さを増してます。若い頃の好きって言ったけど、こっちと比べちゃいけないですよね(笑)
モーツァルトのソナタって、本当はすごい饒舌な曲なんだなぁと実感させられます。オペラと同じ世界ですよ~~

それから、お気に入りのショパンノクターン全集。
キラキラしているけどおとなしめの演奏を予想してCDをかけたら、表現意欲にあふれたすごい演奏で、圧倒されました。テンポルバートしまくっているのに、知的な感じが少しも崩れません。すごいことです!

有名な第2番(Op.9-2)を貼っておきましょうかね。



あらためて聴いてみて、「ちょっと迫力あり過ぎかも?」という気もしないでもありませんが…(^^;;
子供の生徒が発表会やコンクールで9-2をこんな感じに弾きたがったら、ピアノの先生慌てないかしら?笑

もちろん、全部が全部好きというわけではなくて、シューマンのCD(特に『森の情景』)は好みと少し違ってました。私は『森の情景』にロマンとかメルヘンをかなり求めているようなのですが、ピリスさんの演奏は、あっさりし過ぎていて拍子抜けしてしまいました。

ピリスさんといえば、10年ぐらい前でしたっけ、NHKの『スーパーピアノレッスン』の講師をされてましたね。ピリスさんが現在住んでいるブラジルの熱帯のイメージを表したような不思議な雰囲気に満ちたセットだったような記憶があります。そして、かなり自分の世界に入り込んでいたのが印象的です。そうよね~、このぐらい自分の世界に入り込まないと、あの演奏はできないよね~、と納得しました。レッスンの内容自体はほとんど覚えてないのですがΣ( ̄ロ ̄lll)!!

残念ながら2018年の日本ツアーが引退ツアーとなってしまいましたが、素晴らしいCDの数々を繰り返し堪能したいものです。まだ聴いていない「ショパン後期作品集」を近いうちに購入しようと思ってます。

素敵だけどなかなか一筋縄ではいかないピリスさんのピアノの世界に、YouTubeでもいいですけど、できればCDで触れてみてくださいね。記事では書きませんでしたが、シューベルトの即興曲集なんかも知と情のバランスの取れた素敵な演奏ですよ~~

それではまた次回お会いしましょう(^o^)丿


にほんブログ村

tag : マリア・ジョアン・ピリス,

私の好きな/気になるピアニスト(1) ヴィルヘルム・ケンプ

先日宣言していた『私の好きな/気になるピアニスト』企画の第1回目をお届けします!

第1回目は、往年のドイツの名ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff, 1895年11月25日 - 1991年5月23日)です。1800年代生まれなので、歴史上の人物と言った方がいいかも…。ケンプは、オルガニストでもあり、作曲家でもあり、名教師でもありました。

実は、私が高校生か大学生の頃、生まれて初めてハマった(もちろん生で聞いたわけではないですが)ピアニストがケンプなのです。それまでは、ピアノ曲を聴くのに、全くと言っていいほど、ピアニストにこだわってなかった(笑) ケンプのベートーヴェンを聴いて、衝撃を受けました。衝撃といっても、刺激的というのとは全然違って、ピアノ音楽がこんなにスーッと心に入ってくる、この感覚はどういうことだろう?と、初めての体験だったのです。音楽に温かく包み込まれるような幸福感に満たされます。



例えば、↑このベートーヴェンの『月光ソナタ』。

凝った解釈をして意欲的に表現して、というタイプの演奏とは対極的です。素晴らしい和食みたいに、素材の良さを徹底して活かしているのだと思います。ケンプは作曲家でもあるので、作曲家の仕事を心から信じて、書かれている音符に語らせることを徹底しているのかもしれません。謙虚に曲に寄り添って、それを余すところなく聴き手に届けてくれているのでしょう。いわゆる技術的な面では、少しアヤシイところもあります。大人の趣味ピアノを聴いて、上手いプロの演奏より感動できるということがありますが、それに通じるものを感じます。ただ、若いころは結構テクニックばりばりだったようで、技術の衰えばかり言われるのは、本人には不本意なことのような気もします。

ケンプはレパートリーが狭く、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、以上終わり、と言っても過言ではありません(リストの素敵な演奏やショパンの興味深い演奏があったりもしますが)。ロマン派までのドイツ音楽の王道ですね。バッハとモーツァルトは録音が少なく、あまり聞くチャンスがありませんが、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス、どれも素晴らしいです。シューベルトは自然な歌心が魅力的。シューマンでは、おどろおどろしさを排して、健全で懐かしさあふれるロマンを引き出しています。ブラームスは、淡々とした枯れた味わいがあります。有名な118-2なんかも、あっさりと速いテンポでササっと進みます(これだけは少し物足りないかな)。そういえば、私が「関心のある分野が少ない」と若干誇らしげに書いていることがあるのは、「ケンプ先生と同じ」という意識がどこかにあるからかもしれません(笑)

もう一つケンプで驚かされるのは、ケンプに個人的に薫陶を受けたと言っているピアニストが多いことです。例えば、内田光子もピリスもそう言っていた記憶があります。有能な教師で、それだけではなく、人格者だったに違いないと思います。なかみっちゃん(仲道郁代さん)はどうだろう…?著書『ピアニストは面白い』の中で、子供の頃にケンプの演奏会を見て(羨ましい!)「このおじいちゃんみたいになりたい」と思ったという話を書いてました。単に「ピアノ弾きになりたい」という意味だったのだとは思いますが、なかみっちゃんの演奏は少しケンプに通じるところがあると私は感じています。なかみっちゃんも無意識のうちにケンプの影響を受けたのかもしれません(*^^*)

それではもう1曲、『月光ソナタ』以上にケンプにピッタリな曲調の『田園ソナタ』も貼っておきましょう。



もしケンプに少しでも関心を持っていただけたら、是非いろいろな曲の演奏に触れてみてください!
検索に便利なように、名前の原語表記もしておきましたので…。名前の原語表記はこの企画の記事では全部そうするつもりです。

第1回目は以上です('◇')ゞ


にほんブログ村

tag : ヴィルヘルム・ケンプ,

新企画『私の好きな/気になるピアニスト』シリーズを構想中です(^o^)丿

毎日の猛暑にうんざり。ではあるのですが、あんまり不平不満ばっかり言っていても仕方ないので、少しずつピアノの練習を復活させています。そして、何か楽しそうな企画を新たにブログに加えてみたいという気になってまいりまして、以前から温めていた『私の好きな/気になるピアニスト』シリーズを、本格的に構想し始めています。

ピアニストという存在は、大事な鑑賞対象でもあり、練習するにあたって「何か」を与えてくれます。本人、先生、ピアノ仲間と並んでピアノライフのカギを握る存在といってよいでしょう。

そんなピアニストたちの中から、私が好きなピアニスト、好きというよりは「気になる」ピアニストをピックアップして、人物像(もちろん私の個人的印象ですが)や演奏のどこに惹かれるのか、あるいは、どこが微妙に思えるのか(笑)、冷静に、でも熱く語っていくコーナーにしたいと思っています('◇')ゞ

もちろん、お気に入りのCDも紹介していく予定ですので、何かの参考になれば嬉しいなぁと思います。
あと、同じピアニストを複数回(前後編ではなく)取り上げることもあるかもしれません。

あっ、このコーナーでは、なかみっちゃんは敢えて取り上げません!笑
なぜかというと、特別過ぎる存在だから(*´▽`*)
作るとしたら『私の好きななかみっちゃん』ですけど、それは恥ずかしい(〃ノωノ)
今まで通り、TV番組に登場したとか、CD買ったとか、そういう時に記事を書いていきます♪♪

何はともあれ、宣言しちゃったので後には引けません!!
いや、そのために宣言したのですが…(笑)
生温かくご期待いただければと思います~~


にほんブログ村
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグから記事へGO!
キーワードから関連記事に飛べます♪♪

バッハ シンフォニア チェルニー40番 シューマン モーツァルト チェルニー ショパン ベートーヴェン 仲道郁代 リスト K.311 メンデルスゾーン 献呈 BWV862 幻想即興曲 ハイドン 平均律第1巻 レンタル練習室 毎日の練習曲 調律 近藤由貴 春の歌 Hob.XVI:34 青柳いづみこ ハノン ブラームス アラフィフ肩 ロマンスOp.28-2 フランス組曲 幻想曲 五十肩 チェルニー30番 ドビュッシー 四十肩 K.331 無謀曲 シューベルト ららら♪クラシック BWV858 グリーグ ベトソナ22番 ベトソナ10番 ベトソナ 変奏曲 選曲会議 湯山昭 楽譜 お菓子の世界 こんまりメソッド エチュード ベトソナ28番 パルティータ ベルサイユのばら インヴェンション クラビノーバ 練習曲 バラード グランドピアノ ワルツ 指先から感じるドビュッシー 抒情小曲集 メトロノーム さくらももこ 調性 バラード2番 マリー・アントワネット 和声法 マズルカ 自分の演奏好き? ピアノ椅子 D960 スケール ピアニストは指先で考える ヨハン・シュトラウス ウィンナ・ワルツ K.334 D959 イリーナ・メジューエワ ブルグミュラー 左手のための24の練習曲 選曲 理想の先生 ヴァイオリンソナタ 「亡命」の音楽文化誌 令和 旅する作曲家たち 鷲田清一 モシュコフスキー 部分練習 交響曲 高橋多佳子 バイエル 電子ピアノ 植山けい ドゥシェック 土田京子 アルマンド 展覧会の絵 ムソルグスキー リズム変奏 マリア・テレジア ソナチネ クレメンティ K.574 無言歌 こんまり 北九州 スマホ老眼 変イ長調 響ホール リサイタル 中村紘子 好きな調 トルコ行進曲 久元祐子 指マッサージ D915 op.118-5 ピアニストは面白い ト長調 ハプスブルク帝国 ハプスブルク家 ピヒト=アクセンフェルト チェンバロ op.119-2 ピアノ記念日 ヴァイオリン 吉松隆の調性で読み解くクラシック op.118-2 op.117-1 céleste リシエツキ 間奏曲 ベレゾフスキー ツィメルマン オスマン帝国 Hob.XVI:50 小ジーグ クーラウ スマホ 20の小練習曲 子供の情景 半音階的幻想曲とフーガ 書き込み 感情をこめて弾く マズルカOp.7-1 ポロネーズ バックハウス ランラン ルービンシュタイン キーシン メソッド・タリアフェロ パスカル・ドゥヴァイヨン グランド・ソナタOp.37 チャイコフスキー カデンツ 演奏と喋り方 ピアノ騒音問題 全音ピアノピース ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世 ポルカ 魔笛 夜の女王のアリア プチトリアノン 妄想 曲名の略称 ウナコルダ 左ペダル 似合う曲 タグ 交響的練習曲 楽譜の視覚効果 教則本 苦手な曲種 アルペジオ 行進曲 マーチ 山枡信明 プレイエル 愛の挨拶 クラシックキャットトートバッグ 近藤麻理恵 エルガー 川嶋ひろ子 クララ・シューマン 上原彩子 お片付け祭り ブルグミュラー18の練習曲 半音階地獄 平均律 整体師 田部京子 折々のことば 好きな作曲家ランキング 島村楽器 トロイメライ 伊藤恵 伝説 ヴィルヘルム・ケンプ おんぶにだっこ つるかめ算 m.g. m.d m.s. 合奏譜 和声法がぐんぐん身につく本 五線紙ノート 宮川彬良 声部書き分け 田園ソナタ 和声法がさくさく理解できる本 マリア・ジョアン・ピリス リスト編曲版 全調スケール ベートーヴェン生誕250周年 ナイチンゲール 看護師の日 リピート付箋 リピート練習 音楽における十字架 ピアノトリオ 24番練習曲 ベアトリーチェ・ヴェネツィ マスタークラス 礒山雅 飛躍 エキエル 梅雨 自分褒め ピアノソナタ2番Op.22 カウンセリング 新型コロナ サンタクロース コピー譜 クリアファイル クリスマス K.623a オーストリア国歌 イギリス国歌 練習崩壊 チェルニー24番 マズルカOp.59-2 ペダル NHKスーパーピアノレッスン 譜読み力 ベトソナ16番 ベトソナ18番 電子メトロノーム ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら フランス王妃の受難 復習 短音階 グラナドス アルベニス 「聴く」ことの力 ゆっくり弾き 導音 まるむし帳 諸井三郎 アップライト スマホ認知症 ブランデンブルク協奏曲 イタリア協奏曲 減7の和音 クロスリズム 三瀬高原音楽祭 電子書籍 ら抜き言葉 ポーランド 楽典 似合いそうな曲 ワルトシュタイン 気象病 カテゴリー 丑三つ時 哀しみ 永遠のショパン モーツァルトの手紙 K.533+494 庄司紗矢香 岩城宏之 N響 ラ・カンパネラ 駅ピアノ K.457 小プレリュードと小フーガ ダイエット ノクターン フォーレ 音楽と文学の対位法 田島令子 チェルニー50番 クラ―マー=ビューロー リヒャルト・シュトラウス 英雄の生涯 バトン ピアノ愛好者16の質問 トンプソン 幻想曲あるいはカプリス シュタイヤー舞曲 スティリアの女 K.412 K.576 K.537 タッチ 音色 D946 脱力 K.543 演奏会用練習曲 ブログ 貴婦人の乗馬 スタッカート練習 リズム練習 手ペシ 恋するクラシック ソナタ 

プロフィール

NekoUshi

Author:NekoUshi
◆数年おきにピアノがマイブームになり、挫折と再開を繰り返しています。
◆バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンが特に好きです♪
◆レッスン歴は、子供の頃と大学生の頃(25年ほど前)に少々。現在は独学です。
◆独学の記録を時々「セルフレッスン」という名の仮想(妄想?)レッスンの形に仕立てて書いてます♪

練習中&終了曲
◇レッスン課題
・チェルニー40-31番
・バッハ 平均律第1巻17番 変イ長調
・ベートーヴェン ソナタ第22番ヘ長調

◇ベートーヴェン祭り
・ベートーヴェン ソナタ第28番イ長調~第3楽章

◇自主練
・チェルニー『毎日の練習曲』2番

◇憧れの無謀曲 寝かせ中
・リスト『バラード 第2番』
・シューマン『幻想曲』第2楽章

◇2020年の終了曲
・シューマン 3つのロマンス~第2番 嬰へ短調 Op.28-2

◇2019年の終了曲
・チェルニー30-23番
・チェルニー40-27、28、29、30番
・チェルニー左手24-19番
・バッハ シンフォニア14番、12番、7番
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第10番ト長調~第1楽章
・ショパン『幻想即興曲』
・メンデルスゾーン『春の歌』

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者さまに感謝♥
にほんブログ村参加中
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックよろしくお願いします<(_ _)>

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR